【BLEACH】護廷十三隊まとめ!歴代隊長と副隊長は?現在の隊員とその格付けも!

護廷十三隊は漫画「BLEACH」に登場する架空の組織です。その護廷十三隊に所属する歴代の隊長や副隊長について紹介します。また、その強さや卍解などについても一覧で紹介します。格付け一覧の中で歴代で一番の強さを誇る人物に注目してみましょう。

【BLEACH】護廷十三隊まとめ!歴代隊長と副隊長は?現在の隊員とその格付けも!のイメージ

目次

  1. 1【BLEACH】護廷十三隊とは
  2. 2護廷十三隊について
  3. 3護廷十三隊の歴代隊長と副隊長一覧
  4. 4護廷十三隊の現在の隊員一覧【厳選】
  5. 5護廷十三隊の隊員格付けTOP5
  6. 6護廷十三隊はBLEACH優秀死神で構成された戦闘部隊

【BLEACH】護廷十三隊とは

BLEACHには護廷十三隊という架空の組織が登場します。BLEACHはとても魅力的なキャラクターが多いですが、護廷十三隊の隊員は個性豊かでストーリーに深く関わっていました。そんな歴代や現在の隊長や副隊長を紹介します。

漫画「BLEACH」の概要

漫画「BLEACH」は2001年から「週刊少年ジャンプ」で連載された作品です。作者の久保帯人で、様々なメディアミックスを展開した作品です。漫画だけでなくアニメ版も人気です。普通の高校生が死神代行となって虚を倒していく中で、自分や仲間たちの秘密に迫るストーリーとなっています。

Thumb【BLEACH】最終回まとめ!その後や打ち切りの理由も!ネタバレ注意
日本国内だけではなく世界中から愛されている「BLEACH」。そんな「BLEACH」の最終回の...

護廷十三隊について

護廷十三隊はBLEACHの中における治安組織と言えるでしょう。尸魂界の護衛及び現世における魂魄の保護という目的があり、虚の退治を行います。護廷十三隊の活躍によって平和な毎日が保たれていると言えるでしょう。

護廷十三隊は優秀な死神集結の戦闘部隊

護廷十三隊に入隊するためには、高い能力が必要です。その強さを格付けするような形で、隊長や副隊長が選ばれています。また、護廷十三隊とは別に零番隊という歴代の中でも特に功績を残した隊員が選ばれる部隊が存在します。

護廷十三隊は十三の部隊により構成

この護廷十三隊は、十三の部隊により構成されています。その一覧の中では、隊長や副隊長の個性豊かな面々を楽しむことが出来るでしょう。現在と過去では隊長や副隊長が異なっており、死亡や行方不明などによって一覧が変更されます。

護廷十三隊の卍解とは

この部隊に所属する隊長や副隊長は卍解という技を使うことが出来ます。その強さは様々ですが、格付にも大きな影響があるといえます。基本的には隊長クラスが扱えるものであり、副隊長は一部の隊員しか卍解を使えないようです。

卍解は斬魄刀の最高戦術

隊員たちは斬魄刀という刀に近い武器を使っており、その能力を引き出すことを卍解と言います。それぞれの能力に合わせた卍解を使用するため、隊員ごとに卍解の能力は異なります。

護廷十三隊の隊員は卍解を使わなくても十分に強い存在です。それだけに卍解を使うときは、彼らの本当の力が見れる瞬間といえるでしょう。威力が高い分、身体への負担が多いようです。

死神ごとに卍解の種類も異なる

死神ごとに卍解の種類が異なるため、火や氷、風など様々な技を見ることが出来ます。また、黒崎一護と黒崎一心のように血縁関係にある場合は、斬魄刀の性質が似ている場合もあるようです。

Thumb【BLEACH】千年血戦篇まとめ!あらすじやネタバレも!キャラ別能力などの詳細も!
人気漫画・BLEACHでも特に話題となった千年血戦篇。未だにアニメ化はされておらず、ファンか...

