【ファンタジー号事件】鈴木嘉和(風船おじさん)のその後は?家族の現在も調査

風船おじさんが話題となったファンタジー号事件をご存知でしょうか?風船おじさんこと鈴木嘉和さんは、ファンタジー号事件の後どうなってしまったのでしょうか?ファンタジー号事件の真相や家族の現在についても調査。ファンタジー号事件について詳しく紹介します。

【ファンタジー号事件】鈴木嘉和(風船おじさん)のその後は?家族の現在も調査のイメージ

目次

  1. 1【ファンタジー号事件】の真相
  2. 2鈴木嘉和(風船おじさん)について
  3. 3ファンタジー号事件のその後は?
  4. 4鈴木嘉和(風船おじさん)の家族の現在
  5. 5ファンタジー号事件の風船おじさん発見の日を願う

【ファンタジー号事件】の真相

ファンタジー号事件というのは、風船おじさんこと鈴木嘉和さんが「ファンタジー号」と呼ばれる風船をつけたゴンドラに乗って行方不明になってしまった事件です。鈴木嘉和さんは行方不明になる前からテレビに出演するなど話題を集めていました。

そのため、行方不明となってしまった後は、多くの人がその行方を心配していたようです。ファンタジー号と鈴木嘉和さんはどこへ行ってしまったのでしょうか?ファンタジー号事件の真相に迫っていきましょう。

1992年11月に起きた失踪事件

ファンタジー号事件が起こったのは1992年11月のことでした。鈴木嘉和さんは準備したファンタジー号の試験飛行を行うために、琵琶湖畔を飛び立ちました。そして、その2日後には連絡が取れなくなってしまい、以来、消息不明となっています。

ファンタジー号はヘリウム入りの風船を多数つけ、檜のゴンドラを浮遊させるという乗り物でした。ゴンドラの材料が檜となったのは、万が一にも海などに着水した場合に浮力が高いという理由からだったようです。このゴンドラを作ったのは、桶作りの名人と言われた吉原誠一さんでした。

神隠し事件とも言われているファンタジー号事件

ファンタジー号事件の真相は、神隠しではないかという意見もあるようです。「神隠し」というのは、ある日突然、人間が忽然と消えてしまう現象を言います。「神隠し」という言葉は、子供の行方不明事件に使われることが多いとのこと。

ファンタジー号事件の場合、神隠しというよりは自ら進んで行方不明になったというのが真相なのではないかという見方もあるようです。ただ、現在も鈴木嘉和さんの行方が分かっていないということから、神隠しと言われることもあります。

失踪したのは鈴木嘉和(風船おじさん)

ファンタジー号事件で失踪したのは、先ほども紹介しましたが風船おじさんこと鈴木嘉和さんです。鈴木嘉和さんは自称冒険家の男性で、当時の年齢は52歳でした。冒険家の他にも、ピアノ調律師や会社経営者としての経歴もあるのだとか。鈴木嘉和さんの詳しいプロフィールについては、後ほど改めて紹介します。

鈴木嘉和が風船おじさんと言われる理由

鈴木嘉和さんが風船おじさんと呼ばれる理由は、これまでにファンタジー号以外でも、ヘリウム入りの風船を使ってさまざまな冒険をしてきたからです。鈴木嘉和さんの冒険はマスコミなどでも取りあげられることが多く、いつの間にか「風船おじさん」というあだ名がついていました。

鈴木嘉和さんの突飛な行動は、時に周囲に迷惑をかけてしまうこともあったため、「風船おじさん」ではなく「お騒がせな風船男」などと呼ばれることもあったそうです。

ファンタジー号で突然アメリカへ?

琵琶湖でファンタジー号の試験飛行を行う予定だった鈴木嘉和さんですが、離陸した瞬間に「アメリカに行く」と言い残して飛び立ったのだそうです。実は家族には「アメリカまで行く」と事前に話しており、具体的にはアメリカネバダ州サンド・マウンテンを目指していたとのこと。

日本を出て海外まで行くためには、たとえ風船であってもさまざまな機関の許可が必要です。鈴木嘉和さんにはアメリカからの許可は当然なく、日本の国交省も、安全性の面から飛行許可はせず、地上に係留したままの試験飛行のみ許可されていた状態でした。

飛行中の携帯でのマスコミとの会話

1992年にはすでに携帯電話が登場していましたので、鈴木嘉和さんはテレビ局関係者などのマスコミと離陸後に携帯電話で会話を交わしていたそうです。ファンタジー号で飛び立った後の鈴木嘉和さんにテレビ局が電話したところ「ヘリウムが少し漏れている」と語っていたとのこと。

続けて「でも大丈夫」と鈴木嘉和さんは答えており、その後は鈴木嘉和さんのほうからテレビ局の人に電話をかけていたそうです。ただ、テレビ局の人はこの電話に出ることができず、最初の会話が最後の会話となってしまったとのことでした。

