千秋の娘は藤本彩華!学校や留学の噂は?父は誰?

タレントの千秋さんは2003年に娘を出産しました。今回は千秋さんの娘に注目して、娘の学歴や現在通われている学校について調査していきます。併せて娘の父親についてや、千秋さんの経歴、そして最近行ったと噂される娘の留学についても迫っていきます。

千秋の娘は藤本彩華!学校や留学の噂は?父は誰?のイメージ

目次

  1. 1千秋のプロフィール
  2. 2千秋の娘は藤本彩華
  3. 3千秋の娘の出身学校など学歴
  4. 4千秋の娘の留学の噂なども調査
  5. 5千秋の娘の父は誰?
  6. 6千秋の娘の学校は和光学園&留学歴ありで父は遠藤章造

千秋のプロフィール

愛称:不明
本名:藤本千秋
生年月日:1971年10月26日
年齢:47歳(2019年9月現在)
出身地:千葉県市原市青葉台
血液型:O型
身長:151㎝
体重:40.2kg
活動内容:マルチタレント
所属グループ:ポケットビスケッツ(現在休止中)
事務所:ジャパン・ミュージックエンターテインメント
家族構成:夫、娘

千秋の経歴

娘について迫っていく前に、まずは多数のバラエティ番組に出演し、タレントとして活躍を続けている千秋さんの経歴をご紹介します。千秋さんは千葉県市原市に生まれ、幼少期を過ごされました。千秋さんの父親は日本板硝子の社長、叔父は三菱電機の社長ということもあり、裕福な家庭で育ちます。

小学校の卒業文集に「将来の夢は芸能人」と書くくらい芸能界に強い憧れを持っていた千秋さんでしたが、学生の頃は特にオーディションなどを受けませんでした。

経歴①「ゴールドラッシュ」初代グランドチャンピオン

千秋さんが初めて芸能界のオーディションを受けたのは、短大を卒業する前です。千秋さんは将来について考えたときに、「夢を叶える最後のチャンスだ」と思い始めます。

そして就職先が決まった後も芸能人になりたい夢を諦められなかった千秋さんは、思い切って「ゴールドラッシュ」のオーディションに応募しました。「ゴールドラッシュ」は、タレントを見つけるためのオーディション番組で当時の応募者総数は500人でした。

オーディション応募後の千秋さんは順調に勝ち進み、最終審査のメンバーに選ばれます。そこで、ようやく両親にオーディションに応募したことを打ち明けると猛反対。千秋さんは説得した末、父親の「どうせ受かんないんだから、好きなだけやれ。その代わり落ちたら芸能界の夢は諦めること」という言葉を受け、最終審査に臨みます。

そして、千秋さんは1991年に「ゴールドラッシュ」の初代チャンピオンとして見事、選ばれました。

経歴②「ウゴウゴルーガ」準レギュラー出演

デビューした直後の1992年に千秋さんは、子供向けバラエティ番組「ウゴウゴルーガ」の準レギュラーとして出演が決定します。「ウゴウゴルーガ」では、番組アナウンサーの大坪千夏さんと一緒にコンビを組み、「せんにちまえちなつ・ちあき」として漫才や歌を歌ったりしました。

「ウゴウゴルーガ」は子供向き番組ですが、内容がどことなくシュールなことや朝の時間帯に放送されていたのもあり、人気番組へと成長します。そして「ウゴウゴルーガ」に出演したことがきっかけで、千秋さんの知名度は飛躍的に上がりました。

その後は多数バラエティ番組に引っ張りだこ

人気を博すようになった千秋さんは「ウゴウゴルーガ」以降、自身初となる冠番組「千秋のREQUESTJAPAN」を含め、様々なバラエティ番組に出演していくようになります。特に、1995年に放送されたバラエティ番組「走れ!GET」では、女だてらに出川哲郎さん等と一緒に体を張った企画に挑戦し、大いに視聴者を盛り上げました。