護廷十三隊の歴代隊長と副隊長一覧

では、護廷十三隊の歴代隊長と副隊長を一覧で紹介します。この一覧はすでに死亡しているものや脱退しているものが含まれます。護廷十三隊歴代の隊長たちだけに、その強さも別格のものといえるでしょう。

護廷十三隊の歴代総隊長は【山本元柳斎重國】

長い髭が特徴であり、護廷十三隊の歴代総隊長が山本元柳斎重國です。見た目は老人ですが、体中に歴戦の傷が残されています。そして、自分より強い死神がいなかったため1000年以上も総隊長を務めてきました。部隊を統率するとともに、自らも敵を圧倒する存在でした。

しかし、千年血戦篇においてユーハバッハを倒したものの、実は偽物であり、本物に命を奪われることになります。山本元柳斎重國は卍解の能力を奪われた上に、身体を切り裂かれ完全に消滅させられるという衝撃の最期を迎えたのです。

護廷十三隊の歴代隊長一覧

山本元柳斎重國をトップに護廷十三隊は統率されています。優しくも厳しい山本元柳斎重國は隊員から慕われており、様々な隊長や副隊長が集結しています。そんな護廷十三隊歴代の隊長一覧を確認しましょう。

歴代隊長一覧:山本元柳斎重國(一番隊)

山本元柳斎重國は総隊長になる前は、一番隊隊長を務めていました。そういったこともあり、護廷十三隊の中で一番隊は特に有能な隊員が集められているわけです。

歴代隊長一覧:四楓院夜一(二番隊)

四楓院夜一元二番隊隊長であり、褐色の肌が特徴の女性です。自らの姿を黒猫に変えることが出来ます。四代貴族「天賜兵装番」四楓院家の22代目」であり、初めての女性の当主です。

101年前に藍染惣右介の陰謀によって、浦原喜助の逃走幇助の罪から隊長の座を剥奪されています。しかし、山本元柳斎重國の調査から謀略であることが発覚し、隊長に戻ることは出来なかったものの護廷十三隊としての活動を再開しています。

歴代隊長一覧:市丸ギン(三番隊)

京都弁を喋りながら薄ら笑いを浮かべているのが三番隊隊長だった市丸ギンです。元五番隊の隊長でもあり、藍染惣右介の復讐を狙う人物でした。しかし、藍染惣右介に破れ死亡しています。

歴代隊長一覧:藍染惣右介(五番隊)

BLEACHの重要なポイントを握る人物であり、五番隊隊長だったのが藍染惣右介です。穏やかで優しい雰囲気ながら、本性は残虐で野心家な性格です。自分を死んだように見せかけて、護廷十三隊の隊員を殺害したり、操るなど危険な人物です。

歴代隊長一覧:平子真子(101年前の五番隊)

101年前、または110年前に五番隊隊長を務めていたのが平子真子です。おかっぱ頭の人物で、上下を逆転させたまま空中浮遊が出来るという能力を持っています。藍染惣右介の上官だったこともあり、その行動を監視していたことが分かっています。

しかし、藍染惣右介によって虚化されるという危険な目にあっています。その後、物語の途中で五番隊の隊長に復帰しています。藍染惣右介に関わる重要な人物の一人と言えるでしょう。

歴代隊長一覧:朽木銀嶺(六番隊)

朽木銀嶺は元六番隊の隊長です。朽木白哉の祖父であり、作中ではすでに引退したと考えられています。山本元柳斎重國と同じように立派な髭があるのが特徴ですが、朽木銀嶺のほうが落ち着いた洋風な雰囲気のある老人です。

歴代隊長一覧:愛川羅武(七番隊)

愛川羅武は元七番隊隊長で、サングラスをかけた長身の男性です。また、アフロヘアーも特徴といえるでしょう。愛川羅武も藍染惣右介の謀略によって虚化しており、部隊を離れています。

ジャンプが大好きという設定であり、現世での生活を非常に気に入っているキャラクターです。会話の中ではジャンプキャラクターの名言と思われるものを多用しています。

歴代隊長一覧:東仙要(九番隊)

