安藤サクラ出演ドラマ一覧!まんぷくなど人気作は?

安藤サクラは日本代表する演技派女優として、様々なドラマや映画に出演しています。朝ドラ「まんぷく」のヒロイン役を務めるなど全国区の知名度を誇る安藤サクラですが、この記事では彼女が出演したドラマを一覧にして詳しく取り上げます。

安藤サクラ出演ドラマ一覧!まんぷくなど人気作は?のイメージ

目次

  1. 1安藤サクラのプロフィール
  2. 2安藤サクラ出演ドラマ一覧【Part1】
  3. 3安藤サクラ出演ドラマ一覧【Part2】
  4. 4安藤サクラのドラマと言えば「まんぷく」
  5. 5安藤サクラのまんぷく以外の人気ドラマ
  6. 6安藤サクラはまんぷくなど話題のドラマ出演の演技派女優

安藤サクラのプロフィール

・愛称:なし
・本名:柄本さくら
・生年月日:1986年2月18日
・年齢:33歳(2019年9月現在)
・出身地:東京都
・血液型:A型
・身長:160cm
・体重:不明
・活動内容:女優
・所属グループ:なし
・事務所:ユマニテ
・家族構成:柄本 佑(夫)、奥田瑛二(父)、安藤和津(母)

安藤サクラの経歴

安藤サクラは、1986年生まれで東京都出身の女優です。俳優であり映画監督の奥田瑛二と、エッセイストである安藤加津を両親にもち、父の舞台を幼少期に見た事で役者の夢を志すようになりました。裕福な家庭に生まれ育ちながらも学生時代はアルバイトを経験し、高校生の時に女優としての道を歩み始める事になります。

父である奥田瑛二は2000年代から俳優だけでなく映画監督としても活躍し始めていましたが、2007年の映画「風の外側」で主演を務める予定だった女優がクランクイン直前に降板してしまったことで、急遽安藤サクラに白羽の矢が立ったそうです。

安藤サクラが世間からの知名度を大きく上げるキッカケとなったのが、園子温が監督を務めた映画「愛のむきだし」です。映画の中で安藤サクラはカルト組織の勧誘をする人間を演じ、その狂気じみた演技力が大きく話題になりました。デビューから数年で安藤サクラは演技派女優としての地位を固めつつありました。

その後は幅広く変化する役柄を演じ切る安藤サクラの演技力が高く評価され、様々なドラマや映画に出演するようになります。2017年には日本アカデミー賞の司会を俳優である西田敏行とともに務めるなど、第一線で活躍する役者として存在感を発揮しています。

Thumb安藤和津と奥田瑛二との娘まとめ!安藤桃子と安藤サクラ!
女優やエッセイストとして活躍する安藤和津さんですが、旦那の奥田瑛二さんとの間には娘がいます。...

安藤サクラ出演ドラマ一覧【Part1】

現在では演技派女優としてその名を多くの映画ファンなどから知られている安藤サクラの経歴を簡単に紹介しましたが、この記事では安藤サクラが出演したドラマに限定した一覧を作成しました。安藤サクラが演じる役柄は作品によって様変わりするため、非常に楽しめる一覧となっています。

出演ドラマ一覧①「おひさま」

2011年に放送されたNHKの連続テレビ小説、通称朝ドラの「おひさま」に安藤サクラは出演しています。こちらは朝ドラの50周年記念と銘打ってスタートした作品ですが、安藤サクラは夫である柄本佑の弟、つまり義弟にあたる柄本時生と夫婦になる役柄として出演しました。

出演ドラマ一覧②「Room of King」

フジテレビ系列の土曜ドラマとして制作された「Room of King」にも安藤サクラは出演しました。水嶋ヒロと鈴木杏がW主演を務めたこのドラマは、性格も職業も全てバラバラで共通点のない9人が集められてルームシェアをはじめ、次第に「Room of King」の称号をめぐって争うことになるという意欲作です。

出演ドラマ一覧③「ATARU」

安藤サクラは中居正広が主演を務め、2012年にTBSの日曜劇場で放送された人気ドラマ「ATARU」にも出演しています。第4話に出演した安藤サクラは、狂気にかられた真犯人役を演じ、その迫真の演技が話題になりました。安藤サクラは「笑顔の中に潜む悪魔」と呼ばれるような役柄もこなすことができます。

出演ドラマ一覧④「カラマーゾフの兄弟」

ロシアの文学者であるドストエフスキーが著した最後の長編小説であり、名著の「カラマーゾフの兄弟」を原作として日本流のチューンナップを施し、フジテレビ系列で放送されたテレビドラマ「カラマーゾフの兄弟」では、安藤サクラは原作の「ソフィア」にあたるキャラクターを熱演しました。

出演ドラマ一覧⑤「こうのとりのゆりかご」

出産してしまったものの、事情によって育てられなくなった赤ちゃんを引き取る「赤ちゃんポスト」の運営にあたる、熊本県に実在する慈恵病院について取り扱ったドラマです。薬師丸ひろ子が主演を務め、安藤サクラは看護師役を演じました。このドラマをキッカケに同じ看護師を演じた江口のりこと仲良くなったそうです。

