【BLEACH】ネタバレまとめ!あらすじから最終回まで!結末や感想は?

BLEACHのネタバレ情報が気になる人という人が多いようです。BLEACHのあらすじから最終回までのストーリーをざっとおさらいし、ネタバレ情報についても詳しく見ていきましょう。漫画版だけではなくアニメ版や実写版「BLEACH」の情報についても併せて紹介します。

【BLEACH】ネタバレまとめ!あらすじから最終回まで!結末や感想は?のイメージ

目次

  1. 1BLEACH(ブリーチ)の概要
  2. 2ブリーチのネタバレ【あらすじ】
  3. 3ブリーチのネタバレ【最終回】
  4. 4ブリーチのネタバレ伏線大解剖
  5. 5ブリーチの未回収伏線など結末ネタバレ
  6. 6ブリーチのネタバレから見る感想
  7. 7ブリーチのネタバレは漫画原作者の願い?
  8. 8ブリーチのネタバレは最終回の未回収伏線などあらすじ1つ見逃せない漫画&アニメ

BLEACH(ブリーチ)の概要

BLEACH(ブリーチ)は週刊少年ジャンプで2001年から2016年まで長期連載された人気漫画です。BLEACH(ブリーチ)のジャンルとしてはファンタジー要素も含んだ学園モノになり、敵と戦う時の剣劇も迫力満点で見応えがあると評判の作品でした。

BLEACH(ブリーチ)の原作者は久保帯人さんで、BLEACH(ブリーチ)の他には「ZOMBIEPOWDER.」や読み切り作品をいくつか書いているようです。最近ではPS4から発売された「新サクラ大戦」のキャラクターデザインも手がけています。

BLEACH(ブリーチ)は普通の高校生だった主人公・黒崎一護が、あることをきっかけに死神となり、悪霊と戦うというストーリーが繰り広げられます。黒崎一護には朽木ルキアなど多くの仲間がいて、その仲間たちとの絆や恋愛模様なども魅力の作品です。

BLEACH(ブリーチ)の物語の主な舞台は架空の町・空座町(からくらちょう)ですが、天国のような世界・尸魂界(ソウル・ソサエティ)や地獄、砂漠だらけの虚圏(ウェコムンド)などでの物語も繰り広げられます。

漫画からアニメや実写版まで人気のブリーチ

BLEACH(ブリーチ)は、漫画だけではなくアニメや実写版、ゲーム、小説などにも展開されています。まずはBLEACH(ブリーチ)のアニメ版の情報から紹介していきましょう。

BLEACH(ブリーチ)のアニメ版は2004年から2012年までテレビ東京系で放送されていました。基本的には漫画版を原作としていますが、アニメの展開が早くて原作に追いつくのが早かったようです。そのため、原作が追いつくまでの穴を埋めるためにアニメ版のオリジナルストーリーが作られています。

BLEACH(ブリーチ)のアニメ版のオリジナルストーリーにはオリジナルキャラも登場します。このアニメ版のオリジナルキャラは漫画版のキャラたちと同様に人気キャラになりました。アニメ版のオリジナルキャラには一之瀬真樹や天貝繍助、朽木響河などがいます。

BLEACH(ブリーチ)のアニメ版の制作は「NARUTO -ナルト- 疾風伝」や「花咲ける青少年」、「キングダム」などでお馴染みのstudioぴえろが担当していて、BLEACH(ブリーチ)のアニメーションの質も高かったと評判のようです。

また、BLEACH(ブリーチ)の実写版ですが、2018年に公開されています。このBLEACH(ブリーチ)実写版の構想は2012年頃からあったそうですが、さまざまな紆余曲折があったようで、2018年に俳優の福士蒼汰さんが主演して公開されました。

実写版のBLEACH(ブリーチ)はキャストもかなり豪華で、主演の福士蒼汰さんの他、吉沢亮さんや杉咲花さん、早乙女太一さん、真野恵里菜さん、田辺誠一さんなどが出演されています。

