【チアダン】福地桃子の役や演技の評判は?ダンスの実力なども調査

ドラマ「チアダン」で活躍した福地桃子の役柄や演技の評判が気になります。福地桃子は哀川翔の娘で、ドラマ「チアダン」では「さくら」という役柄を演じました。福地桃子のチアダンでの役柄や演技の評判、ダンスの実力などについてご紹介しましょう。

【チアダン】福地桃子の役や演技の評判は?ダンスの実力なども調査のイメージ

目次

  1. 1福地桃子のプロフィール
  2. 2【チアダン】福地桃子の役は?
  3. 3【チアダン】福地桃子の演技の評判について
  4. 4【チアダン】福地桃子のダンスの実力も調査
  5. 5【チアダン】福地桃子以外の出演者も調査
  6. 6【チアダン】福地桃子は芦田さくら役を熱演!

福地桃子のプロフィール

愛称:ももちゃん
本名:福地桃子(ふくちももこ)
生年月日:1997年10月26日
年齢:23歳(2021年4月現在)
出身地:東京都
血液型:A型
身長:153㎝
体重:不明
活動内容:女優・タレント
所属グループ:なし
事務所:レプロエンタテイメント
家族構成:父(哀川翔)・母(青地久美)・姉(歌手・MINAMI)・5人兄弟の末っ子

福地桃子の経歴

福地桃子は1997年10月26日に東京都で生まれました。福地桃子の父親は哀川翔で母親は青地公美です。5人兄弟の末っ子として、自宅出産で誕生し注目されています。福地桃子は3歳から小学6年生まで父親の撮影現場に同行し、父親の演技を間近で見ていました。

2014年の17歳の時に、父親が主演を務めたテレビドラマ『借王シャッキング〜華麗なる借金返済作戦〜』で哀川翔演じる主人公の娘の役で出演しています。これをきっかけに演技に関心を持つようになり、芸能界入りを決意しました。

福地桃子は哀川翔の娘としてではなく、福地桃子として女優になりたいと思い、2016年2月に父親とは違う事務所であるレプロエンタテインメントに所属しました。2016年10月に『潜入捜査アイドル・刑事ダンス』に出演し、女優としてデビューを果たしています。

2017年5月に『良かれと思って!』では父親と共演し、哀川翔の娘であることを公表し注目されました。その後は数多くのバラエティ番組に出演し、本格的に芸能活動を開始しています。2018年には『あなたには帰る家がある』、『チア☆ダン』とテレビドラマにレギュラー出演しました。

2019年2月9日には映画『あまのがわ』に出演し、映画初主演を務めています。2019年4月にはNHK連続テレビ小説『なつぞら』で朝ドラへの初出演を果たしました。ヒロインの姉妹役を演じ話題になっています。福地桃子は本名で活動していることから、哀川翔の娘だと知らない方が多いようです。

Thumb福地桃子(哀川翔の娘)の本名や学歴は?出演ドラマなどの経歴や学歴も!
女優としてドラマや映画で活躍されている福地桃子さんは、あの強面俳優・哀川翔さんの娘で知られて...

【チアダン】福地桃子の役は?

福地桃子はドラマ『チアダン』に出演していますが、福地桃子が演じた役柄はどのような役だったのでしょうか?福地桃子の役柄についてご紹介しましょう。

ドラマ『チアダン』出演で話題の福地桃子

福地桃子はドラマ『チアダン』に出演し話題になりました。ドラマ『チアダン』は広瀬すずが主演を務めた映画『チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』から9年後という設定のドラマです。

映画『チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』は、2017年3月に公開された映画で、興行収入13億円を記録した大ヒット作。2009年3月に福井県立福井商業のチアリーダー部「JETS」が全米チアダンス選手権大会で優勝を果たしたことが元になっている映画です。その9年後という設定でドラマが始まります。

土屋太鳳演じる主人公は子供の頃からJETSに憧れていましたが、JETSがある福井中央高校の受験に失敗し、隣町の高校に入学します。勉強も運動も中途半端で弱小チアリーダー部で運動部を応援するだけの生活を送っていました。そんな時に、東京から石井杏奈演じる転校生の汐里が現れ、「私とチアダンスをやろう!」と声をかけられます。

土屋太鳳演じるわかばは、これまでのくすぶっていた思いに火がつき、かけがえのない仲間と教師と共に全米制覇を目指すというドラマです。広瀬すずもJETSのコーチ役として出演しています。広瀬すずはまだ20歳なのに、土屋太鳳よりも年上の27歳という設定で登場しました。

チアリーディング部はもともとあり、新しくできたチアダンス部が対立します。チアダンス部のメンバーはメイン8人以外はオーディションで選ばれました。福地桃子はチアリーディング部の「さくら」役を演じています。

ドラマ「チア☆ダン」は映画と同じく、ありえない夢を追いかけるオリジナルのストーリーです。受験に失敗し、挫折をした高校生が福井西高校にチアダンスを作り、全米制覇を目指すアナザーストーリーとなっています。

ドラマ『チアダン』芦田さくら役を熱演

福地桃子はドラマ『チアダン』で芦田さくら役を熱演し注目されています。福地桃子が演じた芦田さくらという役柄はどのような役柄だったのかをご紹介しましょう。

芦田さくら役はどんな役柄?

