ガッチマンは色弱?色盲?症状は?色盲に関するエピソードも

ホラーゲームの実況で人気を集めているYouTuber、ガッチマン。そんなガッチマンは色盲、もしくは色弱ではないかといわれているようです。ガッチマンは色盲なのでしょうか?それとも色弱なのでしょうか?ガッチマンの目の障害について詳しくご紹介していきます。

ガッチマンは色弱?色盲?症状は?色盲に関するエピソードものイメージ

目次

  1. 1ガッチマン(YouTuber)のプロフィール
  2. 2ガッチマンは色弱?色盲?
  3. 3ガッチマンの目の症状とは
  4. 4ガッチマンの色弱や色盲に関するエピソード
  5. 5ガッチマンは色弱告白後もゲーム実況者として活躍

ガッチマン(YouTuber)のプロフィール

・愛称:ガッチさん
・本名:???
・生年月日:1978年6月6日
・年齢:42歳(2020年7月現在)
・出身地:埼玉県
・血液型:A型
・身長:176㎝
・体重:57㎏
・活動内容:YouTuber(ゲーム実況者)
・所属グループ:なし
・事務所:なし
・家族構成:トラちん、子供

ガッチマンのYoutubeゲーム実況など経歴

まずはガッチマンの簡単な経歴から見て行きましょう。ガッチマンはゲーム販売店、コピー機販売営業、食品製造販売などを経てゲーム実況者としての活動を開始しています。ガッチマンが初めてゲーム実況をしたのは、2009年の事だったそうです。当初はニコニコ動画にてゲーム実況を行っていましたが、2017年からはYouTubeにて行っています。

元々前述した通りサラリーマンだったガッチマンは、ゲーム実況を行いながらも会社員として普通に生活を送っていたそうです。この事から、ガッチマンのサムネ画像はスーツを着た忍者という構図になっているのだそう。また、忍者が使用されているのはガッチマンのツイートに「忍者なの?」とリツイートされた事が関係しているそうです。

ガッチマンは色弱?色盲?

ここからはガッチマンの目の障害について詳しくご紹介していきます。現在ガッチマンは色盲や色弱なのではないかと、目の障害が噂されているようです。ガッチマンは本当に目の障害があるのでしょうか?色盲と色弱の違いについて見ていきながら、ガッチマンの目の障害の真相に迫ってみましょう。

色弱や色盲の意味から解説

まずは色弱や色盲の意味からご紹介しておきましょう。ガッチマンに噂されている色弱や色盲とは、一体どのようなものなのでしょうか?また、色弱と色盲にはどのような違いがあるのでしょうか?

色弱とは

まずは色弱についてご紹介していきます。色弱とは、網膜にある色細胞が通常よりも少ない事が原因となって発症する色覚異常の事です。色弱には様々な種類がありますが、色覚異常の無い人とは違った色で見える、もしくは色の違いの区別がつきにくいといった症状が現れます。

色弱と色盲の違いは?同じ?

色弱と色盲の違いとは一体何なのでしょうか?実は色弱と色盲は同じと勘違いされていますが、明白な違いがあります。色弱は前述した通り色細胞が通常よりも少ない事に対して、色盲は通常3種類ある色細胞が1種類ないものを指します。

しかしこれは医学的な違いであり、色弱、色盲どちらも見え方に大きな違いがあるという訳ではありません。色盲と聞くと色が見えないと思われがちですが、色盲も色弱同様に色覚異常が無い人とは違った色で見えている、もしくは見分けにくいというだけであり、実生活において大きく生活に支障をきたすものではないそうです。

2018年にガッチマンがツイッターで色弱を告白?

ガッチマンには色弱や色盲といった目の障害の噂が浮上していますが、この噂は真実なのでしょうか?調べてみたところ、どうやらガッチマン本人が過去にツイッターで色弱である事を告白していたようです。

ガッチマンは2018年にツイーターにて「色弱でそんなに困った事はない」と色弱である事を告白し、さらに「色弱テストをやったら青赤緑の全部の項目で異常判定だった」という事を告白しています。この事から、ガッチマンは病院にてしっかりと検査してもらう決心をした旨を明かしています。

色弱に関する告白でファンの反応にも注目が

ガッチマンの色弱に関する告白で、あるファンの反応が注目を集めています。ガッチマンの色弱に関する告白ツイートには様々なコメントが返ってきていますが、あるファンのリツイートに「過去のYouTubeの動画で色が分からないんだなと思っていた」といった告白があったのです。

この事から、ガッチマンのファンの中には以前から色弱、もしくは色盲だなと感じていた人がいたという事が分かります。ガッチマンはこれまでに様々なゲーム実況の動画をYouTubeに投稿していましたが、過去の動画を見返すと色弱である事が分かる動画が存在しているかも知れません。

