安藤サクラの父は奥田瑛二!母は?親子のエピソードなどまとめ

女優の安藤サクラさんの父は俳優の奥田瑛二さんです。安藤サクラさんにとって父の奥田瑛二さんはどのような存在なのでしょう?また、安藤サクラさんの母も芸能人なのでしょうか?安藤サクラさんと父の親子エピソードや家族構成などについて紹介します。

安藤サクラの父は奥田瑛二!母は?親子のエピソードなどまとめのイメージ

目次

  1. 1安藤サクラのプロフィール
  2. 2安藤サクラの父は奥田瑛二
  3. 3安藤サクラの母は?
  4. 4安藤サクラと父(奥田瑛二)の親子エピソード
  5. 5安藤サクラの家族について
  6. 6安藤サクラの父は奥田瑛二で母は安藤和津

安藤サクラのプロフィール

・愛称:???
・本名:柄本さくら
・生年月日:1986年2月18日
・年齢:33歳(2019年9月現在)
・出身地:東京都
・血液型:A型
・身長:160cm
・体重:???
・活動内容:女優
・所属グループ:なし
・事務所:ユマニテ
・家族構成:夫(柄本佑)、子供、父(奥田瑛二)、母(安藤和津)、姉(安藤桃子)

安藤サクラの経歴

安藤サクラさんの父母や家族構成について紹介する前に、まずは安藤サクラさんの経歴から見ていきましょう。

安藤サクラさんは幼少期に父の舞台を見て女優になりたいと考えます。ただ、安藤サクラさんは自分が「芸能人の子供」であることをよく理解しており、一時期は女優になるという夢を胸にしまい込んだこともあったそうです。

安藤サクラさんの女優としてのデビュー作品となったのは、父の奥田瑛二さんが監督をつとめる映画「風の外側」です。この作品は本当は別の女優が主役を演じる予定だったのですが降板してしまい、急遽安藤サクラさんが代役として主役の真理子を演じることになったのだそうです。

安藤サクラさんは2013年にも、父の奥田瑛二さんが監督をつとめる「今日子と修一の場合」に夫である柄本佑さんとともに出演しています。この作品の上映が開始されると、安藤サクラさんは自らチラシ配りなどもし、営業活動を行っていたそうです。

2009年に安藤サクラさんは園子温さんが監督をつとめた映画「愛のむきだし」に出演します。この作品ではカルト教団の勧誘員というかなり癖のある役を好演されました。安藤サクラさんはこの作品でCNNが発表した「まだ世界的に名前は売れていないが、演技力のある日本の俳優7人」に選ばれたのだそうです。

安藤サクラさんは役によって体重を変動させることでも知られており、ボクサーを演じた「100円の恋」では前半はわざと太ってだらしのない身体をつくり、後半はプロボクサーとしても通用するほどに身体を絞ったと言われています。

2018年にはNHKの連続テレビ小説「まんぷく」のヒロインに抜擢されますが、安藤サクラさんはこの前年に第一子を出産しており、史上初の「ママさんヒロイン」となりました。NHKの制作担当者は安藤サクラさんのことを、物語の人物として生きることができる「憑依型」の女優だと絶賛していたそうです。

また、この年には映画「万引き家族」も公開され、カンヌ映画祭のパルムドールも受賞しました。安藤サクラさんは「万引き家族」で日本アカデミー賞の最優秀主演女優賞など国内外で数多くの賞を受賞しています。

Thumb安藤サクラ出演ドラマ一覧!まんぷくなど人気作は?
安藤サクラは日本代表する演技派女優として、様々なドラマや映画に出演しています。朝ドラ「まんぷ...

安藤サクラの父は奥田瑛二

安藤サクラさんの父は俳優の奥田瑛二さんであることは広く知られてます。奥田瑛二さんは安藤サクラさんにとってどのような父なのでしょうか?安藤サクラさんの父・奥田瑛二さんについて紹介します。

父の奥田瑛二とは

まずは安藤サクラさんの父・奥田瑛二さんの経歴から見ていきましょう。奥田瑛二さんは1950年3月18日生まれで現在69歳、愛知県東春日井市出身ですが、父は春日井市議会議員をつとめていたそうです。

奥田瑛二さんは物心ついた頃から役者になりたいと考えていそうなのですが、政治家の父は大反対。大学に進学する際には、「政治の勉強をするため」という理由で上京が認められましたが、同時に父が手配した衆議院議員の住み込み秘書としても活動していたそうです。

「政治家になる」勉強をしているはずだった奥田瑛二さんですが、大学では演劇部に所属していました。そのうちに役者になる夢が再燃し、奥田瑛二さんは政治家の秘書を辞め、大学も辞めてしまいます。

大学中退後の奥田瑛二さんはアルバイトなどをしながら生計を立て、役者を目指しますが、家賃が払えずアパートを追い出され、ホームレス生活を送ったこともあるそうです。このホームレス生活のさなかに妻となる安藤和津さんとの出会いもありました。

