青木佐知アナ(青木宣親の嫁)まとめ!経歴や学歴・元彼は?

美人アナウンサーとして有名な青木佐知さんは、私生活ではプロ野球選手の青木宣親さんと結婚していますが、その馴れ初めが素敵過ぎると話題です。今回はそんな青木佐知さんの学歴や身長、元彼や兄の経歴、さらには実家、青木宣親さんとの馴れ初めや子供についても調べてみました。

青木佐知アナ(青木宣親の嫁)まとめ!経歴や学歴・元彼は?のイメージ

目次

  1. 1青木佐知アナウンサー(青木宣親の嫁)のプロフィール
  2. 2青木佐知の青木宣親との結婚について
  3. 3青木佐知のアナウンサー出演経歴【厳選】
  4. 4青木佐知の学歴
  5. 5青木佐知の元彼や実家も調査
  6. 6青木佐知は青木宣親の良き嫁で高身長の美人元アナウンサー

青木佐知アナウンサー(青木宣親の嫁)のプロフィール

・愛称:サッチ
・本名:青木佐知(旧姓:大竹)
・生年月日:1983年8月28日
・年齢:35歳(2019年6月現在)
・出身地:群馬県桐生市
・血液型:A型
・身長:164㎝
・体重:不明
・活動内容:アナウンサー
・所属グループ:
・事務所:元テレビ東京
・家族構成:夫(プロ野球選手の青木宣親)、子供2人

青木佐知の経歴

群馬県桐生市出身の青木佐知さんは、地元の群馬県立桐生女子高校を卒業後、法政大学の法学部に進学しています。法政大学法学部では法律学を専攻していたという青木佐知さんですが、報道系に興味があったためアナウンサーになることを決意したそうです。

テレビ東京でアナウンサーとしてデビューをした青木佐知さんは、元々水泳をしていたアスリートであったことから、スポーツキャスターとして主に活動をしていました。しかしスポーツ経験があるとは言え、様々なスポーツ選手への取材は緊張の連続だったそうです。
 

とても美人でありながらもガッツのある性格の持ち主である青木佐知さんは、持ち前の明るさで徐々に色んな仕事をこなしていき、職場での評価も高かったそうです。

そんな青木佐知さんですが、私生活ではプロ野球選手の青木宣親さんと2009年10月に結婚を発表し、2010年3月末でテレビ東京を退社しています。アナウンス能力が高かった青木佐知さんの退社を惜しむ声も多かったと言います。

青木佐知は高身長アナウンサー

青木佐知さんは美人アナウンサーとしてかなり有名でしたが、実は「高身長」であることでも知られています。「高身長アナウンサー」としても知られている青木佐知さんは、一体どれぐらい身長があるのでしょうか?

青木佐知さんの気になる身長ですが、164㎝のようです。170㎝を超えているわけではないため、そこまで高身長ではないようにも思えますが、青木佐知さんはとてもスタイルが良いため、実際に会うともっと身長が高く見られるそうです。

高身長スタイルは幼少時代の水泳が関係?

青木佐知さんが高身長なのは、幼い頃からスポーツをしていたからなのではないかと言われています。青木佐知さんは運動神経が抜群で、幼少期水泳を始めて小学生の頃からスイミングスクールの選手クラスで活躍していたそうです。

青木佐知さんは高校時代、水泳の平泳ぎでインターハイに出場するハイレベルな実力の持ち主でした。その後は指定校推薦枠で法政大学に進学しましたが、大学でもなんとか水泳を続けられないかと考えていたと言います。

法政大学の水泳部は基本的にスポーツ推薦しか選手を取っていないため、それ以外の一般枠で入学した学生は水泳部に入部できない仕組みだったそうです。しかし、青木佐知さんは法政大学水泳部の監督に直談判し、なんとか水泳部に入部が認められました。

青木佐知さんの大学時代の自己ベストはインカレに出場できるレベルであり、かなりハイレベルの実力であったことが伺えます。このことからも、青木佐知さんはかなりの美人でありながらも、スポーツ万能でガッツのある性格であることがわかりますね。

青木佐知の青木宣親との結婚について

美人アナウンサーとして有名だった青木佐知さんは、私生活では2009年にプロ野球選手の青木宣親さんと結婚していますが、その馴れ初めがドラマのようで素敵過ぎると話題です。次からは、青木佐知さんと青木宣親さんの馴れ初めについて調べてみました。