元九番隊隊長は東仙要です。盲目であり、ドレッドヘアが特徴です。平和主義者という印象を与えるキャラクターでしたが、実は藍染惣右介の考えに共感しており、その反乱に加わることになります。

歴代隊長一覧:志波一心(十番隊)

志波一心は元十番隊隊長です。この人物はBLEACHの主人公である黒崎一護の父親で、現在は黒崎一心と名乗っています。妻の命を護るために死神の力を失ったことで部隊を離れています。その後、妻の死亡などが理由で能力を取り戻して護廷十三隊に復帰しています。

歴代隊長一覧:鬼厳城剣八(十一番隊)

元十一番隊隊長は鬼厳城剣八です。作中では既に故人であり、十代目剣八の名を持つ人物です。その特徴は身長221cm、体重316kgという巨漢ぶりを感じるキャラクターでしょう。しかし、その能力に自惚れた結果、更木剣八に決闘を挑まれて殺害されています。

歴代隊長一覧:浦原喜助(十二番隊)

普段は「浦原商店」という駄菓子屋を営む人物ですが、その正体は元十二番隊隊長だった浦原喜助です。現世において死神の活動を援助する人物ですが、彼も藍染惣右介の謀略によってその地位を奪われています。

歴代隊長一覧:浮竹十四郎

朽木ルキアの上官にあたる人物で、元十三番隊隊長だったのが浮竹十四郎です。山本元柳斎重國と師弟関係であり、現在も「先生」と呼んでいる描写が確認できます。ユーハバッハによって、自らの命をつなぎとめていた霊王の能力を失われたことで死亡していると考えられています。

護廷十三隊の歴代副隊長一覧

強力な隊長を支えるのが副隊長です。こちらも歴代の副隊長と現在では人物が異なっています。能力は隊長に引けを取らない人物たちと言えるでしょう。そんな歴代の副隊長を一覧で紹介していきます。

歴代副隊長一覧:雀部長次郎忠息(一番隊)

まず、元一番隊副隊長は雀部長次郎忠息です。読みにくい名前ですが「ささきべちょうじろうただおき」と読みます。その名前とは反対に、好きなものは洋風なものというユニークなキャラクターです。千年血戦篇でドリスコールに卍解を奪われて殺害されています。

歴代副隊長一覧:吉良イヅル(三番隊)

元三番隊副隊長は吉良イヅルです。作中では市丸ギンが謀反したことで、隊長を兼任することになります。市丸ギンや藍染惣右介を信頼していたものの、裏切られています。また、千年血戦篇においてバズビーの不意打ちによって死亡しました。

歴代副隊長一覧:朽木蒼純(六番隊)

朽木蒼純は元六番隊副隊長です。元六番隊隊長の朽木銀嶺の息子で、朽木白哉の父親です。朽木銀嶺は次期当主として期待していたようですが、身体が弱かったという描写があります。また、作中で戦死しており、詳しい情報は描かれていません。

歴代副隊長一覧:小椿刃右衛門(七番隊)

小椿刃右衛門は元七番隊副隊長です。現在は十三番隊第三席になっています。また、小椿仙太郎の父親ということが分かっています。ただし、作中では顔が判明している程度で詳しい能力などは不明なままでした。

歴代副隊長一覧:久南白(九番隊)

久南白は九番隊副隊長で、白色のライダースーツを着ているのが特徴です。過去に虚化したことがあり平子真子たちを襲撃してしまったということがあります。その後は、部隊に復帰しており「スーパー副隊長」を名乗るなど、陽気なキャラクターといえるでしょう。

歴代副隊長一覧:草鹿やちる(十一番隊)

草鹿やちるは元十一番隊副隊長です。身長は109cm、体重15.5kgという超小柄な人物です。BLEACHにおけるマスコットキャラクター的な人物で人気があります。

隊員の中では能力的に劣るものの、その真の姿は更木剣八の斬魄刀の力の一部が具現化した存在だったと考えられています。伏線としてちゃんと回収されなかった点を惜しむファンが多いようです。

