オードリーの不仲説を検証!性格や会話などから調査!真相は

いまやピンでもそれぞれに活動をする若林と春日からなる漫才コンビオードリーですが、実は不仲説が出ていることはご存知でしょうか?仕事でも会話をしない?若林と春日の性格の不一致?気になるオードリーの不仲エピソードについて真相に迫ります。

オードリーの不仲説を検証!性格や会話などから調査!真相はのイメージ

目次

  1. 1オードリーのプロフィール
  2. 2オードリーに不仲説が浮上
  3. 3オードリーの不仲説を性格から調査
  4. 4オードリーの不仲説を会話から調査
  5. 5オードリーの不仲説の真相
  6. 6オードリーのコンビ仲は悪くない

オードリーのプロフィール

・愛称:若林、春日
・本名:若林正恭、春日俊彰
・生年月日:若林・1978年9月20日、春日・1979年2月9日
・年齢:若林・40歳、春日・40歳
・出身地:若林・東京都中央区明石市、春日・埼玉県所沢市
・血液型:若林・O型、春日・B型
・身長:若林・169センチ、春日・176センチ
・体重:若林・60キログラム、春日・84キログラム
・活動内容:漫才コンビ
・所属グループ:オードリー
・事務所:ケイダッシュステージ
・家族構成:2人とも独身
・出演作品:M-1グランプリ、オードリーのオールナイトニッポン、ソレダメ!〜あなたの常識は非常識!?〜

オードリーの経歴

オード―の2人が初めて出会ったのは中学生の頃でした。席が前後であったことがきっかけで仲良くなったと本人たちがテレビ番組などで語っています。その後高校3年生の頃、小学校のころからお笑い芸人を志していた若林が春日をお笑い芸人に誘います。

コンビ結成は2000年のことで、当時所属事務所のライブにコンビ名が無いと出場できないと言われ、春日がその場で思いついたナイスミドルというコンビ名で結成しました。

2006年頃から少しずつメディアでの仕事はあったものの、最初は鳴かず飛ばずでした。オードリーが注目を浴び始めたのは2008年に放送されたぐるナイ番外編おもしろ荘への出演でした。春日のインパクトのあるキャラクターがお茶の間の注目を集めました。

そして同年12月に放送されたM-1グランプリの敗者復活枠から決勝進出、結果は惜しくも2位でしたが、これが大きな転機となり一躍人気お笑い芸人の仲間入りを果たしました。

オードリーに不仲説が浮上

お昼の番組も夜の番組もいまや姿を見かけない日がないほど人気の若林と春日からなる漫才コンビ、オードリーですが、実は不仲エピソードが存在していることをご存知でしょうか?

若林と春日の性格が違い過ぎる、2人でテレビ番組だけでなくラジオパーソナリティなども務めていますが、こうした仕事でもほとんど会話がないなど不仲エピソードがネットで多く存在しています。一時期は解散も考えたというオードリーの過去もあわせてご紹介します。

ファンの間では不仲説は有名

今年で結成20年目、着実に中堅芸人となりつつあるオードリーの2人ですが、実はコンビである若林と春日の仲が悪いのではないかということはファンの間では昔から噂されていたことでした。なぜなら若林本人が春日に対しての不満を述べることが度々あったからです。

オードリーに解散の危機があった?

人気芸人となったオードリーを特集する番組も増え、過去のエピソードも多く語られました。そのエピソードの中でも話題となったのがオードリーの解散危機でした。実はこれまでにもオードリーの若林が何度か解散を考えたことがあると語ったのです。

2000年に若林と春日とコンビを結成し、ネタ作りなどを行っていたのは若林でした。しかし売れることなく時間だけが過ぎ結成から7年たっても仕事がほぼない状態でした。

この状況に危機感を覚えた若林は、このままお笑いを続けても意味がないと考えたこともあり、何度が春日に向けて解散しようと声をかけました。決して若林と春日が不仲であったからということが理由ではなく、変わらない状況を不安に思ってのことだったようです。

しかしこの考えに対し全くの反対、つまりとても楽観的だったのが春日でした。解散を切り出す若林をいつも涙ながらに説得をし、解散の危機を乗り越え現在に至っています。

解散は不仲ではなく春日が原因?

