濱田めぐみの現在!劇団四季退団もミュージカル舞台需要がすごい!

ミュージカル女優である濱田めぐみさんは圧巻の歌唱力で多くの人々を惹きつけてやみません。そんな濱田めぐみさんの数々の出演舞台や劇団四季退団の理由、ご結婚の噂について調査してみました。あなたの知らない濱田めぐみさんが見つかるかもしれません。

濱田めぐみの現在!劇団四季退団もミュージカル舞台需要がすごい!のイメージ

目次

  1. 1濱田めぐみのプロフィール
  2. 2濱田めぐみの現在
  3. 3濱田めぐみの劇団四季退団理由は?
  4. 4濱田めぐみはミュージカル舞台需要が凄い
  5. 5濱田めぐみの結婚した旦那を調査
  6. 6濱田めぐみは劇団四季退団後もミュージカル舞台で大活躍

濱田めぐみのプロフィール

・愛称:濱めぐ
・本名:不明
・生年月日:1972年8月2日
・年齢:46歳(2019年7月現在)
・出身地:福岡県北九州市
・血液型:B型
・身長:165.5㎝
・体重:非公表
・活動内容:女優
・所属グループ:なし
・事務所:ホリプロ・ブッキング・エージェンシー
・家族構成:2013年時点に結婚しているというご本人の発言有

濱田めぐみの経歴

幼少期から歌うことが大好きだったそうで、中学3年生のとき『キャッツ』に出会いミュージカルの道を志します。その後、高校に通いながらアルバイトをして上京を果たし、舞台芸術専門課程が設置されている”舞台芸術学院”に進学されました。


卒業後は”音楽座”というオリジナルミュージカルを専門とする劇団に入団されますが1年半ほどで退団、しかし1996年に3度目のオーディションにて劇団四季への入団を果たし、その後目覚ましいご活躍をされます。

濱田めぐみの現在

濱田めぐみさんは2019年6月現在、特定の劇団には所属していません。では濱田さんは演劇から離れてしまったのでしょうか。

現在もミュージカル女優として活躍

もちろん濱田めぐみさんが演劇から離れてしまったということはなく、今も数々の演目にて舞台に立たれています。劇団四季を離れはしましたが演劇への意欲はなんら失われていないのです。

劇団四季は2010年に退団

ではいつ濱田めぐみさんは退団されたのか、それは2010年の12月とのことです。理由や詳しい情報についてはのちほどご紹介させていただきます。
 

Twitterも現在コンスタントに更新で話題に

濱田めぐみさんは2015年にTwitterを開始され、その後もコンスタントにツイートされており、上演中の舞台と日々のちょっとした出来事について主に呟かれています。

中には「○○さんがご挨拶に来てくださいました」といったものもみられ、こちらは浅田真央さんがいらっしゃった際のものとなっています。

濱田めぐみの劇団四季退団理由は?

濱田めぐみ 劇団四季 退団 理由

出典: https://www.irasutoya.com/

15年もの長きにわたって籍を置いた劇団四季を2010年に退団された濱田めぐみさん。詳しくは後ほどご紹介させていただきますが、この間さまざまな作品でメインの役を務められています。

また退団後も精力的にミュージカルをメインにご活躍されており、体力的な問題も感じさせません。そんな濱田さんがどうして退団という選択をされたのでしょう。詳細な理由が気になるところです。

 

劇団四季退団を「卒業」と語る濱田めぐみ

濱田めぐみ 劇団四季 退団 卒業

出典: https://www.irasutoya.com/

濱田めぐみさんは退団理由について詳しく語られておらず、「退団ではなく卒業だ」とお話しされている程度です。「卒業」という言葉を意識的に使うあたり濱田さんにとってネガティブなものではないということなのでしょう。

 

劇団四季退団理由は?

濱田めぐみ 退団 理由

出典: https://www.irasutoya.com/

残念ながら濱田めぐみさんの退団理由に関する詳しい資料はありませんでした。また劇団四季において運営から「○○さんが退団されます」という詳しい説明がされることはないそうです。そのためファンの方は四季では禁止されている副業(四季以外の舞台に立つことなど)を開始したことなどで卒業されたのだなと察するそうです。

ですので今後も濱田さんの退団理由が表立って出てくることは無いでしょう。ただ退団後の濱田さんの活動と「退団ではなく卒業」という言葉を考慮すると少しだけですが退団理由を推測することはできます。

 

