范文雀の死因や命日は?旦那の寺尾聰や余貴美子との関係は?

エキゾチックな美しさが魅力の女優・范文雀さんですが、死因や命日などは判明しているのでしょうか?寺尾聰さんが旦那だというのは本当なのでしょうか?また、范文雀さんと余貴美子さんはどのような関係なのでしょう?范文雀さんの死因や結婚、CMなどについてまとめました。

范文雀の死因や命日は?旦那の寺尾聰や余貴美子との関係は?のイメージ

目次

  1. 1范文雀さんのプロフィール
  2. 2范文雀さんの死因や命日は?
  3. 3范文雀さんの旦那は寺尾聰さん
  4. 4范文雀さんと余貴美子さんの関係
  5. 5范文雀さんは離婚後に荻島真一さんと交際
  6. 6范文雀さんの懐かしい出演作品
  7. 7范文雀さんは現在も語り継がれる女優

范文雀さんのプロフィール

死因や命日も気になる范文雀さんですが、どのような人なのでしょうか?独特の個性が魅力だと言われた范文雀さんは生前どのような活動をされてきたのでしょう?范文雀さんのプロフィールについて画像も交えながら詳しく見ていきましょう。

范文雀さんの経歴

・愛称:???
・本名:范文雀
・生年月日:1948年4月15日
・現在年齢:54歳
・出身地:広島県広島市
・血液型:O型
・身長:???
・体重:???
・活動内容:女優
・所属グループ:なし
・事務所:渡辺プロダクション
・家族構成:元旦那(寺尾聰)

范文雀さんはその名からも分かるように、台湾国籍を持って生まれました。ただ、東京生まれの広島育ちということもあり、中国語はまったく話せなかったといいます。

范文雀さんの両親も日本育ちだったそうで、父親は音楽家だったのだそうです。しかし父は范文雀さんが5歳の時に台湾に帰国してしまい、范文雀さんは母や兄とともに広島の祖母の家で暮らすことになったのだそうです。

広島の祖母は中華料理店を経営しているということもあって羽振りはかなり良かったようで、范文雀さんはこの祖母にとても可愛がられたそうです。ただ、范文雀さん自身は、この祖母に心を開くことはできなかったのだとか。

祖母は范文雀さんのことは本宅に置いて手元から話さず溺愛したそうですが、母や他の兄弟たち、そして父親に対してはとても冷たかったのだそうです。

やがて范文雀さんの両親は東京へ引っ越してしまいますが、范文雀さん自身は祖母が手放そうとしなかったために、中学を卒業するまで広島に留まったのだそうです。

広島ノートルダム清心中学校を卒業した范文雀さんは、ようやく広島を離れ、東京の高校へ進学し、その後は清泉女子大学英文別科へ進学しました。この大学在学中に「特別機動捜査隊」で女優デビューをされています。

范文雀さんは女優として数多くのテレビドラマや映画に出演されますが、仕事に対してはかなりストイックに取り組むタイプだったと言います。

媚びるということを嫌う范文雀さんは、たとえ大物男優との共演でも気に入らなければ断っていたそうです。そうした范文雀さんの真っ直ぐな姿勢は、多くのファン達の共感も呼び、女優としての活躍の場を広げていきました。

范文雀さんは女優としてだけではなく、歌手としても活躍されていたようです。こちらの音声は、歌手としてのデビュー曲「あなたが憎めない」で、1971年にリリースされました。作詞はなかにし礼さん、作曲は中村泰士さんが担当しています。

他にも范文雀さんは1972年に「さすらいのバロック」を、1977年に「蜉蝣」をリリースし、その歌唱力にも注目が集まりました。

あるCMをきっかけに范文雀さんを懐かしむファン急増

実は最近になって、范文雀さんを懐かしむ声がネット上などに見かけられるようになりました。そのきっかけは、こちらの動画のCMだったようです。

このCM動画は花王の「アタック」のCM動画になりますが、「アタック」に引っかけて、かつて流行ったアニメの「アタックNo.1」の映像が使用されています。このCMと范文雀さんにはどのような関係があるのでしょうか?