福地桃子が演じた芦田さくらという役柄は、チアリーディング部の2年生という設定です。チアリーディング部は土屋太鳳と石井杏奈が作ったチアダンス部ではなく、もともとあったものです。福地桃子が演じた芦田さくらは、チアリーダー部のナンバー2的存在で、おしゃれが大好きなおしゃれ番長という役柄でした。

チアリーディング部に入った理由は野球部が関係

芦田さくらがチアリーディング部に入った理由には野球部が関係していました。芦田さくらは野球部を応援したくてチアリーディング部に入っています。土屋太鳳演じるわかばの幼馴染みである椿山春馬が野球美のエース。上杉昇も野球部の仲間です。

芦田さくらは野球部に好きな人がいるために、応援をしたくてチアリーディング部に入ったという設定。しかし、ドラマではさくらの恋愛エピソードは描かれていませんでした。

オーディションを勝ち抜き芦田さくら役をゲット!

チアダンのキャストは、メインキャスト8人以外はオーディションで選ばれました。オーディションは1000人超えで、福地桃子はオーディションを勝ち抜き、見事選ばれ芦田さくら役をゲットしたのです。

オーディションでは運動神経やダンスの経験、厳しい練習に耐えることができるかなどを見られました。チアダンのメンバーは2018年1月から週に3回、ダンスの練習をしています。

【チアダン】福地桃子の演技の評判について

ドラマ『チアダン』での福地桃子の演技の評判についてご紹介しましょう。福地桃子は哀川翔の娘ということで、親の七光りという噂も聞かれます。しかし、福地桃子はこれまでに数多くのオーディションを受けてきて、約20回くらいオーディションに落選してきました。

女優という仕事はコネだけで仕事はもらえるほど甘くはありません。福地桃子は才能ももちろんありますが、努力もしてきました。哀川翔は娘の芸能界入りをはじめは反対していましたが、本人の意志が強かったので、その思いを受け入れたそうです。そんな福地桃子の演技はどのような評判なのか、世間の方の評判について調査してみました。

福地桃子(芦田さくら役)の演技の評判①

福地桃子の芦田さくら役の演技はとても良いと評判でした。福地桃子は演技力が高く、その表現力とオーラが輝いていました。二世タレントというのは様々な噂が聞かれるものですが、福地桃子についてはその実力が評価されているようです。

福地桃子(芦田さくら役)の演技の評判②

「福地桃子のけがれのない笑顔が最高!」「自然な演技」と福地桃子の芦田さくら役の評判はかなり高いようです。

福地桃子(芦田さくら役)の演技の評判③

「さすが哀川翔の娘だけあって、演技力の高さはピカイチ」「昔から哀川翔のVシネマを見ていただけある」と福地桃子の演技を絶賛する声が数多く聞かれました。

【チアダン】福地桃子のダンスの実力も調査

ドラマ『チアダン』での福地桃子のダンスの実力について調査してみました。福地桃子のダンスの経歴などについてご紹介しましょう。チアダンのメンバーは17人で、メインの8人以外はオーディションで選ばれました。

ダンス経験者が多いのですが、人によってダンスのキャリアや得意ジャンルは異なります。オーディションを勝ち抜いた人は、様々なジャンルのダンスや競技にこれまで取り組んできた人が多く、誇りを背負った演技を披露しています。ダンス未経験者の人たちと経験者が切磋琢磨し、一つになっていくのが見どころです。

福地桃子のダンス経歴は?

福地桃子のダンス経歴についてご紹介しましょう。福地桃子は高校時代に、ダンスに励んでいました。また焼肉店でアルバイトもしていたそうです。ダンスが好きな高校生でした。

ドラマ『チアダン』出演でダンス猛特訓?

ドラマ『チアダン』に出演するために、チアダンのメンバーは1月から週3回、チアダンスの猛特訓を受けていました。オーディションではダンス経験の有無や運動神経の良さ、厳しい練習に耐えられるかなどを考慮してメンバーを選んだようです。そのオーディションに勝ち抜いた福地桃子も、厳しいダンスの練習に参加しました。

ドラマ『チアダン』での大会シーンでは映画『チアダン』に比べてダンスのレベルが上がっていることで驚かれる方も多いようです。視聴者からは「どんなに練習したかと想像するだけで涙が止まらなくなる」と話題になっていました。

番外編:ドラマ『潜入捜査アイドル・刑事ダンス』ピコ役も話題に

2016年10月9日ドラマ『潜入捜査アイドル・刑事ダンス』から12月25日までテレビ東京で放送されたドラマ『潜入捜査アイドル・刑事ダンス』に福地桃子は出演しています。福地桃子はドラマ『潜入捜査アイドル・刑事ダンス』でピコ役を演じ話題になりました。

中村蒼演じる熱くてまっすぐな男である辰屋すみれは念願の刑事になりました。芸能界の裏の事件を取り締まる警視庁特殊芸能課に配属されます。辰屋すみれはアイドルになり、潜入捜査を始めるというストーリーです。