実写版のBLEACH(ブリーチ)はアニメ版に比べると少し評判は劣ってしまうようで、興行収入も5億円程度と振るわなかったことが報じられています。BLEACH(ブリーチ)という壮大な物語を2時間足らずの尺に収めるということに無理があったという意見も多いようです。

他にもBLEACH(ブリーチ)はミュージカル化やゲーム化もされています。特に最近はKLabが制作するスマホアプリ「BLEACH Brave Souls」が人気のようで、2015年にリリースされて以降、現在もサービスが継続している人気アプリとなっているようです。

Thumb【BLEACH】声優一覧!豪華キャストアニメだった?キャラ別に紹介!
人気アニメ「BLEACH」の声優は豪華キャストだったと言われています。そこで、アニメ「BLE...

ブリーチのネタバレ【あらすじ】

BLEACH(ブリーチ)のネタバレについて見ていきましょう。BLEACH(ブリーチ)は原作の漫画が単行本全74巻・全698話となっていますので、ネタバレを知りたいという人も多いようです。まずはBLEACH(ブリーチ)のネタバレ・あらすじ篇から見ていきましょう。

漫画ブリーチのあらすじ【死神代行篇】

漫画版BLEACH(ブリーチ)・死神代行篇のネタバレありのあらすじを紹介します。死神代行篇は単行本の1巻から8巻に収録されています。死神代行篇は主人公の黒崎一護が朽木ルキアと出会い、死神の力を譲り受けるという物語の始まりの部分です。

朽木ルキアは黒崎一護に自身の力を譲ったために、死神としての力をほとんど失い、黒崎一護に死神の代行を頼みます。黒崎一護は朽木ルキアに家族を救ってもらった恩もあるために、死神の代行を引き受けることに。さらに死神代行篇では黒崎一護の高校の仲間たちも能力を発揮し、共に戦うことになります。

漫画ブリーチのあらすじ【尸魂界篇】

死神代行篇の続きに当たるのが尸魂界篇です。尸魂界篇のあらすじをネタバレで紹介しましょう。尸魂界篇は単行本では9巻から21巻に収録されていますが、尸魂界潜入篇と尸魂界救出篇に別れています。また、現世ではなく、死神の世界・尸魂界(ソウル・ソサエティ)が舞台となります。

実は朽木ルキアが黒崎一護に死神の力を譲り渡したことは尸魂界では重罪なのだとか。そのために朽木ルキアは彼女の義兄である朽木白哉らによって連行されてしまいました。それを追いかけて黒崎一護たちが尸魂界へ潜入するという物語が、尸魂界篇では繰り広げられます。

尸魂界潜入篇

尸魂界潜入篇のあらすじをネタバレありで紹介しましょう。黒崎一護は連行されようとする朽木ルキアを助けようとして負傷し、その際に朽木ルキアから譲り受けた力を失ってしまいます。しかし、修行の末、黒崎一護自身の本来の力が目覚め、同級生の井上織姫、茶渡泰虎、石田雨竜とともに朽木ルキアを救出するために尸魂界に潜入。

しかし、仲間と離ればなれになり、個別に戦うことを余儀なくされるなど、黒崎一護らは苦戦を強いられます。ただ、処刑されようとしている朽木ルキアを助けたいという者も尸魂界には存在し、そうした者たちの力も借りながら、黒崎一護たちは朽木ルキアの救出に挑みます。

尸魂界救出篇

続いては尸魂界救出篇のネタバレありのあらすじです。尸魂界救出篇では重症を負った黒崎一護が、何とか朽木ルキアが捕らわれている場所にたどり着き、救出作戦が行われます。黒崎一護は朽木ルキアの義兄らと戦うため、3日感の修行で最終奥義【卍解】を習得。しかし、朽木ルキアの処刑が予定よりも早まることが知らされます。

朽木ルキアの処刑が行われる場所にたどり着いた黒崎一護は、手強い敵を相手に闘いを繰り広げ、間もなく処刑されようとしている朽木ルキアを救出します。そして、この朽木ルキアの処刑に関わる騒動には、さまざまな陰謀が隠されていたことも明らかになりました。

