グルーポンおせち事件の真相に迫る!その後やバードカフェの現在なども徹底調査

グルーポンおせち事件は2011年にバードカフェがグルーポン上で販売したおせち料理が問題となった事件です。中身がすかすかのおせちは内容のひどさに注目が集まり、その画像がネット上で拡散され話題になりました。グルーポンおせち事件の真相について調査してみました。

グルーポンおせち事件の真相に迫る!その後やバードカフェの現在なども徹底調査のイメージ

目次

  1. 1【グルーポンおせち事件】の概要
  2. 2グルーポンおせち事件の発端「バードカフェ」とは
  3. 3グルーポンおせち事件の原因
  4. 4グルーポンおせち事件のその後
  5. 5グルーポンおせち事件後のバードカフェ社長は?
  6. 6グルーポンおせち事件で注目のフラッシュマーケティング
  7. 7グルーポンおせち事件から学ぶおせち販売のノウハウ

【グルーポンおせち事件】の概要

グルーポンおせち事件の概要をご紹介しましょう。グルーポンおせち事件はバードカフェがグルーポン上で販売したおせちの中身がスカスカと話題になった事件です。グルーポンおせち事件について詳しくご紹介しましょう。

2011年に発生した中身スカスカおせち事件

グルーポンおせち事件は2011年に発生した事件で、バードカフェが製造し販売したおせちの内容がひどいと話題になりました。通常21000円のおせちを10500円で販売されましたが、おせちの中身はスカスカで、宣伝していた画像とは大きく違っていました。

実際に届いたおせちはみすぼらしく、お惣菜以下の品物でカタログとは違いすぎていました。まるで残飯のようなおせちを送られた購入者は落胆し、あまりのひどさに画像を撮影し、ネットで拡散したことで注目されます。テレビでも取上げられグルーポンとバードカフェは批判されることとなりました。

事件が起きたグルーポンとは

グルーポンおせち事件が起きたグルーポンをご存知でしょうか?グルーポンは共同購入型クーボンサイトのことで、期間限定で何人か以上申し込みがあると割引になるシステムです。サイトを通して多くの人が商品を発注するとサイト経由で購入した商品が安くなるというサービスです。利用者にはメリットが大きいサービスと言えます。

グルーポンは2008年にアメリカから始まり世界中に広まったクーポンサイトです。スカスカおせち事件はグルーポンが日本に進出しはじめた頃だったので、CMやネット広告などが盛んに打ち出されていました。

グルーポンで販売された中身スカスカのおせち

グルーポンで販売されたおせちの中身がスカスカだと話題になりました。サイト上のおせちの写真と実際に送られてきたおせちは見た目が全然違い、送られてきたおせちは中身がスカスカでひどい内容でした。

おせちの販売元は「バードカフェ」

グルーポンでおせちを販売していたのは「バードカフェ」という販売業者でした。バードカフェは水口憲治が社長で株式会社外食文化研究所が運営しています。横浜と藤沢に店舗があり、グルーポンおせち事件が起きる前までは安定した利益がありました。

中身スカスカのおせち騒動はSNSにも

中身スカスカのおせち騒動はSNSにも投稿され、それをきっかけにグルーポンおせち事件へと発展しました。おせちが届いた消費者は中身スカスカのおせちに激怒し、バードカフェに電話をしますがつながりません。

中身がスカスカのおせちの写真をSNSに投稿しその写真が拡散されました。ネットニュースやテレビでスカスカのおせちが話題になり、バードカフェが非難されます。

クレーム殺到の理由をおさらい

グルーポンおせち事件ではスカスカのおせちにクレームが殺到しました。なぜクレームが殺到したのかその理由をご紹介しましょう。

実物のおせちが販売サイトの写真と違う

グルーポンにのっていた写真と実物のおせちの写真は全然違い、実物のおせちは中身がスカスカでした。33品目と書かれていたのに25品ほどしか入っていません。

4人分と書かれていたのに中身はスカスカでとても4人の量には見えませんでした。あまりのひどさにネット上でも話題になり、その後はスカスカのおせちのフィギュアまで登場しました。

クール便ではなく普通便配送で肉が腐っている?