辰屋すみれと同じアイドルグループのメンバーとなったのは元ひきこもりのコミュ障や明るい能天気なバカ、女ったらしの元詐欺師や売れない元子役など、癖がある仲間たちでした。これまでになかった刑事とアイドルの新感覚コメディーとして話題になりました。

バラエティー班とドラマ班にわかれ、このメンバーで事件が解決できるのか、爆笑と感動を巻き起こすドラマです。キャストには今注目されている若手の俳優からベテラン俳優まで出演しています。福地桃子はこのドラマでピコ役を演じていて、婦警役として出演しました。

警視庁警備部特殊芸能課第1係に所属しているピコは今どきの若い女子で、声はとてもかわいらしいのですが、実は口が悪く、テレビ大好きな女の子という役柄でした。

【チアダン】福地桃子以外の出演者も調査

ドラマ『チアダン』で福地桃子以外の出演者についても調査してみました。ドラマ『チアダン』ではどのような人が出演していたのでしょうか?福地桃子はチアリーダー部のナンバー2的な存在である芦田さくらを演じています。ドラマ『チアダン』に出演していたキャストについてご紹介しましょう。

ドラマ『チアダン』出演者【広瀬すず】

広瀬すずは映画『チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』で主人公の友永ひかり役を務めていました。広瀬すずは映画の役柄そのままに9年経過した役柄で登場しています。

広瀬すずが演じた友永ひかりは全米チアダンス選手権大会で初めて優勝を果たした初代“JETS”のセンターとして活躍していました。土屋太鳳演じる藤谷わかばは子供の頃にテレビでJETSの演技を見て以来、JETSに憧れてきました。

ドラマは映画から9年後が舞台となっていて、広瀬すずは母校に教師として戻って、福井中央高校“JETS”の副顧問兼コーチとして後輩を指導する役柄を演じています。広瀬すずと土屋太鳳はプライベートでも仲が良く、奇跡の共演に2人はとても喜んでいました。

広瀬すずは映画では実現できなかった福井ロケにも参加し、映画『チア☆ダン』のモデルになったチアリーダー部“JETS”の母校である福井県立福井商業高等学校での撮影も行われました。

ドラマ『チアダン』出演者【土屋太鳳】

土屋太鳳はドラマ『チアダン』で主人公のわかばを演じています。わかばはJETSに憧れる高校生で、チアダンス部「ROCKETS」の部長となり、仲間たちや教師と一緒に成長していきながら全米制覇を目指すという青春ストーリーです。

土屋太鳳は「ROCKETS」のメンバーを演じていて、ダンスの猛特訓をしてきました。2018年7月13日にドラマが放送されたのですが、メンバーは2017年11月から集まり、撮影のかなり前から準備してきています。土屋太鳳はダンスの経験者でもあります。

ドラマ『チアダン』出演者【山本舞香】

山本舞香もドラマ『チアダン』に出演し、柴田茉希(しばた・まき)役を演じています。柴田茉希は不登校気味の生徒でした。山本舞香は自身のSNSで、「出来なくて嫌にやり、全部投げ出して逃げることは今すぐできるけど、負けたくない。みんなに良いものを届けたい」と綴っています。

ドラマ『チアダン』出演者【堀田真由】

堀田真由はドラマ『チアダン』で稲森望(いなもりのぞみ)役として出演しました。稲森望はチアリーダー部のメンバーの1人です。堀田真由はNHK連続テレビ小説『わろてんか』で主人公の妹、りん役を務めたり、映画『虹色デイズ』の話題作に出演したりと注目されている女優です。

堀田真由が演じる稲森望は、土屋太鳳演じる主人公の藤谷わかばが所属していたチアリーディング部の2年生。3年生が引退し、その後部長になる予定で、わかばがチアリーディング部を抜けてチアダンス部を作ったことに対して面白く思っていないという役柄です。

堀田真由はダンスと深い縁があります。堀田真由は滋賀県出身で、祖母が宝塚が好きだった影響で子供の頃から宝塚劇場に行くことが多かったそうです。タカラジェンヌになりたいと思い、6歳からクラシックバレエを始め、10年間、バレエ教室に通っていました。

堀田真由はクラシックバレエを習っていたので、人前で表現することが好きでした。堀田真由は素敵な笑顔と純粋な見た目で、高校生役を等身大で演じることができる女優です。どんな作品にも溶け込むことができて、身近な雰囲気の美少女なので、どこか心に残る存在でであり、青春時代の淡い記憶を呼び起こしてくれます。

【チアダン】福地桃子は芦田さくら役を熱演!

福地桃子はドラマ『チアダン』に出演し、芦田さくら役を熱演しました。福地桃子の演技の評判などについてご紹介しました。福地桃子の演技はとても評判がよく、演技力の高さに注目が集まっています。福地桃子は哀川翔の娘としても知られていますので、今後は親子共演の可能性もありそうです。福地桃子に今後も注目していきましょう!

関連するまとめ

Missing
この記事のライター
maki

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