経歴③子供服ブランド「リボンキャスケット」デザイナー

タレント活動以外にも千秋さんは、子供服ブランド「リボンキャスケット」のデザイナーとしての顔を持ちます。

「リボンキャスケット」は、千秋さんが好きだと思うことをひたすら集めた子供服ブランドで、2004年に誕生しました。同時期に千秋さんは娘を出産していたこともあり、子供服ブランドの「コンビ」の広告に出演していました。その縁から、「コンビミニ」のいちブランドとして「リボンキャスケット」が誕生します。

千秋さんは子供の頃からイラストを描くのが好きでした。そのため、芸能界に入ることと併せてデザイナーになることも千秋さんの夢のひとつでした。その夢が叶い、デザイナー「藤本千秋」としてデビューします。ちなみに「リボンキャスケット」は、リボンを掛けた宝石箱という意味があります。

経歴④ポケットビスケッツでの活躍

身体を張ったタレント活動をして徐々に人気を高めていった千秋さんが、一気にブレイクしたのは「ポケットビスケッツ」での活躍です。

「ポケットビスケッツ」は1996年に始まった大人気バラエティ番組、「ウッチャンナンチャンのウリナリ!!」の中で企画された音楽ユニットです。「ポケットビスケッツ」は、ウッチャンナンチャンの内村光良さんとキャイ~ンのウド鈴木さんの3人で結成し、様々な楽曲を発表しました。

発表した曲の中でも「YELLOW YELLOW HAPPY」は発売直後から大ヒットをし、売上が100万枚以上となるミリオンセラーを記録します。「ポケットビスケッツ」は、1998年にNHKの紅白歌合戦に出場するなどし、千秋さんの名前は全国的に知られていきました。

千秋の娘は藤本彩華

千秋さんの経歴について見てきたところで、ここからは千秋さんの娘に注目していきましょう。千秋さんは娘を溺愛しており、度々娘のことについて発言をされています。そこで、娘が生まれたときの様子や現在の娘の年齢について、そして娘の名前などについてご紹介します。

2003年に娘(藤本彩華)を出産

千秋さんは2003年5月8日に娘を出産しました。娘の名前は藤本彩華(いろは)さんで、とても可愛がっているそうです。娘については今でもメディアやSNSで話が上がることがあり、千秋さんが娘を大切に思っていることが伺い知れます。

2019年の誕生日で年齢16歳の娘(藤本彩華)

娘の藤本彩華さんは2019年の誕生日を迎えると年齢が16歳になります。千秋さんは童顔ということもあり、娘と一緒にお出かけをしても姉妹に間違えられることもあるそうです。

また、娘の藤本彩華さんについてですが、名前と年齢を公表しているのみで現時点で写真などは公開していません。

ネット上では、成長した娘の藤本彩華さんと思われる写真が出回っていますがどれも確証を得ないため、どんな方なのか分かっていません。ただ、まだ幼い頃の娘が写っている写真はネット上で発見することができました。今現在の藤本彩華さんはどんな方か不明ですが、母親の千秋さんはとても可愛らしい方なので、娘も可愛らしいことは想像できます。

娘(藤本彩華)の出産は帝王切開

娘の藤本彩華さんを出産した方法は帝王切開でした。その理由は、へその緒が娘の首に三重も巻かれていたことや、千秋さんの体が小柄だったこと、そして逆子だったからです。娘のことを第一に考え帝王切開を選んだ千秋さんは、そのことを当たり前だと思っていました。

しかし、いざ娘を生んだ後に周りから「なぜ自然分娩じゃないの?」と言われ、「世の中には様々な考え方がある」と知ったそうです。

だからこそ、千秋さんは普通分娩ではない出産をし、マイナスな気持ちになっている母親たちに向けて「自然分娩も無痛分娩も帝王切開もどれも立派なお産」というメッセージを発信し続けています。

娘(藤本彩華)の名前は本来「苺」?