安藤サクラ出演ドラマ一覧【Part2】

安藤サクラが出演したドラマの一覧を見てきました。安藤サクラは心優しい看護師から狂気に取りつかれた殺人犯まで、様々な役柄をこなす演技派女優ですが、その演技力について、映画で共演したことのある松岡茉優は「絶望的な演技」と特異な表現をした上で絶賛しています。

まだ30代前半ながら日本を代表する演技力をもった女優として語られることの多い安藤サクラですが、ここからは安藤サクラが出演した作品の中でも一風変わったテイストのストーリーや演じた役柄が特徴的なドラマを一覧にして取り上げていきます。

出演ドラマ一覧⑥「55歳からのハローライフ」

「55歳からのハローライフ」は、村上龍が著した短編小説集をNHKでドラマ化したもので、1話ごとに異なったストーリーを放送するオムニバス形式を採用している作品です。安藤サクラは第3話「結婚相談所」という回に出演していますが、陰のある女性を演じた姿はファンをうならせました。

出演ドラマ一覧⑦「カルテット」

独創的な雰囲気とストーリーが大きく話題を呼んだ「カルテット」にも安藤サクラは出演しています。しかし、安藤サクラが出演したのはなんと「声」のみでした。声だけの出演に安藤サクラをキャスティングするという大胆な手法がSNS上で大きく反響があり、TBSの本気度が窺える作品でした。

出演ドラマ一覧⑧「魔法×戦士マジョマジョピュアーズ!」

女の子に向けた特撮シリーズドラマ「魔法×戦士マジョマジョピュアーズ!」で安藤サクラは声優を務めることになりました。魔法使いの女の子たちが魔法とダンスの力で悪者をやっつけるという王道の子供向けドラマですが、安藤サクラはピンクの猫「モコニャン」という可愛らしいキャラクターの声を担当しました。

「カルテット」での声だけの出演といい、安藤サクラは声だけでも演技ができる女優として多くの業界関係者から認められていることが窺えます。主人公の魔法使いの女の子たちを導くガイド役の可愛いキャラということで、安藤サクラの演じた役柄の中でも、特に変わったものになりました。

出演ドラマ一覧⑨「マンゴーの樹の下で~ルソン島、戦火の約束~」

2019年の8月8日に放送されたNHKの最新ドラマである「マンゴーの樹の下で~ルソン島、戦火の約束~」にも安藤サクラは出演しています。太平洋戦争の中でも一際大きな被害を受けることになった、フィリピン攻防戦の中で生きる日本人女性たちを描いた作品です。

かなり過激な描写もあり、戦争の悲惨さを感じることができるドラマになっていますが、安藤サクラは伊東四朗の娘役を熱演しました。このキャスティングは、同じくNHKで製作されたドラマ「おひさま」「まんぷく」での安藤サクラの好演が認められた形での出演になります。

出演ドラマ一覧⑩「だから私は推しました」

NHKのよるドラとして制作されたドラマ「だから私は推しました」では、意外な形で安藤サクラが登場する回がありました。NHKの朝ドラ「まんぷく」に出演していた安藤サクラは、このドラマでは事件の目撃者として出演するのですが、取調室には「まんぷく」に登場するまんぷくラーメンが置いてあったのです。

安藤サクラの意外な形での突然の出演にSNSでは非常に話題になりました。同じNHKが制作しているドラマということだけあり、両作品のファンを楽しませる工夫がちりばめられていたようです。

安藤サクラのドラマと言えば「まんぷく」

安藤サクラが出演したドラマの一覧を紹介してきましたが、少しずつ取り上げているNHKの連続テレビ小説、通称朝ドラ「まんぷく」こそが安藤サクラの知名度を全国区まで押し上げた作品と言っていいでしょう。ここからは安藤サクラが出演した「まんぷく」について少し詳しく触れていきます。

連続テレビ小説「まんぷく」でヒロイン立花福子役を熱演

NHKの朝ドラといえば、大規模なヒロイン役のオーディションが開かれ、毎年数千人もの女優たちが応募する難関として有名です。しかしこの「まんぷく」ではオーディションは開かれず、制作陣のキャスティングによって安藤サクラはヒロインである立花福子役に抜擢されました。

ドラマ「まんぷく」福子役はどんな役柄?