青木宣親とは

プロ野球選手の青木宣親さんはメジャーリーグも経験しているスーパースター選手で、誰もが認める有名選手です。そんな青木宣親さんは過去にはピッチャーをしていましたが、意外にも高校時代は「無名」とも言える存在だったそうです。

しかし早稲田大学に進学した後、才能が開花します。当時の早稲田大学は「史上最強」とも言えるとても強いチームで、大学リーグでは史上初の4連覇を達成しています。ちなみに青木宣親さんと同じ代には阪神の鳥谷選手、ソフトバンクの和田選手などがいました。

早稲田大学の同じ代で、6人がプロ入りするという素晴らしいメンバーの中でプレーをした青木宣親さんは、同期の意識の高さに感化され、全力で野球に取り組んでいました。そしてドラフト会議では4巡目で指名され、ヤクルトスワローズに入団をしています。

プロ野球入りした後にはさらに才能が開花し、青木宣親さんは安定したヒット率・出塁率を誇り「安打製造機」の異名を持って知られるようになりました。また選球センスにも優れていると評価され、WBCなどでは日本代表としても大活躍しました。

才能が評価された青木宣親さんは、プロ4年目には年報1億円を突破し、そのお金でご両親に家をプレゼントしています。その後の年俸最高額はなんと3億3000万円でした。青木宣親さんがいかに素晴らしい選手なのかが伺えますね。

このように2004年~2011年までヤクルトスワローズに多大なる貢献をした青木宣親さんは、その後更なる高みを目指すためにメジャーリーグに行くことを決意します。そして「ミルウォーキー・ブルワーズ」へ入団しました。
 

メジャーリーグに渡ってからは毎年のように移籍をし、激動の時代を過ごした青木宣親さん。どうしても日本人選手は海外選手と比較すると身体能力では劣る部分も多いですが、そこを努力で補った青木宣親さんは本当に素晴らしいですね。

2011年~2017年までメジャーでプレーしていた青木宣親さんは、2018年から古巣であるヤクルトスワローズに電撃復帰することが決まり、日本のプロ野球界を沸かせました。そんな青木宣親さんは現在も主戦力として大活躍しています。

青木宣親は3人兄弟の末っ子

青木宣親さんは2人の兄を持ち、3人兄弟の末っ子として生まれました。兄の1人が野球選手だったそうで、その兄を追いかける形で野球を始めたようです。

しかし青木宣親さんの兄は野球選手としては芽が出ず、途中からラグビーに転向したそうです。青木宣親さんが大学時代に野球でスランプに陥り、辞めたいと兄に電話した際には「お前は恵まれた環境にいる。それを理解しろ」と励ましてくれたそうです。

青木宣親の兄の職業にも注目

前述した通り青木宣親さんには2人の兄がいますが、その兄たちの職業や学歴が凄いと話題となっている模様です。1番上の兄は将太さんというお名前で、2019年には42歳になるそうです。

兄の将太さんはなんとイタリアの大手寝具メーカー「マニフレックス」という会社に勤めていて、現在はアジアの総代理店で勤務しているそうです。

もう1人の兄は貴寛さんというお名前で、2019年には41歳になるそうです。この年齢差を見ると、1番上の兄と2番目の兄は年子だった模様ですね。

兄の貴寛さんは父親が経営していた保険会社である「株式会社青木商事」を継ぎ、現在は代表取締役社長を務めているそうです。青木宣親さんの父親が会社を経営していたこと自体驚きですが、2人の兄たちも素晴らしい経歴の持ち主であることがわかります。
 

2009年11月に青木宣親と結婚

青木佐知さんは、2009年11月にプロ野球選手の青木宣親さんと結婚を発表しています。青木佐知さんと夫である青木宣親さんは、よくありがちな「アナウンサーとプロ野球選手」の組み合わせですが、その馴れ初めが素敵過ぎると話題となっているようです。

2010年12月に結婚式

青木佐知さんと青木宣親さんは、2010年12月に結婚式を挙げています。どこで結婚式をするのか迷いもあったそうですが、結局多くの著名人が過去に挙式をしてきた東京の明治神宮で結婚式を挙げたそうです。

ブログでは挙式披露宴当日の洋装と和装の2パターンの衣装を披露した青木佐知さんですが、どちらを着ても美人過ぎると話題となりました。

青木宣親との結婚の馴れ初めは?