劇団四季退団理由は更なる飛躍の為との声も

劇団四季退団の折、濱田さんが何度か口にされている「退団ではなく卒業だ」という言葉を証明するかのように、濱田さんはソロコンサートの開催やミュージカル版デスノートへの出演などの新たな演技の開拓を続けられています。また劇団四季創設者の一人であり演出家でもあった浅利慶太さんは「観る天国、演る地獄」という言葉を遺されています。

その言葉の通り劇団四季ではどの劇場でも週に5,6回もの公演が行われており、その陰では日々レッスンもあります。そんな環境に15年間も身を置いた訳ですから濱田さんと言えど心身ともに少なからず疲れもあったでしょうし、一度リフレッシュして”演技”というものを新しい視点から見つめてみたいという理由もあったのではないでしょうか。

劇団四季退団後はソロコンサートなど幅広く活躍

先ほどもご紹介させていただきましたが、劇団四季退団後の濱田さんはソロコンサートをはじめとして活躍の幅をさらに広げられています。特にこのソロコンサートのチケットは開始わずかで瞬く間に完売してしまうほどの人気ぶりだったそうです。

さらに映画の吹き替えなどにも挑戦されており、2017年に公開された実写版『美女と野獣』ではタンス夫人の声を当てられています。これらの活動は劇団四季の規則上、劇団員のままでは不可能だったわけですから卒業という言葉を用いるのもうなずけます。

濱田めぐみはミュージカル舞台需要が凄い

濱田めぐみ 舞台 人気 需要

出典: https://www.irasutoya.com/

濱田めぐみさんは圧巻の歌唱力を最大の武器に第一線にて活躍され続けています。そんな濱田さんですから当然ファンの数も多く、テレビにご登場されることはそう多くありませんが、Twitterのフォロワー数は3万人を超えています。

SNSのメイン利用者である若年層は観劇を趣味とする人がそう多くはないと考えるとかなり大きな数字なのではないでしょうか。そんな人気のある濱田さんのこれまで出演されたミュージカルを大きく二つに分けてご紹介していきます。

 

劇団四季時代の出演ミュージカル舞台

濱田めぐみ 劇団四季 出演

出典: https://www.irasutoya.com/

3度目の挑戦にして勝ち取った劇団四季合格。もちろんこれだけでも十分に大変なことなのですが、これは濱田めぐみさんのミュージカル人生における序章に過ぎませんでした。

濱田さんは1995年のオーディション合格から2010年に退団するまでの15年間で、13の作品にて幾度となく四季の舞台に立たれました。今回はその中からいくつかをご紹介させていただきます。
 

出演ミュージカル舞台:「美女と野獣」

ストーリーのご説明は必要ないでしょう。ディズニーが誇るあの名作です。1996年1月31日、濱田めぐみさんは『美女と野獣』のヒロイン・ベルとして劇団四季でのデビューを飾ります。

飛び抜けた歌唱力と内に秘めたポテンシャルを評価されての大抜擢。憧れの劇団四季入団からわずか2か月ほどのことでした。

出演ミュージカル舞台:「クレイジー・フォー・ユー」

濱田めぐみ クレイジー フォー ユー ポリー ミュージカル

出典: https://www.irasutoya.com/

世界恐慌真っ只中の1930年代アメリカ、タップダンスに魅了されるも婚約や仕事に縛られる男・ボビーは、仕事のため訪れたネバダの地で一人の女性・ポリーと出会います。こちらでも濱田めぐみさんはヒロインを演じられています。

 

出演ミュージカル舞台:「ライオンキング」

こちらもディズニーにおける不朽の名作、『ライオンキング』をミュージカル化したものです。日本における『ライオンキング』初公演という特別な舞台で、主人公・シンバの幼馴染であるヒロインのナラを見事に演じられました。

このように初演を演じられた役者さんはオリジナルキャストと呼ばれます。つまり濱田めぐみさんはナラのオリジナルキャストとなる訳です。

出演ミュージカル舞台:「アイーダ」

同名のオペラを基にした古代エジプトを舞台とする作品です。戦勝国エジプトの将軍・ラダメスは婚約者である王女・アムネリスに、敗戦国ヌビア人の捕虜・アイーダを献上します。しかしアイーダの正体はヌビアの王女でした。

濱田さんはこの作品でもオリジナルキャストを務められており、アイーダ役でご出演されています。


 

出演ミュージカル舞台:「ウィキッド」

濱田めぐみ ウィキッド

出典: https://www.irasutoya.com/

『オズの魔法使い』に登場する西の悪い魔女、彼女が悪い魔女となってしまった理由に迫るスピンオフ作品です。グリンダとエルファバという二人の女性を軸に物語は進行します。