漫画ブリーチのあらすじ【破面篇】

続いてはBLEACH(ブリーチ)・破面篇のネタバレありのあらすじを紹介します。破面篇は漫画版BLEACH(ブリーチ)21巻から48巻に収録されています。破面篇は破面出現篇、虚圏救出篇、過去篇、空座決戦篇の4つのストーリーから成ります。

破面篇の始まりでは、尸魂界から無事に戻った黒崎一護や朽木ルキアたちの様子が描かれ、その後に奇妙な転校生・平子真子が現れることで破面篇物語は動き始めます。

破面出現篇

黒崎一護たちの前に現れた謎の転校生は、死神から虚の領域に足を踏み入れたとされる「仮面の軍勢(ヴァイザード)」でした。黒崎一護の父・黒崎一心もかつて死神だったことが明かされ死神に復帰しますが、黒崎一護たちの住む空座町は破面(アランカル)・ウルキオラの襲撃を受けてしまいます。

尸魂界からも破面に対応するために朽木ルキアの幼なじみである阿散井恋次らが送り込まれますが、隊長格の死神も破面との闘いに苦戦します。事態を打開しようと、黒崎一護は平子真子がいる「仮面の軍勢(ヴァイザード)」の元を訪れました。

虚圏救出篇

次に虚圏救出篇のあらすじをネタバレありで紹介しましょう。この物語では、ヒロインである井上織姫が破面たちに連れ去られてしまいます。黒崎一護は仲間たちとともに井上織姫の救出に向かいますが、たどり着いたのは虚達が住む砂漠だらけの世界・虚圏(ウェコムンド)でした。

当初は出動が許されていなかった尸魂界のメンバーたちもやがて黒崎一護と合流。井上織姫を救出するために強大な力を持つ破面たちと戦います。しかしその頃、捕らえられていたはずの井上織姫は、破面たちの仲間として迎えられていました。

過去篇

続いて過去篇のあらすじについてネタバレありで見ていきましょう。過去篇では110年前の過去が明かされ、これまで浦原商店の店主として何かと黒崎一護をサポートしてきた浦原喜助と平子真子が物語の中心となって展開されます。

110年前には破面を率いる藍染惣右介が尸魂界の護廷十三隊五番隊副隊長だったこと、また、現在は「仮面の軍勢(ヴァイザード)」を率いる平子真子がこの五番隊の隊長をつとめていたことが明かされます。その上に浦原喜助は実は十二番隊の隊長だったという事実も明らかになり、さらに101年前の事件にも触れています。

空座決戦篇

次は空座決戦篇のネタバレありのあらすじを紹介しましょう。空座決戦篇では、破面を率いる藍染惣右介が井上織姫を連れ去った理由についても明かされます。藍染惣右介の狙いは尸魂界側の戦力の分断でした。

最終的に、黒崎一護ら死神と強敵・ウルキオラの最終決戦がレプリカの空座町で行われます。ウルキオラとの闘いを制した黒崎一護らは現世に戻りますが、そこを藍染惣右介らの軍勢に襲撃されてしまいます。「最後の月牙天衝」を習得した黒崎一護が藍染惣右介に闘いを挑みますが、彼もまた力を完全覚醒させている状態でした。

漫画ブリーチのあらすじ【死神代行消失篇】

次はBLEACH(ブリーチ)の死神代行消失篇のネタバレありのあらすじを紹介します。藍染惣右介との決戦を何とか制した黒崎一護でしたが、その代償として死神としての能力を消失してしまいます。その後の黒崎一護は平凡な高校生活を送っていました。

しかし、17ヵ月後、父の素性を知るという謎の男・銀城空吾が黒崎一護の前に現れます。さらに仲間が襲撃に遭うなど、何かが起こっていることを悟った黒崎一護は、銀城空吾が率いる集団「XCUTION」を訪れます。彼らの目的は、黒崎一護の死神能力を復活させることでした。

