原田葵は中日ファン?噂やエピソードなども調査

欅坂46の原田葵が中日ドラゴンズのファンという噂を紹介します。アイドル活動と勉学を両立させている原田葵ですが、その趣味がプロ野球観戦のようです。そして、応援しているチームが中日ドラゴンズなのだとか。原田葵と中日ドラゴンズに関するエピソードを紹介します。

原田葵は中日ファン?噂やエピソードなども調査のイメージ

目次

  1. 1原田葵(欅坂46)のプロフィール
  2. 2原田葵は中日ファン?
  3. 3原田葵の中日ドラゴンズに関する噂
  4. 4原田葵の中日ドラゴンズエピソード
  5. 5原田葵の中日ファンである事に対する世間の声
  6. 6原田葵は父親の影響で中日ドラゴンズファン

原田葵(欅坂46)のプロフィール

・愛称:あおい、あーちゃん、あおたん、ごぼうちゃん
・本名:原田葵(はらだあおい)
・生年月日:2000年5月7日
・年齢:20歳(2020年9月現在)
・出身地:東京都
・血液型:AB型
・身長:156cm
・体重:???
・活動内容:アイドル
・所属グループ:欅坂46
・事務所:Seed & Flower合同会社
・家族構成:父親、母親、弟

原田葵の欅坂46などの経歴

原田葵は東京都出身のアイドルです。アイドルグループの欅坂46のメンバーとして活動中。ニックネームは「あおい」や「あーちゃん」と呼ばれています。

東京都出身の原田葵ですが、正確には大阪府生まれで幼稚園の頃まで京都府に住んでいたそうです。そんな彼女は幼少期はバレエを習っていたこともあり、踊ることが大好き。また、特技としてお菓子作りも挙げているそうです。

原田葵は中学受験を経験して、東京都の吉祥女子中学校に入学したと言われています。偏差値は67の学校だけに原田葵は勉強が得意なのかもしれません。そして、中学3年生のときに欅坂46のオーディションを受けることになります。

2015年8月21日に欅坂46の1期生オーディションに合格。当時、欅坂46で現役中学生だったのは平手友梨奈と原田葵だけでした。アイドルとして活動しながら、高校は吉祥女子高等学校に進学しており、内部進学と推測されていました。

欅坂46のメンバーの中には、芸能活動に理解がある学校に編入している人も多いのです。しかし、原田葵はそのまま内部進学しており、アイドル活動と勉学の両立を決断。そして、2018年5月に学業に専念するために、芸能活動を一時休止しています。

原田葵は2019年4月に法政大学社会学部に合格。同年7月5日に「欅共和国2019」から芸能活動を再開しました。原田葵は約1年間の活動休止から復帰する中で不安があったことを明かしています。同時に、欅坂46としてまた活動出来る喜びも語っており、今後の活動に注目と言えるでしょう。

Thumb原田葵は法政大学?出身高校や中学などの学歴も調査!目撃情報やエピソードなども
欅坂46に復帰した原田葵は法政大学に通っているという噂がありますが、それは本当なのでしょうか...

原田葵は中日ファン?

欅坂46のメンバーはそれぞれ様々な趣味を持っています。その中で原田葵は野球好きで中日ファンという噂がありました。原田葵が野球を好きになった経緯や中日を応援している理由を調査したので確認しましょう。

原田葵はプロ野球「中日ドラゴンズ」のファン

原田葵は野球ファンで、プロ野球「中日ドラゴンズ」を応援しているそうです。東京都出身の原田葵ですが、名古屋が本拠地な中日ドラゴンズを応援しているとのこと。そういった点も含めて原田葵と中日に関するエピソードを紹介していきます。

中日ドラゴンズとは

中日ドラゴンズは日本のプロ野球球団でセントラル・リーグ所属です。愛知県を本拠地としており、同県の名古屋にナゴヤドームという専用球場があります。球団が創設されたのは1936年。当時は「名古屋軍」という名称でした。

名古屋軍という名称から、産業軍、中部日本、中部日本ドラゴンズ、中日ドラゴンズ、名古屋ドラゴンズ、そして、改めて中日ドラゴンズとなり、1954年から現在までそのチーム名が使用されています。