失踪前の妻との最後の会話

ファンタジー号事件で失踪する前、鈴木嘉和さんは妻とも最後の会話を交わしていたようです。この会話も携帯電話によるもので、妻は鈴木嘉和さんがあらかじめ手配したホテルにいたとのこと。妻への電話は、ファンタジー号で出発した日の22時頃からしばらく1時間おきに続いたそうです。

鈴木嘉和さんは妻に「風船の様子がおかしい」ということや、「考えていたより高度が上がらない」ということなどを細かく報告。さらに、翌朝6時には「朝焼けが綺麗だ」との連絡があり、その後「行けるところまで行く」、「心配しなくていい」と話したのが、最後の会話となったそうです。

鈴木嘉和(風船おじさん)について

ファンタジー号事件で有名になった風船おじさんこと鈴木嘉和さんについて、さらに詳しく見ていきましょう。鈴木嘉和さんはどのような人なのでしょうか?鈴木嘉和さんのプロフィールや経歴、家族について紹介します。

鈴木嘉和のプロフィール

鈴木嘉和さんは1940年生まれで、現在生きていれば80歳前後となられているはずです。出身は東京都で、ピアノ調律師の一家に生まれたのだとか。高校は国立音楽大学附属高等学校へと進み、自身もピアノ調律師として活躍します。鈴木嘉和さんの身長や血液型などは公表されていないようでした。

鈴木嘉和の経歴

ファンタジー号事件で世間を賑わせた鈴木嘉和さんの詳しい経歴を見ていきましょう。鈴木嘉和さんにはさまざまな経歴があったようです。そのユニークな経歴はマスコミも注目していたとのこと。鈴木嘉和さんの経歴を詳しく紹介します。

ピアノ調律業の仕事

先ほども少し紹介しましたが、鈴木嘉和さんは高校を卒業後、ピアノ調律師として働いていました。この時にはヤマハの契約社員となっていたようで、東京の小金井市でピアノ調律の仕事をしていたようです。鈴木嘉和さんは44歳頃までは、このピアノ調律師としての仕事を中心にされていました。

経営者としての風船おじさん

1984年に鈴木嘉和さんは、「音楽教材販売会社ミュージック・アンサンブル」という会社を起業し、経営者となります。この会社はピアノ向けのマイナスワンテープを販売する会社だったとのこと。会社の企画として音楽イベントを主催し、そのフィナーレでは風船を飛ばしていたのだそうです。

その後も、銀座で「あんさんぶる」という音楽サロンをオープンさせたり、麻雀荘やコーヒーサロン、レストランなども経営していたようですが、その経営は上手く行かず、1990年に会社は倒産してしまいました。

過去に起こした横浜博覧会での騒動の真相

鈴木嘉和さんは会社を経営していた時、横浜博覧会に出展していたそうです。しかし、この横浜博覧会は当初想定していたよりも来場者数が少なく、鈴木嘉和さんのブースも予想を遙かに下回る売り上げだったとのこと。

鈴木嘉和さんは横浜博覧会の主催者に抗議するため、横浜のマスコットの着ぐるみを着て鉄塔によじ登り、7時間籠城したのだそうです。その結果、横浜消防局のレスキュー隊員が出動する騒ぎになりました。この騒動後、鈴木嘉和さんは横浜博覧会協会から厳重注意を受けたそうです。

鈴木嘉和(風船おじさん)の家族構成

ファンタジー号事件で有名になってしまった鈴木嘉和さんの家族構成についても見ていきましょう。鈴木嘉和さんの家族構成は判明しているのでしょうか?ファンタジー号事件当時の鈴木嘉和さんの家族構成について調べてみました。

結婚相手はピアニストの石塚由紀子

鈴木嘉和さんはファンタジー号事件の半年前に、ピアニストの石塚由紀子さんと結婚されていたようです。鈴木嘉和さんは石塚由紀子さんと国立音楽大学附属高等学校時代に先輩後輩の間柄だったとのこと。ちなみに石塚由紀子さんが1学年上でした。

石塚由紀子さんとは音楽教材の販売などを通じて一緒に仕事をするようになり、それが縁で結婚されたのだそうです。双方ともに再婚で、鈴木嘉和さんは3度目、石塚由紀子さんは2度目の結婚でした。

石塚由紀子(妻)には連れ子がいた

鈴木嘉和さんと結婚した石塚由紀子さんには連れ子がいたそうです。連れ子は娘が3人だったそうで、現在は全員が音楽大学を卒業しています、その中の長女・石塚富美子さんは、2003年にヴァイオリン奏者としてデビューも果たしているのだとか。

また、1991年には3姉妹で「Triolet」というグループを結成し、「THE NEW ARTIST AUDITION」で最優秀アーティスト賞を受賞しています。1994年には母娘4人でグループを結成し、ディナーショーの開催や国内外での幅広い音楽活動を行っていたようです。

ファンタジー号事件発生前は多額の借金

鈴木嘉和さんは、ファンタジー号事件発生前に経営していた会社が倒産した事による多額の借金があったのだそうです。そのため、ファンタジー号でのアメリカへの飛行を成功させ、資金を集める計画だったとのこと。

ファンタジー号での飛行が失敗に終わる可能性も考え、鈴木嘉和さんは自身に億単位の保険金もかけていたそうです。ただ、ファンタジー号事件で鈴木嘉和さんは失踪ということになっていますので、家族が保険金を受け取った可能性は低いと見られています。

ファンタジー号事件のその後は?

