藤間紫の現在や若い頃は?浜木綿子とバチバチだった?真相は!

女優の藤間紫をご存知でしょうか。実は歌舞伎役者の市川猿之助を巡って女性関係で一時期話題を集めた人物です。藤間紫とは一体どんな人物だったのでしょうか。市川猿之助との関係についてや、現在どうしているのかなど詳しくご紹介していきます。

藤間紫の現在や若い頃は?浜木綿子とバチバチだった?真相は!のイメージ

目次

  1. 1藤間紫のプロフィール
  2. 2藤間紫の現在は?
  3. 3藤間紫の若い頃について
  4. 4藤間紫と浜木綿子のバチバチ関係とは
  5. 5藤間紫の子供は?
  6. 6藤間紫は波瀾万丈の女優人生の後に肝不全で他界

藤間紫のプロフィール

・愛称:???
・本名:喜熨斗 綾子(きのし あやこ、旧姓:河野、藤間)
・生年月日:1923年5月24日
・現在年齢:享年85歳
・出身地:東京府東京市本郷区根津宮永町
・血液型:???
・身長:???
・体重:???
・活動内容:日本舞踏家、女優
・所属グループ:紫派藤間流
・事務所:???
・家族構成:市川猿之助(夫)、息子、娘、八代目藤間勘十郎(孫)、藤間貴彦(孫)、藤間爽子(孫)
・代表作品:「極道の妻たち」他多数

藤間紫の経歴

藤間紫を知らないと言う人も多いかと思うので、簡単に経歴などをご紹介していきましょう。藤間紫は日本舞踏家として活躍しながらも女優として数々のドラマや映画で活躍した人物です。元日本医科大学学長の父親のもとに生まれており、12歳の時に六世藤間勘十郎に入門し踊りの天才少女として注目されています。

その後藤間紫は21歳の時に師事していた六世藤間勘十郎から「紫」と言う名が与えられ、さらに師弟関係だった六世藤間勘十郎と結婚する事となりました。当時2人は24歳と言う年の差があった為にちょっとした話題を集めています。その後息子1人、娘1人に恵まれる事となりましたが1985年に離婚しています。

離婚後の藤間紫は勘十郎との離婚訴訟をきっかけに宗家藤間流のお家騒動が起こり、1987年に宗家藤間流を離れて紫派藤間流を創流し家元となります。そして2000年には16歳年下の歌舞伎役者、市川猿之助と再婚し9年の結婚生活を送った後の2009年に肝不全で亡くなっています。

藤間勘十郎と市川猿之助との関係

藤間勘十郎と市川猿之助との関係について少し詳しくご紹介していきます。藤間紫は藤間勘十郎とは師弟関係であり、さらに元夫婦と言う関係でした。先ほどもご紹介していますが、藤間紫は21歳の時に藤間勘十郎と結婚しており年の差は24歳もあったようです。

藤間紫と市川猿之助の関係についてはこの後さらに詳しくご紹介していきますが、藤間勘十郎と夫婦関係だった1960年頃から深い関係になっていたようです。既に市川猿之助と生活をしていたようで、1960年頃には既に藤間勘十郎とは別居状態で不倫していたものと思われています。

藤間紫の現在は?

ここからは現在の藤間紫について詳しく見ていきましょう。歌舞伎界に詳しい人であれば藤間紫についてご存知の人もいるかと思いますが、藤間紫は市川猿之助との関係で男女の揉め事を起こして話題を集めていました。そんな藤間紫は現在どうしているのでしょうか。

2009年3月27日に肝不全のため他界

現在の藤間紫についてですが、既に経歴でご紹介してしまっていますが2009年に亡くなっている事が分かっています。詳しくご紹介すると、藤間紫が亡くなったのは2009年3月27日の事で肝硬変による肝不全で亡くなったと報じられています。

2009年3月30日に寛永寺輪王殿にて密葬

藤間紫の葬儀は2009年3月30日に寛永寺輪王殿で行われました。500人ほどが参列したそうですが、密葬と言う形で執り行わられたようです。喪主を務めたのは夫の市川猿之助でしたが、脳梗塞のリハビリ中と言う事もあり挨拶などは息子が代わりに行ったそうです。本葬は同年4月30日に築地本願寺で行われています。

旦那・市川猿之助は新恋人と藤間紫との自宅で生活

藤間紫の葬儀の際には、旦那の市川猿之助は涙を浮かべながらずっと藤間紫の姿を見つめていたそうです。とても仲の良い夫婦だったのかと感じさせられてしまいますが、実は現在の市川猿之助は既に新しい恋人がいるようで同棲までしているとの事です。

しかも市川猿之助と新しい恋人の女性は藤間紫が市川猿之助と暮らしていた自宅マンションで同棲していると言うのです。同棲が開始されたのは藤間紫の三回忌が終わってからとの事で、何とも身の切り替えの早さに驚かされてしまいます。

藤間紫の若い頃について

ここからは生前の藤間紫について詳しくご紹介していきます。まずは藤間紫の若い頃について注目していきましょう。藤間紫の若い頃はどのような人物だったのか、貴重な藤間紫の若い頃の画像と共に詳しく見ていきましょう。