オードリーが不仲であるとささやかれるのには、こうした春日のマイペースぶりが1つ理由として挙げられます。春日はかなり楽観主義者でなんとかなるさという考えの持ち主、そしてネタは昔から1つも考えておらず若林任せだったと言います。

若林が今度こそ解散を告げようと覚悟を決めて春日の家に訪れた際には、春日かパンツ一丁で力いっぱい西武の応援をしているの見て力が抜けて帰ったというエピソードもあります。

さらにネタを考えるなど、才能豊かであった若林に対して周りの人が解散を進めるというエピソードもありました。理由は春日がネタを考えるわけでもなく、トーク力が優れているわけでもなく、お笑い芸人としてはインパクトに欠け、いまひとつであったためです。

中にはなんであんなポンコツ(春日)とそこまでして一緒にコンビを組みたいんだと若林に助言した人もいたそうです。しかしそれでも若林は春日とのコンビは解散しませんでした。

オードリーの不仲説を性格から調査

オードリーが解散するのではないかと言われる理由のうちの1つに若林と春日の性格の違いということも1つ挙げられます。確かにオードリーの芸風からしても、ひょうきんなことをする外交的に見える春日と、冷静にツッコミをし内向的に見る若林は対照的です。

しかしこれが芸風だけのことかと思いきや、調べていくと少し違いはあるものの2人の性格が本当に正反対であることがよくわかります。

オードリー春日の性格は良い?

オードリーの芸風は若林が命名したもので「ズレ漫才」というスタイルで、春日が通して空気が少し読めないキャラクターで進んでいくのがお決まりです。しかし実際の私生活を見てみると、春日は学生時代から皆勤賞、頭も悪い方でなくかなりまじめな性格でした。

一時期芸能人のあだ名王と呼ばれた有吉弘行から、春日はただのユニークな好青年というあだ名をつけられたこともあり、プライベートではかなり優しい性格のようです。

さらにほかの先輩芸人がラジオで春日のことを、怒ったところを見たことがない。一般人でサラリーマンになってもかなり稼ぐことができると思うとも語っています。

また相方の若林が借金をし300万円を貸してほしいというドッキリを仕掛けた際にも、ドケチをキャラにしている春日でしたが、貸すと断言しました。こうした芸風とは異なる優しい春日の姿や性格をいろいろなお笑いの仕事やエピソードを通じて見ることができます。

オードリー若林の性格は悪い?

一方で若林は学生時代のころは以外にもやんちゃをしていたと自分自身でエピソードを語っています。しかしそれは仲間内だけのことで、実際にはかなり内向的で人見知りが強い性格のようです。人気バラエティ番組アメトーーク!でも人見知り芸人として出演しています。

さらに担当する夜のラジオ番組では、性格の悪さを視聴者から指摘されるということも若林は経験しています。

この時ラジオ番組で若林はなんと、性格悪くて当たり前、そうでないとこんな仕事はできないと芸能界のつらさや多忙さが垣間見えるような驚きのセリフを残しています。

オードリーのネタでは一切そのように開き直りもできるほど、思い切った性格でないように見える若林ですが、内向的で人見知りでありながらも、実はうちに情熱を秘めておりふとしたときにその感情が爆発してしまうような二面性の持ち主であるようです。

二人の性格の違いが不仲説の原因か

オードリーの2人はこう見ると、二面性があると自分でも語っており、性格も悪いと断言している若林と先輩芸人などからも愛され、ドッキリの仕事などでもお人よしが全開の春日という全く相反する見事に対照的な性格であるということができます。

それであるから仲良く仕事ができると考える人もいれば、完全に性格が逆であるため、考えが合うことがなく不仲なのではないかと考える人も存在しています。

オードリーの不仲説を会話から調査

性格もまったく違うオードリーの2人ですが、さらに本当に不仲なのかどうかを会話から探っていきます。実はオードリーの2人はオードリーのオールナイトニッポンという冠ラジオ番組をM-1準優勝後の2009年から現在までずっと続けています。

その中で、ラジオなどの仕事中はこうして会話をするものの普段はほとんど会話をしないと本人たちがエピソードを明らかにしたことから不仲説が生じました。

不仲説の原因は会話の無さ

オードリーのラジオでの話によると、2人は仕事以外のプライベートではほぼ会話がありません。しかも雑誌などのインタビューで2人で飲みに行くことがありますか?などの質問を受けた際にも、全く無いとプライベートでの付き合いが無いことを明らかにしています。

6年以上会話をしていない

さらにネットニュースで大きく話題となったのが、楽屋でも6年以上オードリーの若林と春日の2人が会話をしていないというエピソードでした。インタビューで2人で飲みに行くわけが無いと語ったエピソードの後、続けて披露されたものでした。

