大神源太(ジー・オーグループ)とは!詐欺事件の概要やその後は?経歴も!

2002年に発覚したジー・オーグループ詐欺事件ですが、主犯格である大神源太には実刑判決が下されています。大神源太はその後どうなっているのでしょうか?ジー・オーグループ詐欺事件の詳しい概要や、大神源太の経歴などをまとめてみました。

大神源太(ジー・オーグループ)とは!詐欺事件の概要やその後は?経歴も!	のイメージ

目次

  1. 1大神源太(ジー・オーグループ)とは
  2. 2ジー・オーグループとは
  3. 3大神源太のジー・オーグループ詐欺事件の概要
  4. 4大神源太の詐欺事件のその後は?
  5. 5大神源太の経歴
  6. 6大神源太はジー・オーグループ詐欺事件で現在も服役生活

大神源太(ジー・オーグループ)とは

大神源太は、ジー・コスモス・ジャパンやジー・ユニバーサルなどの企業グループからなる「ジー・オーグループ」を実質的に経営していた人物です。大神源太は、2002年に発覚したジー・オーグループの詐欺事件で逮捕されています。

大神源太はジー・オーグループ詐欺事件の主犯

大神源太は、2002年に発覚したジー・オーグループ詐欺事件の主犯格として逮捕されました。またジー・オーグループの幹部7名も詐欺行為に加担したとして警察に逮捕されています。

訪問販売法違反で有罪の前科も

2002年にジー・オーグループの詐欺事件で逮捕された大神源太ですが、実はそれ以前にも逮捕されていた経歴があります。大神源太は、1995年に化粧品販売会社を設立しましたが、顧客から代金を受け取ったのにも関わらず、商品を渡さないという詐欺行為を働き、訪問販売法違反の罪で逮捕されました。

逮捕されたその後、大神源太は「見ていろよ。僕は必ず、もっとビックになって返り咲くよ」と公言していたそうです。逮捕された経歴があってもあまり反省の色は伺えませんね。

ジー・オーグループとは

大神源太が代表を務めていたジー・オーグループとは、一体どのような企業だったのでしょうか?ジー・オーグループについて詳しく調べてみました。

ジー・オーグループの由来とは

ジー・オーグループの「ジー・オー」は、大神源太のイニシャル(Genta Ogami)から名付けられました。

ジー・オーグループはどんな企業?

ジー・オーグループは一体どのような企業なのでしょうか?ジー・オーグループは、ジャパンジー・オーグループインターナショナル株式会社を持ち株会社として、その下に6つのグループ企業を置いていました。

グループ企業の中には、「ジー・オー・フィルムインターナショナル」や「大義新聞社」など、映画製作会社や新聞発行会社もありましたが、ほとんどの企業が事業実態のないペーパーカンパニーであったと言われています。

ジーシステムの仕組みで資金調達

大神源太は、ジーシステムという手法を用いて資金集めを行っていました。その詐欺行為の手口とは、まずジー・コスモス・ジャパンが、在宅ワークの求人広告を出し、資料請求してきた人へ「ジーシステムの手引き」という冊子を送付します。

ジーシステムとは、消費者が選択した商品の広告費を出し、通信販売でエントリーした商品が売れると、売り上げに応じた配当金が支払われるという仕組みです。

ジー・オーグループの架空商品とは

こうして高額な配当金が得られると説明し、多くの人を勧誘していました。またより多くの資金を集めるために、有名人を広告に起用したり大々的にCMを流すなどしています。

しかしのちに行われた家宅捜索では、通信販売用の商品が全く発見されなかったことから、ジーシステムは実態がなく架空だったということが判明しました。

ジー・オーグループは大神源太逮捕後に破産

出資法違反や詐欺の容疑で、2002年に大神源太と会社幹部らが逮捕されました。逮捕されたその後、ほとんどのグループ企業が事業実態のない架空の会社だったということが発覚し、その後ジー・オーグループは破産しています。

大神源太のジー・オーグループ詐欺事件の概要

大神源太が主犯格のジー・オーグループ詐欺事件は、インターネットが普及し始めた2002年に起こりました。通信販売詐欺という手法で行われたこの事件は、当時大きな話題となり注目を集めました。ジー・オーグループ詐欺事件の概要をみていきましょう。

ジー・コスモス・ジャパンによる違法資金集め

ジー・オーグループのグループ企業であるジー・コスモス・ジャパンは1996年頃から違法な資金集めを始めました。在宅ワークを装って求人広告を出し、「ジーシステムに登録して広告費を出すと、高額な配当金が確実に得られる」と勧誘したのです。

そして集まった顧客に対しては、一年分の利用料や、エントリー代など様々な名目でお金を払わせていました。

2002年3月にジー・オーグループの一斉捜索開始

顧客から消費者センターや警察への相談が相次ぎ、出資法違反の疑いがあると考えた警察は、2002年3月にジー・オーグループのグループ会社の一斉捜査を開始しました。

主犯の大神源太を詐欺容疑で逮捕

警察の一斉捜査により、2002年9月に主犯格の大神源太を詐欺容疑で逮捕しました。ジー・オーグループの会社幹部7名も組織犯罪処罰法違反の容疑で逮捕されています。

ジー・オーグループ詐欺の手口とは

ジー・オーグループの詐欺の手口とは一体どのようなものだったのでしょうか?あの手この手で顧客からお金をだまし取っていたジー・オーグループの詐欺の詳細か明らかになっています。