歴代副隊長一覧:猿柿ひよ里(十二番隊)

元十二番隊副隊長は猿柿ひよ里で、技術開発室長を務めた人物です。彼女も藍染惣右介の謀略によって虚化しています。最終的には浦原商店を手伝っており、戦いよりも、別の生活を望んでいたことが想像できます。

歴代副隊長一覧:志波海燕(十三番隊)

BLEACHの中でも重要なキャラクターが、元十三番隊副隊長の志波海燕です。没落した名門貴族「志波家」の長男であり、朽木ルキアや黒崎一心との関係が深いキャラクターとなっています。メタスタシアに肉体を支配されたことで、朽木ルキアに倒されました。

彼女にとってこの出来事は大きなトラウマとして残っており、どこか悲しげな表情の原因だったことが明かされています。その後、黒崎一護や阿散井恋次などと行動を共にする中で、その過去を乗り越えています。

Thumb【BLEACH】藍染惣右介の強さや能力は?目的や野望も調査
BLEACHでは悪役キャラとして知られる藍染惣右介の、その強さや能力について見ていきましょう...

護廷十三隊の現在の隊員一覧【厳選】

では、ここからは現在の護廷十三隊の隊員を紹介します。各部隊の人数は様々なため、厳選して一覧で紹介します。個性豊かな現在の護廷十三隊隊長や副隊長、そして隊員に注目してみましょう。

現在の【一番隊】隊員一覧

現在の護廷十三隊隊員が大きく変更されているのは、藍染惣右介による謀略が大きく関係しているといえるでしょう。そういった中で一番隊はトップクラスのエリートで構成されています。

一番隊隊長兼総隊長の京楽春水

現在の一番隊隊長と総隊長を担当するのが京楽春水です。元は八番隊隊長を務めていた人物でした。山本元柳斎重國が死亡したことで、その立場を受け継いでいます。

上級貴族の「京楽家」の次男であり、藍染惣右介の行動を怪しんでいた人物の一人です。また、その経歴から隊長職を250年以上務めていたことも分かっています。普段は各隊員に挨拶回りを行っており、元気の無い人が居ると飲みに誘うという良き上司として活動しているそうです。

一番隊副隊長の伊勢七緒

伊勢七緒は一番隊副隊長であり、八番隊副隊長代行も務めています。非常に真面目な性格な女性で、他ののんびりとした隊員とは反りが合わない描写が見られます。特に京楽春水にそういった態度を見せるものの、実は特別な感情を抱いている描写もあります。

現在の【二番隊】隊員一覧

護廷十三隊は各部隊ごとで、メインの仕事が異なっています。そのため、二番隊は隠密活動がメインであり、その姿は忍者のような隊員が多く見受けられます。素早い動きを得意としており、敵側の情勢を探ることもあるようです。

二番隊隊長の砕蜂

隠密を得意とする砕蜂が現在の二番隊隊長を務めています。代々、処刑や暗殺を生業としてきた家系であり、現在もその仕事を担っています。そのクールなキャラクターから部隊の中にファンクラブがあるほどです。

二番隊副隊長の大前田希千代

副隊長は大前田希千代です。隠密が得意な部隊の中では、ふくよかな体型をしているのが特徴で常に油せんべいを抱えています。部隊の中でも随一の金持ちという特徴を持っており、見た目に反してスピードは早いです。

現在の【三番隊】隊員一覧

市丸ギンが謀反を起こしたため、三番隊はやや複雑な状況になっています。アニメのストーリーでは彼の謀反が影響して隊の地位が低下している描写もあるほどです。その上、千年血戦篇で多数の死者を出しているという可愛そうな部隊といえるでしょう。