ファンタジー号事件のその後についても見ていきましょう。鈴木嘉和さんが失踪したファンタジー号事件はその後、どうなったのでしょうか?ファンタジー号事件のその後について調べてみました。

鈴木嘉和(風船おじさん)のSOS信号

ファンタジー号失踪の翌日、鈴木嘉和さんはSOSの信号を出していたのだそうです。これを受けて海上保安庁第三管区海上保安本部が捜索に乗り出します。そして、捜索機ファルコン900が宮城県の沖合でファンタジー号の姿を確認したのだそうです。この時、鈴木嘉和さんは捜索機に向かって手を振るなどしていました。

海上保安庁が捜索機で追跡するも監視終了に

海上保安庁の捜索機はファンタジー号の鈴木嘉和さんを救出しようとその後を追いますが、鈴木嘉和さんは手を振ったり座り込むなどしていたとのこと。そして、ゴンドラに積んでいたものを落下させ、ファンタジー号の高度をあげたのだそうです。

また、SOS信号の発信もやめたことから、海上保安庁は鈴木嘉和さんに飛行継続の意思があると判断。追跡を打ち切りました。海上保安庁は「もしも要請があれば救助していた」とコメントしていたそうです。

行方不明状態で死亡宣告?

ファンタジー号事件からすでに30年近くが経過しましたが、現在も鈴木嘉和さんは見つかっていません。失踪してどれだけ時間が経っても、家族が捜索願を出し続けている間は鈴木嘉和さんは生きているということになるそうです。

1999年頃に鈴木嘉和さんの妻は、捜索願を出し続けているものの、「失踪宣告の手続をしようと考えている」とコメントしていたとのこと。失踪宣告の手続をすれば、行方不明者は事実上の死亡扱いとなります。おそらく現在は死亡扱いとなっているのではないかと考えられているようですが、真相は定かではありません。

アラスカでの遺体発見デマって?

アラスカで鈴木嘉和さんの遺体が見つかったという噂があったようですが、その真相はどうなっているのでしょうか?調べてみたところ、この噂についての真相はデマであると判明しているようです。

現在もファンタジー号事件は謎のまま

ファンタジー号事件の真相については、ネット上などでもさまざまな記事で検証されています。しかし、現在もその真相は謎のままとなっています。現在は80歳となられている鈴木嘉和さんですが、今もどこかで生きていると考えている人も少なくはないようです。

鈴木嘉和(風船おじさん)の家族の現在

ファンタジー号事件で失踪した鈴木嘉和さんの家族の現在についても見ていきましょう。鈴木嘉和さんの家族は現在どうされているのでしょうか?風船おじさんこと鈴木嘉和さんの家族の現在について調べてみました。

石塚由紀子(妻)が風船おじさんの借金を肩代わり

ファンタジー号事件が発生した際、鈴木嘉和さんには多額の借金があったことは先ほども紹介しました。この借金に関しては、妻の石塚由紀子さんが肩代わりしたと言われています。自宅なども抵当に入っていましたので、おそらくこれを売るなどして返済に充てたのではないかと考えられているようです。

石塚由紀子(妻)が著書『風船おじさんの調律』を出版

ファンタジー号事件から8年後の2000年、鈴木嘉和さんの妻の石塚由紀子さんは「風船おじさんの調律」という本を出版しています。この本にはファンタジー号事件の真相についても触れられていますが、鈴木嘉和さんの経歴や石塚由紀子さんとの出会い、石塚由紀子さん自身のことについて多くのページが割かれているようです。

石塚由紀子(妻)の再婚や現在について

鈴木嘉和さんの妻の石塚由紀子さんは、ファンタジー号事件から24年後の2016年にポルトガル人の男性と再婚されたそうです。ただ、その翌年の2017年に、石塚由紀子さんは胆管癌のために亡くなられています。

ファンタジー号事件の風船おじさん発見の日を願う

1992年に発生したファンタジー号事件の真相について紹介してきました。ファンタジー号事件は、風船おじさんこと鈴木嘉和さんが、風船をつけたゴンドラでアメリカに向かって飛行し、その後失踪したという事件です。

ファンタジー号事件からすでに30年近くが経過していますが、現在もその真相は謎に包まれており、鈴木嘉和さんの行方は分かっていません。風船おじさんこと鈴木嘉和さんは多くの人に愛された人でもありますので、発見の日を願っている人も多いとのこと。今後もファンタジー号事件の情報に注目していきましょう。

関連するまとめ

Missing
この記事のライター
春日つぼね

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