船木和喜の現在は経営者?アップルパイの評判や現役時代の成績などまとめ

スキージャンプ選手として1998年の長野五輪で金メダルに輝いた船木和喜さんは、現在は家族でアップルパイのお店を経営しています。そんな船木和喜さんの経歴やスキージャンプの戦績、アップルパイ店の評判や現在の活動内容、結婚した嫁や家族などについて調べてみました。

船木和喜の現在は経営者?アップルパイの評判や現役時代の成績などまとめのイメージ

目次

  1. 1船木和喜のプロフィール
  2. 2船木和喜の現在は経営者?
  3. 3船木和喜のアップルパイの評判も調査
  4. 4船木和喜の現役時代の成績など経歴
  5. 5船木和喜の現在はジャンプとアップルパイ店経営を両立

船木和喜のプロフィール

・愛称:不明
・本名:船木和喜(ふなき かずよし)
・生年月日:1975年4月27日
・年齢:44歳(2019年10月現在)
・出身地:北海道余市郡余市町
・血液型:A型
・身長:175㎝
・体重:不明
・活動内容:スキージャンプ選手、会社経営者
・所属グループ:なし
・事務所:株式会社F.I.T
・家族構成:父、母、嫁、子供

船木和喜の経歴

船木和喜さんは、1998年の長野五輪スキージャンプ競技で見事金メダルに輝いた素晴らしい経歴を持ちます。そんな船木和喜さんは10歳の時にスキージャンプ競技を始め、中学3年生の時に全国中学校スキー大会で優勝しています。

高校1年生でワールドカップにも出場を果たした船木和喜さんは、高校時代に既に「株式会社デサント」とスポンサー契約を結ぶなど、将来有望な選手として期待を集めていました。その後船木和喜さんは、世界大会でコンスタントに実績を残していきます。

そして船木和喜さんは1998年の長野五輪では金メダル2つ、銀メダル1つの合計3つのメダルを獲得し、一躍有名になりました。船木和喜さんは2002年のソルトレークシティー五輪では日本代表として開会式の旗手を務めています。

船木和喜さんのスキージャンプのフォームは世界一美しいと評され、お手本にする選手が続出したと言われています。船木和喜さんはその後も長きに渡って第一線で活躍を続けていますが、詳しい経歴や戦績については後ほど改めてご説明します。

船木和喜の現在は経営者?

スキージャンプ選手として数々のメダルを獲得してきた素晴らしい経歴を持つ船木和喜さんは、現在では家族と一緒にお店を経営しているようです。船木和喜さんの経営しているお店や家族構成などについて、詳しく調べてみました。

2019年の誕生日で44歳の船木和喜

船木和喜さんは、2019年の誕生日を迎えて年齢が44歳になりました。1998年の長野五輪で金メダルに輝いた船木和喜さんは、スキージャンプ選手としてかなり長い経歴を持つため、まだ44歳という年齢だったことに驚くファンが多いようです。

現在は経営者とジャンプ両立?

船木和喜さんは現在では経営者として仕事をしていますが、選手を引退したわけではなく、未だに現役選手として活動を続けていることを明かしています。船木和喜さんは経営者として仕事をしつつ、忙しい合間を縫ってスキーの練習をしているそうです。

船木和喜さんは後に週刊誌のインタビューに答えた際に「時間は作るもの、やろうと思えばなんでも両立できる」と強く語り、競技者と経営者としての仕事ときちんと両立させていることに対し称賛の声が寄せられました。

2008年に食品卸売会社「えにし」を設立し経営者に

船木和喜さんは2008年に食品卸売会社「えにし」を設立し、経営者としての経歴をスタートさせました。もちろん船木和喜さんは経営者としてのスキルは全くありませんでしたが、自身の知名度を生かしつつ、徐々に取引先の数を増やしていったそうです。

アップルパイ店「王様の工房」経営と販売

そして船木和喜さんは、地元北海道余市町の特産品であるリンゴを使ったアップルパイを作れないかと考え、新たにアップルパイ店「王様の工房」を立ち上げ、店舗販売だけでなく催事場での販売も手掛けています。

北海道メディカル・スポーツ専門学校副校長に就任

船木和喜さんは経営者として仕事をしつつ、2013年には「北海道メディカル・スポーツ専門学校」の副校長に就任しています。船木和喜さんは現在ではこの学校で、スキージャンプ選手の育成に携わっています。

現在は嫁と結婚し子供誕生で家族のために頑張るパパ

現在では経営者と選手、指導者という多方面で活躍をしている船木和喜さんは、結婚して嫁と子供がいることがわかっています。船木和喜さんが結婚した嫁のプロフィールや、嫁との間に生まれた子供について調べてみました。

2007年に嫁と結婚

船木和喜さんは2007年に嫁と結婚していることが明らかになっていますが、嫁は一般人女性のため、詳しいプロフィールや経歴は不明です。ちなみに、過去に船木和喜さんがスポーツ関係のイベントに出席した際に隣にいた女性が嫁ではないかと噂されているようです。

結婚した嫁との間には長女が誕生

船木和喜さんは2007年に結婚した嫁との間に子供がいます。船木和喜さんと嫁との間に生まれた子供の性別は女の子であることがわかっていますが、名前や顔写真などは非公表のようです。

船木和喜のアップルパイの評判も調査

船木和喜さんが経営しているアップルパイのお店は、地元ではかなり評判が良いようです。船木和喜さんが経営しているアップルパイ店の場所や評判について調べてみました。

経営するアップルパイ店「王様の工房」の場所は?