漫画ブリーチのあらすじ【千年血戦篇】

BLEACH(ブリーチ)のネタバレありのあらすじをさらに紹介しましょう。続いては千年血戦篇です。千年血戦篇は単行本では55巻から60巻に収録されています。死神の力を取り戻した黒崎一護は再び死神として活動していましたが、そこへ破面とおぼしき者たちからの襲撃を受けます。

また、尸魂界も新たな敵「見えざる帝国(ヴァンデンライヒ)」の襲撃を受けていました。この襲撃によって尸魂界は壊滅的な被害を受けてしまいます。そして「見えざる帝国」が「滅却師」の集団であることが確認され、黒崎一護自身も知らなかった自らのルーツについても解き明かされました。

千年血戦篇・訣別譚

続いて千年血戦篇・訣別譚のネタバレありのあらすじを紹介します。千年血戦篇・訣別譚は単行本では61巻から74巻に収録。千年血戦篇・訣別譚は「見えざる帝国」による尸魂界への再侵攻から物語が始まります。再び襲いかかってきた強敵に、尸魂界では一進一退の攻防が続きました。

黒崎一護もさらなる修行を終え「見えざる帝国」との闘いに参戦しますが、ラスボスとなる敵が尸魂界の心臓部である霊王宮への侵攻を開始。このラスボスのネタバレについては、次で最終回のネタバレとともに詳しく紹介します。

ブリーチのネタバレ【最終回】

では次に、気になるBLEACH(ブリーチ)の最終回のネタバレについて見ていきます。この記事を読んでいる人の多くにとって、最終回のネタバレは気になるところかもしれません。BLEACH(ブリーチ)の最終回はどのような物語だったのでしょうか?BLEACH(ブリーチ)の最終回のネタバレについて紹介します。

最終回ネタバレ①ラスボスがユーハバッハ

先ほど千年血戦篇・訣別譚のネタバレでも少し触れましたが、BLEACH(ブリーチ)の最終回ではラスボスがユーハバッハであったことが判明します。ユーハバッハは「千年血戦篇」から登場したキャラで、滅却師の始祖でもあります。周囲からは「陛下」と呼ばれ「見えざる帝国」を統率する人物です。

ユーハバッハは千年前に山本元柳斎重國総隊長と交戦していますが、この時にはユーハバッハは敗れています。ただ、トドメはさされなかったようで、この時になぜ山本元柳斎重國総隊長がユーハバッハを逃したのかについては最終回でも明らかにされませんでした。

最終回ネタバレ②10年後の物語

BLEACH(ブリーチ)の最終回には10年後の物語も描かれています。物語開始当初は高校生だった主人公・黒崎一護も10年後には大人になり結婚しています。他のメンバーも同じように年齢を重ねていますので、それぞれの物語が描かれたようです。

朽木ルキアも幼なじみと結婚して子供が生まれ、さらに茶渡泰虎はプロボクサーに転身。世界チャンピオンへの挑戦が始まろうとしていました。また、石田雨竜は医師となって空座町にある総合病院で働いていたようです。

最終回ネタバレ③一勇と苺花の登場

最終回のもっとも衝撃的なネタバレとしては、やはり黒崎一護と井上織姫、朽木ルキアと阿散井恋次が結婚したことだったかもしれません。これは10年後の世界を描いたからこそ判明した真実で、ファンたちの間では賛否両論があったようです。

そして、それぞれの夫婦の間には子供が生まれています。その子供たちの物語も最終回では少し描かれています。子供の年齢については正確なところは不明ですが、5歳から7歳程度ではないかと見られているようです。

一勇は一護と織姫の子供

最終回に登場した黒崎一護と井上織姫の子供は男の子で、名前は黒崎一勇(くろさきかずい」といいます。黒崎一勇はまだ幼ながらもすでに死神であるという設定で、BLEACH(ブリーチ)本編で出てきたすべての能力を有しているのではないかと見られているようです。

登場シーンは少ないものの、ラスボスのユーハバッハの力が封印されている残滓に触れ、その存在を完全に消し去ってしまうという大仕事を最終回で果たしています。ファンの間では「ドラゴンボール」などのように、主人公の子供たちが活躍する続編を望む声もあるようです。

