秋元才加はハーフ?父や母は?出身や生い立ちまとめ!給付金などのエピソードも

元AKB48の秋元才加のハーフに関する情報を調査しました。秋元才加の父や母の出身に注目です。秋元才加はハーフとして生い立ちの中では様々な苦労があったとのこと。また、秋元才加のハーフとコロナ給付金に関係するエピソードも紹介します。

秋元才加はハーフ?父や母は?出身や生い立ちまとめ!給付金などのエピソードものイメージ

目次

  1. 1秋元才加(元AKB48)のプロフィール
  2. 2秋元才加はハーフ?父や母は?
  3. 3秋元才加の出身や生い立ちについて
  4. 4秋元才加の給付金などの家族エピソード
  5. 5秋元才加はフィリピン人と日本人のハーフ

秋元才加(元AKB48)のプロフィール

・愛称:さやか
・本名:秋元才加(あきもとさやか)
・生年月日:1988年7月26日
・年齢:31歳(2020年7月現在)
・出身地:千葉県松戸市(生まれはフィリピン・マカティ市)
・血液型:B型
・身長:166cm
・体重:???
・活動内容:女優、タレント
・所属グループ:元AKB48、元DiVA
・事務所:フレイヴエンターテインメント
・家族構成:夫(PUNPEE)

秋元才加のAKB48や女優業など経歴

秋元才加は千葉県松戸市出身の女優、タレントです。元アイドルグループのAKB48のメンバーで、派生ユニットのDiVAにも所属していました。秋元才加は幼少期から芸能人になることに憧れており、高校生になると複数のオーディションに挑戦しています。

秋元才加は2006年2月26日に「第二期AKB48追加メンバーオーディション」に合格。同年4月1日に劇場で公演デビューを果たしました。秋元才加のアグレッシブで迫力のある歌声やダンスがファンを集め、所属しているチームKを牽引したのです。

2013年4月7日にAKB48を卒業することを発表した秋元才加。卒業公演は同年8月28日に行われました。一番の理由は「女優として活動したい」という思いが強かったのだとか。また、選抜総選挙や給料に対する不満も噂されています。秋元才加はAKB48の卒業は、幅広い活動を望んでのことだったのかもしれません。

Thumb秋元才加の出身高校や大学などの学歴は?学生時代のエピソードも
元AKB48の秋元才加さんの出身高校は判明しているのでしょうか?秋元才加さんの出身中学や大学...

秋元才加はハーフ?父や母は?

秋元才加はアジアンビューティーな人物としてファンから人気を集めています。そんな彼女はハーフなのだとか。秋元才加のハーフに関する情報、父や母のことも調査しました。

秋元才加はハーフの元AKB48メンバー

秋元才加はハーフで元AKB48メンバーです。芸能界には様々なハーフのタレントがいますが、秋元才加の場合はどうなのでしょうか?

フィリピン人と日本人のハーフ美女

調査したところ、秋元才加は父親が日本人で母親がフィリピン人でした。秋元才加は日比ハーフになります。ちなみに、秋元才加は英語は得意とのことですが、フィリピンの公用語の1つであるタガログ語は苦手であることが分かっています。

日本人の父とフィリピン人の母を持つハーフ

秋元才加は日本人の父とフィリピン人の母を持つハーフです。日本はもちろんですが、フィリピンにも同様のハーフは多いとのこと。日本におけるフィリピンとのハーフは2018年12月末時点で約27万人ほどいるそうです。

秋元才加の父と母の顔や名前は?

秋元才加の父と母の顔や名前についても調査しました。2人の出身が日本とフィリピンであることは分かっていますが、名前については明らかになっていないようです。また、顔については母親は明らかになっていました。

母親と仲良しなこともあり、大人になってからも2人で買い物に出かけることが多いのだとか。若い頃の母親の写真も公開しており、現在の秋元才加に似ていると話題になっていました。

ハーフのAKB48や姉妹グループメンバーも調査

海外に姉妹グループが存在するAKB48グループですが、所属するメンバーにハーフが数名存在します。ハーフのAKB48や姉妹グループメンバーを調査しました。

ハーフアイドル①村重杏奈(HKT48)

