浅田真央の父と母まとめ!父の逮捕や母の死など浅田真央が乗り越えた壁とは

浅田真央さんの父親と母親には色々な噂が飛び交っているのをご存知ですか?「父親は逮捕歴があって韓国人?」「母親は死亡していて死因は肝移植?」といった噂を調べました。浅田真央さんの父親の現在の職業や、母親が岐阜でホステスをしていた噂についてもまとめています。

浅田真央の父と母まとめ!父の逮捕や母の死など浅田真央が乗り越えた壁とはのイメージ

目次

  1. 1浅田真央のプロフィール
  2. 2浅田真央の母親はどんな人?
  3. 3浅田真央の母親が死亡
  4. 4浅田真央の父親はどんな人?
  5. 5浅田真央の父親が逮捕される?
  6. 6父親も浅田真央を支え続けた
  7. 7浅田真央の両親は子供思いだった

浅田真央のプロフィール

浅田真央さんの両親の噂を調査していきます。母親の死因や浅田真央さんが関わったとされる肝臓移植、父親の職業やトラブルなど気になる噂が多いです。しかし、まずは浅田真央さん本人のプロフィールを確認しましょう。

・愛称:真央ちゃん、浅田選手
・本名:浅田真央
・生年月日:1990年9月25日
・現在年齢:28歳
・出身地:愛知県名古屋市
・血液型:B型
・身長:163cm
・体重:47kg
・活動内容:プロフィギュアスケーター、タレント
・所属グループ:なし
・事務所:IMG TOKYO
・家族構成:姉(浅田舞)
・出演作品:スポーツ大会『2010年バンクーバーオリンピック(銀メダル)』『2005年グランプリファイナル東京大会(優勝)』、アイスショー『スターズ・オン・アイス・ジャパン』『ザ・アイス』など

浅田真央の経歴

浅田真央さんは愛知県名古屋市に生まれ、浅田家の次女として名古屋市で育ちました。初めは母親の勧めでバレエを習っていたそうです。

しかし、バレエの練習の一環として5歳で習い始めたフィギュアスケートの方が好きになり才能が開花します。愛知岐阜を中心にスケート選手を育成していた山田満知子コーチに師事し、めきめきと頭角を現していきました。

小学生の頃には天才スケート少女として地元の愛知岐阜周辺で有名になります。小学6年生で出場した日本選手権では、当時のトップ選手でも難しいとされた3連続3回転のコンビネーションジャンプを披露。浅田真央さんはトップスケーターの仲間入りを果たします。

中学生になると浅田真央さんの快進撃は止まらず、ジュニアクラスの世界大会で優勝。中学3年生で出場した初のグランプリファイナルでは、絶対女王と呼ばれていたイリーナ・スルツカヤさんを破り優勝を果たします。知名度は愛知岐阜のレベルを超え、全国規模の国民的なアスリートとなります。

同シーズンに開催されたトリノオリンピックでも活躍が期待されましたが、年齢制限で出場できませんでした。トリノオリンピックは浅田真央さんの不出場が原因で、一時は「チャンピオン不在のオリンピック」とも評されました。

浅田真央さんがオリンピックに出場したのは、2010年に開催されたバンクーバーオリンピックからです。強豪国ロシアのタラソワコーチの指導を受けます。

浅田真央さんは難解なジャンプで構成されたプログラムを披露しました。しかし、表現力や芸術点で得点を伸ばした韓国のキム・ヨナさんに敗れる結果となりました。

バンクーバーオリンピック以降は活動拠点を愛知県の中京大学に移動します。ジャンプの不調やケガに悩まされながらも、ソチオリンピックに出場。

メダルには届きませんでしたが、前人未到のトリプルアクセル2大会連続成功の記録を打ち立てました。その後は日本選手権や世界選手権に出場し、2016年まで競技を続けました。しかしケガからの復調は難しく、2017年に現役引退を発表しました。

現在はプロフィギュアスケーターとしてアイスショーに出演するほか、タレントとしてCMにも出演しています。

国民的なアスリートとして華々しく活躍してきた浅田真央さんを育てたという理由で、父親や母親には注目が集まっています。

Thumb浅田真央は意外と高身長?体重やスタイル維持方法などのダイエットについても!
華麗なフィギュアスケートで人気を博している浅田真央さんはイメージ以上に高身長なのをご存知です...