苺花はルキアと恋次の子供

もう一人の子供は朽木ルキアと阿散井恋次の子供で、こちらは女の子になります。名前は阿散井苺花(あばらいいちか)です。阿散井苺花は黒崎一勇のようにすでに死神となっているわけではなく、最終回の時点では死神見習いでした。

性格はかなり強気な性格のようで、人間に喧嘩を売ったりもしているのだとか。ちなみに小説版・BLEACH(ブリーチ)では「苺花」の名前のネタバレが紹介されています。「苺花」の名前は、井上織姫が朽木ルキアの結婚式の際に送ったベールに苺の刺繍が施されていたことが由来となっているそうです。

最終回ネタバレ④ユーハバッハの新しい世を作る目的

最終回のネタバレ「ユーハバッハの新しい世を作る目的」についても紹介しましょう。ユーハバッハの目的は「生と死の境界をなくす」ということだったようです。最終回では「死」という恐怖から人々を解放したいという思いがユーハバッハの中にあったことが明かされています。

そのために尸魂界を消滅させてしまうことが必要で、ユーハバッハは「見えざる帝国」を結成し、尸魂界への侵攻を開始しました。最終回でユーハバッハは完全に消滅しますが、その後はまた新たに同じ意思を持つ者が現れて続編がスタートするのではないかという見方もファンの間ではあるようです。

ブリーチのネタバレ伏線大解剖

BLEACH(ブリーチ)の伏線についてのネタバレも見ていきましょう。BLEACH(ブリーチ)にはさまざまな伏線が張られていましたが、それらの伏線にはどのような意味が含まれていたのでしょうか?BLEACH(ブリーチ)の伏線に関するネタバレを紹介します。

BLEACH伏線ネタバレ①黒崎一護の斬魄刀の正体

BLEACH(ブリーチ)では黒崎一護の武器である斬魄刀にも注目が集まりました。実はこの斬魄刀にもネタバレがあり、その正体はラスボスであるユーハバッハの千年前の姿なのだとか。ただ、最終回に登場したユーハバッハとは完全に同一人物ではないようです。

斬魄刀は黒崎一護の成長に合わせて「始解」、「卍解」へと変化しました。「卍解」の時の名前は「天鎖斬月」となっています。技としては「月牙天衝」があり、これも黒崎一護のその時点での能力によって射程や威力が変化するようです。

BLEACH伏線ネタバレ②更木剣八の卯ノ花隊長への望み

BLEACH(ブリーチ)の伏線ネタバレでは更木剣八に関する情報も話題になっていたようです。更木剣八は護廷十三隊の十一番隊隊長ですが、前の隊長を決闘で殺害して隊長となったという経緯があります。

千年血戦篇では卯ノ花烈が実は過去に更木剣八の師匠である初代剣八であったことが明かされます。そして、卯ノ花烈は最終決戦を前に彼をさらに強くするため、本気の殺し合いを挑みました。この決闘で卯ノ花烈は命を落とします。更木剣八はこの時、卯ノ花烈に幼少期から憧れていたという気持ちを打ち明けました。

BLEACH伏線ネタバレ③ザエルアポロ

次に紹介するBLEACH(ブリーチ)の伏線ネタバレはザエルアポロに関するネタバレです。ザエルアポロというのはザエルアポロ・グランツが研究を行っていた研究所を指すもので、破面篇に登場します。そして、この研究所である死体を涅マユリが発見していました。この死体の伏線は最終回を前に回収されていたようです。

涅マユリが発見した死体は破面たちのもので、破面篇で死神との対決に敗れたチルッチ・サンダーウイッチなどの死体でした。涅マユリは千年血戦篇でこれらの死体を改造・再生し、ゾンビとして戦力にしていたようです。

BLEACH伏線ネタバレ④王族特務零番隊

次に紹介するBLEACH(ブリーチ)の伏線関連のネタバレは、王族特務零番隊に関するネタバレです。この王族特務零番隊に関しては、最終回の目前でようやくその情報が明らかになったのだとか。BLEACH(ブリーチ)本編では謎が多かった王族特務零番隊ですが、最終回目前に5人で編成されていたことが明らかになります。

