浅見千代子の現在!死去説?ガキ使キスおばちゃんのプロフィールまとめ

ガキ使に”キスおばちゃん”として出演する浅見千代子さんのプロフィールや現在、死去説の真相や主な出演作品をまとめました。また、プロフィールだけでなく浅見千代子さんの私生活も徹底調査。キスおばちゃんこと浅見千代子さんについて詳しく見ていきましょう。

浅見千代子の現在!死去説?ガキ使キスおばちゃんのプロフィールまとめのイメージ

目次

  1. 1浅見千代子のプロフィール
  2. 2浅見千代子が演じるキスおばちゃんとは
  3. 3浅見千代子の死去説
  4. 4浅見千代子は結婚してる?
  5. 5浅見千代子はガキ使に出ていた?
  6. 6浅見千代子の出演作品一覧
  7. 7浅見千代子は現在もキスおばちゃんで死去説はデマ

浅見千代子のプロフィール

・愛称:キスおばちゃん・腰ふりおばちゃん・おばちゃん1号
・本名:浅見千代子
・生年月日:1940年4月7日
・年齢:79歳(2019年11月現在)
・出身地:神奈川県横浜市
・血液型:不明
・身長:不明
・体重:不明
・活動内容:女優・タレント
・所属グループ:無し
・事務所:株式会社アーキテクト
・家族構成::不明

浅見千代子の経歴

浅見千代子さんのプロフィールを押さえたところで、続いては浅見千代子さんの経歴をご紹介します。ガキ使の”キスおばちゃん”や、”おばちゃん1号”として有名な浅見千代子さんが芸能界で活動を始めたのは若い頃ではなく、いわゆる”おばちゃん”と呼ばれる年齢になってからのことです。

そのため、浅見千代子さんの詳細なプロフィールや若い頃の経歴は一切不明です。浅見千代子さんが芸能界で活動を始めたのは、1995年のことです。ガキ使などの人気番組にエキストラ出演するようになった浅見千代子さんは、数年後から女優としての活動も始めています。

浅見千代子さんがこれまでに出演したドラマは、1998年に放送された『GTO』、1999年に放送された『チープ・ラブ』、2000年に放送された『池袋ウエストゲートパーク』、2002年に放送された『愛なんていらねえよ、夏』などです。

ガキ使のキスおばちゃんとして有名な浅見千代子さんは、ドラマ『木更津キャッツアイ』ではモノマネ教室に通うおばちゃん役を演じているほか、2017年に放送された最新出演ドラマ『バイプレイヤーズ』では、「みたらし熟女」という作品に登場する”富子さん”という強烈なキャラクターを演じています。

若い頃の画像が綺麗だと噂に

強烈なキャラクターをしている浅見千代子さんは、大仏様のようなパンチパーマがトレンドマークです。ガキ使に出演している時の浅見千代子さんは無表情な上に風変わりな言動をしますので、あまり綺麗な印象は無いかもしれません。

しかし、そんな浅見千代子さんの若い頃の画像が拡散されるや否や、”若い頃のキスおばちゃんが綺麗だ”とたちまち話題に。実際に浅見千代子さんの若い頃の画像を見てみると、現在よりも薄化粧のため本来の顔立ちが整っていることが確認出来ます。

また、浅見千代子さんの若い頃の画像が白黒である点からは、時代の流れや浅見千代子さんの実年齢の高さがうかがえます。他にも、若い頃の浅見千代子さんは笑顔で写真に写っているので、綺麗なお姉さんといった印象を受けることでしょう。

若い頃は笑顔が可愛らしかった浅見千代子さんが、なぜ現在のキスおばちゃんの姿になったのかは不明ですが、若い頃の姿のままでは芸能界デビューを果たせていなかった可能性もあります。個性的で、唯一無二の存在である現在の姿だからこそ、浅見千代子さんは芸能界という世界で活躍出来ているのかもしれません。

「番組観覧者募集」でエキストラ出演

若い頃は芸能活動をしていなかった浅見千代子さんが芸能界に足を踏み入れるキッカケになったのは、「番組観覧者募集」の広告を見たことでした。1995年、当時55歳だった浅見千代子さんはドラマなどへのエキストラ出演や番組観覧を開始。