実際におせちが届いた人からは「肉や魚から腐敗臭がした」という声が聞かれました。おせち料理というのは本来クール便で配送されるのが普通ですが、グルーポンのおせち料理は普通便で配送されました。

肉や魚から腐敗臭がしたのは普通便で配送されたのが原因です。普通便で配送されると常温の状態で長時間保管されるので当然中身が腐ってしまいます。バードカフェの従業員がおせちを作っている画像を見ても飲食店とは思えない環境で調理されていたので、環境自体にも問題があったようです。

グルーポンおせち事件の発端「バードカフェ」とは

グルーポンおせち事件の発端となった「バードカフェ」とはどのような会社なのでしょうか?バードカフェの会社概要についてご紹介しましょう。

バードカフェの会社概要

バードカフェは株式会社外食文化研究所が運営している飲食店です。横浜店と湘南藤沢店の2店舗で営業されていました。水口憲治が社長を務めていましたが、グルーポンおせち事件により社長を辞任します。辞任後に新しく社長に就任したのが水口憲治の父親だったために批判されることになりました。

グルーポンおせち事件によってバードカフェは閉店してしまいます。世間からバッシングを受け、売り上げが下がり、存続していくのが難しくなったのです。外食文化研究所の飲食店も閉店することになりました。

運営元「外食文化研究所」について

バードカフェの運営元は外食文化研究所で、水口憲治が社長を務めています。外食文化研究所は様々な飲食店の経営を行っていて、その中の1つがバードカフェでした。外食文化研究所は現在名前を変え「SURF CAPP inc」という社名で経営しています。

事件当時のバードカフェ経営者は水口憲治

グルーポンおせち事件当時のバードカフェを経営していたのは水口憲治です。水口憲治がグルーポンおせち事件を引き起こし、水口憲治の行動が原因で事件に発展しました。

グルーポンおせち事件の発覚後に水口憲治は辞任しましたが、その後社長に就任したのは水口憲治の父親でした。このことで再度水口憲治は批判されます。

グルーポンおせち事件の原因

グルーポンおせち事件はなぜ起きたのでしょうか?原因を探っていくと、おせち料理を提供したバードカフェの運営に問題があるようです。グルーポンおせち事件の原因について調べてみました。

原因【予定を上回るオーダーと食材不足】

グルーポンおせち事件の原因の1つに予定を上回るオーダーがあったことがあげられます。グルーポンでバードカフェが販売していたおせちは当初100個限定の予定でした。しかし、バードカフェが販売していたおせちはとても豪華で値段も安かったので100個の予約はすぐに埋まってしまったのです。

このまま100個限定で販売していたのならグルーポンおせち事件は起こらなかったかもしれませんが、バードカフェは500個にまで販売数を底上げしてしまいます。このため、12月に仕入れることができるおせち料理の食材が不足してしまいスカスカのおせちになってしまいました。

販売数の底上げはバードカフェの水口社長が行ったのかグルーポンが行ったのかは分かっておりません。グルーポンの規約を見ると「クーポンの販売枚数の決定権はグルーポン側にある」とありますのでバードカフェ側にはなかったと言えます。

グルーポン側の担当者が勝手に枚数を増やしたのかもしれませんし、バードカフェの担当者が増やしたのかもしれません。バードカフェの水口社長の指示であったとしてもグルーポンが許可したことには変わりませんのでどちらにも責任があると言えます。こうして食材不足が原因となりスカスカのおせちが購入者に届けられました。

原因【食品偽装疑惑】

グルーポンおせち事件では食品偽装の疑惑がありました。グルーポンでの画像が実物とはかなり異なっていました。グルーポンでは33品目と表記されていたのに実際に商品が届くと25品目しかなかったそうです。

