浅利陽介の子役時代!出演ドラマや経歴は?当時のエピソードなども!

浅利陽介は子役時代から活躍している俳優で、数多くのドラマなどで見たことがある方も多いでしょう。浅利陽介は4歳の頃から子役として活躍しているベテラン俳優です。浅利陽介のこれまでに出演していたドラマや経歴についてご紹介しましょう。

浅利陽介の子役時代!出演ドラマや経歴は?当時のエピソードなども!のイメージ

目次

  1. 1浅利陽介のプロフィール
  2. 2浅利陽介の子役時代
  3. 3浅利陽介の子役時代の出演ドラマなど活動経歴
  4. 4浅利陽介の子役時代からのエピソード
  5. 5浅利陽介は子役時代から演技が光る演技派俳優

浅利陽介のプロフィール

・愛称:不明
・本名:浅利陽介
・生年月日:1987年8月14日
・年齢:33歳(2021年1月現在)
・出身地:東京都
・血液型:O型
・身長:162cm
・体重:非公表
・活動内容:俳優
・所属グループ:なし
・事務所:ビーコン・ラボエンターテイメント
・家族構成:妻

浅利陽介の経歴

浅利陽介は1987年8月14日に東京都で生まれました。幼少期からダンスやチャップリンに興味があったので、両親が俳優の道を歩ませようと劇団東俳に入団させました。1991年4歳のときにCMデビューを果たしました。

1994年4月にドラマ「17才-at seventeen-」で俳優デビューを果たします。このドラマをきっかけに子役として活躍することになりました。1999年にはNHK連続テレビ小説「あすか」でヒロインの相手役の少年期を演じ話題になります。

2000年にはドラマ「永遠の仔」でメインの登場人物の少年時代を演じました。2001年にはドラマ「キッズ・ウォー3」で不良少年役を演じ、脚光を浴びます。このドラマに出演したのをきっかけに、数多くのドラマや映画で活躍しました。

2010年には映画「手のひらの幸せ」で映画初主演を飾ります。2011年にはドラマ「ひとりじゃない」でドラマ初主演を務め注目を集めました。2017年にはドラマ「コード・ブルー」」に出演し、話題になります。

『スジナシ』で子役時代からの演技力を発揮?

中部地区で人気のローカルバラエティ番組『スジナシ』で、浅利陽介の子役時代からの演技力が話題になっています。『スジナシ』は笑福亭鶴瓶とゲストが台本なし、打ち合わせなし、NGなしのぶっつけ本番で即興ドラマを演じています。

『スジナシ』にゲストとして出演した浅利陽介は、子役時代から築き上げた演技力を発揮しました。『スジナシ』での即興劇により、浅利陽介の演技者としての技量が認めらました。

Thumb浅利陽介と比嘉愛未の仲や関係は?ドラマでの役やエピソードなどまとめ
浅利陽介さんと比嘉愛未さんのインスタライブが良いと話題になっています。浅利陽介さんと比嘉愛未...

浅利陽介の子役時代

浅利陽介の子役時代についてご紹介しましょう。浅利陽介は4歳の頃から子役として活躍しています。浅利陽介の子役時代が話題になっています。浅利陽介の子役時代に対する世間の声などもご案内しましょう。

浅利陽介の子役時代が話題に

浅利陽介の子役時代が話題になっています。浅利陽介は子役時代から名脇役として高い演技力が評価されてきました。大河ドラマでは幼少期を演じたり、ドラマの脇役として活躍していました。

年齢4歳で子役デビューの浅利陽介

浅利陽介は両親が劇団東俳に入団させ、4歳のときにCMに初出演しました。子役としてデビューした浅利陽介は、子供の頃から演技力が高いと評判でした。

浅利陽介の子役時代に対する世間の声

浅利陽介の子役時代に対する世間の声をご紹介しましょう。浅利陽介と言えば、「キッズウォー」シリーズに出演したことで頭角を現しました。子役時代の画像を見ると、顔立ちはあまり変わっていませんが、少しふっくらとしていて、とてもかわいらしい感じです。

かわいい子役時代を知っている世間の方からは、現在の浅利陽介を見て、「イケメンになった!」「あんなにカッコよかった?」と驚きの声が聞こえてきます。浅利陽介の子役時代から現在までの姿をドラマや映画で見ると、かなり変わったことが分かります。

浅利陽介の子役時代の出演ドラマなど活動経歴

浅利陽介が子役時代に出演したドラマなど、活動経歴についてご紹介しましょう。浅利陽介は子役時代にどのようなドラマなどに出演していたのでしょうか?浅利陽介の子役時代の経歴について調べてみました。

子役時代の経歴:劇団東俳に入団

浅利陽介は子供の頃、歌ったり踊ったりすることが大好きで、人前に出るのが好きでした。チャップリンの映画を好んで見ていたので、両親がチャップリンのような俳優にしようと劇団東俳に入団します。

