ガッチマンの年収や収入源は?ゲーム実況者は儲かる?

YouTubeで活躍しているガッチマンの年収などの収入源について調査してみました。ゲーム実況者として知られているガッチマンの月収・年収について気になるファンが多いようです。ニコ動出身YouTuber・ガッチマンの年収や月収・収入源について確認していきましょう。

ガッチマンの年収や収入源は?ゲーム実況者は儲かる?のイメージ

目次

  1. 1ガッチマン(YouTuber)のプロフィール
  2. 2ガッチマンの年収について
  3. 3ガッチマンの年収から収入源を調査
  4. 4ガッチマンがするゲーム実況者は儲かる?
  5. 5ガッチマンを始めYouTuberの全体的な収入事情
  6. 6ガッチマンは推定年収1千万円超えの人気ゲーム実況者

ガッチマン(YouTuber)のプロフィール

・愛称:ガッチマン・ガッチマンさん・ガッチさん
・本名:不明
・生年月日:1978年6月6日
・年齢:42歳(2020年7月時点)
・出身地:埼玉県
・血液型:A型
・身長:176cm
・体重:57kg
・活動内容:ゲーム実況者
・所属グループ:なし
・事務所:元株式会社インフォ・スパイシー
・家族構成:妻(漫画家・ゲーム実況者のトラちん)・子供2人

ガッチマンのYouTuber活動など経歴

ガッチマンは2009年4月18日に「ニコニコ動画(ニコ動)」で「セインツロウ2協力プレイ実況Part1」を投稿しゲーム実況デビューを果たしました。同年6月28日からは個人ゲーム実況主としての活動を開始したようです。

ゲーム実況者として着々と知名度を上げたガッチマンは2010年に多数の再生回数ミリオン・ダブルミリオンを達成する動画を生み出し、同年9月に投稿された「外国人が強すぎて怖くないホラーゲームSIREN:NT」で大ブレイクを果たしました。

2020年現在もガッチマンの同ゲーム実況動画は、ニコ動に投稿した実況動画の中で最多の再生回数を誇っています。その後も着々とファンを集めたガッチマンは、2017年1月に活動場所をYouTubeに移行しました。

ニコ動からYouTubeに移行したガッチマンは、移行後すぐにゲーム実況動画「バイオハザード7」でブレイクを果たし、一気にチャンネル登録者数を増やしたようです。

ガッチマンの顔や年齢にも注目が

ガッチマンの顔や年齢にも注目が集まっています。ガッチマンはゲーム実況を開始した当初一切顔出しはしていませんでしたが、2012年頃からマスク無しの顔出しで多くのイベントに出演し話題を集めていました。

ガッチマンはそれ以降も「ニコニコ生放送(ニコ生)」やイベント・テレビ番組やYouTube動画内で顔を出しています。そんなガッチマンの年齢はプロフィールで紹介した通り42歳(2020年7月時点)です。

ガッチマンの顔をはじめてみたリスナーは「めっちゃ優しそうなお父さん」「イケおじじゃん」との声を挙げ、年齢を知ったファンは「ガッチさん年齢の割に若いよね」「40代にしてはおしゃおじ」とのコメントを残しています。

Thumbガッチマンの嫁トラちんって?結婚の馴れ初めやエピソードは?離婚疑惑も?
面白いゲームの実況が人気のYouTuber、ガッチマン。ガッチマンは結婚しており、嫁はトラち...

ガッチマンの年収について

ガッチマンの年収について調査してみました。ガッチマンはゲーム実況を開始した当初、会社に勤めながらニコ動などでゲーム実況動画を投稿していましたが、ゲーム実況ではお金を稼いでおらず会社からの給料で生活していたようです。

当時ニコ動では動画投稿で直接収入を得ることが出来ませんでした。そんなガッチマンでしたが、YouTuberデビューを果たしてから年収が「約4億円」になったと噂されています。ガッチマンの気になる年収や月収を確認していきましょう。

ガッチマンの年収4億円説の真相

ガッチマンの年収4億円説の真相について紹介します。ネットで「ガッチマン 年収」と検索してみると、検索候補に「4億円」とのキーワードが出てくるようです。そこで詳しく調査を続けてみた結果、ガッチマンの年収4億円説はガセでした。

何故「ガッチマンの年収は4億円」との噂が浮上したのかというと、2014年12月17日に放送された「ニュース23」のなかでYouTuber特集が組まれ、「ゲーム実況者・ガッチマン」としてテレビ出演したことから年収4億円説が浮上したようです。

YouTuber特集のなかでガッチマンは年収・月収については語っておらず、ゲーム実況について熱く真剣に語っていました。年収・月収などについては一切語っていなかったガッチマンでしたが、番組のテロップが原因で「年収4億円」との噂が広がってしまったようです。

ガッチマンがテレビ出演していた際に、「海外では「年収4億円も」 ゲーム実況で家族を養う」とのテロップが画面右上に出ており、そのテロップから「ガッチマンは年収4億円」との噂が出回っただけでした。

実際の年収は数千万円が有力?