浅田真央の母親はどんな人?

浅田真央さんの母親とはどのような人物だったのかを調べていきます。スケート選手の経験はなく岐阜県でホステスを職業にしていたという噂がありますが、本当なのでしょうか?

岐阜でホステスをしていた?

浅田真央さんの母親である浅田匡子(あさだきょうこ)さんは、苦労人だったと言われています。若くして両親を亡くし、姉と二人で生活してきたそうです。

岐阜県でホステスを職業としていたという噂は、浅田真央さんの母親が生活のために一時ホステスを職業にしていた経験があるらしいことから広まりました。

浅田真央さんの母親の職業がホステスだった時代の勤務先は岐阜県ではないかと言われています。しかし、実際に岐阜でホステスをしていた証拠は出てきていないようです。

実は浅田真央さんの母親の生い立ちや職業には謎が多く、未だに不明な事が多いです。浅田真央さんの出身地愛知県名古屋市と岐阜県は、電車通勤可能な距離にあります。地理的には、岐阜県で浅田真央さんの母親がホステスをしていた可能性はあるといえそうです。

浅田真央姉妹のスケートを応援する優しい母

浅田真央さんの母親は、浅田真央さん姉妹を献身的に支えてきたことで有名です。スケート練習のために毎日送迎を行い、練習にも付き添いました。

試合も欠かさず見に行き、懸命に応援している姿が何度も目撃されています。娘の浅田真央さん・浅田舞さんの才能を信じて応援し続けた優しい母親だったと言われています。

こちらは浅田真央さん姉妹に密着したドキュメンタリー番組の動画です。浅田真央さんが母親の運転する車でスケート場に行くまでの道中が紹介されています。

動画を見ると、母親は優しい表情で浅田真央さん・浅田舞さんについて語っています。浅田真央さんもリラックスした表情で、仲の良さが伺えます。

母親の夢を浅田真央姉妹にゆだねる

そもそも浅田真央さんはどうしてフィギュアスケートを始めたのでしょうか?その原因は母親にあるようです。

浅田真央さんの母親は幼少期にバレリーナになる夢を持っていました。しかし両親が無くなるなどの家庭の事情からバレエを続けることができなくなり、泣く泣く夢をあきらめたそうです。

その経験から、浅田真央さんの母親は浅田姉妹に夢を託すようになったようです。浅田姉妹にバレエを習わせ、練習のためにフィギュアスケートも始めました。

ただし浅田真央さんがフィギュアスケートの方に熱中し始めると、「やりたいことをさせたい」とフィギュアスケートの応援に方針転換。夢を押し付けるのではなく、一緒に夢を追い応援する母親だったようです。

Thumb浅田真央と宇野昌磨の関係は?仲良しすぎて熱愛疑惑まで!抱っこが理由?
フィギュアスケートの浅田真央さんと宇野昌磨さんが昔から仲が良いのは有名な話ですが、熱愛疑惑は...

浅田真央の母親が死亡

浅田真央さんの母親は浅田姉妹を支える優しい母親でした。しかし、現在は死亡しています。浅田真央さんの母親の死因は何なのでしょうか?死因となった病名や死亡までのいきさつをまとめていきます。

2011年に母親が病気で死亡

浅田真央さんの母親は2011年12月に病気で死亡しています。浅田真央さんの母親が死亡した時の各社の報道によると、2011年の春頃には闘病生活を送っていたとわかっています。

浅田真央さんは母親を元気付けようと、グランプリファイナルのカナダ大会に向けて調整を進めていました。しかし、容態が急変したため欠場。連絡のあったその日に緊急帰国しています。それでも母親の死亡時には間に合わず、悲しみの再会となってしまいました。

母親の死因は肝硬変

浅田真央さんの母親の死因は肝硬変と言われています。浅田真央さんの母親は懸命に闘病生活を送りました。肝臓移植の手術を受けたとも言われています。このような必死の闘病を続けたにもかかわらず、死亡してしまう結果となりました。