若い頃から六代目・藤間勘十郎の内弟子に

藤間紫は若い頃から藤間勘十郎の内弟子に選ばれていたようです。内弟子とは弟子の中でも特にこれからが期待されている人物が選ばれます。藤間紫も藤間勘十郎に入門したのは12歳と少し遅いスタートでしたが、天才少女と呼ばれ10代後半には既に内弟子に選ばれるほど才能が認められていたそうです。

若い頃の画像①時代劇編

ここで藤間紫の若い頃の画像をご紹介していきます。この画像は、藤間紫が若い頃に出演した時代劇ドラマの画像です。右上に写っているのが若い頃の藤間紫ですが、はっきりとした意思の強そうな眼差しが魅力的な女性だった事が分かります。

若い頃の画像②息子と2ショット

この画像は、若い頃の藤間紫が息子と共に写っている画像です。右下にある画像からは、先ほどの画像のような意思の強そうな眼差しから一転して優しく息子を見つめる母親の表情になっている事が分かります。藤間紫は子供を出産後もとても美しい女性だった事が分かります。

藤間紫と浜木綿子のバチバチ関係とは

ここからは藤間紫と浜木綿子との関係についてご紹介していきます。実は浜木綿子とは後の夫となった市川猿之助を巡って女同士のバチバチの関係となっていたそうです。と言うのも、市川猿之助は藤間紫と結婚する前に浜木綿子と結婚していたようなのです。詳しく見ていきましょう。

浜木綿子とは

まずは浜木綿子について簡単にご紹介しておきましょう。浜木綿子は宝塚で娘役を務めた人物であり、宝塚退団後は女優として活躍していた人物です。市川猿之助とは1965年に結婚しており、同年中には現在俳優として活躍している香川照之が誕生しています。

市川猿之助を巡る浜木綿子との確執

市川猿之助と結婚した浜木綿子でしたが、息子の香川照之が誕生後間もなく藤間紫に市川猿之助を奪われる事となってしまいました。市川猿之助は藤間紫と生活をするようになってしまい、浜木綿子はその後帰って来ない市川猿之助を待ち続ける事となってしまったのです。

その後浜木綿子の想いも虚しく、市川猿之助は藤間紫を選んで1968年に浜木綿子とは離婚してしまいます。その後浜木綿子は他の男性と親しい関係にもなったそうですが、市川猿之助への想いを捨てきれずか現在も独身を貫いているそうです。

藤間紫の略奪愛の真相

浜木綿子から市川猿之助を略奪してしまった形になっている藤間紫ですが、略奪愛には真相が隠れているようです。どうやら想いを寄せていたのは市川猿之助のようで、襲名後上手く世渡りが出来ずにいた所に温かい手を差し伸べてくれた藤間紫に想いを寄せてしまい浜木綿子の元から立ち去ってしまっていたようです。

藤間紫の子供は?

ここからは藤間紫の子供について詳しく見ていきましょう。藤間紫の子供や孫には有名人も多く、女優として活躍している孫娘もいるようです。どんな子供や孫娘がいるのか詳しく見ていきましょう。

藤間勘十郎との間に息子・藤間文彦

藤間紫の子供は息子と娘の2人の子供がいます。娘は藤間高子と名付けられています。そして息子は藤間文彦と言う子供が誕生しており、藤間紫の葬儀で喪主の市川猿之助の代わりに挨拶などを行っています。俳優として活躍していた時期もありますが、現在は市川猿之助の事務所の社長を務めているそうです。

藤間文彦の娘・藤間爽子も話題に

藤間紫の息子である藤間文彦には娘が誕生しており、藤間紫とは孫娘と言う関係になります。藤間紫の孫娘の名前は藤間爽子と言い、14歳の時に藤間流紫派の家元を襲名し話題を集めていたようです。その後については、女優として活躍していると言う事です。

藤間紫の孫である藤間爽子の女優人生

ここで藤間紫の孫娘である藤間爽子の女優としての活躍について少しご紹介しておきましょう。藤間爽子は連続テレビ小説「ひよっこ」であかね荘の大家として出演しており、「可愛い」などとして話題を集めています。この作品に出演した際には、日本舞踏家としてこれまで活躍してきた現場との違いに驚いたそうです。

実は藤間爽子は日本舞踏家として藤間紫が家元である藤間流紫派の家元を襲名していますが、元々女優に憧れていたそうです。現在も流派の周りの人からは反対されていると言う事ですが、これからは日本舞踏家としてだけでなく女優として活躍していく事が期待されています。

藤間紫は波瀾万丈の女優人生の後に肝不全で他界

藤間紫について詳しく見てきましたが、男女関係を見るととても波乱万丈な人生を送ってきた人物である事が分かりました。既に肝不全で亡くなっていますが、日本舞踏家として、女優として活躍した藤間紫のこれまでの功績はこれからも語り継がれていく事でしょう。ご冥福をお祈り申し上げます。

関連するまとめ

関連するキーワード

Original
この記事のライター
yu yamashiro
現在第2子妊娠中のマタママです。エンタメ系の記事を書いていますが、エンタメには全く興味がありませんww

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