偽の在宅ワーク資料送付

ジー・コスモス・ジャパンは、資料請求した人に「ジーシステムの手引き」という冊子と共に、新聞やカレンダーを送付し、購読料の請求やカレンダー代金などを請求していたのです。

この行為が顧客の不信感を煽ることになり、クレームや登録の解除を求める声が殺到し、カスタマーセンターは対応に追われたといいます。

高配当など嘘の言葉で勧誘

ジー・コスモス・ジャパンは、「ジーシステムに登録して広告費を出すと高額な配当金が確実に得られる」と嘘を付き、勧誘していました。

また出資した広告費は、請求すれば全額返金可能という安心の契約でもあったので、最終的にはジーシステムの登録者数は1万人を超え、総額330億円にも上る資金を集めることに成功しています。

主婦やシニア層などターゲットを絞る

ジー・コスモス・ジャパンは、在宅ワークに興味を持ちやすい主婦やシニア層にターゲットを絞り、詐欺行為を行っていました。

大神源太の詐欺事件のその後は?

大神源太が主犯格のジー・オーグループ詐欺事件ですが、大神源太はその後どうなっているのでしょうか?裁判の結果やその後の大神源太についてまとめてみました。

ジー・オーグループ詐欺事件の裁判で実刑判決

大神源太と会社幹部7名は2002年9月に組織犯罪処罰法違反と詐欺容疑で逮捕されています。その後2007年7月2日に東京地方裁判所で、大神源太に懲役18年の実刑判決が下されました。この判決結果を受け、大神源太は判決を不服とし、控訴します。

2010年9月に懲役18年の実刑判決が確定

2008年10月20日に東京高等裁判所の控訴審で、大神源太に一審と同じく実刑18年の判決が下りますが、またもこの判決を不服とし、上告します。

その後2010年9月27日、最高裁判所は大神源太の上告を棄却し、懲役18年の実刑判決を言い渡しました。こうして逮捕されてから8年という長い月日を経て、大神源太の判決が確定したのです。

詐欺事件その後は大神銀行も破綻に

ジー・オーグループは2001年9月には、通販詐欺で集めた資金を利用して、フィリピンのユニトラスト・ディベロップメント・バンクを13億円掛けて買収していました。その後バンク・オブ・オーガミ(大神銀行)と改称し、高金利を謳い文句に会員を勧誘したのです。

しかし大神源太が起こした詐欺事件が明るみになり、その後は大神銀行も破綻に追い込まれています。

大神源太は現在出所?

18年の実刑判決が下った大神源太ですが、現在は出所しているのでしょうか?大神源太の出所について調べてみました。

出所はしておらず現在も服役生活

大神源太の出所について調べてみたところ、まだ出所はしておらず現在も服役中のようです。

大神源太の詐欺事件が明るみになったのは2002年ですが、18年の実刑判決が下ったのは2010年のことでした。大神源太の判決が確定するまでにかなり長い期間が掛かっていたのです。

出所予定は2028年と見られる

2010年に18年の懲役刑が確定していますので、大神源太の出所予定は2028年頃と見られています。模範囚であればもう少し早い出所もあり得るのではないでしょうか?

その後も同類の詐欺事件は日本で多い?

ジー・オーグループ詐欺事件のその後も日本では同様の詐欺事件が頻繁に起こっています。大神源太と同じように大規模な資金集めを行い、逮捕された人は数多くいるのです。

ペニーオークション詐欺事件

同様の詐欺事件では2012年に発覚したペニーオークション詐欺事件が記憶に新しいのではないでしょうか?ペニーオークションは、事実上商品を落札出来ない仕組みにも関わらず、激安で落札出来ると謳い、手数料などをだまし取った詐欺事件です。

このぺ二オク事件では、逮捕された4人以外にも複数の芸能人がステマに関わっていたことが明らかになりました。実際には落札していないのに激安で落札したように装い、ペニオクサイトをブログやSNSで紹介していた芸能人は20人以上いたと言われています。

大神源太の経歴

ジー・オーグループの代表だった大神源太は、どのような経歴を持っているのでしょうか?ジー・オーグループ詐欺事件の前にも詐欺事件を起こしていたこともある大神源太は、希代の悪だったのでしょうか?大神源太の経歴を追ってみました。

大神源太は福岡の工業高校退学

大神源太は九州の福岡県で生まれました。高校は地元福岡の工業高校に通っていましたが、ある日担任から無断欠席を咎められた大神源太は、自ら高校を辞めてしまったとか。大神源太には高校を中退していた経歴があったようです。