オードリーが売れるにつれて、確かに2人で仕事をする姿が減っていたとはいえ、これほどまでに距離が離れていたのかと聞いた視聴者の中では驚く人が多かったようです。

しかし6年以上楽屋での会話が無いと語りながらも、それを若林も春日も特に気まずいことを思っている節はなく、ラジオではただそれが普通であるかのような語り口調でした。

決してオードリーの2人が仲が悪いから、と言ったわけではなかったのですが、6年間口をきいていないというラジオの放送内容だけが独り歩きしてしまい、オードリーは不仲である、もしかすると解散するかもしれないというネットニュースが飛び交うこととなりました。

ネタ合わせでの不満も口にしない

おなじラジオでもう1つ披露されたエピソードがオードリーの2人がネタ合わせを直接しないということでした。劇場の予約、そしてネタづくりは若林がやり、春日は何もしないというスタンスは昔から変わらないとのことです。

漫才では一番重要ともいえるボケとツッコミの間のとり方なども若林は直接春日に言わず、芸人仲間と話し、わざと春日に聞こえるようにしているという徹底ぶりです。

どうしてネタ合わせをしないのかという理由について、若林は自分の方が春日より漫才がうまいと思っているのにうまい自分の方から稽古をしようと声をかけるのが嫌だからと語っています。変だと春日がツッコミますが、どうしても若林は考えを変えられないようです。

ネタ合わせをしないということに関しては、若干仕事において支障があるようですが、今でも問題なく仕事が続いているためさすがプロだという視聴者の意見も多くありました。

オードリーの不仲説の真相

性格が正反対で、自らプライベートでの交流や仕事場での会話が無いと語るオードリーの2人ですが本当に不仲なのでしょうか?実はこうした不仲なエピソードが出る一方で、反対にオードリーの仲の良さを感じさせるエピソードもいくつか見ることができます。

オードリーは本当に仲が悪いのか、それとも実は仲が良いのかについて仲の良いエピソードから推測していきます。

不仲なのは仕事上だけ?

仲が悪いのではないかと噂されるオードリーの2人ですが、こうしたエピソードは仕事上のネタの1つであり、実際にはオードリーは仲が良いのではないかと不仲説を否定する声も多くあります。

もちろん先ほどご紹介した通りプライベートでも付き合いが少ない2人のようですが、中学時代からずっと売れない時代など何十年もともに過ごしてきたことを考えると、今さらプライベートまで一緒に過ごして話すことは特にないのではないかと思われます。

オードリーの仲良しエピソードを紹介

実はこのようなエピソードがあります。数多くのレギュラー番組を持つオードリーですが、そのうちの1つ「ひらがな推し」の共演者である井口眞緒がオードリーの2人が収録のセットチェンジ中の際に、互いにクイズを出し合ってはしゃいでいたと暴露しました。
 

これに対し2人とも即座にそんなはずはないと否定しましたが、なんとクイズを出し合っていた時もカメラが回っており、証拠のVTRとして番組内で放送までされてしまいました。

オードリーの2人は恥ずかしそうに笑い、若林はこんな映像を流したら裁判だと照れ隠しの発言でスタジオの笑いを誘っていました。この放送後、オードリーの中の良さがほほえましいという視聴者の声が相次ぎました。

ラジオ内では非常に仲が良い

さらに10年を超えるオードリーの持つ番組の中でも長寿と言えるオードリーのオールナイトニッポンでも毎週、仲の良い2人の掛け合いを聞くことができます。しかもこのラジオではオードリーのボケとツッコミが入れ替わる現象が起きています。

ラジオはとにかく若林の方がしゃべり、その話に時折春日かツッコミや合いの手を入れるというスタイルで進行していきます。いつもとは逆のスタンスのため慣れないかもしれませんが、この調子でまるで部屋で友達としゃべっているかのような時間が延々続きます。

このスタイルが面白い、そして何よりもほっこりするとファンも多く存在します。10年以上も続いていることを考えるとオードリーが不仲とはまず考えられないでしょう。

オードリーのラジオを動画で紹介

人見知りと自分のことを語る若林ですが、ラジオではまったくそれを感じさせないほど饒舌です。また10年続くこのラジオを通して、若林が変化したと証言するファンも多く存在しています。

元々楽天家である春日はどうかわかりませんが、多忙を極めた2人にとってこうして2人で話すことができるラジオは1つの息抜きのような仕事場なのかもしれません。

オードリーのコンビ仲は悪くない

人気漫才コンビであるオードリーの不仲説についてご紹介しました。結論から言うと不仲ではないようです。数年間会話が無い、プライベートでの付き合いがないと堂々とメディアで言うことができるのも本当に仲が良いからという意見が大多数を占めます。

オードリーと番組を共にする共演者からも仲良しエピソードが暴露されているところを見ても、不仲エピソードはネタの1つであるようです。今後もオードリー2人の活躍に注目です。

関連するまとめ

Missing
この記事のライター
383holly

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