藤本理稀ちゃん行方不明の真相!誘拐?母や父など家族の動向などもおさらい

2018年8月に行方不明になった藤本理稀(ふじもとよしき)ちゃん。その後、藤本理稀ちゃんは無事に発見されましたが、一部で誘拐説も浮上しています。そこで今回は、藤本理稀ちゃんが行方不明になった真相を調査。行方不明になった経緯や、家族の動向などをまとめました。

藤本理稀ちゃん行方不明の真相!誘拐?母や父など家族の動向などもおさらいのイメージ

目次

  1. 1藤本理稀ちゃんのプロフィール
  2. 2藤本理稀ちゃん行方不明の真相
  3. 3藤本理稀ちゃんは誘拐?
  4. 4藤本理稀ちゃんの母親や父親など家族の動向
  5. 5藤本理稀ちゃん発見のその後は?
  6. 6藤本理稀ちゃんは行方不明から3日でボランティア男性により無事発見

藤本理稀ちゃんのプロフィール

藤本理稀ちゃんは2018年8月12日から3日間行方不明になっていた男の子です。当時の年齢はまだ1歳だったため、行方不明ということが報じられた時には日本中から心配の声が寄せられていました。

山口県周防大嶋町で藤本理稀ちゃん行方不明に

藤本理稀ちゃんが行方不明になった場所は山口県周防大島町でした。ここには曽祖父の家があるため、藤本理稀ちゃんは母親と3人の兄弟と一緒に帰省していたようです。

藤本理稀ちゃんは現在無事発見

藤本理稀ちゃんが行方不明になった後、大規模な捜索が行われました。それでもなかなか藤本理稀ちゃんを見つけることが出来ず、現場にも焦りの色が見え始めていたのですが、行方不明になってから3日後、無事に元気な状態で発見されました。

藤本理稀ちゃん行方不明の真相

藤本理稀ちゃんは行方不明になる直前まで家族と一緒にいました。それなのになぜ行方不明になってしまったのでしょうか?藤本理稀ちゃんが行方不明になった経緯を見ていきましょう。

藤本理稀ちゃんのプロフィール

まずは、藤本理稀ちゃんのプロフィールから紹介します。藤本理稀ちゃんは2016年8月13日生まれ。行方不明になった当時はまだわずか1歳で、行方不明になっている間に2歳の誕生日を迎えました。

行方不明になった場所は曽祖父宅がある山口県周防大島町でしたが、普段は山口県防府市で暮らしているようです。行方不明時には、白と赤の長袖Tシャツ、緑色の海水パンツ、水色のサンダルという服装をしていたといいます。

祖父と兄と共に海水浴に出発

藤本理稀ちゃんが行方不明になったのは2016年8月12日の午前10時半頃。当時、曽祖父宅から約400メートル離れた海岸に遊びに行くため、祖父と3歳の兄と3人で歩いていたようです。

藤本理稀ちゃんのみが引き返し行方不明に

藤本理稀ちゃんは曽祖父宅から約100メートル進んだところで、母親がいないことにぐずりだし、「帰る」と言って1人で曽祖父宅の方へ戻っていったといいます。

後から母親や兄弟も海岸へ来ることになっていたため、祖父は「戻れば母親と合流するだろう」と考え、そのまま藤本理稀ちゃんが1人で家の方へ戻ることを止めなかったそうです。

しかし、後から祖父たちのもとにやって来た母親は藤本理稀ちゃんを連れていませんでした。驚いた祖父は「理稀はどうした?」と母親に尋ねたようですが、母親は「会っていない」と答えたため、ここで藤本理稀ちゃんがいなくなってしまったことが発覚します。

その後、祖父や母親は周辺を捜したそうですが、自分たちの力では見つけられなかったため、警察に110番通報したそうです。そして、家族が110番通報した後、山口県警や消防などは約140人態勢で藤本理稀ちゃんの捜索を開始しています。

当初は藤本理稀ちゃんが行方不明になった周防大島町家房地区を重点的に捜索していたようですが、その後は捜索範囲を広げ、ヘリコプターやドローンを使って上空からの捜索も行われました。

万が一の可能性を考え、側溝のフタを開けて水路をのぞいたり、空き地の井戸の中を調べたりもしたようですが、プロの力を駆使しても、なかなか藤本理稀ちゃんを見つけることはできませんでした。

行方不明になってから2日後の14日には、母親が防災無線を使い「よっちゃん、返事して。早く出てきて」と地域中に呼び掛けていましたが、その声に藤本理稀ちゃんが応答することもなかったのです。

藤本理稀ちゃんは誘拐?

藤本理稀ちゃんが突如家族の前から姿を消したため、誘拐にあったのではないかという意見も多く寄せられていました。藤本理稀ちゃんの年齢を考えても1人でそう遠くに行けるはずがありません。

藤本理稀ちゃんは迷子になったのではなく、誘拐されていたのでしょうか?発見時の状況などから誘拐の可能性を考えてみました。

藤本理稀ちゃん行方不明事件は誘拐?