大神源太は学生時代から問題児との噂

大神源太は学生時代から喫煙や無断欠席などがあり、素行の悪い生徒だったようです。退学した大神源太はその後、私服に咥えタバコ姿で学校に現れ、元担任に喧嘩を売って出て行ったという話もあります。大神源太は学生時代から問題児だったようですね。

口癖は「俺はビッグになる」

大神源太は学生時代には矢沢永吉に憧れを持ち、口癖のように「俺はビックになる」「成り上がる」と言っていたそうです。

ビックになるという夢を持つのは良いことですが、大神源太は結果的にはビックな詐欺事件を起こしてしまいました。全うな方法でビックになってほしかったですね。

大神源太の名言も話題に

大神源太は「ビックになる」という発言以外にも「私がアジアを救う」というビックマウス発言をして話題になりました。

また逮捕される直前には「(逮捕されても)俺だから大丈夫だ」と自身たっぷりの発言や、詐欺行為を働いたにも関わらず、「会員は家族です」という名言も残しています。

大神源太はナルシスト

大神源太はそのビックマウス発言でも分かる通り、かなりの自信家でナルシストな性格だったようです。確かに大神源太は端正な顔立ちをしていましたし、鍛え上げた身体を持っていました。自身が一番魅力的に見えるようにスーツはベルサーチと決めていたそうです。

ジーシステムの登録者には自身のカレンダーを送り付けていたとも言われていますので、かなり自分に自信があったということが分かります。

旧友のジャン・クロード・ヴァン・ダムとの出会い

大神源太は映画俳優のジャン・クロード・ヴァン・ダムと友人関係にありました。2人がどのようにして出会ったのかは不明ですが、ジー・ユニバーサルが手掛けた「ユニバG販売事業」のTVCMや販促資料にはジャン・クロード・ヴァン・ダムが友情出演しています。

ジャン・クロード・ヴァン・ダムとは

映画俳優のジャン・クロード・ヴァン・ダムは、元々格闘家としての経歴があり、1980年には全欧プロ空手選手権ミドル級王座を獲得しています。その後1980年にフランス映画に出演したことがきっかけとなり、映画の世界で活躍する俳優となりました。

フィリピンで妻と出会い結婚

ジー・ユニバーサルが手掛けていた「ユニバG事業」はフィリピンを拠点に行われていました。何度もフィリピンに足を運んでいた大神源太は、その時に出会ったフィリピン人の女性と結婚しています。

大神源太が逮捕され服役中の現在も妻と離婚したという情報はありません。もしかしたら妻は今も大神源太の出所を待ち続けているのでしょうか?

ジー・オーグループを設立し代表に

大神源太は1995年に化粧品会社を立ち上げ、同じような詐欺事件を起こし、有罪判決を受けた経歴がありました。

しかし懲りずにその後ジー・オーグループを設立し、グループの代表となったのです。そしてまた詐欺行為を繰り返すのです。一度目の逮捕では全く懲りていなかったようですね。

大神源太は役者の過去も

大神源太は自身が手掛けていた事業の中で映画製作や、販促ビデオの制作も行っています。そして制作された映画やビデオに、自身が役者として出演もしていました。

出演作品①映画「ブレイド・オブ・ザ・サン」

大神源太は製作費5億円を掛けて、主演映画「ブレイド・オブ・ザ・サン」を制作しました。

この映画は、大神源太が企画と監督も務め、全世界で180億円の興行収入を見込んでいましたが、大神源太の逮捕とグループ会社の破綻を受けて、映画の一般公開は中止となっています。

出演作品②販促ビデオ「ユニバG物語」

大神源太はジー・ユニバーサルが手掛けるユニバG事業で、販促ビデオ「ユニバG物語」を制作し、出演しています。

ユニバGとは、フィリピン原産のバナバの葉が原料になっているお茶で、販促ビデオでは大神源太がフィリピンの森林をダッシュしてバナバの葉を探し求めるという内容が描かれていました。

自身がモデルを務めるカレンダーも発売

大神源太は映画やビデオ出演した経歴以外にも、自身がモデルを務めるカレンダーの発売も行っています。

サンドイッチマン伊達の「大神源太か」ネタも話題に

サンドイッチマンのコントの中で、「自身主演の映画監督でフィリピン人の妻がいる」というプロフィールに対して「大神源太か!」とツッコむという内容のものがあり、ファンの間では有名なセリフとなっているようです。

ゴルゴ松本に似てる?

大神源太が逮捕され有名になった際には、顔つきや体型が、ゴルゴ松本に似ていると話題になりました。

ゴルゴ松本とは

ゴルゴ松本は、お笑いコンビTIMのボケ担当で、2011年頃からは少年院で「命の授業」などの活動もしています。

大神源太はジー・オーグループ詐欺事件で現在も服役生活

ジー・オーグループ詐欺事件の経歴についてまとめてみました。主犯格の大神源太はまだ出所しておらず、現在も服役生活を送っています。出所後は二度とこのような詐欺事件を起こさずに、全うに生きてほしいですね。

関連するまとめ

Missing
この記事のライター
vivichan0430

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