「まんぷく」は世界初のインスタントラーメンを作り出した起業家夫婦の物語で、実在するあの日清食品を創業した夫婦をモデルにした作品です。安藤サクラが演じる立花福子については実際の話とフィクションの設定が多く取り入れられています。

ホテルの電話交換手として働いていた立花福子ですが、長谷川博己演じる立花萬平に出会い、周囲の反対を押し切って結婚します。日本の戦中から戦後、そして高度成長期を事業化である夫とともに歩む立花福子を安藤サクラは好演しました。

ドラマ「まんぷく」で安藤サクラが史上初ママヒロインに

NHKの連続テレビ小説は何話にもわたって撮影をこなさなければならないため、演じる俳優側にとっても負担がかかる仕事です。安藤サクラは母親でありながら朝ドラのヒロインを務めた初めての女優でした。

安藤サクラは当初ヒロイン役を断ろうかと悩んでいましたが、NHKがヒロインを安藤サクラにオファーする際に、手厚い育児への援助を約束した事から、安藤サクラの夫を含む周囲の人々が背中を押したという背景があったようです。

安藤サクラのまんぷく以外の人気ドラマ

これまで安藤サクラが出演したドラマを取り上げ、一覧にして触れてきましたが、安藤サクラの演技の幅の広さには非常に驚かされます。しかし、まだまだ安藤サクラが出演したドラマ作品は紹介しきれないほど多いです。朝ドラ「まんぷく」以外の人気ドラマの一覧を見ていきましょう。

人気ドラマ①「ママゴト」

「ママゴト」はNHKのBSプレミアムにて放送されたテレビドラマで、漫画家である松田洋子が書いた漫画が原作となっています。最愛の子供を亡くしたことで子供嫌いになった過去を持つスナックのママ役を演じたのが安藤サクラです。親友の息子を預かることになったスナックのママが人間として成長していく様を描いた作品です。

人気ドラマ②「ゆとりですがなにか」

SNS上でも大きく話題となり反響の大きかった「ゆとりですがなにか」にも安藤サクラは出演しました。ゆとり世代と上の世代の意識の違いや対立について取り上げ、様々な角度から今の社会を映し出すように描いた話題作です。

人気ドラマ③「書店員ミチルの身の上話」

どんでん返しのストーリーが話題となった、NHKのよるドラ「書店員ミチルの身の上話」では安藤サクラの安定感のある演技が光りました。NHKには珍しいサスペンスめいたストーリーに、ドキドキさせられるような展開が持ち味の作品です。

人気ドラマ④「それでも、生きてゆく」

フジテレビ系列の木曜劇場にて放送された人気ドラマ「それでも、生きていく」では、安藤サクラの憎たらしく、視聴者の怒りも誘うような演技が非常に話題になりました。作品によって千変万化する安藤サクラの魅力は、こういうところにあります。

人気ドラマ⑤「野田ともうします。」

柘植文が描いた漫画「野田ともうします。」を映像化したドラマで、見た目は地味ながらも少し変わった文学部に所属する女子大生を主人公として描いたコメディ作品に、安藤サクラは大学の手影絵サークルの部長役として出演しました。

この作品は2010年の放送から順調に人気を伸ばしたことで、シーズン2やクリスマスのスペシャル、シーズン3まで放送された人気ドラマになりました。安藤サクラが演じる部長の、味のあるキャラクターがSNS上でとても好評でした。

人気ドラマ⑥「風の果て」

藤沢周平が著した時代小説「風の果て」をNHKが時代劇ドラマにした際にも、安藤サクラは出演しました。一般的に役者には向き不向きがあり、出演したことのないジャンルというものが存在しますが、安藤サクラにはそれはないのかもしれないと言われています。

人気ドラマ⑦「ショムニ2013」

原作は雑誌「モーニング」で安田弘之が描いていた漫画で、フジテレビがドラマ化した1998年から2003年にかけて社会現象的な大ヒットを巻き起こした「ショムニ」のスペシャルドラマ「ショムニ2013」にも安藤サクラが出演しているようです。

主演の江角マキコはそのままに、キャストを一新した今作ではベッキーや森カンナらとともに庶務二課の一員として安藤サクラが出演しています。大人気シリーズとなったドラマに参加できたことは、安藤サクラにとって良い経験になったそうです。

安藤サクラはまんぷくなど話題のドラマ出演の演技派女優

この記事では、日本を代表する演技派女優として活躍している安藤サクラが出演しているドラマを一覧にして取り上げました。安藤サクラは様々な映画やドラマに出演し、そのたびに監督から絶賛されるほどの演技力を有しています。

子供を出産したために念願であった朝ドラのヒロイン役を諦めようとした安藤サクラですが、周囲の支えや勧めもあって「まんぷく」のヒロイン役のオファーを受けた話を紹介しました。母でもある安藤サクラの女優としての活躍は、周囲の人々の応援もあってこそ成り立っているものです。

その演技の幅の広さと深さは海外でも絶賛されており、現在でも多くの映画やドラマに出演している安藤サクラですが、まだ30代前半である彼女は、さらに第一線で役者としての存在感を発揮し続けることでしょう。母としても女優としても順風満帆な安藤サクラの活躍からは目が離せません。

関連するまとめ

Original
この記事のライター
まるすけ
1993年東京生まれ広島育ちの20代男。 基本的にドラマや映画、漫画などの娯楽に日常的に触れています。 特にア...

新着一覧

最近公開されたまとめ