子役時代の経歴:特撮ドラマ『メガレンジャー』出演

浅利陽介は1997年に特撮ドラマ『メガレンジャー』に出演しています。『メガレンジャー』ではタケシ役として出演し、注目を集めました。

子役時代の経歴:NHK朝ドラ『あすか』出演

浅利陽介は1999年にNHK朝の連続テレビ小説『あすか』に出演しています。浅利陽介にとって、初めての朝ドラ初出演となった作品です。竹内結子が主演を務め、和菓子職人のあすかの一生を描いたドラマでした。

浅利陽介はこのドラマであすかの幼馴染で、後に夫になる速田俊作という重要な役柄を演じています。浅利陽介は速田俊作の幼少期を演じました。

子役時代の経歴:ドラマ『永遠の仔』出演

浅利陽介は2000年にドラマ『永遠の仔』に出演しました。このドラマでは母親から虐待を受けた青年役として出演しています。椎名桔平の少年時代を演じ、注目されました。

子役時代の経歴:ドラマ『キッズ・ウォー3』出演

2001年から2003年まで浅利陽介はドラマ『キッズ・ウォー3』に出演しました。昼ドラとして放送され、大ヒットしたドラマです。パート5までシリーズ化し、話題になりました。井上真央がヒロインを務め、浅利陽介は井上真央が演じる今井茜とケンカばかりしている赤毛の同級生、風間一平という役柄を演じています。

浅利陽介演じる風間一平は今井茜とケンカしながらもだんだん惚れていくという役柄でした。浅利陽介はこのドラマでの認知度が高く、ドラマ『キッズ・ウォー3』に出演したことで一躍有名になりました。

浅利陽介の子役時代からのエピソード

浅利陽介の子役時代からのエピソードについてご紹介しましょう。浅利陽介は子供の頃から子役として活躍しています。浅利陽介に関するエピソードについて調べてみました。

子役時代から顔に傷痕の真相

浅利陽介は子役時代から顔に傷痕があります。頬の部分に傷痕がありますが、なにが原因で傷跡がついたのでしょうか?

顔の傷の理由①やんちゃ説

浅利陽介の顔に傷跡があります。特に左頬のあたりの傷跡が目立っています。この傷跡には「やんちゃ説」があり、ケンカしてできた傷跡だという噂があります。

浅利陽介はやんちゃな役柄が多かったので、「ケンカでは?」と噂されました。顔の傷は左頬以外に、右頬にもあるので、ケンカでついた傷跡ではなさそうです。

顔の傷の理由②犬にかまれた説

浅利陽介の顔の傷跡は「犬が原因ではかいか?」とも言われています。なぜそのように噂されているのか調査した結果、特に根拠は見当たりませんでした。顔の傷跡は犬が原因という憶測が独り歩きしていて、このように噂されているようです。

右頬の傷跡が犬に噛まれたような配置になっているために、そのように言われたのかもしれません。俳優の命である顔を噛まれたとしたら、週刊誌や話のネタになりそうなものですが、そのようなことはありませんので、犬が原因ではなさそうです。

顔の傷の理由③水疱瘡説

浅利陽介の顔の傷跡は物心がついたときからあったそうです。本人は覚えていないようで、小さい頃から傷跡があったので、生まれつきあった可能性もあります。1つ考えられることとして、水疱瘡説があります。

幼少期に水疱瘡になり、それが跡になったのではないかと噂されています。水疱瘡は跡が残るとクレーター状になるので、水疱瘡の可能性は高いです。怪我の場合はケロイド状になり、ニキビの場合は小さい跡なので、浅利陽介の傷跡は水疱瘡の跡の可能性が高いと言われています。

子役時代と比べてワイルドな印象との声も

浅利陽介は子役時代と比べると、現在はワイルドな印象になったという声も聞こえてきます。子役時代はかわいい雰囲気でしたが、現在はかっこいいワイルド系のイケメンになったと評判です。

浅利陽介は結婚して、守るものが増えたので男らしく、ワイルドになったのかもしれません。浅利陽介は歳を重ねるうちにどんどんかっこよくワイルドになっているので、これからも目が離せません。

番外編:子役時代と比べて髪が薄くなった?

浅利陽介は子役時代のイメージが強いのですが、現在は歳を重ね、30歳以上になりました。浅利陽介は子役時代と比較すると、髪の毛が薄くなったという声も聞こえてきます。

子役時代の画像と現在を比較してみると、額が全体的に後退しているように見えます。20歳の頃はおでこの広さが普通でしたが、29歳になると額の両脇が気になります。31歳になると明らかに毛量も減っているようですが、浅利陽介は年齢にあった役柄を演じているので、本人はそこまで気にしていないと思われます。

浅利陽介は子役時代から演技が光る演技派俳優

子役時代から活躍している浅利陽介についてご紹介しました。浅利陽介は子役時代から演技が光る演技派俳優として活躍していました。浅利陽介は数多くのドラマや映画で活躍し、芸歴は既に30年近い大ベテランです。子役時代とはまた違った魅力を見ることができる浅利陽介に今後も目を離せません!今後も浅利陽介の活躍に注目していきましょう。

関連するまとめ

関連するキーワード

Missing
この記事のライター
maki

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