死因になった肝硬変とは肝臓の細胞が壊れて機能を失ってしまう病気です。肝硬変には原因別に色々なタイプがあります。原因不明の肝硬変も存在します。

ウィルスが原因の肝硬変・アルコールが原因の肝硬変・肥満が原因の肝硬変が代表的です。浅田真央さんの母親の死因となった肝硬変がどのタイプのものだったのかは、明らかになっていません。

死因の肝硬変は何かの病気の合併症として現れることもあります。直接的な死因となったのは肝硬変で間違いないようですが、肝硬変を引き起こし死亡の原因を作った元々の病気が何だったのかは分かっていません。

浅田真央さんの母親の以前の職業が岐阜県のホステスと言われていることから、アルコールが死因となった肝硬変の原因ではないか?と噂されています。

母親は浅田真央姉妹からの移植を拒否

浅田真央さんの母親の闘病生活が難航し死亡するに至った原因の一つには、肝臓移植の失敗が挙げられています。肝硬変は肝臓の細胞が死滅してしまう病気なので、重症者が完治するためには肝臓を移植する必要があります。

肝臓移植は他人からも受けることができます。しかし移植後の拒否反応を抑えるためには、血の繋がりのある家族の肝臓を移植するのが望ましいとされています。

浅田真央さんと浅田舞さんも移植手術のための検査を受け、ドナーとなるつもりがあったようです。しかし、当の母親が娘からの肝移植を拒否しました。肝移植は浅田真央さんの父親がドナーとなりましたが、死因となる肝硬変を発症し死亡に至ってしまったのです。

浅田真央さんの母親がどうして浅田姉妹からの移植を拒んだのかについては、憶測が飛び交っています。

「スケート選手である浅田姉妹から移植を受けてアスリート生命を脅かすような事はしたくないと思っていた」という説が有力です。浅田匡子さんは最期まで娘思いの母親だったのでしょう。

Thumb浅田真央の現在は?仕事はプロスケーターのまま?住まいも話題に!現在まとめ
元フィギュアスケート選手の浅田真央さんですが、現在はどうされているのでしょうか?仕事はプロス...

浅田真央の父親はどんな人?

浅田真央さんの母親は死因は肝硬変でしたが、何か別の病気を患っていたのが死亡につながったとも噂されていると分かりました。ここからは浅田真央さんの父親について噂を調査していきます。

浅田真央の父親の職業はホスト?

浅田真央さんの父親の職業はホストだという噂があります。「浅田真央さんの母親の職業が岐阜県のホステスという噂」と内容が似ていますが、果たして本当なのでしょうか?

浅田真央さんの父親の職業がホストというのは、昔の事のようです。父親の以前の職業は確かにホストでした。浅田真央さんの父親は大阪でかなり有名な人気ホストだったそうです。若くして独立し、超有名クラブ「カーネギー」を経営するオーナーになりました。

浅田真央さんの父親と母親が出会ったのは、両親がホスト・ホステスを職業にしていた頃だという噂があります。母親は岐阜県で働いていたという噂でしたが、同じ職業なので知人の紹介で父親と出会ったのかもしれません。

浅田真央の父親は苦労人だった

浅田真央さんの母親と同じく、父親も苦労人だったようです。浅田真央さんの父親は若くして大黒柱の父親(浅田真央さんの祖父)を亡くしました。

家計を支えるために、中学生くらいから働いていたと言われています。若くして働かざるを得ない状況だったため、実力次第で高級の可能性があるホストを職業にしたのかもしれません。

浅田真央さんの両親は共に若い頃に辛い経験をしていました。経済的に苦しく、同年代の人と同じような学歴や職業を選ぶ自由はほとんどなかったのではないでしょうか?このような経験が浅田姉妹を応援する原動力になっていたと考えられます。

浅田真央の父親は韓国人?

