藤原竜也出演映画一覧!おすすめ作品は?上位5作をランキング形式で紹介!

その卓越した演技力で観客を映画の世界へ引き込んでしまう藤原竜也さんの出演映画一覧をご覧下さい。藤原竜也さんの出演した映画の中で特におすすめの作品はどの映画なのでしょうか?藤原竜也さんの映画の上位5作をランキング形式でご紹介します。

藤原竜也出演映画一覧!おすすめ作品は?上位5作をランキング形式で紹介!のイメージ

目次

  1. 1藤原竜也のプロフィール
  2. 2藤原竜也出演映画一覧
  3. 3藤原竜也出演映画おすすめ作品
  4. 4藤原竜也出演映画ランキング上位5作
  5. 5藤原竜也と有村架純の映画共演エピソード
  6. 6藤原竜也の最新出演映画【2020】
  7. 7藤原竜也出演映画は話題のおすすめ作品がいっぱい

藤原竜也のプロフィール

・愛称:不明
・本名:同じ
・生年月日:1982年5月15日
・年齢:38歳(2020年5月現在)
・出身地:埼玉県秩父市
・血液型:A型
・身長:178cm
・体重:非公表
・活動内容:俳優
・所属グループ:なし
・事務所:ホリプロ
・家族構成:妻、子(性別非公表)

藤原竜也の経歴

藤原竜也さんは1982年5月15日に埼玉県秩父市で生まれました。俳優としてデビューした作品は、1997年に上演された蜷川幸雄さん演出の舞台『身毒丸』です。主役オーディションで見事主役の座を勝ち取った藤原竜也さんは、「15歳の天才新人」と称えられました。

同年にはドラマ『それが答えだ!』でテレビデビューを飾り、次第に知名度と人気が上昇していきました。2000年にはスクリーンデビューし、テレビ・映画・舞台で縦横無尽の活躍をするようになっています。俳優としての評価は非常に高く、現在までに数多くの演技賞を受賞しています。

藤原竜也出演映画一覧

藤原竜也さんは現在までに36本の映画に出演してきました。その映画の中から、藤原竜也さんのスクリーンデビュー作を含めた5本の映画をご紹介します。藤原竜也さんが意外すぎる役で出演したあの話題作も含まれています。

出演映画①『仮面学園』堂島暁役(主演)

藤原竜也さんの出演映画1本目の『仮面学園』は、2000年8月5日に東映配給で公開されました。原作は宗田理さんの小説『2年A組探偵局 仮面学園殺人事件』です。この映画で藤原竜也さんは主役でスクリーンデビューを飾りました。

中学生の間で仮面を付けて登校するという流行に伴い、仮面集会を開く組織が生まれ、果ては殺人事件まで起こるという物語です。藤原竜也さんは主人公の堂島暁を演じました。

出演映画②『カメレオン』野田伍郎役(主演)

藤原竜也さんの出演映画2本目の『カメレオン』は、2008年7月5日に東映配給で公開されました。政府要人の拉致現場を目撃してしまった事から命を狙われるようになり、周囲の人間も次々と殺された事から復讐に乗り出す詐欺師の物語です。

藤原竜也さんはいくつもの顔を持つ事からカメレオンに喩えられる主人公・野田伍郎を演じ、その演技力を高く評価され、第18回日本映画プロフェッショナル大賞の主演男優賞を獲得しました。

出演映画③『蛇にピアス』横山悟役

藤原竜也さんの出演映画3本目の『蛇にピアス』は、2008年9月20日にギャガ配給で公開されました。原作は金原ひとみさんの同名の芥川龍之介賞受賞作です。この映画は原作共々業界で大きな話題作となりましたが、本作で藤原竜也さんが演じたのは主役ではありません。

そして主要人物でもありませんでした。藤原竜也さんは、街中で主人公やその恋人と絡むチンピラの役に扮していたのです。藤原竜也さんは小栗旬さんと街のチンピラになりきり、観客を驚かせました。

出演映画④『パレード』伊原直輝役(主演)

藤原竜也さんの出演映画4本目の『パレード』は、2010年2月20日にショウゲート配給で公開されました。吉田修一さんの同名の小説が原作です。5人の若者達がルームシェアをする事によって、人間関係にひずみが生じていく過程が描かれました。