三番隊隊長の鳳橋楼十郎

三番隊隊長の鳳橋楼十郎はナルシストな性格であり、ローズと呼ばれています。彼も藍染惣右介の影響で虚化しており、一度隊長職を退いて復職しています。しかし、その後も敵に破れた上にゾンビ化させられました。涅マユリのゾンビとして働かされたあとに、なんとか元の姿に戻してもらったようです。

現在の【四番隊】隊員一覧

四番隊の特徴は治療系を得意としています。ただし、部隊の中では薄給らしく、地位も低いようです。しかし、隊員が大怪我をしたときに頼れる部隊であり、登場人物たちの命を救っています。

四番隊隊長の卯ノ花烈

卯ノ花烈は元十一番隊隊長であり、現在は四番隊隊長を務めています。落ち着いた雰囲気で穏やかな性格な彼女は、そのナイスバディも魅力です。前線で戦うタイプではなく、衛生兵に近い活躍が多いといえるでしょう。

四番隊副隊長の虎徹勇音

副隊長の虎徹勇音は作中で多くの人を治癒している場面があります。後に隊長に昇格しており、女性死神協会理事も兼任しています。また、隊長と比較して隠れ巨乳という設定もあるのだとか。

四番隊第三席の伊江村八十千和

部隊の三番手にあたる第三席には伊江村八十千和がいます。メガネをかけた真面目な人物です。作中の後半では活躍が無くなっており、山田花太郎が第三席となっているなど謎が残っています。小説版によると七番隊の副隊長に異動したことが明かされています。

現在の【五番隊】隊員一覧

護廷十三隊の中でも特に問題を抱えているのが五番隊です。それは、BLEACHの中で問題を起こした藍染惣右介がかつて所属していたからです。所属していた隊員は少なからずその裏切りによって辛い過去を抱えています。

五番隊隊長復活の平子真子

元隊長から復帰したのが平子真子です。作中の話から戦いに決着がついた10年後も隊長を務めていることが分かっています。何度も死にそうな重傷を負ったものの、最後まで生き残ることが出来た人物です。

五番隊副隊長は雛森桃

BLEACHの中でも最も不幸と言われているのが、五番隊副隊長の雛森桃です。読書好きな性格であり、健気で可憐なキャラクターといえるでしょう。また、幼少期は日番谷冬獅郎の幼馴染でした。

藍染惣右介のことを最後の最後まで信じていた人物でしたが、そのことを利用されて彼に刺されたり、日番谷冬獅郎にまで刺されたりと可愛そうな人物です。登場シーンが減ったことで死亡説がありましたが、最後まで生き残ったことが分かっています。

現在の【六番隊】隊員一覧

部隊の中で最もあいさつを大切にする規律の厳しい部隊です。しかし、副隊長の性格もあり、良い体育会系ノリとも言えるでしょう。しかし、千年血戦篇において多くの犠牲者が出た部隊です。

六番隊隊長は朽木白哉

四代貴族の一つ「朽木家」の当主である朽木白哉が六番隊の隊長です。朽木ルキアを朽木家の養子にしたきっかけの一人で、とても冷静沈着な性格です。冷たいように見えて、隊員が危険な目に合わないように配慮する優しさを持ち合わせています。

六番隊副隊長は阿散井恋次

BLEACHにおいて準主役といえるのが、六番隊副隊長の阿散井恋次です。熱血漢な性格で黒崎一護の良きライバルといえる人物です。最終的に幼馴染の朽木ルキアと結婚することになります。

作中の中で黒崎一護と同様に成長した人物であり、最終決戦後も副隊長を務めているようです。これらの功績を考えると、今後、隊長昇格や強さの格付けの中で上位に上がっていく可能性があります。また、黒崎一護の子供と阿散井恋次の子供も死神見習いとなっているため、続編が作られることがあればその後の活躍を確認出来そうです。

現在の【七番隊】隊員一覧

護廷十三隊の中で武士要素が強いのが七番隊です。生き方として仁義を重んじる部隊となっており、質実剛健な隊員が多いです。こちらも千年血戦篇において多くの犠牲者が出てしまいました。