浅田真央さんの父親は韓国人ではないか?という噂があります。この噂は浅田真央さんの両親の職業が水商売関係であると言われるようになって以来、ささやかれているようです。

大阪や名古屋の水商売関係の職業の人には、韓国をルーツに持つ人や在日韓国人も多いというのが噂の原因のようです。また、浅田真央さんの姉である浅田舞さんが韓国美女に似た顔立ちであることも噂の原因と言われています。

浅田真央さんの父親の職業についての噂は本当の事も含まれているようですが、韓国人という噂は全く根拠がありません。浅田真央さんの父親が韓国人というのは根も葉もない噂だと考えていいでしょう。

在日韓国人などの外国籍のアスリートが国際大会に日本の選手として出場するためには、帰化申請やその他の手続きが必要となります。

もしも浅田真央さんの父親が韓国人だった場合、浅田真央さんが国際大会やオリンピックに出場する時には国籍がもっと話題になるはずです。

しかし「浅田真央さんが韓国籍で国際大会に出場できない」といった問題はこれまでに一度も起こっていません。浅田真央さんの父親は韓国人ではなく日本人と考えて、まず間違いないでしょう。

Thumb浅田真央と羽生結弦の関係は?憧れから仲良しに?エキシビジョンの様子も!
浅田真央さんと羽生結弦さんの関係が話題になっています。二人はフィギュアスケート選手としてジュ...

浅田真央の父親が逮捕される?

浅田真央さんの父親に関して逮捕されたという噂があるようです。韓国人という噂は単なる噂でしたが、こちらの噂の真相はどうなのでしょうか?
 

交際相手に暴行した容疑で逮捕された?

浅田真央さんの父親が逮捕される事件を起こしたのは本当のようです。週刊誌で浅田真央さんの父親が通報され、逮捕されたと報じられています。逮捕の原因は交際相手の女性に暴行した容疑だそうです。

なお、浅田真央さんの父親が交際相手の女性への暴力が原因で逮捕されたのは2015年の事です。浅田真央さんの母親が死亡してから4年後になります。逮捕されたのは事実のようですが、父親の交際相手は不倫相手というわけではありません。

逮捕は過去にもあった!?

実は浅田真央さんの父親が逮捕されたのは、2015年の事件が初めてでは無いようです。過去にも公然わいせつ罪や傷害罪といった容疑で逮捕された経験があると報じられています。

ただし、逮捕されても全員が犯罪者として服役するわけではありません。浅田真央さんの父親が逮捕された後に服役した報道は無いので、逮捕のみにとどまったと見て良いでしょう。

浅田舞の破天荒な性格は父親似か?

浅田真央さんの父親には逮捕歴が何度もあることから、激情型のトラブルメーカー気質なのが予想されます。そんな父親の性格が浅田真央さんの姉・浅田舞さんに受け継がれているのでは?と噂されています。

浅田舞さんは爽やかなイメージで人気がありますが、実は「炎上芸人」と呼ばれるほど度々炎上しています。

地元名古屋のテレビ番組に中日ファンとして出演していたにもかかわらず、広島カープの優勝ブームに便乗して「私はカープ女子」と宣言。愛知・岐阜在住の人や野球好きからバッシングを受けて炎上しました。

バラエティ番組に出演した時に、妹の浅田真央さんのプライベートを暴露して炎上する事も何度もありました。こういった炎上の多さから「浅田舞さんの破天荒な性格は父親ゆずりなのでは?」と噂されています。

浅田真央さん関連の話題はただでさえ炎上しやすいという側面があります。浅田真央さんには熱狂的なファンが多く炎上の原因になっているようです。

少しでも浅田真央さんのイメージを損ないそうな発言をすると、テレビ局や発言した芸能人のSNSに批判のコメントが殺到する事もしばしば。浅田舞さんが炎上し続けてしまうのは、浅田真央さんの話題を出しすぎるのが原因なのかもしれません。

Thumb浅田真央の結婚相手になるのは羽生結弦?高橋大輔?現在の彼氏は?
元フィギュアスケート選手の浅田真央さんですが、現役引退後もその動向が注目されています。中でも...