この行動が、浅見千代子さんの人生を大きく変えていくことになったのです。番組観覧やエキストラ出演をしていた浅見千代子さんが、なぜガキ使の名物キャラクター・キスおばちゃんになったのか、その真相はこの後詳しくご紹介していきます。

映画「少林老女」で初主演

ガキ使の”腰フリおばちゃん”や”キスおばちゃん”として有名になった浅見千代子さんは、2008年に公開された映画『少林老女』で初主演を飾っています。

本作品はカンフー・コメディーですが、浅見千代子さん演じる主人公のラブシーンや上島竜平さんらの爆笑シーンが盛り込まれるなど、一風変わったタイトル通りコメディー要素が強くなっているようです。

浅見千代子が演じるキスおばちゃんとは

浅見千代子さんのプロフィールや若い頃の姿、これまでの経歴を押さえたところで、続いては浅見千代子さんが演じる”キスおばちゃん”というキャラクターに迫っていきましょう。

ガキ使の罰ゲームとしておなじみ

浅見千代子さん演じるキスおばちゃんは、その名前の通りたくさんのキスをするキャラクターで、ガキ使の罰ゲームにキスおばちゃんが登場し、出演者に熱いキスをするのがお馴染みの流れです。

キスされる出演者が本気で嫌がっている姿と、無表情でキスをする浅見千代子さんの姿のギャップが面白いと人気を集め、浅見千代子さん演じるキスおばちゃんはガキ使の名物キャラクターとなりました。

結婚ほやほやの陣内智則にもキス

ガキ使の名物キャラであるキスおばちゃんとして、これまでに数々の芸能人と熱いキスを交わしてきている浅見千代子さん。2007年4月にイベント会場に登場した際には、結婚ほやほやの陣内智則さんに熱烈なキスをして世間をざわつかせた一方、キスおばちゃんの名を広めることに成功しています。

陣内智則とは

ここで、キスおばちゃんこと浅見千代子さんにキスをされた、陣内智則さんのプロフィールと経歴をご紹介します。陣内智則さんは1974年2月22日生まれの45歳で、兵庫県出身のお笑い芸人です。

若い頃からお笑い芸人として活動していた陣内智則さんは、過去に西口圭さんと「リミテッド」というコンビを組んでいたこともありますが、コンビでは思うように売れずに解散し、1995年頃からピン芸人としての活動を開始。

しかし、陣内智則さんはピン芸人になった後もなかなか笑いが取れず、所属している吉本興業をクビになりそうになったそうです。そんな危機的状況の時に、”あらかじめ用意した音声や映像に突っ込む”という手法のネタを思いついた陣内智則さん。

そして、そのネタをお客さんの前で披露したところ大爆笑が起き、それをキッカケに仕事が増え、吉本興業をクビになるどころか一躍人気芸人の仲間入りを果たします。そんな陣内智則さんは、2006年にドラマの撮影で藤原紀香さんと出会い、交際に発展。そして2007年4月10日にお二人は結婚しています。

”格差婚”という言葉が誕生した陣内智則さんと藤原紀香さんの結婚でしたが、結婚後しばらくすると不仲説が囁かれるようになり、実際にお二人は2009年3月に離婚しています。

その後は離婚をネタにすることもあった陣内智則さんでしたが、2017年6月30日にフジテレビのアナウンサーである松村未央さんと再婚。2018年10月31日には待望の第一子女児が誕生し、現在の陣内智則さんは一児のパパとして仕事に励まれています。

キスおばちゃんは3人いる

ガキ使には浅見千代子さんの”おばちゃん1号”の他に、”おばちゃん2号”と”おばちゃん3号”というキャラクターも登場していました。しかし、おばちゃん2号は番組の収録中に装着していたカツラを取られたことを許せず、2000年頃に番組を降板してしまっています。

浅見千代子は1号で愛称「腰ふりおばちゃん」

プロフィール欄でご紹介した通り、浅見千代子さんには”腰ふりおばちゃん”という愛称も付けられています。なぜ浅見千代子さんが腰ふりおばちゃんと呼ばれるのか、その理由にもガキ使が深く関係しているようです。