藤原竜也さんが演じたのは、5人の若者の1人である井原直輝です。他の4人の若者を、香里奈さん・貫地谷しほりさん・林遣都さん・小出恵介さんが演じていました。

出演映画⑤『人間失格 太宰治と3人の女たち』坂口安吾役

藤原竜也さんの出演映画5本目の『人間失格 太宰治と3人の女たち』は、2019年9月13日にアスミック・エース配給で公開されました。文豪・太宰治と彼を取り巻く3人の女性を描いたフィクションです。

太宰治を小栗旬さんが演じ、藤原竜也さんは太宰治の友人である坂口安吾役でした。フィクションではありますが、実在の文豪を高良健吾さんなど錚々たるメンバーが演じた事でも話題になっています。

藤原竜也出演映画おすすめ作品

藤原竜也さんが出演した映画はことごとく高評価を受けていますが、この章では、その中でも特におすすめの作品を10本選んでご紹介します。大人気を博したためにシリーズ化された映画も、併せてご覧下さい。

おすすめ映画①『サンブンノイチ』清原修造/シュウ役(主演)

藤原竜也さんのおすすめ映画1本目の『サンブンノイチ』は、2014年4月1日にKADOKAWAと吉本興業の配給で公開されました。木下半太さんの小説を原作とした映画で、監督は品川庄司の品川ヒロシさんが担当しています。

銀行強盗をしてキャバクラ・バニーバニーに逃げ込んだ3人組と、銀行から奪った金の行方を描いた物語です。藤原竜也さんは強盗の1人である主人公・清原修造を演じました。

おすすめ映画②『バトル・ロワイヤル』七原秋也役(主演)

藤原竜也さんのおすすめ映画2本目の『バトル・ロワイヤル』は、2000年12月16日に東映配給で公開されました。原作は高見広春さんの同名の小説です。架空の日本を舞台にした物語で、増加する少年犯罪を恐れる大人によって施行されたBR法を題材にした問題作でした。

年に1度全国の中学3年生の中から1クラスを選び、無人島で最後の1人になるまで殺し合いをさせるという法律に翻弄される生徒達の1人・七原秋也に抜擢された藤原竜也さんは、その期待に見事応えています。続編も制作され、藤原竜也さんも出演しました。

おすすめ映画③『カイジ 人生逆転ゲーム』伊藤開司役(主演)

藤原竜也さんのおすすめ映画3本目の『カイジ 人生逆転ゲーム』は、2009年10月10日に東宝配給で公開されました。福本伸行さんの漫画『カイジ』シリーズの『賭博黙示録カイジ』と『賭博破戒録カイジ』の一部を原作としたシリーズ第1作です。

友人の借金の保証人となり膨大な負債を抱えてしまった青年・伊藤開司が、借金返済のために様々なギャンブルに身を投じていく姿が描かれています。藤原竜也さんが演じた伊藤開司は、原作ファンにも高く評価されました。

おすすめ映画④『僕だけがいない街』藤沼悟役(主演)

藤原竜也さんのおすすめ映画4本目の『僕だけがいない街』は、2016年3月19日にワーナー・ブラザース映画配給で公開されました。原作は三部けいさんの同名の漫画です。しかし原作が上映当時完結していなかった事により、映画版は中盤から原作とはかなり違った展開をしました。

再上映(リバイバル)と自分で名付けたタイムリープという特殊能力を持つ主人公・藤沼悟が、18年前に起きた児童連続誘拐事件に、リバイバルを繰り返しながら迫っていくという物語です。藤原竜也さんは主役の藤沼悟を演じました。

おすすめ映画⑤『藁の楯』清丸国秀役

藤原竜也さんのおすすめ映画5本目の『藁の楯』は、2013年4月26日にワーナー・ブラザース映画配給で公開されました。『ビー・バップ・ハイスクール』で有名な漫画家・きうちかずひろさんが本名の木内一裕名義で発表した小説が原作です。

主人公のSP・銘苅一基警部補を大沢たかおさんが演じ、藤原竜也さんは8年前に少女を殺した犯人として服役し、仮出所から数カ月後にまた殺人の犯人となる男・清丸国秀を演じました。

おすすめ映画⑥『デスノート Light up the NEW world』夜神月役(主演)

藤原竜也さんのおすすめ映画6本目の『デスノート Light up the NEW world』は、2016年10月29日にワーナー・ブラザース映画配給で公開されました。原作を大場つぐみさんが、作画を小畑健さんが担当した大人気コミックの映画化作品です。