濱田さんはまたしてもオリジナルキャストを務められており、気性こそ激しいものの強い正義感を持ち魔法の才能にあふれる女性・エルファバ役にてご出演されています。

 

出演ミュージカル舞台:「マンマ・ミーア!」

マンマ ミーア 濱田めぐみ ベル

出典: https://www.irasutoya.com/

父親を知らない20歳の娘・ソフィは、父を見つけるため自らの結婚式に母の元恋人3人を招待します。結婚式当日、3人の男性は無事式場に現れるのですが、なんと3人ともが「自分が父親だ」と言い始めてしまいます。

そんなソフィの母親・ベルとして濱田めぐみさんがご出演されています。子を持つ親という役を演じるのは初めてのことだったそうです。

 

劇団四季退団後の出演ミュージカル舞台

こちらでは劇団四季退団後の濱田さんの出演作品についてご紹介していきます。多くの演劇ファンが待ち望んだ濱田めぐみさんの復活。

2012年1月よりスタートした『ボニー&クライド』を皮切りに精力的に多くの舞台をこなされています。それではご紹介していきましょう。

出演ミュージカル舞台:「ボニー&クライド」

1930年ごろにアメリカ南部の各地にて強盗を繰り返した実在のカップルのボニーとクライドを描いた物語です。『俺たちに明日はない』という有名な映画を基に制作されていますので聞き覚えのある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

濱田めぐみさんはギャングの男性・クライドに惹かれともに数多くの悪事を繰り返した女性・ボニーを演じられています。

 

出演ミュージカル舞台:「ジキル&ハイド」

『ジキル博士とハイド氏』などの名称でも知られる怪奇小説を基にしたミュージカルです。温厚なジキル博士が、猟奇的なハイド氏に変化してしまう二重人格の恐怖を描いています。濱田さんはハイド氏に惹かれてしまう女性・ルーシーとしてご出演されています。

出演ミュージカル舞台:「シラノ」

17世紀のフランスに実在した作家であり剣術家でもあるシラノという人物を主人公とする物語です。濱田さんはシラノが思いを寄せるヒロイン・ロクサーヌ役でご出演されています。

 

出演ミュージカル舞台:「ラブ・ネバー・ダイ」

世界的に有名な『オペラ座の怪人』の外伝に当たるミュージカルです。この作品で濱田めぐみさんはダブルキャストと呼ばれる二人一役で、実力派歌手・クリスティーナを平原綾香さんとともに務められています。

相当な歌の技量が求められる役柄だそうで、その役に起用される濱田さんの歌唱力の高さがうか
がえます。

出演ミュージカル舞台:「カルメン」

濱田めぐみ カルメン

出典: https://www.irasutoya.com/

恋多き女性・カルメンと彼女にほんろうされる男性を描いた物語です。濱田めぐみさんは主役となるカルメンとしてのご出演です。

 

出演ミュージカル舞台:「メンフィス」

黒人の音楽だったブルースに惚れ込み普及のため奮闘する白人男性・ヒューイと、彼をその歌声で魅了した黒人女性・フェリシアの実話を基にした物語です。しかし舞台は差別が色濃く残る1950年代のアメリカ。彼らの前には多くの困難が立ちふさがります。

こちらの作品で濱田めぐみさんはヒロインのフェリシアを務められています。この役作りのために人種差別についてより深く学ばれたそうです。

出演ミュージカル舞台:「サンセット大通り」

過去の栄光を捨てきれないかつての大女優と売れない男性脚本家の物語です。原作は1950年に制作された同名の映画となっています。こちらでもダブルキャストにて過去の栄光にすがる大女優・ノーマを演じられています。

出演ミュージカル舞台:「Tell Me on a Sunday」

濱田めぐみさんの演劇人生の中でもたいへん珍しい一人舞台の作品です。主人公のエマが夢を叶えようと生き抜いていく姿を、エマを演じる濱田さんおひとりが歌のみで表現するというミュージカルです。

 

出演ミュージカル舞台:「メリー・ポピンズ」

ディズニーが1964年に制作した同名映画をミュージカル化したものです。厳しいながらも子供たちに好かれる不思議な女性メリー・ポピンズと子供たちを描いた作品です。濱田さんはメリー・ポピンズ役で出演されています。

出演ミュージカル舞台:「レ・ミゼラブル」

2012年にミュージカル版をベースとした同名映画が驚異的なヒットを見せたあの作品です。ジャン・ヴァルジャンという男の生涯を通して激動の19世紀フランスを描きます。自らの幼い娘を連れ帰ってくれるようジャンに求めるファンティーヌ役にてのご出演です。