無表情で出演者に熱いキスをし、”キスおばちゃん”と呼ばれることが多い浅見千代子さんですが、ガキ使では無表情のまま腰ふりダンスを披露することも。その腰ふりセクシーダンスをしている姿も大人気で、浅見千代子さんは腰ふりおばちゃんとも呼ばれるようになったのです。

キスの回数でギネス記録を叩き出す

キスおばちゃんこと浅見千代子さんは、ギネス記録の保持者でもあります。浅見千代子さんが挑戦したギネス記録は、”30秒間で何人にキス出来るか”といったものです。

2014年12月14日に池袋で開かれたイベントに登場した浅見千代子さんは、2012年にインドで記録された「47人」というギネス記録に挑戦。キスおばちゃんという異名通り、高速キスを繰り出した浅見千代子さんは、30秒間で「49人」にキスをすることに成功し、ギネス記録を塗り替えています。

Thumb陣内智則と藤原紀香の結婚から離婚までをおさらい!離婚理由も!
以前は夫婦だった陣内智則と藤原紀香ですが、離婚してから約10年が経とうとしています。ここで改...

浅見千代子の死去説

浅見千代子さんのプロフィールや経歴といった基本的な情報、浅見千代子さんがガキ使で演じるキャラクターについて見てくると、不思議な魅力が溢れる浅見千代子さんという人物に対する興味が高まってくるのではないでしょうか?

しかし、最近はそんな浅見千代子さんの死去説が囁かれているようです。プロフィール欄でご紹介したように、2019年11月現在で79歳のはずの浅見千代子さんは、本当に死去されているのでしょうか?そこで続いては、浅見千代子さんの死去説の真相に迫っていきましょう。
 

浅見千代子の死去説が広まる

浅見千代子さんの死去説が広まったのは2011年頃のことです。人気番組であるガキ使にキスおばちゃんとして出演し、人気を博している浅見千代子さんが本当に死去しているのならば、ニュース番組などで取り上げられても良いはずです。

しかし”浅見千代子さん死去”や、”キスおばちゃん死去”といったニュースを見た記憶が無いことでしょう。なぜならば、浅見千代子さんは死去していないからです。では、なぜ浅見千代子さんの死去説が広まってしまったのでしょうか?

キスおばちゃん3号「三城晃子」の死去で誤解される

浅見千代子さんの死去説が広まった理由を調査したところ、おばちゃん3号として知られる三城晃子さんが関係しているようです。ここで、簡単に三城晃子さんのプロフィールをご紹介します。三城晃子さんは、1945年11月22日に東京都で生まれています。

オーケープロダクションという芸能事務所に所属していた三城晃子さんは、2002年にガキ使の「メンチ切り合いバスツアー」という企画に初登場し、”おばちゃん3号”や”顔デカおばちゃん”という愛称で親しまれるように。

ドラマ・映画出演や、プロレスのラウンドガールを務めるなど、ガキ使以外の場でも活躍していた”おばちゃん3号”こと三城晃子さんでしたが、2011年7月27日に多臓器不全のため65歳で死去されています。

”おばちゃん3号が死去した”というニュースが流れると、おばちゃん1号の浅見千代子さんが死去したと勘違いしてしまう視聴者が現れ、段々と浅見千代子さんの死去説が拡散されてしまったようです。

ガキ使に出演しなかったのには別の理由が

ガキ使にキスおばちゃんが登場するのは毎年恒例となっていましたが、2018年12月31日に放送されたガキ使に、浅見千代子さんの姿はありませんでした。毎年出演していた浅見千代子さんがなぜ2018年のガキ使に出演しなかったのか、その理由は明らかになっていません。

一部では”浅見千代子さんのキス攻撃に関して視聴者からクレームがあったのでは?”と言われていますが、クレームがあったという事実は無いようです。では、浅見千代子さんがガキ使に出演しなかった理由は何が考えられるのでしょうか?