HKT48に所属する村重杏奈は父親が日本人で母親がロシア人のハーフです。日本語とロシア語の両方が話せるバイリンガルで、自身のYouTubeチャンネルに家族が出演することもあります。

ハーフアイドル②サイード横田絵玲奈(AKB48)

かつてAKB48に所属したサイード横田絵玲奈は父親がパキスタン人で母親が日本人のハーフです。「サイード横田」までが名字となっており、名前が「絵玲奈」となります。彼女自身は生まれも育ちも日本です。

ハーフアイドル③木下有希子(SKE48)

SKE48に所属した木下有希子は父親が日本人で母親がスペイン人です。本人もスペイン語が話せるのだとか。SKE48卒業後は「木下ミシェル」名義で活動し、2018年に結婚と出産を経験しています。

秋元才加の出身や生い立ちについて

日本とフィリピンのハーフである、秋元才加の出身や生い立ちについて調査しました。いつも明るく真面目でダンスが大好きな秋元才加。彼女の生い立ちはどういったものだったのでしょうか?

秋元才加は千葉県松戸市出身

秋元才加は千葉県松戸市出身です。ただし、正確にはフィリピンのマカティ市というところで誕生しています。「リョータ」という弟がいるのだとか。小学校のときにはすでに日本で生活しており、目立ちたがり屋な子供だったとのことです。

千葉県出身の著名人一覧

秋元才加と同じ千葉県出身の著名人を調査しました。秋元才加と同じくAKB48に在席していたメンバーや有名な女優も千葉県出身のようです。

千葉県出身の著名人①飯豊まりえ

たとえば、特撮ドラマ「獣電戦隊キョウリュウジャー」やドラマ「学校のカイダン」に出演していた、女優の飯豊まりえも千葉県出身です。

千葉県出身の著名人②前田敦子

秋元才加と同じくAKB48に所属し、エースとして活躍した前田敦子も千葉県出身です。AKB481期生として活躍し、AKB48の顔でした。現在は女優として活動しており、いつか秋元才加と共演することもあるかもしれません。

千葉県出身の著名人③真木よう子

女優で歌手の真木よう子は千葉県印西市出身です。仲代達矢主宰の「無名塾」出身で、2006年に映画「ゆれる」で第30回山路ふみ子映画賞新人女優賞を受賞。その後も多くのドラマや映画に出演しています。

秋元才加の生い立ち

エネルギッシュな秋元才加ですが、その生い立ちは決して楽なものではなかったのだとか。秋元才加の生い立ちエピソードを解説します。

生い立ち①父は無職で極貧生活

秋元才加の生い立ちエピソードでは、暮らしが貧しかったことが分かっています。父親はあまり働かない人物で母親がメインで生計を立てていたとのことです。

母が終日働き家計を支える生活

母親がパートに出かけて、なんとか家族が食べられるような生活を送っていたのだとか。秋元才加もそういった母親の姿を見ていたため、大人になってからも非常に両親のことを大切にしています。

生い立ち②洋服はフリマで購入

秋元才加は家が貧しかったため、洋服もフリーマーケットで購入してもらっていました。通常での購入は金銭的に厳しく、少しでも安価で手に入る方法を選んでいた可能性があるでしょう。

生い立ち③ライフライン停止状態

非常に金銭的に厳しかった時期は、ライフラインが停止状態に近かったそうです。普段は非常に明るいキャラクターが印象的な秋元才加ですが、生い立ちエピソードから極貧生活をうかがわせます。

ガスが止まり水風呂生活

人間が生きていく中で重要なライフラインは衣食住です。そして、その中でさらに電気・ガス・水道は欠かせないものといえるでしょう。しかし、秋元才加の幼少期のエピソードにはガスが止まってしまって水風呂生活だったというものもあるそうです。

弟と留守番中に電気が停止

秋元才加は弟がいるそうで、幼少期に2人で留守番をしていると電気がとまってしまったことがあるのだとか。ライフラインにおいて支払いが滞ると電気、ガス、水道の順番でとめられてしまうそうです。