ガッチマンの目の症状とは

ここからはガッチマンの目の症状について詳しくご紹介していきます。色弱である事が判明したガッチマンですが、症状はどのようなものなのでしょうか?ガッチマンはYouTuberとして活動をしているので、YouTuberとしての活動に支障があるのかも気になる事でしょう。ガッチマンの目の症状について詳しく見て行きましょう。

色弱の症状は見える色の種類が少ない

通常、人は「赤・青・緑」の色細胞を持っています。色弱の場合はこの細胞が少ないという事ですので、主に見える色の種類が少ない、もしくは見えにくいといった症状が現れます。ガッチマンは色弱を告白したツイートにて「青赤緑の全部の項目で異常判定だった」と告白している事から、かなり見えている色が少ないのではないかと推測されます。

色弱の症状(色覚異常)が発症した場合の見え方とは

色弱の症状が発症した場合、どのような見え方をするのでしょうか?色弱などの色覚異常が発症すると、色の違いが見分けにくい見え方になるといいます。例えば、信号機の青色はぼんやりと、赤色はくすんだ茶色のような色に見えるといった見え方になります。

信号機であれば位置や形、雰囲気や音などで赤信号なのか、青信号なのかは判断出来ます。しかし、スマホやパソコンなどを操作している場合、紙面上の色の違いなどが判別出来ず、日常生活に支障が生じる場合もあります。

色弱の症状によるYoutubeへの影響

色弱の症状が既に現れているというガッチマンですが、ゲーム実況をしているYouTube活動へ影響はないのでしょうか?これについては、多少影響はあるものの、今後YouTube活動を行っていく事が困難になる事はないのではないかと推測されます。

ガッチマンはホラー系のゲーム実況をメインとしているので、通常のゲームよりも仄暗い色が多い事から色弱の症状の影響が出るとは考えにくいところです。また、ガッチマンは日常生活においてもあまり支障はないとしているようなので、今後もYouTubeで様々なゲームの実況をしていってくれる可能性は高いと考えられます。

ガッチマンの色弱や色盲に関するエピソード

ここからはガッチマンの色弱や色盲に関するエピソードをいくつかご紹介していきます。YouTubeとしてゲーム実況を行っているガッチマン。そんなガッチマンならではの、色弱に関する様々なエピソードが存在しているようです。ガッチマンの色弱や色盲に関するエピソードについて詳しく見て行きましょう。

エピソード①色を合わせるゲームは苦手発言

ガッチマンは過去にゲームの実況中に色が苦手だと告白したエピソードがあるようです。ガッチマンは「おえかきの森」というゲームの実況をしている際に、色の識別が出来ず「色が苦手」と実況中に告白をしています。

ちなみに、この時視聴者はわざとガッチマンが色をボケているのだと感じていたようです。その証拠に、その後も何事もなかったかのようにゲームが続行されています。しかし、中には「色が分からないんだな」とガッチマンの目の異常に気づいた察しの良いファンもいたようです。

エピソード②色弱にも負けない高いプレイ技術

ガッチマンは色弱ですが、高いプレイ技術があるという事はファンのお墨付きです。色弱はゲームをする上で不利になる事もあります。しかし、ガッチマンのゲーム実況をしている動画を見ていると色弱とは到底思えないほどの高いプレイ技術を披露しています。

エピソード③生活の不便は無いと告白

ガッチマンの色弱について調べていると、生活の不便は無いと告白していた事が分かりました。ガッチマンは若干の色弱だったようで、日常生活において支障が出るほどの症状は出ていないとの事です。

現在は色弱や色盲用の補正眼鏡なども販売されてるので、今後色弱の症状が気になったとすれば補正する事も可能です。ガッチマンも色弱を告白した際に「補正眼鏡について検討すれば良かった」といった内容を綴っていたので、今後症状が悪化した場合でも補正眼鏡を活用して何らかの対策をとる事を視野に入れているのかも知れません。

Thumbガッチマンの嫁トラちんって?結婚の馴れ初めやエピソードは?離婚疑惑も?
面白いゲームの実況が人気のYouTuber、ガッチマン。ガッチマンは結婚しており、嫁はトラち...

ガッチマンは色弱告白後もゲーム実況者として活躍

ガッチマンの色弱について詳しくご紹介してきました。ガッチマンはゲーム実況者として人気のYouTuberですが、実は色弱という目の障害を持っている事を告白していた事が分かりました。色弱の症状は見える色の数が少ない、または判別がしにくいといった症状があるようです。

ガッチマンはゲームの実況中にも色が苦手といった発言をしていた事がありましたが、現在は色弱の症状がYouTuberとしての活動に影響を与える事はなさそうです。今後もガッチマンは様々なゲーム実況でファンを楽しませてくれる事でしょう。

関連するまとめ

関連するキーワード

Original
この記事のライター
yu yamashiro
現在第2子妊娠中のマタママです。エンタメ系の記事を書いていますが、エンタメには全く興味がありませんww

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