年収4億円はガセだったガッチマンの実際の年収は「数千万円」が有力だと言われているようです。ガッチマンは2017年1月にYouTubeチャンネル「あまり驚かないガッチマンはホラーゲームばかりやっている」を開設しています。

2020年7月2日現在チャンネル登録者数は130万人を突破し、視聴された数は6億以上です。ガッチマンは2020年5月にサブチャンネル「ガッチマンV」を開設し、チャンネル登録者数は24.8万人、視聴された数は800万以上を記録しています。

YouTube動画は1本再生されるごとに0.1円の収入があると言われているようです。ガッチマンのYouTubeゲーム実況動画はそれぞれ約15万~90万回再生されており、大雑把に計算すると年収は700万円以上です。

ゲーム実況動画の再生数に加え、YouTube生配信のスパチャやニコ生の有料チャンネル(月額540円)、イベント出演などを含むと、ガッチマンの実際の年収は700万円以上の数千万円だと考えられるでしょう。

ガッチマンの月収はどのくらい?

2020年7月2日現在ガッチマンのYouTube動画だけで計算した平均収入(年収)は1006万円以上で、気になる月収は87万円(2018年時点)でした。昔の月収から現在の月収を推測すると、2020年現在の月収は100万円超えだと考えられるでしょう。

YouTuberの平均年収は約2億円と言われる時代

2020年7月2日現在の平均年収は1006万円以上だったガッチマンでしたが、YouTuberの平均年収は「約2億円」だと言われています。動画1本の再生で0.01~0.1円だと上記で紹介しましたが、トップYouTuberになると動画1本の再生で0.2~0.3円になるようです。

トップYouTuber「HIKAKIN」の月収は2324万円、年収は2億以上だと言われていますが、今話題の「フィッシャーズ」の月収はHIKAKIN以上の4630万円、年収も5億円以上でした。

フィッシャーズの月収・年収に驚いた人も多いかと思いますが、フィッシャーズはYouTuber御用達の事務所「UUUM」に所属しており、フィッシャーズだけではなく「UUUM」に所属しているYouTuberの最大年収は1億円以上だと言われています。

ガッチマンの年収から収入源を調査

ガッチマンの年収から収入源を詳しく調査してみました。ガッチマンのYouTube動画での平均年収は1006万円以上でしたが、他にも様々な場所で収入を得ているようです。

上記で紹介した通り元々会社務めだったガッチマンは、ゲーム実況を開始した当初会社からのお給料で生活していました。そんなガッチマンは仕事を辞め、現在はゲーム実況1本で家族を養っています。現在のガッチマンの収入源について確認していきましょう。

ゲーム実況者初期は兼業で大変だったとの噂

2009年にニコ動でゲーム実況を開始したガッチマンは、朝~夕方or夜まで仕事をし、帰宅してからゲーム実況動画を撮るという兼業生活を送っていました。ガッチマンの嫁は「当時は兼業じゃないとご飯も食べられなかった」とのコメントを残しています。

そんなガッチマンは2014年に勤めていた会社を辞め、ゲーム実況1本で生活していくことを発表しました。後にガッチマンの嫁は「パパはゲーム実況者 ガッチマンの愉快で平穏な日々」という著書を発売しています。

当時ガッチマンが「仕事を辞めてゲーム実況だけで生活する」と発表したときは「嫁に大反対された」と噂されていましたが、ガッチマン本人は「「(嫁からは)自分で決めた仕事は自分で選んでいいよ」と言われた。感謝しかない」と発言していました。

ゲーム実況を開始した当初は大変な思いをしていたガッチマンでしたが、「結果的に収入が増えたから良い」とのコメントを残しています。そんなガッチマンの気になる収入源を確認していきましょう。

収入源①YouTubeアドセンス

ガッチマンの収入源1つ目は「YouTubeアドセンス」です。ガッチマンの収入源のメインとも言えるYouTubeアドセンスは、ただゲーム実況動画を投稿すればいいだけなので、編集は大変と言えど簡単に収入を得ることが出来るでしょう。

人によって動画に広告(CM)をつけるYouTuberもいますが、ガッチマンの場合は広告をつけていません。広告をつけるとより収入が増えますが、広告をつけていないからこそガッチマンのYouTube動画は人気なのでしょう。

収入源②ニコニコ有料チャンネル

ガッチマンの収入源2つ目は「ニコニコ有料チャンネル」です。元々ニコ動からゲーム実況を開始したガッチマンは、YouTubeに移行してからもニコ生の有料チャンネルに登場したりと、幅広く活躍しています。

ガッチマンは2014年9月にニコニコ有料チャンネル「ガッチマンデー」(月額550円)を開設し、数多くのリスナーがチャンネル登録をしていました。しかし2019年8月末に有料チャンネルの更新を正式にやめています。

更新はやめているものの有料チャンネルはまだ削除されておらず、2020年7月現在も入会することができるようです。現在もチャンネル登録しているリスナーから収入を得ているのかもしれませんが、以前より収入は減っていると考えられるでしょう。

収入源③イベント出演料

ガッチマンの収入源3つ目は「イベント出演料」です。ガッチマンは多くのゲーム会社の公式番組にMCやゲストとして出演することが多々あり、現在までに約10本以上の番組に出演しています。番組出演のギャラまでは不明でした。

ガッチマンは他にも仲の良いゲーム実況者・キヨやレトルト、牛沢などと「LEVEL.5」というイベントを開催しており、チケット料金は5000円~7500円です。グッズも売っているので、イベントだけで相当の収入を得ていると考えられるでしょう。

収入源④YouTubeゲーム実況

ガッチマンの収入源4つ目は「YouTubeゲーム実況」です。ガッチマンは時々YouTubeでゲーム実況生配信を行うことがあり、生配信では多くのスパチャが投げられています。1回の生配信で約10万円程のスパチャを受け取っていると噂されているようです。

ガッチマンがするゲーム実況者は儲かる?