船木和喜さんが経営しているアップルパイ店「王様の工房」は、船木さんの地元北海道の余市町黒川町にあります。アップルパイ店「王様の工房」は余市駅からも400m程度と近くてアクセスが良いため、多くの人が訪れるそうです。

家族でアップルパイ販売との噂も

船木和喜さんは家族でアップルパイ店を経営していると噂されていますが、こうした噂は地元の人たちが「船木和喜のお店に行ったら嫁に会った」とネット上で書き込んだことが発端のようです。

おそらく船木和喜さんは食品卸売店の経営や専門学校の副校長を務めるなどかなり多忙であり、さらに実店舗だけでなく催事場でアップルパイを販売することもあるため、嫁や兄弟など他の家族もお店の経営を手伝っているものと見られています。

家族で販売するアップルパイの評判は?

船木和喜さんが家族で経営しているアップルパイ店には連日多くのお客さんが訪れ、かなり評判が良いそうです。ちなみに船木和喜さんはアップルパイの重さを長野五輪の金メダルの重さを同じにするなど、色んな工夫を凝らしていると語っています。

もちろんアップルパイ自体が美味しいということもありますが、こうした色んな工夫が凝らされていることもお客さんからの人気の秘訣のようです。

船木和喜の現役時代の成績など経歴

スキージャンプ選手として名前を知らない人はいないと言っても過言ではない存在である船木和喜さんは、現役時代には数々の素晴らしい成績を残してきました。船木和喜さんのスキージャンプ選手としての成績や経歴について調べてみました。

ジャンプ現役時代の成績

船木和喜さんはスキージャンプ選手として長いキャリアを持ち、数々の輝かしい成績をおさめてきた素晴らしい選手です。船木和喜さんの現役時代の成績について、代表的なものをピックアップしてご紹介します。

オリンピックでのジャンプ成績【金メダル】

まずは、船木和喜さんの五輪成績についてご紹介します。船木和喜さんは1998年の長野五輪と、2002年のソルトレークシティー五輪に出場した経歴を持ちます。

船木和喜さんは1998年の長野五輪では個人ラージヒル、団体ラージヒルで金メダル、さらに個人ノーマルヒルでも銀メダルに輝き、合計3つのメダルを獲得する活躍ぶりを見せつけました。

ちなみに1998年の長野五輪団体ラージヒルで船木和喜さんは最終競技者として登場し、125mの大ジャンプを決めて見事優勝に導きました。その際に他のメンバーたちが「ふなきー!」と泣きながら叫んでいるシーンは「名シーン」として現在まで語り継がれています。

しかしその後船木和喜さんは不調に陥り、2002年のソルトレークシティー五輪の開会式で旗手を務めたものの、惜しくもメダル獲得を逃しています。とは言え船木和喜さんはラージヒル7位、ノーマルヒルでは9位に入賞する素晴らしい成績をおさめました。

ノルディックスキー世界選手権の成績【金メダル】

さらに船木和喜さんはスキージャンプ選手だけでなく、ノルディックスキーの選手としても活動しています。船木和喜さんはノルディックスキーの世界選手権では1997年に銀メダル、1999年に金メダルに輝いた実績を誇ります。

スキージャンプワールドカップで金メダル獲得も

船木和喜さんはスキージャンプ選手としてオリンピックやノルディックスキー世界選手権、さらにはワールドカップでも輝かしい成績をおさめました。船木和喜さんは初めてワールドカップに参戦した1994年に、いきなり個人総合で2位に入る活躍をしています。

そして船木和喜さんは1996年シーズンでは3位、1997年シーズンに金メダルを獲得しています。そのままの勢いを維持し、1998年の長野五輪で金メダルに輝いている船木和喜さん。まさにスキージャンプ界のレジェンド的存在と言えるでしょう。

船木和喜のジャンプ経歴

船木和喜さんは数々の輝かしい成績を残していますが、スキージャンプ選手として長い経歴を持っています。そんな船木和喜さんの詳しい経歴についてご紹介します。

経歴①10歳からスキージャンプ競技を開始

船木和喜さんは地元北海道で10歳の時にスキージャンプ競技を始め、わずか2年程度で全国大会で入賞するレベルにまで到達しています。船木和喜さんは中学3年生の時には全国中学校スキー大会で優勝し、当時からトップレベルの選手として知られていました。

経歴②高校卒業後にデサント所属

そして船木和喜さんは高校在学中に「株式会社デサント」とスポンサー契約を結び、高校卒業後にそのままデサントに所属しています。デサントからバックアップを受けて、船木和喜さんはさらなる飛躍を遂げていきました。

経歴③長野オリンピックでの活躍

そして船木和喜さんと言えば、1998年の長野五輪の活躍です。船木和喜さんは長野五輪では金メダル2つ、銀メダル1つの合計3つのメダルを獲得し、世界トップの称号を得ました。

当時から船木和喜さんは「世界一美しいジャンプ」と評され、船木和喜さんのスキージャンプ技術は世界から注目されてきました。そんな船木和喜さんは現在も現役選手として活動しつつ、後輩の育成にも携わっています。

船木和喜の現在はジャンプとアップルパイ店経営を両立

スキージャンプ選手として、1998年の長野五輪で金メダルに輝いた船木和喜さん。船木和喜さんはそれ以外にも世界選手権やワールドカップなどで数々のメダルを獲得した実績を誇り、まさに「スキージャンプ界のレジェンド」として知られています。

そんな船木和喜さん未だに現役選手として活動しつつ、現在ではアップルパイ店の経営者としても活動しており、多忙な生活を送っています。今後も船木和喜さんの、さらなる活躍を期待しましょう。

関連するまとめ

Original
この記事のライター
ちひろ
元々は総合病院で助産師として働いていましたが、現在は子育て中のため一旦臨床を離れ、空いた時間にライターの仕事をさせ...

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