【同性愛女優】エレンペイジの経歴は?クリス・プラットと揉めた?

2010年代半ばに同性愛をカミングアウトしたカナダ出身の女優エレンペイジさんの経歴をご紹介します。エレンペイジさんが映画「ジュラシックパーク」で人気を集めた俳優・クリス・プラットさんとSNS上で揉めたという噂がありますが、その真相についても探りました。

【同性愛女優】エレンペイジの経歴は?クリス・プラットと揉めた?のイメージ

目次

  1. 1エレンペイジのプロフィール
  2. 2エレンペイジの映画出演経歴【厳選】
  3. 3エレンペイジはクリス・プラットと揉めた?
  4. 4エレンペイジは同性愛者
  5. 5エレンペイジの身長などスタイル調査
  6. 6エレンペイジは子役時代から活躍の演技派女優

エレンペイジのプロフィール

・愛称:不明
・本名:エレン・フィリポッツ=ペイジ
・生年月日:1987年2月21日
・年齢:32歳(2019年6月現在)
・出身地:カナダ・ノバスコシア州ハリファックス
・血液型:不明
・身長:後述します
・体重:後述します
・活動内容:女優
・所属グループ:なし
・事務所:不明
・家族構成:後述します

エレンペイジの経歴

エレンペイジさんは1987年2月21日にカナダのノバスコシア州ハリファックスで生まれました。子供の頃から木登りやアクションフィギュアの好きな活発な少女だったそうです。芸能界にデビューしたのは10歳の時ですが、初めて演技をしたのは4歳の時の学校の舞台でした。

1997年にTV映画「Pit Pony」でデビューし、その後「Pit Pony」がTVシリーズ化した時もレギュラー出演しています。当初はTVやTV映画の出演が多めでしたが、やがて映画での活躍が増えていきました。

アカデミー主演女優賞にノミネートされた時は残念ながら逃してしまいましたが、これまでに獲得した女優賞は16賞に及びます。演技派女優として活躍するエレンペイジさんの芸能活動の詳細は次の章でご紹介します。

エレンペイジの映画出演経歴【厳選】

1997年に10歳で子役デビューした女優のエレンペイジさん。2002年以降はTVから映画へ活動の比重を上げていきました。エレンペイジさんが出演した36本の映画の中から特に人気の高い作品を厳選してご紹介させていただきます。

映画出演経歴:「賢く生きる恋のレシピ」

エレンペイジさんの厳選映画出演経歴の1作目は、2008年1月20日にアメリカで公開された映画「賢く生きる恋のレシピ」(原題「Smart People」)です。妻を亡くしたショックから立ち直れないでいる大学教授と彼を取り巻く人達をめぐるラブコメディです。

この映画でエレンペイジさんは主人公の大学教授ローレンスの娘バネッサをチャーミングに演じて高評価を受けました。
 

映画出演経歴:「ローラーガールズ・ダイアリー」

エレンペイジさんの厳選映画出演経歴の2作目は、2009年10月2日にアメリカで公開された映画「ローラーガールズ・ダイアリー」(原題「Whip It」)です。女優のドリュー・バリモアさんが初めて長編映画の監督を務め、女優として出演もしています。

母の言いなりに生きていた大人しい女子高生がローラーゲームの魅力にハマり、ローラーゲームのチームに入って自分の殻を破っていく姿が描かれるこの映画で、エレンペイジさんは主役のブリスを生き生きと演じました。
 

映画出演経歴:「JUNO/ジュノ」

エレンペイジさんの厳選映画出演経歴の3作目は、2007年12月25日にアメリカで公開された映画「JUNO/ジュノ」(原題「Juno」)です。予期せぬ妊娠に振り回される女子高生の9ヶ月間を描いたハートフルコメディで、エレンペイジさんは主役のジュノを演じました。

映画自体も高評価を受けましたが主演したエレンペイジさんへの評価はそれ以上に高く、アカデミー賞主演女優賞にノミネートされた他、MTVムービーアワード女優賞をはじめ12賞を獲得しています。

映画出演経歴:「インセプション」

エレンペイジさんの厳選映画出演経歴の4作目は、2010年7月16日にアメリカで公開された映画「インセプション」(原題「Inception」)です。他人の意識に入り込み潜在意識から情報を抜き出す能力を持つ産業スパイを主役にしたSF映画です。

エレンペイジさんはレオナルド・ディカプリオさん演じる主人公に協力する、夢の中に迷宮を設置する能力を持つ学生アリアドネを演じました。渡辺謙さんが副主人公格で出演しています。