王族特務零番隊は戦いの際には重要な役割を任されますので、尸魂界で多くの功績をあげ、霊王に認められたものだけが入隊できる特別な隊でした。ただ、構成されていた5人の名前などは判明しましたが、王族特務零番隊の全容については謎のまま終わってしまっており、ファンたちは続編での登場を望んでいるようです。

ブリーチの未回収伏線など結末ネタバレ

BLEACH(ブリーチ)の伏線の多くは最終回までに回収されていますが、中には未回収の伏線などもあったようです。BLEACH(ブリーチ)の未回収の伏線に関連するネタバレ情報を紹介します。

未回収伏線ネタバレ:卍解なしのキャラクター

まず紹介する未回収伏線ネタバレは、卍解なしのキャラクターについてのネタバレです。ほとんどのキャラの武器については最終回までに卍解されましたが、中には最終回までに卍解が見られなかったキャラもいました。その中でも特に卍解なしが話題となったのは浦原喜助です。

浦原喜助は謎の多いキャラではありますが、常に主人公の黒崎一護たちにとっては味方でもありました。それだけに浦原喜助の卍解が気になっていたファンも多かったようです。他にも、最後まで卍解が明かされなかったキャラとしては、破面篇で登場した藍染などがいます。

未回収伏線ネタバレ:ハリベルのその後

次に紹介する未回収伏線のネタバレは、ハリベルのその後に関するネタバレです。ハリベルは十刃(エスパーダ)の1人である女性ですが、虚圏が「見えざる帝国」からの襲撃を受けた時に捕らえられ、そのままになっていました。

最終回までハリベルは登場しなかったため、その後が気になるというファンが多かったようですが、実は小説版BLEACH(ブリーチ)でこの伏線は回収されていたようです。小説版BLEACH(ブリーチ)ではハリベルが仲間たちに助けられる様子が描かれていました。

未回収伏線ネタバレ:剣八の部下やちるの噂

さらに未回収伏線ネタバレ「剣八の部下やちるの噂」に関するネタバレについても紹介しましょう。やちるは更木剣八の部下で、見た目は可愛らしい少女ですが、実は女性死神協会の会長でもあります。

このやちるは更木剣八を恐れることなく「剣ちゃん」と呼んで常に行動を共にしていました。ファンたちの間ではやちるは更木剣八の斬魄刀・野晒ではないかと噂になっていたようです。ただ、伏線らしきものはあったものの、この伏線はBLEACH(ブリーチ)本編では回収されませんでした。

ブリーチのネタバレから見る感想

BLEACH(ブリーチ)のネタバレについてはネット上でもファンたちの感想が飛び交っています。BLEACH(ブリーチ)のネタバレについて、ファンはどのような感想を持っているのでしょうか?BLEACH(ブリーチ)のネタバレに関するファンの感想について紹介します。

漫画ブリーチのネタバレの感想がネット上で話題に

BLEACH(ブリーチ)には数多くの伏線が張り巡らされ、それは話が進むにつれ明らかになっていきました。こうしたネタバレについて語り合うのは、BLEACH(ブリーチ)のファンにとっても楽しいひとときなのかもしれません。

特にSNSなどではBLEACH(ブリーチ)のネタバレについての話題がよく投稿されていますが、ネタバレを知りたくなくて見てしまった人などは落胆してしまうこともあるようです。こうしたことを防ぐために、Twitterには「fusetter(ふせったー)」というサービスもあり、これを利用しているBLEACH(ブリーチ)ファンもいます。

最終回ネタバレに対する感想が多数

BLEACH(ブリーチ)のネタバレに関する感想でもっとも多いのは、最終回に関するネタバレのようです。これは、最終回で多くの謎が解き明かされたということも関係しているのでしょう。

最終回のネタバレでも紹介しましたが、BLEACH(ブリーチ)の最終回では10年後の世界が描かれ、主要キャストの2人がそれぞれ結婚し、子供が生まれたことも明かされました。こうしたネタバレを見たファンの中には、過剰に反応してしまう人もいたようです。