『デスノート』の映画シリーズ第1作は2006年に公開されましたが、10年後に公開された本作でも藤原竜也さんが同じ役を演じた事で話題になりました。

おすすめ映画⑦『インシテミル 7日間のデス・ゲーム』結城理久彦役(主演)

藤原竜也さんのおすすめ映画7本目の『インシテミル 7日間のデス・ゲーム』は、2010年10月16日にワーナー・ブラザース映画配給で公開されました。米澤穂信さんの推理小説『インシテミル』を原作とした映画です。

クローズド・サークルを舞台に繰り広げられる殺人ゲームが描かれました。原作とは登場人物や細かい設定に相違があります。藤原竜也さんは主人公の結城理久彦を演じました。

おすすめ映画⑧『MONSTERZ モンスターズ』男役(主演)

藤原竜也さんのおすすめ映画8本目の『MONSTERZ モンスターズ』は、2014年5月30日にワーナー・ブラザース映画配給で公開されました。原案は2010年に公開された韓国映画『超能力者』ですが、オリジナル版とは異なる結末を迎えています。

視線の先にいる他人を思いのままに操る能力がある男と、彼の能力が唯一効かない男との死闘が描かれました。名を明かさない「男」を藤原竜也さんが演じ、彼と闘う田中終一を山田孝之さんが演じています。

おすすめ映画⑨『SABU〜さぶ〜』栄二役(主演)

藤原竜也さんのおすすめ映画9本目の『SABU〜さぶ〜』は、2002年10月5日にキネマ旬報社配給で公開されました。原作は山本周五郎さんの時代小説『さぶ』です。名古屋テレビ開局40周年記念として制作されたドラマ『SABU』が制作されました。

視聴率はふるわなかったのですが反響も評価も大きかったため、映画版に編集されて公開されました。藤原竜也さんが主人公の栄二を演じ、妻夫木聡さんがさぶ役を務めています。

おすすめ映画⑩『ST赤と白の捜査ファイル』赤城左門役(主演)

藤原竜也さんのおすすめ映画10本目『ST赤と白の捜査ファイル』のは、2015年1月10日に東宝配給で公開されました。今野敏さんの日本の警察小説シリーズ『ST 警視庁科学特捜班』が原作です。2014年に連続ドラマが放映され、翌年劇場版が公開されました。

藤原竜也さんと岡田将生さんのW主演で物語が展開していきます。藤原竜也さんが主人公・赤城左門役を務め、岡田将生さんがもう1人の主人公・百合根友久を演じています。

藤原竜也出演映画ランキング上位5作

藤原竜也さんは、映画の中では、『るろうに剣心』の志々雄真などのサイコパスな人物を演じる事も多く、その作品が特に人気を集める傾向があります。この章では、藤原竜也さんが出演した映画ランキングの上位5位に選ばれた作品をご紹介します。

連続絞殺事件の犯人だと名乗り出る青年の役など、エキセントリックな藤原竜也さんの演技が楽しめる映画ばかりです。

出演映画ランキング5位『デスノート』主演

藤原竜也さんの出演映画ランキング5位の『デスノート』は、2006年6月17日にワーナー・ブラザース映画配給で公開されました。『デスノート』は邦画史上初めて前後編が連続で公開されました。

死神・リュークが落とした黒いノート・デスノートを拾った事から大きく運命が変わった青年・夜神月役を藤原竜也さんが務めました。夜神月の宿敵・Lを演じた松山ケンイチさんは、この映画で大ブレイクしています。

出演映画ランキング4位『Dinerダイナー』主演

藤原竜也さんの出演映画ランキング4位の『Dinerダイナー』は、2019年7月5日にワーナー・ブラザース映画配給で公開されました。平山夢明さんによる小説を原作とした映画です。

金銭事情が逼迫した女性・オオバカナコが、殺し屋が頻繁に来訪する会員制ダイナー・キャンティーンでウエイトレスを始めた事から始まる物語で、オオバカナコを玉城ティナさんが、キャンティーンでシェフを務める元殺し屋の主人公・ボンベロを藤原竜也さんが演じました。

出演映画ランキング3位『るろうに剣心 京都大火編』

藤原竜也さんの出演映画ランキング3位の『るろうに剣心 京都大火編』は、2014年8月1日にワーナー・ブラザース映画配給で公開されました。原作は和月伸宏さんの漫画『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』です。2012年8月25日に佐藤健さん主演で第1作が公開されました。