七番隊隊長は狛村左陣

七番隊隊長の狛村左陣は人狼という特徴があります。その獣の顔を隠すために、普段は虚無僧に近い格好をしています。更木剣八との戦いで人狼であることが発覚したため、以降は顔を隠すことが無くなりました。

七番隊副隊長は射場鉄左衛門

副隊長の射場鉄左衛門は、広島風お好み焼きが好きで大阪風お好み焼きが嫌いという、広島を強調したキャラクターになっています。もともとは十一番隊の隊員であり、日頃から鍛錬を怠らない人物です。

現在の【八番隊】隊員一覧

八番隊は京楽春水と伊勢七緒が隊長と副隊長を務めていました。しかし、山本元柳斎重國が死亡したため、二人が一番隊に異動しています。そういったこともあり、急遽新しい隊長が選ばれた部隊になりました。

八番隊隊長は矢胴丸リサ

そして、その八番隊隊長が矢胴丸リサです。セーラ服を着た名古屋弁と関西弁を操る人物です。最終的には戦いよりも、自分の大好きなエロ本を売るためか書籍販売会社を立ち上げています。

現在の【九番隊】隊員一覧

護廷十三隊の広報を担当しているのが九番隊です。機関紙「瀞霊廷通信」の編集や発行を担当し、かつては暴走族風な格好をしていました。部隊の中でも暑苦しい男らしさが特徴です。

九番隊隊長は六車拳西

九番隊隊長は六車拳西です。モヒカン風の髪型で冬でもタンクトップなのが特徴といえるでしょう。冗談の通じない短気な性格ながら、料理が上手というユニークな特徴になっています。

九番隊副隊長は檜佐木修兵

檜佐木修兵は副隊長を務めており、隊長がタンクトップなら副隊長はノースリーブになっています。松本乱菊に好意を寄せていたものの、良いように扱われていました。作中で大怪我を負ったものの、10年後のシーンでは無事回復していました。

現在の【十番隊】隊員一覧

十番隊は隊長を筆頭に真面目な隊員が多く、統制の取れた部隊です。しかし、副隊長だけはサボり症となっており、隊長を苦労させているのも魅力と言えるでしょう。

十番隊隊長は日番谷冬獅郎

BLEACHの中でもトップクラスの人気を誇る日番谷冬獅郎は十番隊隊長です。黒崎一護の父親である、黒崎一心が隊長を務めていたころは第三席でした。そのころから戦闘能力だけでなく、事務能力も高かったことで雑用を押し付けられていたようです。

最終決戦でも活躍しており、10年後も隊長を務めている姿を確認できます。真面目な性格は相変わらずのようで、日々鍛錬を続けていました。日番谷冬獅郎や最終的に十三番隊隊長となった朽木ルキアなどがいれば、平和な世界が続くと言えそうです。

十番隊副隊長は松本乱菊

松本乱菊は十番隊副隊長であり、この部隊の中では一人だけサボり症な性格となっています。その原因は、黒崎一心であり、彼のサボりぶりを受け継いでしまったのです。それでも慕われている理由は、グラマラスボディで姉御肌という特徴を持ち合わせているからなのでしょう。

現在の【十一番隊】隊員一覧

諜報などを得意にしている部隊がある中で、十一番隊は戦闘専門部隊という特徴があります。戦闘をメインとしているためか、部隊にはちはる以外の女性隊員が見当たりません。

十一番隊隊長は更木剣八

幾度切り殺されても絶対に倒れない「剣八」の称号を持つ更木剣八が隊長を務めています。彼は十一代目剣八であり、十代目剣八を決闘で殺害して隊長の地位を得ました。戦闘狂な性格のため、10年後も変わらず戦いに明け暮れているようです。

十一番隊副隊長は斑目一角

副隊長の斑目一角は隊長に負けず劣らず戦うことが好きな人物です。戦うことに楽しみを見つけており、白兵戦においては歴代の中でも上位といえるでしょう。見た目は坊主頭でお寺のお坊さんのようになっています。

