デヴィ夫人の若い頃が綺麗すぎる!生い立ちは?ハーフではない!?

バラエティ番組にも引っ張りだこのデヴィ夫人は実はハーフではなく、生粋の日本人であることをご存知ですか?綺麗な顔立ちであるデヴィ夫人の浮世離れした若い頃の生い立ちにも注目が集まっています。デヴィ夫人生い立ちやハーフに間違われた若い頃の画像などをご紹介します。

デヴィ夫人の若い頃が綺麗すぎる!生い立ちは?ハーフではない!?のイメージ

目次

  1. 1デヴィ夫人のプロフィール
  2. 2デヴィ夫人の生い立ちは?
  3. 3両親の多額の借金で波瀾万丈な生い立ち
  4. 4デヴィ夫人の結婚や母の急死について
  5. 5デヴィ夫人が美し過ぎてハーフ説浮上
  6. 6デヴィ夫人のハーフを思わす若い頃の画像集
  7. 7デヴィ夫人はハーフでなく若い頃から綺麗

デヴィ夫人のプロフィール

・愛称:デヴィ夫人
・本名:根本七保子(ねもとなおこ)のちラトナ・サリ・デヴィ・スカルノ
・生年月日:1940年2月6日
・年齢:78歳
・出身地:東京都港区西麻布
・血液型:非公表
・身長:非公表
・体重:飛行用
・活動内容:タレント
・所属グループ:なし
・事務所:非公表
・家族構成:夫・スカルノ元大統領、娘・カリナ
・出演作品:青ヶ島の子供たち 女教師の記録、世界の果てまでイッテQ

デヴィ夫人の経歴

1940年東京西麻布に生まれたデヴィ夫人は、その生まれつきの綺麗な容姿で15歳の頃からエキストラとしてですが女優活動を行っていました。大きな転機となったのはデヴィ夫人デヴィ夫人が19歳のときです。

偶然に当時来日していたスカルノ大統領に見初められ、その後知り合ってから1年も立たずにインドネシアに渡航し大統領夫人となりました。

しかしインドネシアでの大統領夫人生活は、決して華やかなことだけではありませんでした。のちスカルノ大統領が失脚することとなり、フランスへ亡命することなります。

1990年代に政治の動乱から逃れ、日本に無事に帰国を果たしたデヴィ夫人は現在ではタレント活動を中心に行っています。

デヴィ夫人の生い立ちは?

数多くのバラエティ番組に出演し、歯に衣着せぬ物言いで良い意味でも悪い意味でも注目を集めるデヴィ夫人デヴィ夫人ですが、その壮絶な生い立ちはご存知でしょうか?

若い頃からまるでハーフのような綺麗な顔立ちであったデヴィ夫人ですが、実は父母ご両親ともに日本人でデヴィ夫人自身も生粋の日本人です。デヴィ夫人の若い頃の生い立ちを見てきましょう。

壮絶なデヴィ夫人の生い立ち

デヴィ夫人は1940年に当時の東京府東京市麻布区霞町、現在では東京都南区西麻布にあたる場所で誕生しました。デヴィ夫人が誕生したころは第2次世界大戦の真っ只中でした。世の中すべての人が貧しく、もちろんデヴィ夫人の家族も例外ではありませんでした。

当時デヴィ夫人の父親は大工の仕事をしており、家族はほか母親とデヴィ夫人、そして弟が1人の合わせて4人家族でした。

戦争中には母親、デヴィ夫人、そして弟の3人で福島県浪江に疎開していたといわれています。今では裕福なイメージのあるデヴィ夫人ですが幼少期には決してそのようなことはなく、とても貧しい生い立ちだったと番組などでもデヴィ夫人自身が語っています。

デヴィ夫人の父と母は日本人

現在78歳でありながら、綺麗な顔立ちがうかがえるデヴィ夫人はハーフではないかという噂が出ることもありますが、父親も母親も日本人のためデヴィ夫人も当然日本人です。

しかし若い頃から日本人にしては珍しいほど目鼻立ちがはっきりとしており、いろいろな画像などを見てもハーフと間違われてもおかしくない綺麗なお顔立ちです。ちなみにデヴィ夫人の最初の名前は根本七保子といいます。

デヴィ夫人の出身地は西麻布

デヴィ夫人はどこで生まれたかというと現在の東京都南区西麻布で誕生しました。父親と母親が日本人、そして今のデヴィ夫人という名前とは別の本名、そして西麻布で生まれたという事実をすべて見ても、デヴィ夫人がハーフではないことがわかります。

兄弟との生い立ちは?