奥田瑛二さんが俳優としてブレイクしたのは、安藤和津さんとの結婚後のことです。1980年代半ばにドラマ「金曜日の妻たちへIII 恋におちて」や「男女7人夏物語」などで奥田瑛二さんは「ちょい悪」のイメージで人気を得ます。1986年には「海と毒薬」で36歳にして映画単独初主演を果たします。

その後は「千利休 本覺坊遺文」や「式部物語」など、国際的にも評価される作品に続けて出演し、奥田瑛二さんは独特の個性を持つ演技派俳優としての地位を確立しました。

父(奥田瑛二)は俳優兼映画監督

俳優として活躍されている奥田瑛二さんですが、実は映画監督という顔も持っています。奥田瑛二さんは42歳の時に突然「映画監督をやる」と周囲に宣言しますが、実際にはそう簡単にはいかず、助監督を経験後、50歳の時に「少女〜AN ADOLESCENT」で監督デビューを果たします。

その後もコンスタントに作品を作り続け、2006年には「るにん」で数多くの賞を受賞。さらに同じ年に公開された映画「長い散歩」ではモントリオール世界映画祭のグランプリなどを獲得しています。

安藤サクラと父(奥田瑛二)が似てると話題に

実は安藤サクラさんと奥田瑛二さんが似てるという噂があるのだそうです。父子ですので似ていても不思議ではありませんが、顔の作りよりもその雰囲気が似てると言われているのだとか。奥田瑛二さんも独特の雰囲気を持つ役者ですが、安藤サクラさんも役に入りきるとその雰囲気ががらりと変わります。

ですので、すべての写真が似てるというわけではないようですが、時々はっとするほど父子が似すぎている写真が発見されているようです。

安藤サクラの母は?

安藤サクラさんの母についても見ていきましょう。安藤サクラさんの母はどのような人なのでしょうか?やはり女優をされているのでしょうか?安藤サクラさんの母について紹介します。

安藤サクラの母は安藤和津

安藤サクラさんの母は、エッセイストやタレントとして活躍する安藤和津さんです。安藤和津さんが女優としても活動しているのかどうかを調べてみましたが、タレントとしてテレビに出ることはあっても、女優の仕事をされた経歴はないようです。

安藤サクラさんの母・安藤和津さんは1948年3月6日生まれで現在71歳、旦那の奥田瑛二さんよりも2つ年上の姉さん女房となるようです。安藤和津さんは幼少期、とても裕福な生活をしていたと言われています。

安藤和津さんの母が政治家の「犬養健」の妾だったということ、さらには料亭を営んでいたということもあり、安藤和津さんの家にはお手伝いさんが20人以上もいたのだとか。中学時代には3000万円以上のお金をかけて世界一周旅行をしたこともあったそうです。

ただ、安藤和津さんの母は60代の頃から脳腫瘍が原因の認知症を患い、安藤和津さんは家族とともに12年間介護をされたそうです。母の晩年には介護うつになったこともあるそうですが、現在は寛解。安藤和津さんはこの介護の経験を生かし、書籍を出版したり講演活動を行ったりしています。

母(安藤和津)は犬養健の娘

安藤サクラさんの母・安藤和津さんの父は先ほども紹介しましたが政治家の「犬養健」です。吉田茂内閣では法務大臣などを歴任しています。そして、その「犬養健」の父は内閣総理大臣在任中に暗殺された「犬養毅」です。

つまり、安藤サクラさんは「犬養毅」のひ孫ということにもなります。また、親戚には国際政治学者の緒方貞子さんもいるそうで、安藤サクラさんの家系はすごいということがネット上でもたびたび話題になっているようです。

安藤サクラは有名人の父と母の間に誕生

安藤サクラさんは俳優とエッセイストという有名人の両親の間に生まれた子供ですが、幼少期から自分の立ち場はよく理解していたとも言われています。安易に女優デビューをしなかったのもそのためで、高校時代にはアルバイトの経験もされているそうです。

安藤サクラさんの女優としての魅力も、この「自分の立場を理解している」ということにあるとされています。「どのように役を演じることが求められているのか」ということを安藤サクラさんは正確に理解し、それを演技に反映しているために、毎回まったく異なる人物を見事に演じることができていると言われています。

安藤サクラと父(奥田瑛二)の親子エピソード

安藤サクラさんと奥田瑛二さんの父子エピソードについても調べてみました。父の奥田瑛二さんとの間には、どのようなエピソードがあったのでしょうか?安藤サクラさんの父子エピソードについて調べてみました。

父(奥田瑛二)とのエピソード①結婚の許可作戦

安藤サクラさんと父の奥田瑛二さんのエピソードで有名なのは、安藤サクラさんが夫である柄本佑さんと交際することになったときの話です。2人の馴れ初めは2008年2月のことだったそうです。