花王の「アタック」のCMは、范文雀さんが出演された「サインはV」を連想させるのだそうです。この「サインはV」は1969年から1970年にかけて放送されていたドラマで、映画化もされている人気の作品です。

范文雀さんはこの「サインはV」でジュン・サンダース役を演じていました。実はこの作品は「アタックNo.1」に対抗する作品として作られたものなのだそうです。

そうした経緯もあり、花王の「アタック」のCMで「アタックNo.1」の映像を見た人たちが、かつて范文雀さんが出演していた「サインはV」を思い出してしまうと言うのも、ごく自然なことだと言えるでしょう。

ちなみにこの「サインはV」は最高視聴率39.3%、平均視聴率32.3%という大ヒットを記録したドラマだったようです。

范文雀さんの死因や命日は?

范文雀さんは2002年に死去されていますが、その死因は何だったのでしょうか?どのようなことが死因となって范文雀さんは死去されたのでしょう?范文雀さんの死因や命日について調べてみました。

死因は心不全

范文雀さんの死因ですが、心不全だったそうです。この死因となった心不全というのは、血液拍出が不十分になってしまい、全身が必要とするだけの血液の循環量を保てなくなってしまう病態のことを言います。

この状態が原因で死去されたときには、心不全が死因となるようです。心不全には急性心不全と慢性心不全があります。

范文雀さんの死因となった心不全ですが、これは本来、その状態をさす用語ですので、死因として用いられることはあまりないようです。ただ、有名人が亡くなったときなどは、さまざまな事情から心不全が死因として公表されることもあるようです。

范文雀さんの場合も死因は心不全と発表されていますが、本当の死因は他の疾患などの可能性もありそうです。

1998年に悪性リンパ腫で半年間入院

実は范文雀さんは心不全で死去される前に、悪性リンパ腫を患っておられたそうです。死去されたのは2002年ですが、この悪性リンパ腫で入院されたのは4年前の1998年のことだったようです。

腋のリンパ節から悪性リンパ腫と診断されたようですが、この時には半年間に及ぶ入院治療を行い、いったんその病状は小康状態となっていたようです。

がんといえば、一般的には手術による治療が行われることが多いようですが、悪性リンパ腫の場合は、手術による治療を行うケースは少ないようです。

その多くは化学療法と放射線療法によって治療を行うとされていますが、実際に范文雀さんがどのような治療方法を選択されたのかは分かりませんでした。悪性リンパ腫の平均5年生存率は68.3%となっているようです。

2002年に体調悪化で再度入院し死去

一時は治療によってその病状が小康状態となった范文雀さんですが、その後、2002年に再び体調が悪化し、入院することになりました。おそらくこの時には悪性リンパ腫が再発していた可能性が高そうです。

范文雀さんは都内の病院に入院し、治療を受けていたそうですが、体調は悪化の一途をたどり、ついに死去されてしまいます。その享年は54歳でした。

命日は11月5日

范文雀さんの命日ですが、2002年の11月5日になるようです。体調が悪化したのが10月中旬とされていますので、それから2週間ほどで范文雀さんは死去されたことになります。

悪性リンパ腫は再発率の高いがんだということでも知られており、その再発の際には最初のがんと型が違っているということもあるそうです。范文雀さんについては、死因が心不全だという発表があっただけで、再発かどうかなどの詳しいことは分かっていません。

范文雀さんの旦那は寺尾聰さん

范文雀さんは一度結婚されていますが、その結婚相手は俳優や歌手としても活躍されている寺尾聰さんです。范文雀さんと寺尾聰さんはどのような馴れ初めで知り合い、結婚されたのでしょうか?范文雀さんと寺尾聰さんの結婚について調べてみました。

旦那・寺尾聰さんとは

まずは旦那となった寺尾聰さんについて紹介しましょう。寺尾聰さんは現在は俳優として知られていますが、もともとはベーシストとしてバンド「ザ・サベージ」でデビューされています。「この手のひらに愛を」が大ヒットしますが、その後脱退されたそうです。