千秋さんは娘が誕生した時、「苺」と名付けようと思っていました。それは、まだ娘が誕生する前のお腹にいたときから、赤ちゃんを「苺」と呼んでいたためです。

しかし、いざ誕生し出生届を提出しようとしたところ、「苺」は人名漢字ではないため受理されなかったそうです。「苺」の人名漢字が使用できるようになったのは2004年からで、2003年当時はまだ使用できませんでした。そのため、千秋さんは娘の名前を「藤本彩華」にしたと言われています。

千秋の娘の出身学校など学歴

2019年現在、16歳の誕生日を迎える千秋さんの娘ですが、どこの学校に通われているのでしょうか?ここからは千秋さんの娘が通う学校や学歴などについて迫っていきましょう。

学歴①出身小学校は和光学園

学歴1つ目は小学校についてです。千秋さんの娘は私立の和光学園に通われていると噂されています。和光小学校は世田谷区にある私立小学校で、成城学園で教鞭を執っていた教師や保護者らによって1934年に開校しました。

和光学園は芸能人の子供が通う小学校として知られていて、哀川翔の子供や薬丸裕英さんの子供が通われていました。

学歴②出身中学校は和光中学校

学歴2つ目は出身中学についてです。和光学園は小学校から大学までエスカレーター式の学校です。そのため、千秋さんの娘も和光小学校から和光中学校へ進学されました。和光学園の特徴として小学校は世田谷区区にありますが、中学校以降は町田市にあるキャンパスへ通います。

学歴③高等学校はどこ?

学歴3つ目は高校についてです。和光小学校、和光中学校とエスカレーター式に通われた千秋さんの娘は、高校も和光学園の可能性が極めて高いです。

なぜ千秋さんの娘は和光学園にずっと通われているのでしょうか?その理由として、和光学園の教育方針が関係しています。和光学園の教育方針は「個性を伸ばすこと」に重きを置いています。千秋さんは、娘をのびのびと育ってほしいと考え和光学園を選択したのかもしれません。

また高校までの学歴しか分かっていませんが、ずっと和光学園に通われているということから、「大学も和光学園ではないか?」と言われています。

千秋の娘の留学の噂なども調査

千秋さんの娘は海外に留学しているといった噂が流れます。もし娘が留学しているとしたらどこの国に行き、なぜ留学という道を選ばれたのでしょうか?気になる留学の噂について迫っていきましょう。

娘(藤本彩華)の留学の噂の真相

千秋さんは2018年8月に自身のInstagramを更新し、娘が海外留学することを報告しました。当時、娘は15歳で、留学する娘に対して千秋さんは「さみしいとは言わない」と素直な心境を綴っていました。

留学は娘の意志ではない?

娘は留学してしまいましたが、この留学は娘の意志ではないとも言われています。それは、Instagramには「あんまり気が乗らない娘を横目に準備を進めていった」と一文があったのです。

娘は海外留学はしたくはなく、母親である千秋さんが半ば強制的に娘を留学させたとも受け取れます。娘はどこまで気が乗らなかったのかは分かりませんが、娘が率先して海外留学したかったわけではなさそうです。

千秋の娘(藤本彩華)留学に対しネット上で批判の声

乗り気ではない娘を強引に留学させたと受け止めてしまう、このコメントによってネット上では批判の嵐となります。特に「娘が可愛そう」といった声が多く、炎上はしばらく続きました。

一度はキャンセルするも娘(藤本彩華)が留学決心

ただ娘の留学について、千秋さんは一度キャンセルをしてしまいます。それは社会情勢が悪いため、娘を単身海外へ行かすことを不安に感じたためでした。しかし千秋さんの娘はキャンセルを取りやめ、「留学したい」と決心するのです。結局のところ千秋さんは娘の堅い決心を受け止め、娘を留学させました。

娘(藤本彩華)の留学先はカナダの可能性が高い

気になる娘の留学先ですが、カナダの可能性が極めて高いです。それは千秋さんのInstagramに、カナダの国旗がアップされていたからです。ただ千秋さん自身は「私も行ったことがない遠い国」とし、留学先の具体的な国名については明言していません。

留学のご褒美にハワイ旅行を娘(藤本彩華)にプレゼント

留学した娘はその後無事に帰国をしました。千秋さんは頑張った娘に対し、ご褒美として娘にハワイ旅行をプレゼントしました。Instagramでは、娘と一緒にハワイ旅行を満喫している姿を見ることが出来、豪華すぎるプレゼントに話題となりました。

千秋の娘の父は誰?