藤原竜也さんが登場するのは、シリーズ第2作と第3作です。佐藤健さんが演じる主人公・緋村剣心と死闘を繰り広げる悪の首魁・志々雄真を見事に演じ、原作ファンの話題を集めました。

出演映画ランキング2位『るろうに剣心 伝説の最期編』

藤原竜也さんの出演映画ランキング2位の『るろうに剣心 伝説の最期編』は、2014年9月13日にワーナー・ブラザース映画配給で公開されました。ランキング3位でご紹介したのは『るろうに剣心』シリーズ第2作で、こちらは第3作となります。

今作では、緋村剣心とその仲間達、そして志々雄真とその一党が繰り広げた死闘の結末が描かれます。志々雄真役に扮している時の藤原竜也さんは終始顔に包帯を巻いているのですが、顔全体は見えずとも志々雄真の役柄を全身全霊で演じ、高評価を受けました。

出演映画ランキング1位『22年目の告白-私が殺人犯です-』主演

藤原竜也さんの出演映画ランキング1位の『22年目の告白-私が殺人犯です-』は2017年6月10日にワーナー・ブラザース配給で公開されました。2012年に公開された韓国映画『殺人の告白』のリメイク作品です。

オリジナル版はアクション色が強いサスペンス映画でしたが、本作は社会派サスペンス映画として制作されました。また、2010年に殺人の犯人に対する公訴時効が撤廃された事も映画の物語の要素として取り入れられています。

22年前の事件の犯人を名乗る曾根崎雅人役

藤原竜也さんが演じた曾根崎雅人は、1995年に起こった連続絞殺事件の犯人として、まず殺人の告白手記を出版します。連続殺人の犯人が書いた手記はベストセラーとなり、犯人・曾根崎雅人は一躍時の人となりました。

犯人・曾根崎雅人は記者会見も行ない、マスコミを翻弄し、犯人を憎む遺族達や、犯人を追っていた刑事達の心をかき乱しました。犯人・曾根崎雅人が何を目的にマスコミの前に姿を現したのでしょうか?犯人の真の目的は、物語が進むうち、次第に明らかになっていくのです。

犯人を名乗る役熱演でアカデミー賞優秀主演男優賞を受賞

公訴時効を迎えた連続殺人事件の犯人として名乗り出た主人公・曾根崎雅人を熱演した藤原竜也さんは、この作品で第41回日本アカデミー賞の優秀主演男優賞を授与されました。映画自体も2018年のエランドール賞・プロデューサー奨励賞を受賞しています。

連続殺人事件の犯人を名乗る曾根崎雅人の演技は、鬼気迫る素晴らしいものでした。藤原竜也さんファンが決めたランキングでもトップクラスの人気を誇るだけの名作であり、名演技だったのです。

藤原竜也と有村架純の映画共演エピソード

この章では、藤原竜也さんと有村架純さんが映画で共演した時のエピソードをご紹介します。映画『僕だけがいない街』で初共演した藤原竜也さんと有村架純さんの微笑ましいエピソードをご覧下さい。

有村架純とは

藤原竜也さんと共演した有村架純さんの経歴をご紹介します。有村架純さんは1993年2月13日に兵庫県伊丹市で生まれました。2009年、高校在学中に現在の所属事務所・フラームのオーディションを受けて合格し、翌年1月にサンケイスポーツの新春企画・新春ガールズで芸能界デビューを果たしました。

2010年5月にはドラマ『ハガネの女』で女優デビューとテレビデビューし、2011年に映画『阪急電車 片道15分の奇跡』でスクリーンデビューしています。そして同年公開の映画『ギャルバサラ -戦国時代は圏外です-』で映画初主演を飾りました。数々の映画賞を獲得しており、人気・実力共に若手トップクラスとなっています。

映画『僕だけがいない街』で有村架純と共演

藤原竜也さんと有村架純さんが共演したのは、おすすめ映画4本目でご紹介した『僕だけがいない街』でした。18年前に起きた児童連続誘拐事件の真相を究明するために画策する青年・藤沼悟を藤原竜也さんが演じています。

そして、彼を支える女子高生・片桐愛梨を有村架純さんが演じました。藤原竜也さんと有村架純さんはこの映画で初めて共演したのですが、撮影現場の雰囲気はとても良く、映画では息の合った演技を見せていました。

有村架純の「顔を見るだけで笑っちゃう」発言とは

有村架純さんが、藤原竜也さんに「顔を見るだけで笑っちゃう」と発言した事が映画ニュースで報じられたのですが、どういう場で発言されたのかを見てみましょう。有村架純さんのその発言が出たのは、2016年2月25日に行なわれた『僕だけがいない街』の完成披露試写会の席上でした。