寺尾聰さんの俳優としてのデビューは1968年のことで、石原裕次郎さん主演の映画「黒部の太陽」がデビュー作品でした。

寺尾聰さんは映画での共演を機に、石原軍団の一員となり、テレビドラマや映画などで俳優として活躍していくことになります。「大都会 PARTIII」や「西部警察」ではサングラスがトレードマークの刑事役として出演され、注目を集めました。

1980年になると寺尾聰さんは石原軍団を離脱されますが、その後は黒澤明監督映画に数多く出演します。主演した「雨あがる」では日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞されました。

2005年には寺尾聰さんは歌手活動も再開されています。現在でも寺尾聰さんはステージでベースを披露することがあるそうで、当時と変わらないテクニックを見ることができるのだそうです。

2008年には寺尾聰さんは紫綬褒章を受賞され、さらに2018年には旭日小綬章も受賞されています。紫綬褒章は父の宇野重吉さんも受賞されており、親子での受賞となりました。

寺尾聰さんといえば、ご自身が作曲され大ヒットした「ルビーの指環」を思い出される方も多いでしょう。この曲は寺尾聰さんのシングルで最大のヒット曲であると同時に「ヨコハマタイヤ」などのCMソングとしても使用されています。

この「ルビーの指環」は2006年にも「キリンラガー」のCMソングとして使用されるなど、現在でも変わらぬ人気を誇り続ける名曲となっています。

こちらは「ヨコハマタイヤ」のCMですが、このCMで流れているのが寺尾聰さんの歌声です。寺尾聰さんの声はとても渋く、その歌声はメロウだという評判もあります。

寺尾聰さんは2018年にもアサヒビールの「プライムリッチ」のCMで「ラストダンスは私に」をカバーし、その歌声を響かせています。他にも寺尾聰さんは森永の「パルム」や「リポビタンfine」のCMなど、数多くのCMに出演されています。

范文雀さんは寺尾聰さんの元妻

范文雀さんは尾聰さんの元妻でもありますが、二人が結婚されたのは1974年のことでした。二人は日本テレビ系で放送されていたドラマ「2丁目3番地」での共演が馴れ初めとなって結婚されたのだそうです。

范文雀さんは当時人気絶頂期でしたが、寺尾聰さんとの結婚を機に芸能界を引退されます。当時は美男美女のカップルとして大きな話題になりました。

寺尾聰さんとの間に子供は?

范文雀さんと寺尾聰さんの間に子供はいたのでしょうか?調べてみたところ、二人の間には子供はいなかったようです。

寺尾聰さんは現在、元女優の星空真弓さんと再婚されていますが、その星空真弓さんとの間には3人の子供がいるそうです。子供に関する詳しい情報は分かりませんでした。ただ、寺尾聰さん自身は長女について「鈴木杏さんに似ている」とコメントされているそうです。

寺尾聰さんとの結婚生活は1年弱で離婚へ

1973年に結婚された范文雀さんと寺尾聰さんですが、二人の結婚生活はそう長くは続きませんでした。結婚に当たって范文雀さんは芸能界を引退までしましたが、その翌年の1974年には二人は離婚してしまいます。

結婚の時には世間を賑わせた范文雀さんと寺尾聰さんの結婚生活ですが、わずか1年弱だったということで、そのスピード離婚も当時のマスコミの注目を集めたと言います。

范文雀さんが仕事を優先したのが離婚理由との噂

范文雀さんと寺尾聰さんの離婚理由ですが、はっきりした理由は分かっていません。ただ、寺尾聰さんは妻には結婚したら家庭に入って欲しいという気持ちを持っていたそうです。そのために、范文雀さんも結婚と同時に芸能界を引退という選択をされました。

しかし、范文雀さんが結婚後も仕事に未練があったために、寺尾聰さんと離婚し、仕事を選ぶという道を選択したのではないかと言われています。

逆に寺尾聰さんの仕事があまりにも忙しすぎたために、二人の気持ちにすれ違いが生じたことが離婚原因ではないかとの見方もあるようです。

范文雀さんは離婚後に仕事復帰されますが、「野良猫ロック」シリーズや「服部半蔵 影の軍団」、「Gメン'75」などの人気ドラマに数多く出演しました。また舞台でも「リア王」や「夏の夜の夢」などに出演し、女優として結婚前よりもさらに活躍をされました。