キスにうんざりしたから

浅見千代子さんが2018年のガキ使に出演しなかった理由として、浅見千代子さんがキスにうんざりしていたことが挙げられています。2008年11月に開催されたイベントに登場した浅見千代子さんは、この日のイベントでキスをしなくていいことを喜び、世間に衝撃が走っています。

2008年の時点でうんざりしながらキスをしていたならば、その10年後の2018年にガキ使に出演しなくなったことも頷けるのではないでしょうか?現時点で浅見千代子さんが2018年のガキ使に出演しなかった本当の理由は明らかになっていないので、単純に体調不良で収録に参加出来なかっただけ、という可能性もあります。

2019年12月31日に放送されるであろうガキ使に浅見千代子さんが出演しなければ、浅見千代子さんが本当にキスにうんざりしていた可能性が高いでしょう。

浅見千代子は結婚してる?

キスおばちゃんとしてたくさんの芸能人にキスをしている浅見千代子さんの姿を見ていると、”旦那さんが嫌がっているのでは?”などといった疑問を抱く方も多いはず。そもそも、浅見千代子さんは結婚しているのでしょうか?そこで、浅見千代子さんが結婚しているのか私生活に関して調査しました。

旦那がいるとの噂はなし

浅見千代子さんは芸能事務所に所属していますが、詳細なプロフィールが公開されていないだけでなく、結婚しているのかといった情報すら明らかになっていません。しかし、浅見千代子さんに旦那が居るという噂は今のところ無いようです。

ガキ使のキスおばちゃんとして有名になった浅見千代子さんに旦那が居れば、どこかから情報が洩れる可能性が高いはずです。浅見千代子さんがガキ使に出演して10年以上が経過した現在も旦那が居るという噂が無いということは、浅見千代子さんは結婚していない可能性が高いのかもしれません。

キスおばちゃんの私生活はベールに包まれている

詳細なプロフィールや旦那の有無といった情報だけでなく、浅見千代子さんの私生活はベールに包まれているので、浅見千代子さんが普段どんな生活を送っているのか一切不明です。

家族の詳細も不明

浅見千代子さんの若い頃の姿を見た方の中には、若い頃の浅見千代子さんを綺麗だと感じる方も多いようで、”浅見千代子さんは結婚しているのでは?”といった説も根強く囁かれています。しかし、先述したように浅見千代子さんが結婚しているのか、また子供は居るのかといった家族に関する詳細は一切不明です。

浅見千代子さんがある程度若い頃に結婚していて子供も居るのならば、すでに孫が誕生していてもおかしくない年齢です。浅見千代子さんの詳細なプロフィールが公開されていない理由は不明ですが、もしも結婚しているのならば、家族に迷惑をかけないためにプロフィールや家族情報を隠している可能性もあるでしょう。

浅見千代子はガキ使に出ていた?

浅見千代子さんは、キスおばちゃんなどと呼ばれるようになる前からガキ使に出演していたようです。元々は番組観覧やエキストラとしての活動をしていた浅見千代子さんは、なぜガキ使に出演するようになったのでしょうか?その経緯を見ていきましょう。

「ガキ使」で無表情出演

エキストラとして活動していた浅見千代子さんは、”無表情なおばちゃん役として出演して欲しい”とオファーを受け、ガキ使に出演するように。また、浅見千代子さんは1997年11月まで放送されていた『ダウンタウンのごっつええ感じ』の「ボディコンかあちゃん」という企画で優勝した経験の持ち主でもあります。

松本人志に気に入られる

無表情なおばちゃんとしてガキ使に出演した浅見千代子さんの姿を気に入ったのは、同番組のMCを務める松本人志さんでした。松本人志さんが浅見千代子さんのことを気に入ったことで、浅見千代子さんはガキ使に出演する名物キャラとなったのです。

年齢詐称疑惑が浮上

ガキ使に出演し人気を集めるようになった浅見千代子さんは、1997年10月頃に『笑っていいとも!』に出演しています。「クイズ・最高おばちゃんに聞け」という企画に登場した浅見千代子さんの胸元には、「ちよこ・55歳」と書かれている名札がありました。

しかし、浅見千代子さんの生年月日で計算すると当時の年齢は57歳のはず。理由は不明ですが、当時の浅見千代子さんは2歳ほど年齢のサバ読みをしていた模様です。

企画「七変化」で20位を獲得

1997年11月には、ガキ使の「七変化」という企画に出演した浅見千代子さん。この企画に出演したのは合計40名で、浅見千代子さんは最終的にバナナマンの設楽統さんと同率の20位を獲得しています。