デヴィ夫人の弟であった八曾男さんは、先ほどもご紹介した通り戦争中の疎開時代などもともにしており、若い頃からデヴィ夫人と同様に貧しい生活を送っていました。

デヴィ夫人がスカルノ大統領夫人として日本を離れてしまった後も、八曾男さんは日本で生活をしていました。しかしのちに自殺をしています。デヴィ夫人は八曾男さんの死に目に会うことはできず、今でも悲しいトラウマであると語っています。

両親の多額の借金で波瀾万丈な生い立ち

若い頃から綺麗な顔立ちをしており、男性には事欠かないほどモテたと語っているデヴィ夫人ですが、生い立ちはとても苦労の連続でした。

時代の影響もありますが、若い頃から家は貧しく当時10代であったデヴィ夫人が外に出て家計を支えるほど働いていたという今では想像もつかないような驚くべき過去もあります。デヴィ夫人の波乱万丈な生い立ちを詳しく見てきましょう。

波瀾万丈な生い立ちで若い頃から家族を養う

デヴィ夫人の家族は父親、母親、弟を合わせて4人家族であるとご紹介しましたが、実は父親の方は再婚でした。父親は死別した前の妻との間に6人の子どもをもうけていたため、デヴィ夫人の名前の七というのは7人目の子どもという意味で名づけられました。

また弟の八曾男さんも同様に8人目の子どもという意味から八という字が入っています。デヴィ夫人の父親は当時大工の仕事をしていました。

父親は戦時中に入手した密輸酒を飲んでいましたが、実はそのお酒の質が良くなくメチルアルコールが含まれていたため段々と視力を失っていきます。しだいには大工の仕事にも支障をきたすほどの症状に見舞われることになります。

こうして仕事ができなるなる上に、もともと多額の借金が父親にあったため、デヴィ夫人を含め家族の生活はさらに貧しさを極めることとなります。

当時学生であったデヴィ夫人は、家が貧しかったために靴下をそろえて履くこともできず、左右で違う靴下を履き学校に通うこともしばしばありました。

しかしこうしたことも決して恥じらうことなく、デヴィ夫人は堂々と学校に通っていたと当時の同級生がテレビ番組でも語っています。今でも見ることができるデヴィ夫人のはっきりとした性格は生まれ持ったものであることがわかる若い頃のエピソードです。

父が他界し高校中退

デヴィ夫人が若い頃貧しい生い立ちとなったもう一つの大きな理由は、父親の急逝です。59歳で父親が亡くなったとき、デヴィ夫人はまだ15歳でした。当時のデヴィ夫人は中学校を卒業後、貧しい家計を支えるために50倍という驚異の倍率の中生命保険会社に入社をします。

さらに定時制の高校にも通い仕事と勉学を両立させ、加えて生命保険会社の給料が十分でなかったため、このころから無名のエキストラ女優として活動を行っていました。

デヴィ夫人が当時エキストラとして活動していたころの画像は何十年も前になるためなかなか見ることが難しいですが、この頃からもデヴィ夫人の綺麗な容姿は健在であったと考えられます。

こうして複数のアルバイトも掛け持ちをし、若い頃はかなり忙しい毎日を送っていたデヴィ夫人ですが、こうした生活を一変させたのが父親の急逝でした。

父親が他界してしまったため、デヴィ夫人はその高校を中退することなります。さらに現在の生活ではいけないとデヴィ夫人はさらに考えを巡らせます。

母親をもっと楽に生活させてあげたい、さらには弟の八曾男さんをできれば大学にも進学させてあげたいという思いから高校を中退、さらに生命保険会社を退社し、デヴィ夫人は別の仕事を始めることを決意します。

デヴィ夫人の生い立ちから外せないホステス時代

デヴィ夫人は17歳の時に生命保険会社の仕事をやめ、当時赤坂にある一流のナイトクラブであった「コパカバーナ」でホステスとして働き始めます。これはデヴィ夫人の若い頃の生い立ちの中でも外すことができない出来事の1つです。