范文雀さんと余貴美子さんの関係

范文雀さんをネット検索すると、女優の余貴美子さんの名前が出てきます。二人の間には何か関係があるのでしょうか?范文雀さんと余貴美子さんの関係について調べてみました。

余貴美子さんのプロフィール

まずは余貴美子さんのプロフィールから見ていきましょう。余貴美子さんは台湾人の母と日本人の父との間に生まれたハーフなのだそうです。神奈川県出身で、地元の神奈川学園高等学校を卒業されています。

余貴美子さんは高校を卒業すると、すぐにオンシアター自由劇場に入団し、女優としての活動を始めます。この劇団での代表作は「上海バンスキング」などでした。

女優デビュー当初は舞台での活動が主だった余貴美子さんですが、近年では映画やテレビドラマの名バイプレイヤーとして活躍をされています。

2008年と2009年には連続で日本アカデミー賞最優秀助演女優賞を受賞するなど、その演技力は高く評価されています。2009年には映画「おくりびと」にも出演し、ハリウッドでのアカデミー賞外国語映画賞の授賞式にも参加されたそうです。

こちらは2016年に余貴美子さんが「ABC創立65周年記念スペシャルドラマ 氷の轍」に出演されたときのインタビュー動画になります。

余貴美子さんはこの作品で米澤小百合役を演じていて、その時の撮影の苦労などをしみじみと語られています。インタビューでは余貴美子さんの演技に対する熱意や謙虚な人柄などがにじみ出ていて、名女優である理由がよく分かる内容となっています。

范文雀さんと余貴美子さんは従姉妹関係

范文雀さんと余貴美子さんの関係ですが、実は二人は従姉妹の関係になるのだそうです。范文雀さんは両親ともに台湾人ですし、余貴美子さんは母親が台湾人です。

二人の関係をさらに調べてみると、范文雀さんの母と余貴美子さんの父が実の姉妹の関係になるのだそうです。つまり二人は従姉妹の関係であり、幼少期からその存在をお互いに知っていたという可能性もありそうです。

ただ、范文雀さんの国籍は台湾になっていますが、余貴美子さんの国籍は中国です。これにも事情があったようで、実はもともと范文雀さんと余貴美子さんの祖先は中国人で、後に台湾に移住したという経歴があるのだそうです。

こうした范文雀さんと余貴美子さんの祖先のことについては、余貴美子さんの先祖をたどる番組の中で解明されたことだったようです。

余貴美子さんが女優を目指すきっかけは范文雀さん

余貴美子さんは高校を卒業後、すぐに劇団に入団し、女優として活動を始められますが、これにも范文雀さんが関わっていたようです。従姉妹の范文雀さんが女優として活躍しているのを見て、余貴美子さんも女優に憧れたのだとか。

つまり、もしも范文雀さんが女優という仕事を選んでいなければ、現在の余貴美子さんの活躍はなかった可能性もあるかもしれません。

范文雀さんは離婚後に荻島真一さんと交際

寺尾聰さんとは結婚後1年弱で離婚してしまった范文雀さんですが、その後の恋愛や結婚はどうなっているのでしょうか?范文雀さんの恋愛や結婚についてさらに調べてみたところ、俳優の萩島真一さんと交際していたことが判明しました。

荻島真一さんのプロフィール

まずは俳優の萩島真一さんのプロフィールから見ていきましょう。萩島真一さんは1946年10月7日に東京都西多摩郡五日市町で誕生し、多摩芸術学園演劇科を卒業されています。その後は劇団四季の俳優としても活躍されていたようです。

その俳優デビューは1971年の舞台「信長記」でした。テレビドラマデビューは同じ年に放送された「花王愛の劇場 夏の嵐」だったようです。

萩島真一さんはその後、NHKの連続テレビ小説「おていちゃん」での片桐真一役やTBS系で放送された「隠密剣士 突っ走れ!」での主演などが話題となり、二枚目俳優として人気を集めました。

2時間ドラマにも多数出演された萩島真一さんですが、2003年に胆管がんが発見され、翌年の2004年に58歳という若さで死去されています。

范文雀さんと荻島真一さんの馴れ初めは?