父親も浅田真央を支え続けた

浅田真央さんの父親はトラブルメーカーな一面があり、逮捕歴も複数回あるようです。しかし、浅田真央さんを支える姿勢は母親と変わらないという噂もあります。ここからは、浅田真央さんの父親がどのように浅田姉妹をサポートしてきたのか紹介していきます。

悪い影響を考えてホストをやめる

浅田真央さんの父親の職業がホストやホストクラブオーナーだったことは、先ほど紹介しました。浅田真央さんの父親のホストクラブ経営は非常に成功していました。

ピーク時には年商1億円以上あったとも言われています。トップ選手1人育てるには1年で数千万単位の出費がかかるフィギュアスケートを、浅田姉妹が続けてこられたのは父親の経済的な支えがあってこそだったのです。

しかし、浅田真央さんが国際大会などで成績を残し国民的なフィギュアスケート選手になった時期に父親はホストクラブ経営を辞めています。父親がものすごく稼いでいたはずのホストクラブを手放した原因は、浅田真央さんのスケートを応援するためでした。

国民的なスターになっていく浅田真央さんのイメージを、父親の職業が水商売という事で落とさないためにホストクラブから手を引いたようです。

浅田真央さんがスポンサーを次々に獲得し、フィギュアスケートを続けていく見通しが立った事も背景にあるようです。

それにしても浅田真央さんの父親にとって、手塩にかけて育て上げてきたはずのホストクラブを手放すのは並大抵のことではなかったはず。浅田真央さんの父親も母親と同じく子供達の夢を応援していたのが伺えます。

母親の死後は父親がサポートをする

浅田真央さんを経済面からサポートしていた父親ですが、浅田真央さんが学生の頃にはあまり表立って練習をサポートする様子はありませんでした。しかし近年は浅田真央さんの練習の送迎をするなど、父親のサポートが目立つようになってきています。

その原因は浅田真央さんの母親が死亡した事だと言われています。浅田真央さんの母親が肝硬変の死因で死亡した後、父親はかつて母親が担っていた送迎などの役割を引き継いだようなのです。

母親の死亡時にはかなりショックを受けていた浅田真央さん。母親の死を乗り越えてアスリートを続けられた陰には父親の支えがあったのでしょう。  

浅田真央の両親は子供思いだった

浅田真央さんの両親についての噂を調査してまとめました。浅田真央さんの母親の職業は、岐阜県でホステスをしていたという噂がありました。

若くして両親を亡くし経済的に苦しかった経験を持つ浅田真央さんの母親が、ホステスをしていた可能性は高いです。しかし浅田真央さんの母親の経歴には明かされていない部分が多く、勤務地が岐阜県だったのかははっきりしていません。

浅田姉妹がフィギュアスケートを始めたきっかけは母親の「バレリーナになりたい」という夢を託されたことでした。

しかし、浅田姉妹がフィギュアスケートの方を好きになった時には方針を転換して献身的にサポートしています。浅田真央さんにとって母親は自分の夢を応援してくれる優しい母親だったと考えられます。

浅田真央さんの母親は2011年12月、グランプリファイナル・カナダ大会の直前に死亡しています。死因は肝硬変と発表されています。

直接的な死因は肝硬変ですが、背景には何か肝硬変を引き起こす病気があったのではないかと噂されています。娘である浅田姉妹は移植を試みましたが、母親が娘のためを思って移植を拒否。その結果、死因の肝硬変を発症したといういきさつがありました。

浅田真央さんの父親については、職業がホストという噂がありました。この噂は「かつてそうだった」という意味では本当です。ただし、現在はホストやホストクラブ経営を辞めています。

浅田真央さんの父親に逮捕歴があるという噂も本当のようです。浅田真央さんの父親が韓国人なのではないか?という噂については、単なる噂である可能性が高いです。浅田真央さんが韓国籍のために国際大会に出場できないといった問題も全く起こっていません。

母親が死亡した後は父親が浅田真央さんの練習の送迎を担当するなど、献身的に支えている姿が目撃されています。母親と同じく、父親も浅田真央さんを支え続けています。

アスリートの親として注目され、いろいろな噂が飛び交っている浅田真央さんの両親。噂を調査していくと、母親も父親も若い頃に苦労した経験を糧に娘たちを応援する子供思いの親だったと分かりました。

両親の愛情をいっぱいに受けて育った、浅田真央さんはこれからどんな夢を追いかけていくのでしょうか?今後の活躍が楽しみですね!

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