若い頃から綺麗なお顔であったデヴィ夫人はその見た目でお客さんを惹きつけたのはもちろんのこと、さらにお客さんを退屈させない会話力や機転の良さを持ち合わせていました。

その天才さに加えて、若い頃のデヴィ夫人は努力も怠りませんでした。当時のコパカバーナは超がつくほど有名な政治家や海外の要人が利用するような一流のナイトクラブでした。

こうした一流の人々から飽きられないためにも、そして獲得した人気を手放さないためにもデヴィ夫人は英語と社交ダンスのスキルを磨くことに力を入れました。エキストラとしてアルバイトをしていた時に東芸プロという場所で舞踊などを学んでいたことも役立ちました。

元々から綺麗であったお顔に加えて、不断の努力を積み重ねることでデヴィ夫人はコパカバーナで人気ナンバー1のホステスに輝くこととなります。その当時の給料は生命保険会社のものに比べると10倍以上であり、デヴィ夫人は母と弟を支える中心的な存在となりました。

19歳でデヴィ夫人の生い立ちに転機?

そして19歳の時、デヴィ夫人の若い頃の生い立ちでもう一つ欠かすことができない出来事が起こります。それが当時インドネシア大統領であったスカルノ大統領との出会いです。

スカルノ大統領との出会いは本当に偶然のものでした。当時来日していたスカルノ大統領はティーパーティに参加するため会場である帝国ホテルに行ったところ、その時偶然帝国ホテル内のレストランで友達と待ち合わせをしていたデヴィ夫人を目撃します。

そこでスカルノ大統領がデヴィ夫人に一目ぼれをしたのがきっかけで、2人は徐々に交際を深めていくことになります。

いくらデヴィ夫人が綺麗なお顔をしていたからといって、一般人には変わりないためそう易々と大統領に会えるものでもありませんが。当時はインドネシアと日本の政治関係も絡み、その日のうちにすんなりと2人は合って会話を交わすことになりました。

デヴィ夫人の結婚や母の急死について

自分が家族を養う立場であったため、デヴィ夫人はさんざんインドネシアへ行くかどうかを悩みましたが、最後は行くことを決意します。しかしインドネシアで待っていたのは決して華々しい生活だけではありませんでした。

デヴィ夫人はそこからもスカルノ大統領との交流を重ね、3ヶ月もの間文通でやりとりをかわすことになります。そしてある時スカルノ大統領よりインドネシアに来てほしいという旨の手紙を受け取ることになります。

手紙では2週間ほどインドネシアに来ないかという内容でしたが、デヴィ夫人はその時もしかするともう日本には戻ってこないかもしれないと予想をしていたようでした。

デヴィ夫人はインドネシアのスカルノ大統領第三夫人

デヴィ夫人はインドネシアに渡航し、1962年にラトナ・サリ・デヴィ・スカルノと改名しスカルノ大統領の第三夫人となりました。こちらも生い立ちの中では欠かせない出来事の一つです。ちなみに当時デヴィ夫人とスカルノ大統領はなんと39歳差での結婚でした。

一般の日本人がインドネシアの大統領夫人となったという、デヴィ夫人の生い立ちの中でも一番大きなこの出来事は日本でもメディアに大きく取り上げられました。

ちなみに当時、デヴィ夫人はスカルノ大統領の他にも多く男性からアプローチを受けていたと話をしています。ではどうして、そうした数々の男性の中でもスカルノ大統領を選んだのでしょうか?結婚すると意思を固めたのはプロポーズの言葉を聞いた時だったそうです。

自分のインスピレーション、そして力の源泉となり、人生の喜びになってほしいという言葉を大統領から聞いた時に、デヴィ夫人はこの人の妻になると決心をしました。

母と弟の突然の死にショック

バラ色のようなデヴィ夫人の生い立ちですが、その生い立ちが一気に暗いものへと変化してしまいます。生い立ちの中での悲しく大きな出来事1つ目は母親と弟の相次ぐ死です。

先ほどご紹介したとおり、デヴィ夫人とスカルノ大統領の結婚は海を越えて日本でも連日報道される大きなニュースとなりました。もちろんマスコミが日本に残された家族を放っておくわけがなく、家族にも取材が相次ぎました。

こうしたマスコミの取材が単にデヴィ夫人とスカルノ大統領の結婚をお祝いするという趣旨のものであれば、また違ったのかもしれませんが、実はデヴィ夫人はその当時日本を捨ててほかの国に嫁いだ売春婦というひどい言われようでした。

