藤田弓子の現在!若い頃からの経歴は?結婚した夫や病気のその後なども調査

女優の藤田弓子さんは若い頃には多くの作品に出演した経歴を持ちますが、現在は何をしているのでしょうか?今回は藤田弓子さんの若い頃からの経歴や現在の活動内容、大人気と噂の講演の内容について、さらに結婚した夫との関係性や病気説の真相について調べてみました。

藤田弓子の現在!若い頃からの経歴は?結婚した夫や病気のその後なども調査のイメージ

目次

  1. 1藤田弓子のプロフィール
  2. 2藤田弓子の現在
  3. 3藤田弓子の若い頃からの経歴
  4. 4藤田弓子の結婚した夫について
  5. 5藤田弓子の病気説のその後は?
  6. 6藤田弓子の現在は劇団主宰や講演など幅広く活躍

藤田弓子のプロフィール

・愛称:不明
・本名:河野弓子(旧姓:藤田)
・生年月日:1949年9月12日
・年齢:74歳(2019年9月現在)
・出身地:東京都
・血液型:A型
・身長:155㎝
・体重:不明
・活動内容:女優、声優
・所属グループ:なし
・事務所:エム・ケイ・ツー
・家族構成:夫(放送作家の河野洋)

藤田弓子の経歴

女優の藤田弓子さんは小学5年生の時にラジオ番組『赤胴鈴之助』のオーディションに合格し、芸能界入りを果たしています。そんな藤田弓子さんは父方の祖父が株式会社「不二サッシ」の創設者で、かなり裕福な生活をしていました。

しかし藤田弓子さんが3歳の時に父親が病気で亡くなり、それ以降は母親が女手一つで育ててくれたという辛い生い立ちがあります。藤田弓子さんはずっと母親と2人で協力し合いながら生活したため、母親とは強い絆で結ばれていたことを明かしています。

藤田弓子さんの母親は母子家庭という理由で子供に不自由をさせなくないという思いから、やりたいことは何でも経験させてくれたそうで、そんな母親のおかげで藤田弓子さんは好奇心旺盛な子供に育ちました。

そして小学5年生の時にラジオ番組のオーディションに応募する際にも、母親は一切反対せず、一緒にオーディション会場までついてきてくれて、さらにはその後も学校と芸能活動を両立できるようにサポートしてくれたそうです。

藤田弓子さんはそんな母親の手厚いサポートを受けて、将来的には母親を支えられるようにと大学受験を決意して、その後一旦芸能界から引退しています。しかし女優になりたいという夢を捨てきれず、高校卒業後に劇団に所属することに決めたそうです。

母親もそんな藤田弓子さんの決断を応援してくれ、やるからには一流の女優になりなさいと背中を押してくれたと言います。そして藤田弓子さんは4年間の下積み期間を経て、1967年の舞台『カンガルー』で初舞台を経験しています。

そして藤田弓子さんは1968年のNHK連続テレビ小説『あしたこそ』でヒロインに抜擢され、注目を浴びました。その後1973年にはフジテレビ系のテレビ番組『小川宏ショー』のサブキャスターを務め、さらに知名度を上げていきました。

1985年には映画『さびしんぼう』で素晴らしい演技を披露した藤田弓子さんは、その年の「キネマ旬報最優秀助演女優賞」に輝いています。その後も多くの作品に出演経歴を持つ藤田弓子さんは、演技派女優として知られるようになりました。

藤田弓子の現在

女優として若い頃から多くの作品に出演してきた藤田弓子さんは、現在は何をしているのでしょうか?藤田弓子さんの現在の活動内容や、新たに手掛けている講演の内容について調べてみました。

2019年の誕生日で年齢74歳の藤田弓子

藤田弓子さんは1949年9月生まれなので、2019年の誕生日を迎えると年齢が74歳になります。現在では70歳を越え、ベテラン女優として知られるようになった藤田弓子さんですが、現在も女優として芸能活動を続けています。

現在は女優以外に講演でも活躍

藤田弓子さんは若い頃から女優として多くの作品に出演していますが、現在では女優以外にも講演会の仕事を積極的に行っています。藤田弓子さんは講演会を斡旋する会社に登録していて、その会社を介して多くの講演の依頼が来ているそうです。