現在の【十二番隊】隊員一覧

護廷十三隊は各隊長はなんだかんだ仲が良いようですが、十一番隊と十二番隊は完全に馬が合わないようです。隊長の性格故に、かなり特殊な部隊になっています。

十二番隊隊長は涅マユリ

隊長の涅マユリは、技術開発局局長も兼任しています。自分の身体は細部に至るまで改造しているというマッドサイエンティストな性格です。特殊な能力を持っている人間に興味があり、黒崎一護や井上織姫にも興味津々でした。

十二番隊副隊長は涅ネム

副隊長は涅マユリの娘である涅ネムです。その正体は彼女が作った人造死神であり、正式名称は眠七號と言います。最終的に敵に身体を粉々にされたものの、大脳だけが回収されて生き残っています。そして、その大脳を元に眠八號が作られています。

現在の【十三番隊】隊員一覧

護廷十三隊の中で暖かい雰囲気が強く、隊員同士の仲も良いのが十三番隊の特徴です。しかし、副隊長だった志波海燕が亡くなるなど、辛い出来事をみんなで乗り込んできたという経緯があります。

十三番隊隊長は朽木ルキア

もう一人の主人公と言われる朽木ルキアが十三番隊隊長を務めています。黒崎一護が死神になるきっかけとなった人物であり、一緒に高校生活を送ることになります。真面目な性格ながらうさぎグッズに目がないという可愛らしい一面があります。

最終決戦の功績や浮竹十四郎の死去も関係して、10年後に十三番隊隊長に就任するエピソードが描かれています。また、阿散井恋次と結婚して子供も誕生しています。隊長就任式では他の隊員たちの姿も確認することが出来るため、重要なシーンといえるでしょう。

Thumb【BLEACH】日番谷冬獅郎まとめ!斬魄刀や卍解の能力は?死亡でゾンビ化や雛森との関係も!
日番谷冬獅郎は漫画「BLEACH」に登場する人気キャラクターで、護廷十三隊の十番隊隊長です。...

護廷十三隊の隊員格付けTOP5

このようにBLEACHの護廷十三隊には、様々な隊員が存在します。歴代のメンバーはもちろんですが、現在も強力な人員が揃っています。そういった人物たちの中で、特に強い隊員を一覧の中から格付けします。

護廷十三隊の隊員格付け5位:卯ノ花烈

格付けの強さの中で、まず卯ノ花烈に注目してみましょう。格付けの中では近接の強さよりも鬼道の能力が高い人物と言えるでしょう。鬼道に関しては他の隊員は太刀打ちできないレベルのようです。

卯ノ花烈の強さや卍解

彼女の斬魄刀は「肉雫唼」であり、卍解は「皆尽」です。斬魄刀はエイのような生き物に変化し、その生き物に飲み込んだものを回復するという力があります。卍解は身体から血液のような液体が流れ出て、それらが集まって刀身になるという強力なものになっています。

護廷十三隊の隊員格付け4位:更木剣八

強さ格付けの中では更木剣八の名前も挙がります。そもそも、先程の卯ノ花烈は初代「剣八」であることが発覚しており、更木剣八は十一代目剣八という関係です。しかし、卯ノ花烈はまだ子供だった更木剣八に敗れるという経験をしています。

更木剣八の強さや卍解

彼の斬魄刀は「野晒」で大きなナタのような見た目をしています。また、卍解を使用することが出来ますが名前や能力は不明です。彼が使う卍解は肌が赤く変色し獣のような状態になるものの、自分でも能力を制御出来ずに肉体がちぎれるほどのものでした。

護廷十三隊の隊員格付け3位:京楽春水

普段はだらしないけどやるときはやる。そういった活かすナイスガイといえるのが京楽春水です。戦闘データでは鬼道や霊圧がもっとも高いことが分かっています。

京楽春水の強さや卍解

京楽春水が使う斬魄刀「花天狂骨」は二刀タイプのものです。能力を解放すると2本の青龍刀のような形になり、敵を強制的に従わせる事もできます。卍解の「花天狂骨枯松心中」は、周囲を暗闇に包み込み、自分の傷と同じものを相手に負わせるなど不思議な能力が多いです。