藤本理稀ちゃんが一瞬にしていなくなってしまったため、ネット上では誘拐を指摘する声も浮上していました。警察も当初「事件・事故両面で捜索中」との発表をしていたのです。

しかし、世間から浮上する誘拐説に対し、「誘拐の可能性は低い」と言及していた方もいました。それが元警察官で犯罪ジャーナリストの小川泰平さんです。

小川泰平さん曰く、誘拐の場合は身代金目的などを考え、公開捜査に踏み切るのは1日置くことが多いのだそうです。

それが今回は行方不明になった日の夕方に公開捜査が開始されたため、「誘拐というよりは迷子になった子供を一刻も早く見つけ出そうとしているのでは?」と考えていたようです。

どちらにしても、藤本理稀ちゃんの安否を心配する声が多く寄せられていました。行方不明になったのが8月ということもあり、連日続く猛暑の影響も懸念されていたのです。

行方不明から3日で藤本理稀ちゃん発見

心配の声が相次ぐ中、行方不明から3日後に藤本理稀ちゃんは無事に発見されました。発見された場所は曽祖父宅から約560メートル北東の山中です。発見時の藤本理稀ちゃんは岩に座り、素足を沢の水につけていたといいます。

行方不明時には長袖Tシャツと海パン、サンダルを着用していた藤本理稀ちゃんですが、発見時には裸足で下半身には何も着ていなかったそうです。

発見された場所は木々で日差しが遮られた、涼しい風が吹き抜ける場所だったそうですが、夏の暑さに耐えきれず、途中で服を脱ぎ捨ててしまったのだと考えられます。

どうして山中に迷い込んでしまったのかが気になるところですが、発見された場所は曽祖父宅近くの上り坂を進めば来られる場所だったのだそうです。

そのため、藤本理稀ちゃんは曽祖父宅に向かう途中で道を間違えたのか、あるいは好奇心からなのか、曽祖父宅に向かうことなく、上り坂を進んでしまったのではないかといわれています。

発見後に病院の医師が容体検査

発見時の藤本理稀ちゃんは目立った外傷もなく、家族らと対面した時には受け答えをすることができていたのだそうです。その後、到着した救急車によって山口県柳井市にある周東総合病院に搬送され、医師の診察を受けたといいます。

医師によると驚くほどの良好な健康状態

藤本理稀ちゃんを診察したのは小児科の医師でした。医師によると、藤本理稀ちゃんは3日間行方不明になっていたとは思えないほど良好な健康状態だったといいます。

医師曰く、肌に擦り傷や、ダニに噛まれた痕はついていたものの、目立った怪我もなく、母親に甘えるなど、元気だったようです。とはいえ、医師がレントゲンを撮った時には、胃に食べ物の影は全くなかったそうです。

そのため、医師は軽い脱水症状を起こしていると診断しています。そうした医師の診断からも、やはり行方不明になっていた間の藤本理稀ちゃんは何も食べ物を食べていなかったと考えられます。

ただ、発見時に沢の近くにいたといいますから、沢の水を飲み、空腹や喉の渇きを紛らわせていたのかもしれません。しかし、医師も驚いているように、幼い子供が真夏の山中で3日間も無事に生き延びられたというのは、まさに奇跡だといえるでしょう。

軽い脱水症状程度で誘拐されていたとの声も

医師の診断によると、藤本理稀ちゃんは軽い脱水症状ということでした。これまでに何人もの患者を診てきた医師が驚くほどの健康状態ということですから、藤本理稀ちゃんがどのように3日間を過ごしたのか、不思議としかいいようがありません。

こうした藤本理稀ちゃんの発見時の状態を受け、当初噂されていた誘拐説が再浮上しているようです。自宅近くから発見されたにも関わらず、3日間見つからなかったうえ、健康状態も良好なのです。誘拐が疑われても仕方ありません。

ネット上では「騒ぎになったから誘拐犯が返したのでは?」と憶測する声も寄せられています。しかし、その後も藤本理稀ちゃんが「実は誘拐されていた」という報道はされていませんから、やはり迷子になっていただけなのでしょう。

藤本理稀ちゃんの母親や父親など家族の動向

藤本理稀ちゃんが行方不明になったことで、家族は連日不安な思いを吐露していました。幼い我が子が突然いなくなったのですから、ショックを隠せないのは無理もありません。

しかし、藤本理稀ちゃんはその後、元気な状態で発見されました。発見後の母親や父親など、家族の動向について見てきましょう。

藤本理稀ちゃんの母親が発見後に記者会見

藤本理稀ちゃんが無事に発見されたことで、日本中が安堵の気持ちに包まれました。その後、藤本理稀ちゃんの母親は記者会見を開いています。

そこで母親は、捜索に加わってくれた全ての人々に心からの感謝を告げ、息子が無事に帰ってきたことに対しては「言葉にならない」と語っていました。やはり、母親自身も藤本理稀ちゃんに生きて会えるとは思っていなかったようです。

行方不明になっている間に藤本理稀ちゃんは2歳の誕生日を迎えましたが、もともとお盆を過ぎてからお祝いしようと考えていたようなので、その後は藤本理稀ちゃんの大好きなアイスケーキを用意し、盛大に誕生日を祝ってあげたのではないでしょうか?