范文雀さんと萩島真一さんの馴れ初めですが、1977年に放送された「愛の嵐」での共演だったようです。このドラマは不倫を描いたドラマで、当時はとても人気を集めました。

この作品の中で范文雀さんは中尾彬さんが演じる沢野達夫の愛人の絹子役を演じ、萩島真一さんは沢野達夫の弟役を演じていました。ドラマの中では恋仲になることはなかった二人ですが、この共演後ほどなく交際を始めたと言われています。

范文雀さんと荻島真一さんは交際関係だったが破局

范文雀さんと萩島真一さんは交際後、同棲をしていたのだそうです。これは週刊誌などでスクープされたわけではなく、萩島真一さん自身が告白されたことなのだとか。

ただ、二人は破局を迎えてしまったようです。その破局理由や時期などは不明ですが、萩島真一さんは別の女性と結婚されました。二人の交際は事実ですが、その詳しい状況などは分かっていないことが多いようです。

范文雀さんの懐かしい出演作品

范文雀さんは人気女優でしたので、数多く映画やドラマなどの作品に出演されています。そんな中でも代表的と言われる作品について動画とともに紹介していきましょう。

ジュン・サンダース役が話題「サインはV」

范文雀さんの代名詞ともいえる作品が「サインはV」です。女子バレーボール部を描いたこの作品ですが、范文雀さんはエリザベス・サンダースホームという児童養護施設で育ったハーフのジュン・サンダース役を演じました。

最終的にはこのジュン・サンダースは骨肉腫で亡くなってしまうというストーリーなのですが、ドラマであるにも関わらず助命の嘆願が多く寄せられたのだそうです。

サスペンスドラマ「男と女と」にも出演し話題に

范文雀さんはサスペンスドラマにも出演されていますが、その中でも話題となったのが1973年に放送された「男と女と」です。このドラマは日本テレビ系の「火曜日の女シリーズ」枠で放送され、注目を集めました。

范文雀さんはこの作品で主役の遠井真弓役を演じました。この作品には他にも村野武範さんや蜷川幸雄さん、竜崎勝さんや長内美那子などが出演されていました。

ドラマ・CMで活躍の岩井俊二監督映画「Love Letter」

范文雀さんは岩井俊二監督の映画「Love Lette」にも出演されていました。この「Love Lette」は1995年に公開され、中山美穂さんと豊川悦治さんが主演して話題になった作品でもあります。

この「Love Lette」で范文雀さんは藤井晶子役を演じて注目を集めました。この映画には他にも田口トモロヲさんや酒井美紀さん、柏原崇さんなどが出演されていました。

鍵となる人物を演じた映画「人間の証明」

范文雀さんが出演された話題になった映画には「人間の証明」もあります。この「人間の証明」は1977年に公開された映画で、森村誠一さんの長編推理小説が原作となっています。

松田優作さんやハナ肇さんらが出演していたこの作品で、范文雀さんはクラブホステスで愛人という役を演じます。最終的には岩城滉一さんが演じる郡恭平に車でひき殺されてしまうという役柄ですが、この物語のキーマン的な役割を果たしています。

范文雀さんは現在も語り継がれる女優

独特の存在感と潔さが魅力の女優・范文雀さんについて紹介してきました。范文雀さんは心不全が死因で2002年に死去されていますが、それまでに数多くのテレビドラマや映画に出演し、印象的な演技を披露されてきました。

范文雀さんが死去されてから20年近くが経ちますが、代表作である「サインはV」を彷彿とさせるCMがきっかけで最近もその名前が話題になっているようです。范文雀さんの出演された作品は、これからも多くの人の中で生き続けることでしょう。

関連するまとめ

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