ガッチマンがおこなっているゲーム実況者は儲かるのか調査してみました。YouTubeには数多くのゲーム実況者が存在していますが、YouTuberの中で1番年収が高いフィッシャーズは「やってみた系」動画で収入を得ています。

上記で紹介した通りガッチマンの2018年度の平均月収は87万円でした。「会社員よりも稼いでいる」と言われているガッチマンのゲーム実況やゲーム実況者の金銭事情について詳しく確認していきましょう。

ガッチマンと言えばYouTubeゲーム実況動画

上記で紹介した通りガッチマンと言えばYouTubeゲーム実況動画です。ガッチマンのYouTubeチャンネルには7月に入ってから2本のゲーム実況動画(2020年7月2日時点)が投稿されていました。1週間で約6本の動画を投稿できるよう頑張っているようです。

ホラー系のゲーム実況動画に注目が

ガッチマンのゲーム実況動画と言えば「ホラーゲーム」でしょう。ガッチマンはホラーが苦手なリスナーにも恐怖を与えないように楽しく実況しています。グダグダプレイではなくサクサクプレイでのホラーゲーム実況で多くの注目を集めているようです。

ガッチマンのゲーム実況者としての月収は約200万円?

上記で紹介した通りガッチマンの2018年度の平均月収は87万円でしたが、2020年7月2日現在の平均月収は約200万円だと噂されています。2019年~2020年にかけて動画再生数も増えているようです。

現在の平均月収は195万円だと言われており、気になる平均年収は2340万円だと言われていました。ガッチマンは昔から知名度もあり、ずっと続けているゲーム実況者だからこそ儲かっていると言えるでしょう。

一般的なゲーム実況者の稼ぎも調査

一般的なゲーム実況者の稼ぎについて調査してみました。調査してみた結果、一般的な20代のゲーム実況者の年収は約280万円だそうです。これらのことを考えると、ガッチマンは相当稼いでいるゲーム実況者と言えるでしょう。

ガッチマンを始めYouTuberの全体的な収入事情

ガッチマンを含むYouTuberの全体的な収入事情について調査してみました。今や「テレビよりもYouTuber」という時代になり、多くの小中高生がYouTuberに憧れているようなのでYouTuberの収入事情を詳しく確認していきましょう。

業種やジャンルによって平均年収も異なる

YouTuberは業種やジャンルによって平均年収も異なります。ゲーム実況者は約数万円~5000万円以上ですが、子供向けYouTuberだと数万円~7000万円です。

紹介系YouTuberは数万円~4000万円以上、やってみた系YouTuberだと数万円~4000万円以上など、ジャンルによって大幅に平均年収が異なっています。

ガッチマンのように高月収を稼ぐコツ

ガッチマンのように高月収を稼ぐコツは、月に平均で840万回程の再生数を維持することです。平均年収1000万円以上稼ぐには平均月収84万円程が必要なので、地道に動画を投稿しつつ、リスナーを飽きさせないようにしましょう。

YouTuber専門の事務所に所属も大きい

YouTuber専門の事務所も月収・年収に関わってくるようです。上記で紹介した通り「UUUM」に所属しているフィッシャーズやHIKAKINはトップYouTuberとして活躍し、月収・年収も凄いでしょう。

フリーで活躍しているYouTuberも多いようですが、事務所に所属することでテレビ出演やイベント出演が増え、収入も大幅にUPするようです。

ガッチマンが所属する事務所は?

ガッチマンは2020年7月2日現在事務所には所属していません。2014年~2019年頃までは「株式会社インフォ・スパイシー」に所属していたようですが、現在はフリーYouTuberとして活躍しているようです。

ガッチマンは推定年収1千万円超えの人気ゲーム実況者

ガッチマンの年収や収入源・月収やYouTuberの収入事情について紹介しました。元から人気だったガッチマンは推定年収1千万円越えのトップゲーム実況者兼YouTuberだったようです。

1年ごとに月収・年収を増やしていたガッチマンはこれからもYouTubeに限らず多くの場所で活躍し、より多くの収入を得るゲーム実況者になることでしょう。今後もガッチマンの楽しいゲーム実況動画からは目を離すことが出来ません。

関連するまとめ

Original
この記事のライター
佐々木
閲覧して下さって有難う御座います。猫と料理と音楽、映画からゲームまで色んなものが好きな佐々木です。皆様を楽しませる...

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