ミュージカル女優・濱田めぐみの歌唱動画もチェック

ここまでご紹介してきたように濱田めぐみさんは歌唱力において抜群の評価を受けています。そんな濱田さんの歌唱力を楽しめる動画を二つご紹介します。

歌唱動画①「What I Did for Love」

ミュージカル『コーラスライン』の中での一曲です。声だけでなく表情も豊かに歌い上げられています。

歌唱動画②「愛の讃歌」

こちらはシャンソンを代表する一曲となっています。たくさんの楽器演奏にも負けないパワフルな歌声です。

濱田めぐみの結婚した旦那を調査

数々の役柄で恋する女性を演じてきた濱田めぐみさん。そんな濱田さんの実生活での恋愛もつい気なってしまうところです。そこで今回は濱田さんの旦那さんについて調査してみました。

 

結婚した旦那は元劇団四季・渡辺正?

濱田さんは私生活についてあまり公で語られておりません。ですが濱田さんの旦那さんは同時期に劇団四季に所属していた渡辺正さんではないかという噂があります。

 

結婚した旦那と噂の渡辺正とは

渡辺さんは1971年生まれの劇団四季にも所属していた俳優さんです。濱田さんとは『アイーダ』などで恋人役として共演しており、年齢も一つちがいですのでたしかに噂になってもおかしくはありません。

結婚した旦那が渡辺正と言われる理由は?

渡辺さんは2011年に劇団四季を退団されており、この時期が濱田さんの退団時期とおおよそ近いのも濱田さんの旦那なのではないかと噂される理由となっています。また2つほどこの説を後押しする噂も見られます。

 

Facebookの名前が「渡辺」名義に変更との噂も

濱田めぐみ フェイスブック 渡辺

出典: https://www.irasutoya.com/

これは濱田さんのものと思われるアカウントが一時的に「渡辺めぐみ」という名前になっていた、というものです。

しかし証拠となるようなものは無く、また仮に名前が「渡辺めぐみ」になっている画像が出てきたとしても少し修正するだけで作れてしまうものですので信憑性には欠けてしまいます。

 

2010年のいい夫婦の日に某レストラン来店で結婚発覚?

濱田めぐみ 渡辺 レストラン いい夫婦

出典: https://www.irasutoya.com/

2010年の11月22日のいい夫婦の日に濱田さんと渡辺さんが長崎のレストランに来店されたというものです。レストランの店主さんが二人が来店したことをTwitterに呟かれたそうなのですが、該当のツイートを見つけることはできませんでした。

 

旦那との間に子供は?

濱田めぐみ 子供

出典: https://www.irasutoya.com/

残念ながら2019年6月現在、お子さんについての情報はありません。旦那さんについても2013年にラジオ番組で触れた以降、お話が出てくることがありませんので今後情報を期待することも難しそうです。

 

旦那と噂の渡辺正との結婚生活にピリオドの噂も

濱田めぐみ 離婚 阿久津 渡辺

出典: https://www.irasutoya.com/

結婚しているかも定かではないのに離婚という噂まで飛び出しています。そして今度のお相手は劇団四季団員の阿久津洋一郎さん。これはいったいどういうことなのでしょうか。

 

阿久津陽一郎との恋の噂も

離婚の噂が飛び出した原因のひとつがこの阿久津さんとの関係についての噂です。この阿久津さんとはいったいどういう方なのでしょうか。

阿久津陽一郎とは

阿久津さんも渡辺さんと同じく1971年生まれの俳優さんです。現在も劇団四季に所属されており、濱田めぐみさんが在籍していたころには何度も恋人役を務められています。

 

阿久津陽一郎との熱愛の真相

濱田さんの旦那さんは阿久津さんなのではという噂ですが、具体的な情報もなく阿久津さんはかつての同級生とご結婚されているという噂があるため、信憑性は低そうです。

 

濱田めぐみは劇団四季退団後もミュージカル舞台で大活躍

ここまで濱田めぐみさんについてご紹介してきましたがいかがだったでしょうか。劇団四季退団後もますますパワーアップされているのがお分かりいただけたと思います。

旦那さんをはじめとする私生活は謎が増えたような結果になってしまいましたが、それだけしっかりと公私を分けられているということかもしれません。これからの濱田さんの新たなご活躍が楽しみですね。

関連するまとめ

関連するキーワード

Missing
この記事のライター
田中一郎
よろしくお願いします。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