藤田弓子さんの講演は主に50代以降の世代をターゲットにしていますが、講演はかなり人気が殺到していて、予約が取りにくい状況が続いているとのことです。

藤田弓子の講演とは

ちなみに藤田弓子さんが直近に行った講演のテーマは、「いつも何かにときめいて生きよう」や「いくつになっても旬」、「50歳からの育自法」など、どちらかというと自己啓発的なテーマで講演を行うことが多いようです。

藤田弓子さんは若い頃に父親を亡くして母子家庭で育ったという辛い生い立ちがあり、その後自力でここまでの地位を築き上げた素晴らしい方です。藤田弓子さんはこうした経験談も交えながら講演をするため、共感の声が多く寄せられているとのことです。

現在は市民劇団「いず夢」主宰

藤田弓子さんは夫である河野洋さんと一緒にアマチュア劇団「いず夢」を立ち上げています。この劇団は静岡県の伊豆の国市の芸術文化振興を目的で設立され、現在では伊豆地方ではかなり有名な劇団として知られています。

藤田弓子さんはこの劇団の座長を務め、夫である河野洋さんは放送作家としての経験を生かして舞台の脚本や構成を担当するという役割分担をしているそうです。

上沼恵美子との不仲説も現在話題に

藤田弓子さんはタレントの上沼恵美子さんと不仲説が浮上しているようですが、この不仲説は上沼恵美子さんが過去に「共演NGのタレント」のイニシャルとして「FY」と公言したことが関係している模様です。

しかし藤田弓子さんと上沼恵美子さんは過去に共演歴が全くなく、さらにイニシャルが「FY」のタレントは数多く存在するため、藤田弓子さんと上沼恵美子さんが不仲という説はデマであると考えられています。

上沼恵美子とは

タレントの上沼恵美子さんは1955年4月生まれの現在64歳で、姉と漫才コンビとして芸能界デビューをした経歴を持ちます。上沼恵美子さんはその後は歌手やタレントとして活動の幅を広げ、バラエティ番組などの司会者を務めるようになりました。

現在では関西で一番の大御所タレントとして知られる上沼恵美子さんは、現在ではトーク番組やバラエティ番組以外にも料理番組でもMCを務めるなど、さらに活動の幅を広げています。

Thumb上沼恵美子の昔!若い頃からの経歴や漫才師時代のエピソードとは!
上沼恵美子は現在は関西を中心に活躍する大御所タレントですが、昔は可愛いと評判のアイドル的人気...

藤田弓子の若い頃からの経歴

70歳を超えた現在も女優として活動を続けている藤田弓子さんは、若い頃にはどのような経歴を持つのでしょうか?藤田弓子さんの若い頃からの経歴について、時系列に沿って振り返ってみたいと思います。

若い頃からの経歴①小学生時代にラジオ「赤胴鈴之助」オーディション合格

藤田弓子さんの若い頃の経歴1つ目は、小学生時代にラジオ番組『赤胴鈴之助』のオーディションに合格したことです。藤田弓子さんは元々ラジオ番組をよく聴いていたため、次第に自分もその番組に出てみたいと思うようになっていったそうです。

そして藤田弓子さんはラジオ番組のレギュラーとして毎日夕方にスタジオ入りをして収録に参加し、土曜日も収録があることが多く、小学生ながら多忙な生活を送っていました。

ラジオオーディションには吉永小百合の姿も

ちなみにラジオ番組『赤胴鈴之助』のオーディションには女優の吉永小百合さんもいたそうで、吉永小百合さんは当時からかなり美人でひときわ目立っていたことを後に明かしています。

そんな吉永小百合さんの姿を見た藤田弓子さんは、自分はもう不合格だと確信したとのことですが、意外にも2人ともオーディションに合格していました。その当時から藤田弓子さんは吉永小百合さんと知り合いで、現在も交流が続いているそうです。

若い頃からの経歴②朝ドラ「あしたこそ」ヒロイン役

藤田弓子さんはラジオ番組が終了した後、一旦芸能界から退いていますが、高校卒業後に劇団に入団しています。そして藤田弓子さんは、若い頃にNHK連続テレビ小説『あしたこそ』でヒロイン役を務めた素晴らしい経歴を持ちます。