映画出演経歴:「ハードキャンディ」

エレンペイジさんの厳選映画出演経歴の5作目は、2006年4月14日にアメリカで公開された映画「ハードキャンディ」(原題「Hard Candy」)です。童話「赤ずきん」を基本モチーフに、日本の女子高生によるオヤジ狩り事件にヒントを受けて作られたサスペンス映画です。

出会い系サイトで少女とマッチングするのが趣味の独身男と、彼に罠を仕掛ける14歳の少女の会話のみで進行する低予算映画ですが、ヒロインを演じたエレンペイジさんの怪演が評判を呼び、傑作と讃えられました。

映画出演経歴:「スーパー!」

エレンペイジさんの厳選映画出演経歴の6作目は、2011年4月1日にアメリカで公開された映画「スーパー!」(原題「Super」)です。妻に浮気をされて絶望した男性が主人公のブラックコメディです。

エレンペイジさんは、TVヒーローに感化され自前のコスチュームをまとったヒーロー「クリムゾンボルト」となってドラッグの売人達を倒していく主人公フランクに協力して女ヒーロー「ボルティー」に扮する少女リビーを演じ、そのキュートさに注目が集まりました。

映画出演経歴:「X-MEN」シリーズ

エレンペイジさんの厳選映画出演経歴の7作目は、2006年5月26日と2014年5月23日にアメリカで公開された映画「X-MEN」シリーズ(原題「X-Men」)です。アメリカのコミックを原作にしたヒーロー映画「X-Men」シリーズは大人気を博したため何作も続編が作られています。

エレンペイジさんはシリーズ中2006年に公開された「X-MEN: ファイナル ディシジョン」(原題「X-Men: The Last Stand」)と2014年に公開された「X-MEN: フューチャー&パスト」(原題「X-Men: Days of Future Past」)両作品に物質をすり抜ける能力を持つシャドウキャット役で出演しました。
 

エレンペイジはクリス・プラットと揉めた?

コメディ・サスペンス・ヒーロー映画など多彩な映画に出演してあらゆる役柄をこなすカメレオン女優と呼ばれているエレンペイジさんですが、2019年2月にアメリカの俳優クリス・プラットさんと揉め事を起こしたと話題になっています。

エレンペイジさんはクリス・プラットさんとどんな事で揉めてしまったのでしょうか?本題に入る前に映画「ジュラシックパーク」シリーズで有名な俳優クリス・プラットさんのプロフィールをご紹介します。

クリス・プラットとは

・愛称:クリス
・本名:クリストファー・マイケル・プラット
・生年月日:1979年6月21日
・年齢:39歳(2019年6月現在)
・出身地:アメリカ合衆国ミネソタ州ヴァージニア
・血液型:不明
・身長:188cm
・体重:不明
・活動内容:俳優
・所属グループ:なし
・事務所:UTA
・家族構成:妻(キャサリン・シュワルツェネッガー)

クリス・プラットと揉めた噂の真相

エレンペイジさんがクリス・プラットさんと揉めたという噂の真相を調べたところ、噂が事実である事が分かりました。発端はクリス・プラットさんが信仰している教会で勧められてファスティングをしているとトーク番組で語った事でした。

クリス・プラット信仰の教会が同性愛に否定的?

エレンペイジさんはそのトーク番組についてのツイートを引用し、クリス・プラットさんが信仰するその教会がLGBTQ(同性愛)に否定的で評判が悪いという事も発表したらどうか?とツイートしたのです。

Twitterでエレンペイジがクリス・プラットに炎上

最初のツイートは2万近くリツイートされて10万以上いいねが付き、リプライも5千以上になりました。そして翌日にもエレンペイジさんは「あなたが有名な俳優でかつ特定のグループを嫌う組織に属しているなら、それを公表しない事を不思議がられても驚いてはいけません」

そしてこう続けています。「アンチLGBTQは間違っています。2つの側面はありません。それが引き起こすダメージは深刻です」と。このツイートも3万以上リツイートされ20万近くいいねが付いています。それだけ反響が大きかったのです。

クリス・プラットがインスタで反論

それらのツイートに対して、クリス・プラットさんはツイートへのリプライではなく自身のInstagramから反論しています。「最近僕が『特定のグループを嫌う』『LGBTQに否定的で評判が悪い』教会に通っていると言われているらしいが、まるで事実と違っている」と。

そして、クリス・プラットさんが聖書の教えに反して離婚した時にも教会の人達が非難などをする事なく温かく接してくれて救われたのだと続けました。ですが、クリス・プラットさんの通う教会の牧師ブライアン・ヒューストンさんは以下のように語った事があります。