青木佐知さんと青木宣親さんの馴れ初めは、2006年オフのヤクルトスワローズファン感謝デーでした。2006年にテレビ東京に入社した青木佐知さんは当時まだ入社1年目の新人アナウンサーであり、初の野球選手取材にとても緊張していたそうです。

とても美人な青木佐知さんに一目惚れをした青木宣親さんは、その場で青木佐知さんの電話番号を聞き出します。そして次の日に本当に青木宣親さんから電話がかかってきて、「結婚を前提に交際してほしい」と猛アプローチをされたそうです。

青木宣親さんは言わずと知れた有名選手ですが、初取材でいきなり電話番号を聞かれて青木佐知さんは相当驚いたこと言います。青木佐知さんは「野球選手としては凄い人なのかもしれないけれど、性格は軽い人なのかもしれない」と直感的に思ったそうです。

青木佐知さんは青木宣親さんに対して「明日の試合でヒットを3本打ったら考えます」と適当に返事をしています。しかし、次の日青木宣親さんは本当にヒットを3本打ってしまい、青木佐知さんは「これは運命なのかもしれない」と思うようになったそうです。
 

この出来事をきっかけに青木佐知さんと青木宣親さんは交際を開始し、とんとん拍子に結婚しています。アナウンサーとプロ野球選手が結婚する事例はかなり多いですが、こんな出会い方をした2人はとても運命的な馴れ初めですよね。

青木佐知がブログで語る夫婦円満の秘訣

青木佐知さんは前述した通り、元々バリバリ水泳をしていた「アスリート」でもあるため、家族を「チーム」と捉えるようにしていると語っています。旦那さんが精一杯プレーをするために妻が支え、子供たちが癒しを与える「チームプレー」を大切にしているそうです。

どうしても「夫が主役で妻が支える脇役」のような捉え方をしている方が多く、青木佐知さんのように家族を「チーム」と捉えられる方は珍しい存在と言われています。青木佐知さんがこうした考え方の持ち主だからこそ、青木宣親さんも安定した成績を残せるのでしょう。

著書「うちの夫はメジャーリーガー」も出版し話題に

青木佐知さんは『うちの夫はメジャーリーガー』という著書を出版しています。この著書では青木佐知さんが夫である青木宣親さんへのサポートやその苦労だけでなく、慣れない海外での出産や育児における悩みなども明かしています。

今まではスポットライトを浴びてこなかった「プロ野球選手の妻」としての戦いが見えてくる、とても面白い1冊となっています。

青木宣親との間に子供は2人誕生

青木佐知さんと青木宣親さんご夫妻には、2人の子供がいます。2011年10月に第1子である長女、2013年7月には第2子となる長男が誕生しています。度々青木佐知さんのブログには子供たちが登場し、成長ぶりを伺うことができます。

青木佐知のアナウンサー出演経歴【厳選】

青木佐知さんは現在、プロ野球選手の妻として夫のサポートに専念していますが、アナウンサー時代の出演経歴はどうなのでしょうか?次からは、青木佐知さんのテレビ東京アナウンサー時代の出演経歴について調べてみました。

アナウンサー出演経歴:「ぷっちぬき」

青木佐知さんのアナウンサー出演経歴1つ目は、『ぷっちぬき』です。『ぷっちぬき』は2006年~2007年まで放送されていたトークを交えた報道番組で、青木佐知さんが入社してすぐに担当した番組でした。

アナウンサー出演経歴:「女子アナクッキング~教えて!料理のアナとツボ~」

青木佐知さんのアナウンサー出演経歴2つ目は『女子アナクッキング~教えて!料理のアナとツボ~』です。この料理番組はテレビ東京のアナウンサーたちが月替わりで出演していて、身近な料理を楽しく勉強していく番組です。

アナウンサー出演経歴:「ワールドビジネスサテライト」

青木佐知さんのアナウンサー出演経歴3つ目は、『ワールドビジネスサテライト』です。こちらは世界経済の動向を含めた報道系番組で、民放の地上波ではかなり珍しい世界経済系の内容を取り扱っていることでも有名な番組でした。