その後も映画『ひとりっこ』やドラマ『水戸黄門』シリーズなどの有名作品に出演した藤田弓子さんは、どんな役柄も演じられる確かな演技力が高く評価されました。

若い頃からの経歴③週刊プレイボーイ誌でセクシー姿披露

演技派女優として知られる藤田弓子さんは、若い頃には雑誌『週刊プレイボーイ』でセクシーな姿を披露し、芸能界を騒がせたこともありました。しかし『週刊プレイボーイ』で見せた藤田弓子さんの美貌が注目を浴び、さらに知名度をあげることとなります。

売れっ子女優が雑誌でセクシーな姿を披露するのはかなり珍しいことであり、大きく話題となりましたが、こうした大胆な作戦が功を奏し、藤田弓子さんはこの出来事で圧倒的な知名度を獲得しました。

若い頃からの経歴④映画「さびしんぼう」キネマ旬報最優秀助演女優賞受賞

そして藤田弓子さんは1985年に公開された映画『さびしんぼう』で主人公の母親役を好演し、同年の「キネマ旬報最優秀助演女優賞」に輝いています。また、藤田弓子さんはこの映画がきかっけで「母親役が似合う女優」として知られるようになりました。

若い頃からの経歴⑤NHK「連想ゲーム」キャプテン

藤田弓子さんは若い頃には女優以外にも、多くのテレビ番組に出演した経歴を持ちます。藤田弓子さんは1973年からフジテレビ系で放送されたワイドショー番組『小川宏ショー』のサブキャスターを務め、持ち前のトーク力が注目を浴びました。

さらに藤田弓子さんは1988年からNHKで放送されたクイズ番組『連想ゲーム』でキャプテンを務めるなど、活動の幅を広げていきます。こうして藤田弓子さんは幅広い仕事をこなせるマルチなタレントとして有名になりました。

藤田弓子の結婚した夫について

藤田弓子さんは放送作家の河野洋さんと結婚していますが、現在の夫婦関係はどうなのでしょうか?藤田弓子さんと結婚した夫との馴れ初めや、現在の結婚生活、夫の病気説の真相について調べてみました。

1984年に夫の河野洋と結婚

藤田弓子さんは1984年に放送作家の河野洋さんと結婚しています。夫である河野洋さんとの馴れ初めは公表されていませんが、河野洋さんは放送作家として多くの番組に携わってきた方なので、おそらく番組の共演で出会ったものと見られています。

藤田弓子さんは元々結婚願望がなく、母親と2人で力を合わせて生きていければいいと思っていたそうですが、河野洋さんと出会い、家族の温かみに触れるにつれて結婚願望が高まっていったことを後に明かしています。

39歳という年齢で結婚した藤田弓子さんですが、母親は心から喜んでくれたと言い、結婚式の際には涙を流していたとのことです。夫である河野洋さんは藤田弓子さんの6歳年上で、いざという時に頼りになるしっかりした性格の方だそうです。

夫(河野洋)は放送作家

藤田弓子さんは1984年に6歳年上の河野洋さんと結婚していますが、夫である河野洋さんは若い頃から放送作家として活動をしていました。そんな河野洋さんは日本テレビの創設に関わった「重鎮」で、仕事ができる方として芸能界でもかなり有名だそうです。

河野洋さんは放送作家としてバラエティ番組『シャボン玉ホリデー』や『ゲバゲバ90分』などの有名番組を手掛け、現在では藤田弓子さんと一緒に立ち上げた劇団の脚本を手掛けるなど、さらに活動の幅を広げています。

夫と結婚後は伊豆の国市に移住

藤田弓子さんは夫である河野洋さんと結婚後は、東京から伊豆に移住しています。藤田弓子さんと夫である河野洋さんは元々都会よりも田舎でのんびり暮らしたいという願望を持っていて、結婚後は一緒にいくつもの物件を見て回ったそうです。