有村架純さんは現場の様子を語ったのですが、現場での藤原竜也さんについて「大先輩なのに全く壁を感じなかった。楽しく撮影していました。顔を見るだけで笑っちゃう」と笑いながら語ったのです。

藤原竜也さんはそれに対して「真剣な事を喋っている時も笑っているんですよ」と返しています。「楽しかったです」と有村架純さんが語ると、藤原竜也さんも「役柄同様にずっと引っ張ってくれて、ありがたかったです」と微笑んでいました。

Thumb有村架純の出演ドラマ一覧まとめ!中学聖日記も!
既に実力派女優としての存在感を感じさせる有村架純。今回はそんな有村架純の出演した連続ドラマを...

藤原竜也の最新出演映画【2020】

今年2020年も、藤原竜也さんの最新映画が公開されました。そして、これから公開される予定の映画も控えています。藤原竜也さんの最新映画をチェックして、藤原竜也さんが創り上げた新しいキャラクターの魅力に迫りましょう。

2020年公開映画『カイジ ファイナルゲーム』主演

藤原竜也さんの最新公開映画は、2020年1月10日に東宝の配給で上映が開始された『カイジ ファイナルゲーム』です。おすすめ映画3本目でご紹介した『カイジ 人生逆転ゲーム』がシリーズ第1作で、『カイジ ファイナルゲーム』がシリーズ第3作目に当たります。

原作者である福本伸行さんのオリジナルストーリーである本作は、4年前に脚本が既に完成していたらしく、シリーズ第2作から9年ぶりに公開される新作は、福本伸行さんにもカイジファンにも大きな喜びと共に迎えられたのでした。

最新映画『太陽は動かない』鷹野一彦役(主演)

そして、藤原竜也さんの最新映画は、ワーナー・ブラザース映画配給で公開される予定の映画『太陽は動かない』です。2020年5月15日に公開が予定されていましたが、新型コロナ感染症の影響で公開が延期され、現在はまだ公開予定日が決まっていない状態です。

期待を胸に待ち望んでいたファンにとっては残念な事でしたが、WOWOWでドラマ版『太陽は動かない』の放映は開始されました。24時間ごとに定期連絡をしなければ爆発する爆弾を心臓に埋め込まれたエージェントの、命懸けのミッションを描いたサスペンスです。

映画『太陽は動かない』で竹内涼真との共演も話題に

映画『太陽は動かない』では、藤原竜也さんと竹内涼真さんの初共演も話題になりました。映画で藤原竜也さんは産業スパイ組織・AN通信の凄腕のエージェント・鷹野一彦を演じ、竹内涼真さんは鷹野一彦の相棒を務める若きエージェント・田岡亮一を演じました。

初めてタッグを組んだ藤原竜也さんは、竹内涼真さんについて「すごく力があり、勉強をしていて頭の回転の早い俳優。彼に引っ張られる部分もあったし、彼がいたからこそ助かったというシーンもあったし、話していてもとてもおもしろい」と絶賛しています。

竹内涼真とは

藤原竜也さんの称賛を受けた竹内涼真さんの経歴をご紹介します。竹内涼真さんは1993年4月26日に東京都で生まれました。2013年に女性ファッション誌『mina』の男性専属モデルオーディション「minaカレグランプリ」に応募してグランプリを獲得し、芸能生活をスタートさせました。

デビュー前から『仮面ライダー』を演じる事を目標にしていた竹内涼真さんは、俳優デビューの翌年の2014年10月から放映が開始された『仮面ライダードライブ』で主役に抜擢され、2015年のドラマ『下町ロケット』、2017年の朝ドラ『ひよっこ』で注目を集め、俳優として着実にステップアップしています。

藤原竜也出演映画は話題のおすすめ作品がいっぱい

日本が誇る名優・藤原竜也さんの出演映画は、話題のおすすめ作品が多く、どの作品を選んでも外れる事がありません。出演作は多いのですが、この機会に未見の作品を鑑賞してみてはいかがでしょうか?既に観た作品を再度観ても、新しい発見を楽しめるかも知れません。

関連するまとめ

Original
この記事のライター
fuyuhome
漫画とゲームが好きです。 最近は古いドラマを発掘して観るのにはまっています。 昔の俳優、今の俳優、どちらも違う...

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