こうしたバッシングの嵐に耐え切れず、デヴィ夫人の母親はとうとう心労などもあり倒れ、そのまま危篤状態になってしまいます。

母親が危篤の知らせを受け、デヴィ夫人自身も緊急帰国し母親と再会しました。しかし賢明な治療もむなしく危篤から40日後にデヴィ夫人の母親や亡くなってしまいます。当時デヴィ夫人が二十代前半であったことを考えると母親もかなり若くして亡くなったと思われます。

悲劇はそれだけにとどまりません。デヴィ夫人の弟である、八曾男さんも自殺をしてしまいます。

当時八曾男さんは母親に死に目に会うことができず、さらには悪質なセールスマンに全財産を奪われてしまうという不運が重なっていました。そうしたことに耐え切れば、自宅アパートでガス自殺をしています。

相次いで家族を亡くしてしまったことを、デヴィ夫人は悲しいトラウマと語っています。今の姿からは想像が難しいですが、こうした悲しい生い立ちがデヴィ夫人にはあるのです。

さらに悲しい生い立ちは続きます。1962年にスカルノ大統領の結婚をし、そのわずか3年後の1965年に起きた軍事クーデターによってスカルノ大統領が失脚をすることになります。スカルノは大統領ではなくなり、軟禁状態となりました。

一方でデヴィ夫人を含める婦人たちはインドネシアからの亡命を試みることとなります。デヴィ夫人ははじめ日本への亡命を求めましたが、日本がこれを受け入れませんでした。
 

理由は日本政府が新しい大統領との関係を重視したためです。この時デヴィ夫人は故郷に捨てられたと感じたと後のインタビューなどで話しています。その後政治的にも亡命に比較的寛容であるフランスへ、デヴィ夫人は無事に亡命を果たします。

結婚から5年で第一子女児誕生

1966年デヴィ夫人はスカルノの子どもを授かり1967年に日本で第一子女児を産んでいます。なぜ日本かというとこの年になって人道的配慮がとられ、デヴィ夫人が日本に帰国することが許されたためです。

第一子女児のカリナさんを産んだ後、デヴィ夫人はインドネシアへの再入国を求めますが許可されず、フランスへ動くこととなります。

デヴィ夫人の美貌はフランスでも認められ、何度か婚約の噂が流れることもありました。その後1970年にスカルノが死去し、デヴィ夫人はスカルノ一族としての地位や、財産分与兼などをすべてインドネシア政府によってはく奪されました。

その後デヴィ夫人は日本で芸能活動をしています。カリナさんとは溝ができた時期もありましたが、孫のキランさんが誕生してから距離が縮まり仲良く過ごしているとのことです。

こうした家族との写真は主にデヴィ夫人の公式ブログなどを通じてみることができます。現在主にバラエティ番組で活躍をするデヴィ夫人ですが、そのような姿からは想像がつかないほどに波乱万丈な人生を送ってきたということができます。

Thumbデヴィ夫人の娘カリナって?娘の旦那も調査!孫はイケメンのキラン君!
バラエティー番組等で様々なことに挑戦するデヴィ夫人。そんなデヴィ夫人の娘さんであるカリナさん...

デヴィ夫人が美し過ぎてハーフ説浮上

若い頃からなかなか普通では体験できないような壮絶な生い立ちであったデヴィ夫人ですが、ハーフではないかという噂が多く、一般人のみならず芸能人の中でもデヴィ夫人はハーフであると思っている人も存在するほどです。

綺麗なお顔に加え、まるで入れ歯かとも思えるような綺麗に整った歯並びが、こうしたハーフの噂の拡大に拍車をかけていますが、お顔や歯について詳しく見ていきましょう。

日本人離れした綺麗なハーフ顔

バラエティ番組やデヴィ夫人が執筆した本などで見ることができる、デヴィ夫人の若い頃の画像を見ていると本当にハーフと思えるほどの美貌ですが、何度も言うようにデヴィ夫人はハーフではなく日本人です。

しかしデヴィ夫人の父親と母親のお顔を見てみると、どちらも共通しているのが目がとても大きいということです。デヴィ夫人の目が大きいのも遺伝と言えるでしょう。

ハーフ顔は整形?