護廷十三隊の隊員格付け2位:藍染惣右介

BLEACHのラスボス的な存在である、藍染惣右介は格付け中トップクラスの能力の持ち主です。その格付の中でもオールラウンダーな能力を持ち合わせています。また、自分の素性がバレるまで、能力をできるだけ隠していたことも発覚しました。

藍染惣右介の強さや卍解

藍染惣右介の斬魄刀は「鏡花水月」というもので、見た目の変化はありません。しかし、能力を解放する瞬間を一度でも見ていると相手の五感や霊感を支配することが出来ます。また、対象を誤認させる「完全催眠」という危険な能力を使っていました。

この完全催眠のせいで、日番谷冬獅郎が雛森桃を誤認して刺すというトラブルも起きています。作中では卍解を使うことはありませんでしたが、その強さから使用できる可能性は高いでしょう。その上、鬼道に関しての才能も高く、その強さに黒崎一護たちは何度も苦戦することになります。

護廷十三隊の隊員格付け1位:山本元柳斎重國

強さ格付け一覧の中でトップは、総隊長だった山本元柳斎重國になります。これだけの隊員が居る中で、総隊長を1000年以上続けていたというだけで格付け一覧の中で強さが伺えるでしょう。もちろん、ただただ総隊長をやっていたというわけではなく、格付け中無類の強さを誇っています。

山本元柳斎重國の強さや卍解

山本元柳斎重國の斬魄刀は杖に封印されており、解放することで斬魄刀から激しい巨大な炎が溢れ出ます。周囲をすべて燃やし尽くすほどの能力を持っており、藍染惣右介も最強の斬魄刀と認めるほどでした。

また、卍解は「残火の太刀」というもので、始解によって発せられていた炎が消えて、刀身が焼け焦げた刀になります。この状態では天候を支配する能力が使えるようになり、世界中から水分が失われて異常乾燥が引き起こされます。この状態を続けると自身も世界も滅んでしまうというのは一覧の中でも段違いの能力だといえるでしょう。

山本元柳斎重國の卍解は、東西南北に割り当てられた必殺技があるのですが、ユーハバッハに対してそのすべてを見せつけて倒すことに成功しています。しかし、倒した相手は人の能力を完全にコピーできるロイド・ロイドであり、自らの力を使い果たした山本元柳斎重國は動くことが出来なくなったのです。

その状態で現れた本物のユーハバッハに戦う力は残されておらず、山本元柳斎重國は倒されてしまったわけです。ユーハバッハが正々堂々と戦っていれば山本元柳斎重國に敵わなかった可能性が高いだけに、格付け一覧の中でも歴代最強の強さを持っているといえるでしょう。

Thumb【BLEACH】山本元柳斎重國まとめ!卍解などの能力や名言は?若い頃も調査
「BLEACH」作中最強クラスの強さを持つ山本元柳斎重國について調べた結果をまとめました。護...

護廷十三隊はBLEACH優秀死神で構成された戦闘部隊

BLEACHに登場する護廷十三隊について紹介しました。彼らには様々な歴史があり、歴代から現在まで個性豊かな面々が揃っているといえるでしょう。また、部隊として戦闘メインから隠密が目的など、しっかりとした役割を持っていました。

特に総隊長の山本元柳斎重國の強さは無類のものであり、さすがと言えるものでした。同時にそういった隊員を裏切り、自分の目的を果たそうとした藍染惣右介も強烈な存在と言えます。残念ながら戦いの中で散っていった隊員もいますが、改めてすべての隊員は魅力的なキャラクターだと言えるでしょう。

関連するまとめ

Original
この記事のライター
浅倉恭介
ギターと野球と料理が好き。犬が飼いたい! もともとは接客業界で働いてました その後は保育業界に。 ロ...

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