また、カマンベールチーズと表記されていたのに実際はクリームチーズだったり、キャビアと表記されていたのに実際は偽キャビアだったなど食品偽装疑惑が浮上しました。ホテイウオの卵をキャビアと偽り購入者から批判されることとなります。

原因【二重価格商法問題】

グルーポンおせち事件では二重価格商法が問題になりました。二重価格商法というのはいつも5000円で販売している商品なのにお得感を出すため「通常10000円の商品が今だけ5000円」とうたうと二重価格商法にあたることになります。

バードカフェのグルーポンおせち事件は二重価格商法にあたります。バードカフェは通常21000円を今だけ10500円と販売しました。バードカフェではこれまでにおせち料理を作るというノウハウはなかったので21000円でおせちを販売したことはありません。

バードカフェは事実として存在しない通常価格を作り出して、その半額でおせちを購入できると表示し消費者に誤認させました。グルーポン側も金額の確認を怠り、実際にグルーポンにその金額を表示させてしまったことも原因の1つと考えられます。

グルーポンおせち事件のその後

グルーポンおせち事件のその後はどうなったのでしょうか?メディアを騒がせたグルーポンおせち事件はその後どうなったのかを調査してみました。水口憲治社長はグルーポンおせち事件の後、どうしたのかもご紹介しましょう。

おせち購入者への全額返金対応

グルーポンおせち事件は日本中を騒がせましたが、最終的におせち購入者に全額を返金しています。全額を返金し、お詫びの品を送付し、バードカフェは約3000万円の損失を出してしまいました。人件費や食材費が無駄になり、新聞に謝罪広告も出し大きな損失となりました。

全額返金は当然の話ですが、返金しない悪徳企業もありますので、購入者はほっとされたことでしょう。もっと早く誠実な対応をしていればこれほどの事件に発展することはなかったかもしれません。グルーポンとバードカフェは食品偽装や腐った料理を提供するなど多くの人に迷惑をかけたので当然の話と言えます。

水口憲治社長の謝罪

グルーポンおせち事件後に水口憲治社長は謝罪し、同時に辞任が発表されました。新聞に謝罪の広告を出し、謝罪しました。新聞広告を出して謝罪されたところで年に1度しかないおめでたい日の興を削がれたことは許しがたいことです。おせちを楽しみに待っていた購入者にとっては謝罪したからといって許される話ではありません。

新聞広告で謝罪するにはそれなりにお金がかかります。全額返金され、新聞に謝罪の広告までだすのは異例のことだと言えます。しかし、後任の社長は水口憲治の父親であったことから「かたちだけの謝罪」と批判され、更にネットで炎上しました。

スカスカおせちフィギュア登場で完売に驚きの声

スカスカのおせちはネット上で話題になり、その後フィギュアまで発売されました。フィギュアは実物の1/12サイズで手の平に納まるサイズです。スカスカのおせちのフィギュアはイベント会場で2000円で販売され、20分で完売しました。

ワンダーフェスティバル2011は国内外のフィギュアなどが展示され販売される世界最大の展示会です。グルーポンおせち事件から3週間あまりでフィギュアが制作され話題になりました。

スカスカおせちのフィギュアは忠実に再現されていて、蓋には金の文字で「バードカフェ」と書かれています。仕切りが崩れていておせちが中でぐちゃぐちゃになっているのも再現されています。金文字で「バーカ」と書かれたシールも付属されていました。

即完売に驚きの声があがり、ネット上のフィギュアランキングでも数日間1位を獲得しています。スカスカおせちがフィギュアになったのはウケ狙いだったのでしょう。スカスカおせちのフィギュアはかなりリアルなもので、ネットでも大反響を呼びました。

その後はグルーポンにておせち販売復活

グルーポンではグルーポンおせち事件が発生した2011年以降、おせち料理の販売を停止しました。しかし、2014年には販売を再開しています。

その名も「ぎゅうぎゅうおせち」

グルーポンで2014年に販売されたおせちは「ぎゅうぎゅうおせち」とネーミングされました。ハードカフェのスカスカおせちを逆手にとったネーミングに賛否両論の声があがります。

ぎゅうぎゅうおせちはそのネーミング通り本当にぎゅうぎゅうの状態で、実際にぎゅうぎゅうおせちを購入した方は写真をSNSにアップしています。SNSにより注目を浴びたことによって話題作りは成功しました。

グルーポンおせち事件後のバードカフェ社長は?