溺愛している娘ですが、娘の父親は誰なのでしょうか?千秋さんの娘の父親についてご紹介します。

娘(藤本彩華)の父はココリコの遠藤章造

娘の父親はお笑いコンビ・ココリコの遠藤章造さんです。遠藤章造さんが32歳の時に娘が生まれ、娘の誕生のニュースは当時、大きな話題となりました。

娘の父の遠藤章造とは

娘の父親である遠藤章造さんは、1971年7月13日生まれの現在48歳。大阪府豊中市服部出身で、お笑いコンビ・ココリコのメンバーとして知られています。最近では、吉本坂46のメンバーに抜擢されたことでも注目を浴びました。

娘の父(遠藤章造)の経歴

遠藤章造さんの経歴について簡単にご紹介します。高校卒業後にお笑い芸人になりたいと思った遠藤章造さんは、小学校の同級生である田中直樹さんを誘いコンビを結成。吉本興業のオーディションを受け合格し、デビューとなります。

デビューして間もない頃から人気が出始めたココリコの2人は、多数のバラエティ番組に出演するとともに、1998年からは冠番組となる「ココリコ黄金伝説」が始まりました。

お笑いタレントとしての経歴を重ねていった遠藤章造さんは、徐々に俳優としての仕事も増やしていきます。今までに「岸和田少年愚連隊」や「明日があるさ」、「ラストシンデレラ」など多くのドラマに出演しました。

現在ではコンビとしての仕事よりも単体での出演の方が多く、「ヒルナンデス」などのバラエティ番組を中心に精力的に活動しています。

2002年に千秋と遠藤章造が結婚

2002年に千秋さんは遠藤章造さんと結婚しました。2人が出会ったのは、深夜のバラエティ番組「ココリコ海上火災」での共演です。

共に、阪神タイガースのファンということから話が盛り上がり、交際に発展。そして遠藤章造さんの「お前と一緒ならおじいちゃんおばあちゃんになっても、楽しく過ごせそう」というプロポーズを受け、2002年7月11日に婚姻届けを提出しました。

2007年12月に遠藤章造と離婚

娘に恵まれましたが、2007年12月28日に離婚してしまいます。離婚原因は「お互いに話し合った結果」としたものの、正式な離婚原因については明らかにしていませんでした。しかし、2015年に遠藤章造さんの浮気と、度重なる投資の失敗による多額の借金による離婚だったことが判明します。

離婚後の娘の親権は父には渡らず千秋へ

離婚した後の娘の親権は、千秋さんになりました。しかし離婚後も娘と父は仲が良く、遠藤章造さんの家に週1回娘が泊まりに行ったり、娘の授業参観に遠藤章造さんが観に行ったりしていました。

千秋の娘の学校は和光学園&留学歴ありで父は遠藤章造

千秋さん経歴や、娘の学歴について調査してきました。千秋さんの娘は現在高校生で、学校は和光学園に通われていると噂されています。また最近、娘は海外留学したことも話題となりました。娘の父親は遠藤章造さんですが、娘が幼い頃に離婚。そして現在は、千秋さんが再婚したことによって新しい父親が出来ました。

娘については一般人のためあまり情報はありませんが、千秋さんのSNSで最新の情報を知ることが出来ます。今後も、千秋さんの娘に注目していきましょう。

関連するまとめ

関連するキーワード

Original
この記事のライター
まなしま
旅行とかわいいもの、雑貨が大好きです。最近はサンリオ沼で、クロミ推し!

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