アナウンサー出演経歴:「neo sports」

青木佐知さんのアナウンサー出演経歴4つ目は、『neo sports』です。こちらは前身番組である『メガスポ』を改変したものですが、青木佐知さんは前身番組から続投しています。スポーツ報道系番組であり、青木佐知さんが一番思い入れのある番組もありでした。

アナウンサー出演経歴:「ウイニング競馬」

青木佐知さんのアナウンサー出演経歴5つ目は、『ウイニング競馬』です。こちらは土曜日にある中央競馬の中継をする番組で、競馬場の特設スタジオから中継で放送されていました。

青木佐知の学歴

アナウンサーとしてテレビ東京の発展に貢献してきた青木佐知さんですが、出身高校や大学などの学歴はどのようなものだったのでしょうか?次からは、青木佐知さんの学歴について調べてみました。

学歴:群馬県立桐生女子高等学校卒業

青木佐知さんの過去の学歴ですが、出身高校は地元群馬県にある桐生女子高校であることが明らかになりました。青木佐知さんの実家は群馬県桐生市にあるため、高校は実家からかなり近いところにあったようです。

学歴:大学は法政大学を卒業

地元群馬県の桐生女子高校を卒業後は、東京の法政大学に進学しています。ちなみに青木佐知さんの出身学部は、法政大学の法学部法律学科です。

大学での専攻は法学部法律学科

前述した通り青木佐知さんは、法政大学の法学部法律学科へ進学した高学歴の持ち主です。法律学科出身の高学歴であれば、弁護士や政治家を目指す方も多い中、青木佐知さんは報道系に興味があったため、敢えてアナウンサーを選んだそうです。

青木佐知の元彼や実家も調査

美人ながら高学歴の持ち主で、まさに「才色兼備」である青木佐知さん。男性からの人気も高かったと言われていますが、元彼はどんな方なのでしょうか?次からは、青木佐知さんの元彼や実家についても調べてみました。

青木佐知の元彼は誰?

青木佐知さんの元彼は一体誰なのでしょうか?青木佐知さんの元彼については諸説ある模様ですが、過去に青木佐知さんと熱愛が噂された元彼たちについて詳しく調べてみました。

テレ東時代の元彼が青木宣親の性格に似てるとの噂

青木佐知さんの元彼について調べてみましたが、意外にも元彼の具体的な名前がヒットしませんでした。これだけ美人な青木佐知さんに元彼がいなかったとは考えにくいため、元彼はおそらく一般人だったのしょう。

また、テレビ東京時代に交際していた元彼が、現在の夫である青木宣親さんに似ているという噂もあるようです。しかし、元彼とのツーショット写真がないため、この噂の真相は未だにわかっていないようです。

青木佐知の実家は群馬県桐生市

前述した通り、青木佐知さんの実家は群馬県桐生市にあります。青木佐知さんは元々スイミングスクールで水泳をしていたため、高校でもスイミングに通うために実家から近い高校を選んだのではないかと言われているようです。

実家の場所は岡公園付近とブログで発覚

群馬県桐生市にある青木佐知さんの実家ですが、以前にブログに投稿した内容から青木佐知さんの実家の大体の場所が特定されたと噂されています。ブログの内容ですが、「実家のすぐ近くの岡公園に寄った」と記載されていた模様です。

このため青木佐知さんの実家は、群馬県桐生市にある岡公園の近くなのではないかと噂されるようになったそうです。さすがに実家の詳細な場所まではわかりませんが、ブログの内容からすると実家は岡公園の近くと見て間違いなさそうですね。

青木佐知は青木宣親の良き嫁で高身長の美人元アナウンサー

青木佐知さんは元テレビ東京のアナウンサーとして、主にスポーツキャスターとして活躍していました。私生活では2009年にプロ野球選手の青木宣親さんと結婚後し、2010年にはアナウンサーを辞めて夫のサポートに専念しています。

青木佐知さんは子供たちと一緒に「チーム」となってプロ野球選手である青木宣親さんをサポートしていると語っていて、その強い絆が話題となりました。これからも青木佐知さんのサポートを受け、青木宣親さんがさらに活躍されることを期待しましょう。

関連するまとめ

関連するキーワード

Original
この記事のライター
ちひろ
総合病院の元助産師。現在は子育て中のため一旦臨床を離れ、空いた時間にライターの仕事をしています。皆さんに楽しんでい...

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