秋元才加の給付金などの家族エピソード

ハーフということも関係してか、グローバルなツイートが多い秋元才加。2020年の大きな問題となっているコロナに関係したツイートも多くなっています。その中で秋元才加の給付金などの家族エピソードを紹介します。

家族エピソード【母との給付金トーク】

秋元才加の母親はフィリピン人ですが、日本人と結婚して日本で生活しています。そのため、コロナによる特別定額給付金を受給する資格があります。

秋元才加は母親とそのことに関して会話をしており、母親に「私外国人だから受けられないかもしれない」と不安を口にしていたのだとか。秋元才加は母親のその言葉から、国際結婚した彼女が受けられるようになったものを改めて再認識したのだとか。同時にその他の日本で生活する外国人の権利について考えたそうです。

普段の生活では母親のことをフィリピン人と認識することも薄れている中で、コロナの特別定額給付金は大きなきっかけになったのでしょう。秋元才加は元々、政治を含めた様々な問題に関する考えをツイートしていました。今回のことで日本に住む外国人に対して力になりたいと考えたのかもしれません。

家族エピソード【学費は自分で負担】

幼少期の秋元才加が貧しかった、というエピソードを紹介しましたが、高校になっても改善されなかったとのこと。そのため、秋元才加は高校の学費を稼ぐためにアルバイトをして、自分で払える分は払っていました。

家族エピソード【ロケ弁お持ち帰り】

AKB48入りしてからも、まだまだ貧しい生活が続いた秋元才加。それだけに、仕事で出るロケ弁はお持ち帰りして、家族と食べていたのだとか。ロケ弁は人数よりも多く用意されていたり、食べない人がいてあまることが多いそうです。持ち帰ったロケ弁は冷凍庫保存して、無駄なく食べていました。

家族エピソード【父のうな重差し入れ】

秋元才加がAKB48で活躍するようになり、少し生活に余裕が出た頃。秋元才加は父にお小遣いをあげたそうです。すると、父親は自分のために使うのではなくホームレスにうな重を差し入れたのだとか。自分よりも困っている人を助けたいと考えたのでしょうか?

家族エピソード【父がAKB48劇場出禁】

AKB48はAKB48劇場という専用の劇場を持っています。メンバーとファンが至近距離で交流できる場所として大切にされていますが、トラブルを起こす人もいるとのこと。特にひどい人は劇場を出禁となりますが、実は秋元才加の父親もトラブルを起こしていました。

その理由はAKB48劇場で行われた秋元才加の生誕祭(誕生日イベント)のときでした。このとき秋元才加の父親も客席に招かれていたそうですが、かなり酔っ払っていたのだとか。そして、気持ちが高ぶったのか暴れてしまって、以降は劇場出禁となっています。

家族エピソード【父が電柱にぶつかり入院】

先ほどの出禁エピソードと関係するのが、父親の飲酒癖。ある日、酔っ払っていた父が電柱にぶつかって入院してしまったのだとか。そんな部分も含めて、秋元才加は父のことを大切に思って仲良く生活しているようです。

この出来事が起きた際、たまたま秋元才加の父親が入院した病院にファンがいたとのこと。そして、そのことをSNSでつぶやかれてしまっています。秋元才加は「家族の事はあまり呟かないで欲しい」、「自分のことならいいです」と、一般人である父親のプライバシーへの配慮を求めました。

秋元才加は幼少期の苦労もあってか、AKB48に入ってからも姉御肌で後輩からも尊敬されていました。また、家族をとても大切にしており、ファンに対して配慮を求めることもあったのです。現在も自分のハーフという立場から、マイノリティの人に対する理解を深める活動を行っています。

秋元才加はフィリピン人と日本人のハーフ

元AKB48n秋元才加について紹介しました。彼女は父が日本人で母がフィリピン人のハーフです。現在の秋元才加は、自身のハーフという立場を踏まえながらグローバルな活動を行っています。これからも家族を大切にしている秋元才加を応援しましょう!

関連するまとめ

Original
この記事のライター
浅倉恭介
ギターと野球と料理が好き。犬が飼いたい! もともとは接客業界で働いてました その後は保育業界に。 ロ...

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