グルーポンおせち事件後、バードカフェの社長水口憲治は現在どうしているのでしょうか?水口憲治社長の現在が気になる方も多いでしょう。水口憲治社長は現在どうしているのかを調査してみました。

水口憲治社長がテレビ出演で釈明

グルーポンおせち事件後から姿を見せなかった水口憲治社長は2015年、事件から4年後にテレビ出演しました。当時の事件を振り返り、事件の背景を語り釈明しています。水口憲治社長が語ったグルーポンおせち事件の原因の1つに大量生産する実力がなかったことをあげています。

バードカフェは小規模な飲食店であり、500個のおせちを作る生産能力はありませんでした。おせちに対する意識が低く、だた「面白そうな企画だ」というだけでゴーサインを出してしまい、その結果、人材も食材も不足し事件へと発展します。

食材も人材も不足していたので、キャンセルも考えましたが、500名の購入者全員に電話でキャンセルをする時間もありませんでした。「できるところまでやろう」と判断し、おせちの作成と発送を継続するよう判断したそうです。

グルーポン・ジャパンもコメントを出していて、「グルーポンおせち事件が起きた頃は創業2ヵ月だったので、バードカフェのキャパシティのチェックができなかった」と謝罪しています。

事件後は次々と社名を変更

グルーポンおせち事件の後、バードカフェは批判を浴びることとなり、2店舗あったお店は閉店に追い込まれました。事件直後から水口憲治社長は次々と社名を変更し、新店をオープンしています。2011年2月に「THE GRANCH」という新店をオープンしましたが、世間から「店名を変えただけだ」と批判され出店を頓挫しました。

新店のスタッフ集合の画像に水口憲治社長が映っていて、店舗の内装がバードカフェと同じだったことから批判が殺到します。藤沢店のあとには「フジサワキッチン」が入りました。4月には横浜貸切パーティー専門店として「OKANO HOUSE」という新店をオープンしましたが、またもや水口憲治社長が運営していることがバレてしまいました。

次に「チーズ工房カマンブルー」と社名変更し人気が出ましたが、2014年に食中毒が発生し、保健所の立ち入り調査が入りました。その後、イタリア料理「green+」と店名を変えてオープンしましたが、2012年4月に営業を停止しています。フジサワキッチンは現在は閉店しているようです。

その後、「COLTS」というワンコインピザと樽生ワインのお店をオープンし、現在も営業しています。2013年には関内に「炭火焼きワイン ヴァンプーレ」をオープンしましたが、現在は閉店となっているようです。

串焼きBARが食中毒事件の影響で閉店

2014年7月に串焼きBARプクプクで食中毒事件を起こしました。唐揚げや焼き鳥を食べた6名が食中毒を発症し、串焼きBARは1日の営業停止処分を受けています。

元がバードカフェだと知っている方は「何も反省していない」と批判し、水口憲治は再度ピンチに立たされます。串焼きBARはこの影響で閉店してしまいますが、水口憲治はそれでも諦めずそれ以降も次々と飲食店をオープンしました。

逆境を乗り越え現在は新会社「SURF CAPP inc.」設立

水口憲治社長は逆境を乗り越え、現在は新会社である「SURF CAPP inc.」を設立しました。SURF CAPP inc.は神奈川県内で12の飲食店を経営し、様々な店舗を展開しています。水口憲治社長は現在年商7億円、年収1500万円の成功者として返り咲き、改めて社長となりました。

バードカフェの姿を消して現在に至っています。ピーク時は14店舗運営していて、現在は8店舗営業されているようです。二度の事件を引き起こし、社会的信用を完全になくしましたが、現在も数多くの店舗を経営していて、売上も好調です。