「教会は全ての人を歓迎するが、全ての生き方を肯定している訳ではない。私達はゲイの方の生き方を肯定していない。ゆえに私達はゲイの方を指導者の役割に選出する事はない」と。その事がエレンペイジさんの頭にあったのでしょう。

クリス・プラットさんのInstagramの反論に対してエレンペイジさんはそれ以上何もコメントしていませんが、無言イコール和解という事ではないのではないでしょうか?クリス・プラットさん自身が差別者ではない事をエレンペイジさんが理解して和解できると良いですね。

エレンペイジは同性愛者

LGBTに否定的な見解を示したクリス・プラットさんの教会を批判してツイートを炎上させた事から分かるように、エレンペイジさんは同性愛者です。そしてその事を既に公にしています。

2014年に同性愛者をカミングアウト

エレンペイジさんが同性愛者だという事をカミングアウトしたのは2014年2月14日の事でした。全米で最大のLGBT人権団体「ヒューマン・ライツ・キャンペーン」が開催したイベントでスピーチした時に、自分も同性愛者だと告白したのです。

2018年に同性愛結婚

同性愛者である事をカミングアウトした後は恋人の存在も公表していたエレンペイジさんですが、2018年1月3日に2017年から交際していた女性と結婚した事を自身のInstagramで公開しました。

同性愛結婚の相手はエマ・ポートナー

同性愛結婚の相手はダンサーのエマ・ポートナーさんでした。交際していた頃からお互いのInstagramにお互いの画像を投稿し合って話題になっていた2人は、結婚を公表したInstagramの記事ではお互いに「この素晴らしい女性を妻と呼べるなんて信じられない」と綴っています。

エレンペイジの身長などスタイル調査

この章ではプロフィールの欄で伏せたエレンペイジさんの身長などのスタイルについて調査した結果をご紹介します。自身のTwitterのトップで「I am a tiny Canadian.」(私は小さなカナダ人)と記しているエレンペイジさん。

確かに、エレンペイジさんを映画などで観ると他の出演者に較べて小柄なのが目立ちますが、エレンペイジさんの身長は実際は何cmあるのでしょうか?

身長155㎝の小柄体型

調べた結果、エレンペイジさんの身長は155cmである事が分かりました。155cmというと日本人でも小柄な部類に属します。高身長揃いの外国の俳優達に混ざると小さく見えるのは当然ですね。

因みに体重は40kg台後半だそうです。太からず細過ぎないというのは、健康的で理想的なスタイルではないでしょうか?

カナダ人女性の平均身長と比較

エレンペイジさんの身長155cmをエレンペイジさんの生まれたカナダの平均身長に照らし合わせてみましょう。エレンペイジさんの生まれたカナダの女性の平均身長は162cmでした。世界中の国と照合すると31位で世界中と照合すると平均値です。

因みに日本女性の平均身長は54位で158cmでした。エレンペイジさんはカナダ女性の平均だけでなく日本女性の平均よりも低いのです。155cmは世界の順位だと67位になっています。北朝鮮とコロンビアとマラウィ共和国とマレーシアがこの平均身長でした。

エレンペイジの身長などスタイルに対する厳しい声も

エレンペイジさんの身長が平均よりも低い事で、スタイルが良くないと批判する人もいます。特に手足が長くて高身長という体型を好む傾向のある人にはあまり評判が良くないようです。

ですが、TwitterなどのSNSでエレンペイジさんファンの人の投稿した記事などを見て「エレンペイジさんはスーツが似合う」という声が多い事を発見しました。手足が長いかと言うと決してそうではないのですが、小柄でもバランスの良い体にまとったスーツは確かによく似合っています。

高身長で手足が長い人がびしっと着こなしているのも素敵ですが、エレンペイジさんのような小柄な女性がスーツを着ている姿も素敵です。スタイルが良くないという厳しい意見には耳を貸さず、これからも好きな衣装を格好良く着こなしていって欲しいですね。

エレンペイジは子役時代から活躍の演技派女優

エレンペイジさんは10歳で子役デビューした時から現在まで演技派として評価されている名女優です。毎年コンスタントに映画やドラマに出演し、どの作品の演技でも素晴らしいと絶賛されてきています。

2018年にはパートナーのエマ・ポートナーさんと正式に結婚して私生活も充実させているエレンペイジさん。同性愛に対する偏見は海外では日本とは比べ物にならないほど厳しいものですが、エレンペイジさんは差別になど屈せず、パートナーのエマ・ポートナーさんと大切に愛を育んでいかれる事でしょう。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