安藤サクラさんは柄本佑さんの弟である柄本時生さんと「俺たちに明日はないッス」という映画で共演していたのですが、この作品が秋田の十文字映画祭に参加しており、別の作品でこの映画祭に参加していた柄本佑さんと出会いました。

柄本佑さんは安藤サクラさんの「はじめまして」の声に惹かれ、猛アタックをされたのだそうです。安藤サクラさんは「私は良いけど父に聞いて欲しい」と言い、柄本佑さんは父の奥田瑛二さんに「結婚を前提とした交際をしたい」と告げたのだとか。

奥田瑛二さんからの返事は「交際はいいけど結婚は3年後」というものでした。2人はその後交際を始め、奥田瑛二さんとの約束を守り、交際から3年後の2012年に結婚されました。

父(奥田瑛二)とのエピソード②連続テレビ小説「まんぷく」秘話

安藤サクラさんと父の奥田瑛二さんとのエピソードには、NHKの朝ドラ「まんぷく」に関するものもあるのだそうです。実は「まんぷく」には父の奥田瑛二さんも出演されているのです。

父子の共演シーンこそなかったものの、奥田瑛二さんが演じた役は安藤サクラさんが演じる福子とその夫の萬平にとって、とても重要な人物だったようです。奥田瑛二さんは「まんぷく」の撮影に入る前に孫を愛で、気合いを入れて撮影に挑んでいたそうです。

父(奥田瑛二)とのエピソード③演技の特訓

安藤サクラさんには父の奥田瑛二さんから演技の特訓を受けたエピソードもあるのだとか。それは安藤サクラさんが小学校5年生の頃のことだったようですが、学芸会で「夕鶴」の主役・つうの役に抜擢されたのだそうです。

奥田瑛二さんの特訓は容赦なく、小学生の安藤サクラさんに「学芸会みたいな芝居をするな!」と怒鳴り、安藤サクラさんは「これ学芸会だもん」と泣き出してしまったのだとか。父の特訓のかいもあって、安藤サクラさんの「夕鶴」での演技は好評で、涙を浮かべる先生もいたそうです。

安藤サクラの家族について

安藤サクラさんの家族構成について見ていきましょう。安藤サクラさんの父と母は紹介しましたが、安藤サクラさんには兄弟などはいるのでしょうか?

安藤サクラの家族構成は父母と姉の4人家族

安藤サクラさんの家族構成ですが、父と母の他に姉もいるのだそうです。ですので、安藤サクラさんの家族は4人家族ということになります。安藤サクラさんの姉についても少し紹介しましょう。

姉は映画監督の安藤桃子

安藤サクラさんの姉は、映画監督として活躍する安藤桃子さんです。安藤桃子さんは安藤サクラさんよりも4歳年上で、一児の母でもあります。ただ、安藤桃子さんは現在は離婚されていますので、シングルマザーとして子供を育てているようです。

安藤桃子さんの子供の性別や名前については不明ですが、現在は高知県に移住しているのだとか。時折、子供を連れて東京の実家に里帰りしたり、逆に父や母が高知を訪れたりするなど、家族間の交流は頻繁にあるようです。

安藤桃子とは

安藤桃子さんの経歴についても少し紹介しましょう。安藤桃子さんは高校時代からイギリスに留学されていたそうで、その後もイギリスの大学に進学し、合計で8年間イギリスで暮らしていたのだそうです。

その後はアメリカに渡り、ニューヨーク大学で映画制作について学んだ後、日本に帰って助監督などの経験を積みました。そして、2010年に映画監督としてデビューしています。

安藤桃子さんが映画監督として世間から認められるようになったのは、2014年に公開された映画「0.5ミリ」がきっかけのようです。この作品には妹の安藤サクラさんが主演し、父の奥田瑛二さん、母の安藤和津さんもスタッフとして加わりました。

他にも安藤サクラさんの義父母の柄本明さん、角替和枝さん、さらに津川雅彦さんや東出正治さんといった有名俳優もこの映画に参加しています。映画は高評価を受け、国内外でさまざまな賞を総なめにしたようです。

家族のDNAは安藤サクラの実力に

安藤サクラさんは有名人の両親の元に生まれてきましたが、現在の活躍は親の七光りではなく、安藤サクラさん自身の実力と言われています。ただ、その実力を引き出しているものは、家族のDNAであることは間違いなさそうです。

安藤サクラの父は奥田瑛二で母は安藤和津

今注目を集める女優・安藤サクラさんの父や母・家族について紹介してきました。安藤サクラさんの父は俳優の奥田瑛二さんで、母はエッセイストの安藤和津さん、さらに姉は映画監督の安藤桃子さんという見事なまでの芸能一家です。安藤サクラさんの今後の活動にも注目していきましょう!

関連するまとめ

Missing
この記事のライター
春日つぼね

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