炭火焼鳥・牛もつ鍋「うる虎」の評判も調査

2019年の最新店舗としては炭火焼鳥・牛もつ鍋「うる虎」があります。炭火焼鳥・牛もつ鍋「うる虎」は横浜で営業している大人居酒屋で、系列店が2店舗あります。

旬の食材を使用したおばんざいや炭火焼き鳥、本格的なもつ鍋を味わうことができて、日本酒を飲みながらゆっくりとした時間を過ごすことができます。評判も良く、平日も満席になるくらいにぎわっています。

現在はグルーポンおせち事件の汚名返上?

バードカフェはすかすかおせち事件で悪評が知れ渡りました。普通の飲食店であれば食品偽装などで悪評が広まると潰れてしまうものなのですが、バードカフェは現在でも社名を変えて運営を続けています。スカスカおせち事件の反省により、その汚名返上のために努力しているのかもしれません。

SURF CAPP inc.が手掛けたお店は評判が良く、多くの客で賑わっています。色々な問題がありましたが、現在では平和に運営しているようです。あれだけの事件を起こしても再起できたのは水口憲治の経営手腕によるものでしょう。

グルーポンおせち事件で注目のフラッシュマーケティング

グルーポンが提供しているサービスはフラッシュマーケティングと呼ばれている手法です。グルーポンおせち事件で注目されたフラッシュマーケティングとはどのようなサービスなのでしょうか?フラッシュマーケティングのトラブルなどについてもご紹介しましょう。

フラッシュマーケティングとは

フラッシュマーケティングというのは商品やサービスに割引価格がついたクーポンを短時間でネット上で販売するというサービスです。24時間から72時間ほどの短時間で販売されるのが特徴です。

飲食店や美容施設などのサービスを特別価格で購入することができるとてもお得なクーポンです。

共同購入型のネットビジネスは生き残りが大変

共同購入型のネットビジネスは生き残りが大変です。2011年までには230以上の企業が参入し大ヒットしましたが、共同購入型のネットビジネスは競争が激しく、2011年中に70サイトまで減少しています。

フラッシュマーケティングはブームでしたが、徐々に沈静化され、たくさんあったクーポンサイトが次々に閉鎖されていきました。

現在も生き残るグルーポン

グルーポンは現在も生き残っている共同購入型のクーポンサイトです。ビジネスモデルを少しずつ変えながら好調を維持しています。リクルートがやっていたポンパレもサービスを終了し、クーポンサイトは激減しました。

グルーポンおせち事件以来、審査基準を厳しくしたり社内プロセスの改善に努め、トラブルを回避する努力をしています。

トラブルも起こりやすい

フラッシュマーケティングでは数多くのトラブルが報告されていて、トラブルが起こりやすいと言われています。グルーポンは販売場所を提供しているだけで実際の商品は販売者にしか分かりません。共同購入サイトはサイトを提供しているだけでしかないのです。

グルーポンは商品に関する問題は発生後にしかわかりませんのでトラブルになる可能性が高いのです。販売者の実績を知らずにサイトに掲載したり、写真と実際の商品が違っていたり、そもそも商品が届かなかったりというトラブルが発生しています。
 

想定外に売れすぎてしまい、対応できなかったということもあったり、お得に見えても嘘の価格表示がされているというトラブルもあります。

フラッシュマーケティングでは二重価格表示の問題もあり、値引き率を大きく見せようとする業者が後を絶たないというのが実情です。そのため、公正取引委員会は「衣料品は1ヵ月、食料品は2ヵ月続けて販売していた価格」としています。

グルーポンおせち事件から学ぶおせち販売のノウハウ

グルーポンおせち事件では通常よりもはるかにオーバーした受注をしてしまい、その結果サービスが粗悪になってしまいました。格安のサービスを利用する際には何かあることを頭にいれておきましょう。グルーポンおせち事件から学ぶおせち販売のノウハウは今後の課題となっています。

関連するまとめ

Missing
この記事のライター
maki

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