その中でも自然が豊かで水が美味しい街である静岡県の伊豆の物件が気に入り、藤田弓子さんと夫である河野洋さんは1990年頃に引っ越しをしています。ちなみに購入したのは築40年の中古一戸建て物件で、標高500mの高さにあり、富士山が一望できるそうです。

富士山が一望できるというかなり素敵な物件を購入した藤田弓子さんですが、2014年に夫である河野洋さんが若い頃に働いていた日本テレビの「中古物件リフォーム企画」で自宅をリフォームしてもらえることになり、番組で自宅が初お披露目されています。

藤田弓子さんと夫である河野洋さんは老後の生活を満喫するために大幅なリフォームを決意したそうですが、番組内でかなり広い豪邸が放送され、その経済力の凄さに注目が集まりました。

2017年に夫が病気で入院

藤田弓子さんの夫である河野洋さんは、2017年に病気で入院していたことが後に明らかになりました。これは藤田弓子さんが出演したラジオ番組で「終活」をテーマとしたトークをしていた際に突然カミングアウトされ、大きく話題となりました。

藤田弓子さんの夫である河野洋さんの詳しい病気の名前や現在の様子などは明かされていませんが、短期間の入院だったことから、そこまで深刻な病状ではないと見られています。

結婚した夫との間に子供はいない

ちなみに藤田弓子さんと夫である河野洋さんの間に、子供はいないそうです。藤田弓子さんと夫である河野洋さんには子供がいないため、夫婦で立ち上げた劇団の団員たちを自分の子供のように手塩に掛けて大事に育てているとのことです。

藤田弓子の病気説のその後は?

藤田弓子さんの夫は2017年に病気で入院したことがわかっていますが、藤田弓子さん自身も病気にかかっているという噂が浮上しているようです。藤田弓子さんの病気説の真相や、現在の体調について調べてみました。

夫だけでなく藤田弓子も病気厳重注意?

藤田弓子さんは過去に出演したテレビ番組内の企画で健康状態の検査をしたことがあり、その際に様々な病気のリスクが高いことが明らかになりました。藤田弓子さんは脳梗塞や脳動脈瘤、心筋梗塞などのリスクが高いと診断されたそうです。

死亡説などデマ情報も浮上

このように藤田弓子さんは番組内で「病気厳重注意」という診断が下されたため、以降ネット上では藤田弓子さんが病気で闘病中という説や、病気で死亡したという説まで浮上してしまった模様です。

しかしこれらは全くのデマであり、藤田弓子さんは病気のリスクがあると診断されただけで、まだ特に何も病気にはかかっていないことがわかっています。

病気になる前にダイエットで健康対策

番組内で病気厳重注意と診断された藤田弓子さんは、過去に一度も取り組んだことがなかったダイエットに取り組みました。若い頃からの不摂生が祟り、藤田弓子さんは意外にも50代の頃からいわゆる「ポッチャリ体型」になってしまっていたそうです。

このため藤田弓子さんは本気でダイエットに励み、1ヶ月で3キロの減量に成功しています。とは言え藤田弓子さんは若い頃からかなりの酒豪として知られ、お酒だけはやめられないと語っています。

病気以外に腰痛ケアも開始

藤田弓子さんは60歳を超えて初めて腰痛を経験し、それ以降は腰痛のケアをするようになったことを明かしています。藤田弓子さんは整体に通って体の歪みをとり、さらに自宅でもストレッチなどのセルフケアを欠かさず行っているそうです。

藤田弓子の現在は劇団主宰や講演など幅広く活躍

女優の藤田弓子さんは小学生時代にラジオ番組で芸能界デビューしましたが、その後一旦芸能界から退き、高校卒業後に劇団に所属して女優デビューを果たした経歴を持ちます。

藤田弓子さんは女優以外にもテレビ番組やラジオ番組にも多数出演し、タレントとしても活動しつつ、結婚後は夫である河野洋さんと一緒に劇団『いず夢』を立ち上げるなど、幅広い分野で活躍を続けています。今後も藤田弓子さんの、さらなる活躍を期待しましょう。

関連するまとめ

関連するキーワード

Original
この記事のライター
中村千尋
元々は総合病院で助産師として働いていましたが、現在は子育て中のため一旦臨床を離れ、空いた時間にライターの仕事をさせ...

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