藤本理稀ちゃんの父親について

藤本理稀ちゃんが行方不明になった後、母親や祖父は記者のインタビューに応じ、行方不明になった経緯などを明かしていました。

無事に発見された後、祖母の存在も確認できましたが、報道では父親の存在が全く出てこなかったのです。当時、藤本理稀ちゃんの父親はどうしていたのでしょうか?

父親はいない可能性が高い?

藤本理稀ちゃんには父親がいない可能性が高いと噂されています。曽祖父宅に帰省したのも母親と藤本理稀ちゃんを含む兄弟だけで、父親の存在は確認されていません。

父親の仕事が忙しく、一緒に帰省できなかっただけという場合も考えられますが、行方不明になったという報道の中で「父親」という言葉が全く出てこなかったのです。

事件や事故があった時には、必ずといっていいほど、記者たちは家族や関係者にインタビューを試みます。藤本理稀ちゃんに父親がいるなら、今回も記者が何らかの接触をしていたのではないでしょうか?

それが一切なかったことから、藤本理稀ちゃんには父親がいないという噂が浮上しているのです。ただ、実際にどうなのかは情報がないため、こればかりは本人たちにしか分かりません。

母親と祖父の証言の相違にも注目が

藤本理稀ちゃんが行方不明になった時、母親と祖父の証言に相違があったことに注目が集まっていました。祖父は藤本理稀ちゃんが来た道を引き返したと証言しましたが、その後に家を出て祖父と合流した母親は、藤本理稀ちゃんに会っていないと話していたのです。

しかし、これには事情がありました。曽祖父宅から海岸へは2つのルートから行けるようになっていたため、祖父と母親が通ったルートが違っていた可能性が高いのです。

それぞれが別ルートを通っていたなら、道を引き返した藤本理稀ちゃんが母親に出会わなかったことにも納得できます。

藤本理稀ちゃん発見のその後は?

藤本理稀ちゃんは無事に発見されましたが、その後は藤本理稀ちゃんを発見したボランティア男性が話題になりました。一体、藤本理稀ちゃんを発見したのはどんなボランティア男性だったのでしょうか?

藤本理稀ちゃんを発見したボランティア男性も話題に

藤本理稀ちゃんを発見したのは、70代のボランティア男性でした。このボランティア男性の名前は尾畠春夫さん。発見後はインタビューに応じ、藤本理稀ちゃんを発見した経緯や、当時の心境を語っていました。

発見その後に話題のボランティア尾畠春夫とは

藤本理稀ちゃんを発見した尾畠春夫さんは、1939年10月12日生まれの79歳。大分県在住の男性で、65歳に営んでいた鮮魚店を畳み、その後はずっとボランティア活動を続けているそうです。

藤本理稀ちゃんを発見したことで注目を浴びるようになりましたが、これまでにも東日本大震災や西日本豪雨の時に現地に駆けつけ、ボランティア活動を行っていたといいます。

尾畠春夫さんがボランティア活動をするうえで徹底しているのは、現地の人々には絶対に迷惑をかけないということ。そのため、自身の軽ワゴン車で現地に訪れ、ボランティア活動をしている間はその軽ワゴン車で寝泊まりしているそうです。

また、尾畠春夫さんは背中に自分の名前が大きく書かれた赤いつなぎを着用していますが、これは現地の人に安心してもらうためで、怖がられないようによく話をすることも心掛けているといいます。

ボランティア尾畠春夫が30分ほどで発見

尾畠春夫さんは「山口県に2歳の男の子を捜しに行ってきます」というメッセージを残して大分県の自宅を出発し、8月14日に周防大島町に到着したといいます。そして、翌日午前6時頃から裏山に入り、ものの30分で藤本理稀ちゃんを発見しています。

尾畠春夫さんはこれまでにも行方不明になった子供の捜索に参加したことがあるそうで、その経験から子供は上に上がっていく習性があることを知り、今回もその通りに藤本理稀ちゃんの名前を呼びながら山を登っていったのだそうです。

すると、風にのって「僕、ここ!」という藤本理稀ちゃんの声が聞こえてきたのだそうです。そうして藤本理稀ちゃんを発見した後は、持っていたバスタオルに藤本理稀ちゃんをくるみ、下山して家族に引き渡したといいます。

藤本理稀ちゃんは行方不明から3日でボランティア男性により無事発見

今回は、2018年8月に行方不明になった藤本理稀ちゃんについて紹介しました。真夏の山中で行方不明になり、絶望的かと思われましたが、行方不明になってから3日後にボランティア男性によって無事に発見されました。

あれから約1年が経過し、もうすぐ3歳になる藤本理稀ちゃん。母親や家族のもとで元気に過ごしていることでしょう。

関連するまとめ

関連するキーワード

編集部
この記事のライター
Windy編集部

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