笑ったら罰金と言う企画

ガキ使の「七変化」は”出演者がスタッフやキャストを笑わせる”という企画で、我慢できずに笑ってしまった方は罰金を支払うルールとなっています。笑わせることに成功した出演者の獲得金額が順位となり、浅見千代子さんは3万7000円を獲得して20位にランクインしています。

Thumb藤原寛(ガキ使)は吉本の社長?経歴や学歴は?ダウンタウンとの関係も!
年末特番でお馴染みのガキ使で司会を務めている藤原寛が吉本興業の社長であると世間で話題となって...

浅見千代子の出演作品一覧

インターネットで浅見千代子さんの名前を検索すると、”天真爛漫”という単語が表示されます。ガキ使では常に無表情な浅見千代子さんの姿は決して天真爛漫とは言えないはずですが、なぜ天真爛漫という単語が出てくるのでしょうか?

浅見千代子さんと天真爛漫という言葉の関連性を調査したところ、どうやら浅見千代子さんの出演作品が関係している模様です。そこで、浅見千代子さんと天真爛漫という言葉の関連性を知るためにも、浅見千代子さんの出演作品をいくつかご紹介していきましょう。

ドラマ「memo」

『memo』は俳優の佐藤二郎さんが監督した作品で、自身が患った強迫性障害という病気の体験をもとに製作されています。主演は佐藤二郎さんと韓英恵浅見さんで、千代子さんは端役として出演しているようです。

映画「デメキング」

『デメキング』はいましろたかしさんの漫画が原作で、2009年になだぎ武さんの主演で映画化されています。本上まなみさんやガッツ石松さんなど人気芸能人が出演している中、浅見千代子さんは端役、もしくはエキストラとして出演しているようです。

ゲーム「OZAWA-KEN+おばちゃんでちゃいました!」

2004年には「OZAWA-KEN+ おばちゃん出ちゃいました!」というゲームが発売され、浅見千代子さんは「OBACHAN」役で出演しています。パンチパーマで無表情の浅見千代子さんの顔が9個並んでいるパッケージも話題になったようです。

CM「買取りまっくす」

浅見千代子さんはこれまでに複数のCMに出演してきています。中でも「買取りまっくす」のCMでは、コスプレをした浅見千代子さんが無表情でダンスを披露しており、そのシュールさが人気となりました。

ここまでご紹介した出演作品では、浅見千代子さんの天真爛漫な姿は見られません。では、浅見千代子さんと一緒に検索されている天真爛漫という言葉は、どの出演作品のことを指しているのでしょうか?

グラビア「天真爛漫」

浅見千代子さんと天真爛漫という言葉の関連性を調査した結果、「天真爛漫」というタイトルの出演作品があることが判明しました。その「天真爛漫」という作品は、浅見千代子さんのグラビアDVDです。「天真爛漫」の中には浅見千代子さんが温泉に入っているシーンがありますが、体はタオルで隠されています。

「天真爛漫」はグラビアよりも浅見千代子さんのイメージDVDに近いようで、アイスを舐めている姿や男性と手を繋いでいる姿、ボートに乗り男性に抱き着く姿など、ガキ使では見られない浅見千代子さんの天真爛漫な姿を堪能することが出来ます。「天真爛漫」はKindleで配信されているほか、TSUTAYAでレンタルすることも可能です。

浅見千代子は現在もキスおばちゃんで死去説はデマ

ガキ使に”キスおばちゃん”や”おばちゃん1号”として出演する浅見千代子さんにスポットを当て、浅見千代子さんのプロフィールや浅見千代子さんがガキ使に出演するようになった経緯、「天真爛漫」をはじめとした浅見千代子さんの出演作品などをご紹介しました。

死去説が流れた浅見千代子さんは現在も健在です。2019年のガキ使に浅見千代子さんが出演するのか、「天真爛漫」などの出演作品を見ながら期待して待ちましょう。

関連するまとめ

関連するキーワード

Missing
この記事のライター

新着一覧

最近公開されたまとめ