一方でデヴィ夫人の綺麗なお顔は整形ではないかともいわれています。確かに歯をすべて入れ歯にするほどのお金が若い頃にしてあったのであれば、整形をするお金も十分にあったと考えることはできます。

しかし中学時代の写真を見てもかなり美形であることがわかるので、すべて整形して今の顔を作り上げた可能性はかなり低いと考えられます。

ハーフの雰囲気は若い頃からの総入れ歯も関係?

デヴィ夫人の綺麗なお顔は決して整形などではなく、もともと父親と母親の遺伝子を受け継いだ少し日本人離れしたハーフ顔ということがわかりましたが、もう一つハーフ説に拍車をかけているのがデヴィ夫人の入れ歯です。

実はデヴィ夫人の歯はすべて入れ歯になっています。しかも入れ歯にしたのは数年前などではなくなんとデヴィ夫人が10代の頃でした。

デヴィ夫人が入れ歯にした理由は先ほどご紹介したコパカバーナでのホステスのお仕事が関係しています。結論から言うとデヴィ夫人が歯をすべて入れ歯にしたのは、夜のお仕事のためです。ホステスの仕事はお店だけにとどまらず、夜も続きました。

 

こうした夜のおもてなしをより良いものにするためデヴィ夫人は、自ら歯をすべて抜いて入れ歯にすることを決意したそうです。そのため夜のサービスを行うときには、その入れ歯をすべて外していたそうです。

若干10代にして総入れ歯にするというほどの覚悟を決めることができる女性がどれほど存在するでしょうか?

しかしこうした入れ歯を含めたデヴィ夫人の努力は着実に実を結び、コパカバーナでは実際にナンバーワンのホステスになることができました。入れ歯1つをとってもデヴィ夫人の意志の強さや志の高さを感じることができます。

デヴィ夫人のハーフを思わす若い頃の画像集

デヴィ夫人の若い頃の生い立ち、そしてハーフ説についてご紹介してきましたが、ここからさらに画像を加えてデヴィ夫人の美貌を詳しく見てきましょう。思わずため息がもれてしまうほど、綺麗な画像をたくさん見つけることができます。

デヴィ夫人の若い頃の画像①セーラー服姿

デヴィ夫人の若い頃の画像1つ目はセーラー服姿の写真です。この画像の詳細な情報はわかっていないため、本当に学生時代またはアルバイトをしていたエキストラ時代とも考えることができます。

年齢、そして生い立ちから考えるとまだ入れ歯ではないはずですが、それでもちらりと見える歯はとても綺麗でこの頃からハーフといってもわからないほどです。

デヴィ夫人の若い頃の画像②ハーフ顔が輝く笑顔

デヴィ夫人の若い頃の画像2つ目はにっこりと笑った画像です。このころになると白黒の画像ではありますがばっちりと化粧もしているように思われます。さらに歯も入れ歯にしているとおもわれ、こうした入れ歯の綺麗な歯並びが美貌をさらに引き立てています。

デヴィ夫人の若い頃の画像③出産後も美人ママ

デヴィ夫人の若い頃の画像3つ目は出産後、お母さんになった画像です。この頃デヴィ夫人は日本を離れスカルノ大統領の元、つまりインドネシアで生活をしています。そのため服装なども異なるため、よりハーフのような雰囲気が強まって見えます。

出産後もスタイルや美貌が変わることなく、美しさは健在しています。この時デヴィ夫人は20代半ばですが、10代の頃から美しさが全く衰えていません。

デヴィ夫人はハーフでなく若い頃から綺麗

デヴィ夫人の若い頃からの壮絶な生い立ち、そしてハーフについ間違ってしまうほど若い頃の画像の数々をご紹介しました。元々の綺麗な顔立ちに加えて、総入れ歯であったためデヴィ夫人はハーフであるという噂が立ってしまったようです。

若い頃の生い立ちを見ても努力を惜しまなかったデヴィ夫人の姿に好意を持つ女性も多く存在しています。80歳近い現在でもパワフルさは健在で、今後の活躍からも目が離せません。

Thumbデヴィ夫人の孫キラン君がイケメンすぎる!画像は?他に孫は何人いる?
現在テレビタレントとしてイッテQを始め数々のバラエティー番組に出演しているデヴィ夫人ですが、...

関連するまとめ

Missing
この記事のライター
383holly

新着一覧

最近公開されたまとめ