ネタバレ感想の他にもセリフなど感動コメントも

BLEACH(ブリーチ)といえば、単行本の巻頭のポエムや登場人物たちの感動的なセリフも印象的です。ネット上ではネタバレの感想以外にも、こうした登場人物たちのセリフなどの感想も話題になっています。

BLEACH(ブリーチ)のセリフには奥深いものも多く、それぞれの人によって解釈が違うことも、作品の魅力を深めている理由なのかもしれません。BLEACH(ブリーチ)の連載が終了して3年経ちますが、現在もネット上ではBLEACH(ブリーチ)に関するネタバレやセリフへの感想が多く見られます。

ブリーチのネタバレは漫画原作者の願い?

BLEACH(ブリーチ)の最終回のさまざまなネタバレには、実は原作者である久保帯人さんの願いが込められているのではという意見があるようです。また、BLEACH(ブリーチ)は打ち切りで連載終了となったという噂もあるのだとか。

BLEACH(ブリーチ)のネタバレから見える原作者の思いや最終回が打ち切りによって決まったという噂の真相、さらにはファンのBLEACH(ブリーチ)続編への思いなどについて調べてみました。

漫画やアニメで人気のブリーチの最終回で打ち切り?

まずはBLEACH(ブリーチ)が打ち切りによって最終回を迎えたのではないかという噂について調べてみました。このBLEACH(ブリーチ)打ち切り説は、最終回があまりにも唐突ですべての伏線も回収されなかったことから広がった噂のようです。

ただ、BLEACH(ブリーチ)の最終回に関しては、打ち切りではないという見方もあります。実は原作者の久保帯人さんは最初から15年で一区切りと考えていたようで、BLEACH(ブリーチ)の連載が終了したのもちょうど15年目のことでした。ですので、この最終回は最初から予定通りだったという意見も多いようです。

BLEACHファンは漫画原作者(久保帯人)の望みお見通しか

BLEACH(ブリーチ)の物語は「勇気」がテーマになっていると原作者の久保帯人さんは明かしています。実は原作者の久保帯人さんは、ある難病を患うファンから手紙をもらい、励まされたことを告白されたことがありました。

この手紙をもらったとき、久保帯人さんは体調を崩していた時期でもあったそうです。久保帯人さんはこの手紙に勇気をもらい、その思いを作品に託したとも言われています。ネット上の感想などを見ていると、ファンたちの多くはBLEACH(ブリーチ)を通して久保帯人さんが伝えたい思いを理解しているようです。

最終回と言わず漫画もアニメも続編を望む声も

BLEACH(ブリーチ)の漫画での連載が終了して3年、アニメが終了して7年が経ちますが、現在もファンたちの続編を望む声は大きいようです。アニメ版のBLEACH(ブリーチ)に関しては原作の続きがあるということもあり、実現するのではないかという見方もあります。

そして、漫画版のBLEACH(ブリーチ)も、原作者の久保帯人さんが現在は読み切りを中心とした活動をされていますので、少し休んで落ち着いたときにBLEACH(ブリーチ)続編のお知らせがあるのではないかとファンたちは期待しているようです。

ブリーチのネタバレは最終回の未回収伏線などあらすじ1つ見逃せない漫画&アニメ

人気漫画・BLEACH(ブリーチ)のネタバレについて紹介してきました。BLEACH(ブリーチ)には数多くの伏線があり、そうした伏線などがネタバレとしてネット上などで話題になっています。

BLEACH(ブリーチ)は2016年に連載が終了していますが、現在もファンたちはネタバレについての感想をネットに投稿するなど、最終回から3年経っても話題の尽きない作品です。

BLEACH(ブリーチ)には未回収の伏線もあるため、今後、小説やアニメなど、何らかの形で伏線が回収される可能性もあるかもしれません。BLEACH(ブリーチ)の今後のネタバレ情報にも注目していきましょう!

関連するまとめ

Missing
この記事のライター
春日つぼね

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