中日ドラゴンズを代表する選手は様々存在しますが、特に与那嶺要監督時代の1974年に活躍した高木守道や星野仙一らは有名選手と言えるでしょう。また、落合博満や田尾安志、牛島和彦、川上憲伸や山本昌も歴史に名を残す名選手として人気です。

2019年からは与田剛が監督を務めており、投手の大野雄大や野手の大島洋平に平田良介などが活躍し、機動力を中心のチームとなっています。プロ野球球団としては、巨人や阪神、元阪急であるオリックスに続く古参チーム。地元に密着した球団として野球界を盛り上げています。

公式ブログでも中日ドラゴンズファンを公表

原田葵は公式ブログにおいて、自身が中日ドラゴンズファンであることを公表しています。ブログでは日常生活や欅坂46に関する活動などを綴っていますが、趣味に関する話題を紹介することがあるのです。その中で中日ドラゴンズが大好きと公言しており、ファンとの交流に繋がっていると言われています。

原田葵の中日ドラゴンズに関する噂

中日ドラゴンズと噂されていた原田葵ですが、公式ブログで正式にそのことを認めています。欅坂46応援する野球ファンも多いため、握手会などで盛り上がる話題になっているのだとか。そんな原田葵が中日ドラゴンズファンになったエピソードを紹介します。

そもそも中日ドラゴンズのファンになった理由は?

野球ファンになる理由はもちろんですが、中日ドラゴンズを好きになったきっかけが気になるところ。原田葵を中日ドラゴンズファンになった理由を調査しました。

中日ドラゴンズファンの理由は父親の影響

原田葵によると野球や中日ドラゴンズファンになった理由は「父親の影響」とのこと。父親が大の中日ドラゴンズファンということが影響して興味を持ったそうです。

家族で野球観戦に行くことや弟が野球部に入っていることも明かされていました。父親の影響で一緒に野球を見るようになった、というエピソードは多いのだとか。逆にテレビのチャンネルを独占されてしまって、野球嫌いになる人もいると言われています。

原田葵の父親からすれば、娘も中日ドラゴンズファンになってくれたのはとても嬉しいことでしょう。家族で野球観戦をしたり、試合結果で盛り上がったり出来るのは普段の会話にも繋がると言えます。年頃の娘と共通の趣味を持てるのは父親と娘の良い交流に繋がっているのでしょう。

好きな野球選手の噂

中日ファンの原田葵ですが、個別で好きな野球選手はいるのでしょうか?原田葵が好きな野球選手の噂として、元中日ドラゴンズの井端弘和の名前が挙がっています。原田葵はブログに井端弘和のグッズの写真を載せていたことが噂のきっかけとのことです。

あるファンの噂によると、握手会で好きな野球選手について聞いたところ、「日ハムの大谷選手」と答えたのだとか。大谷選手というのは現在メジャーで活躍している大谷翔平のことです。元々は日本のパ・リーグに所属する日本ハムファイターズの選手でした。

大谷翔平の特徴はなんと言っても「二刀流」です。1人で野手も投手もこなせる選手として大きな話題になりました。野球ファンにとってロマンの塊のような選手であり、現在はメジャーで活躍中。野球ファンである原田葵が気になる選手になるのもうなずけるかもしれません。

このように原田葵の好きな野球選手の噂として、元中日ドラゴンズの井端弘和、現在メジャーでプレイしている大谷翔平が候補として挙げられます。原田葵は中日ファンであると同時に野球全体が好きで、いろいろな選手が好きな可能性も考えられるでしょう。

原田葵の中日ドラゴンズエピソード

父親の影響から中日ドラゴンズファンになった原田葵。そんな原田葵と中日ドラゴンズに関係するエピソードを紹介します。

中日ドラゴンズエピソード①プロ野球ガールズに抜擢

原田葵は2017年3月27日に発売された雑誌「週間プレイボーイ」の企画である「プロ野球ガールズ2017」に選出されています。この企画では各球団のファンである女性タレントが選ばれており、原田葵は中日ドラゴンズファンとして抜擢されています。

例えば読売ジャイアンツではアンジュルムの竹内朱莉、阪神タイガースではNMB48の山本彩加が選ばれています。プロ野球ガールズはアイドルグループだけでなく、グラビアアイドルとして活動している人物も選出されているのです。

原田葵は父親が中日ドラゴンズファンだったことでプロ野球に興味を持ったエピソードを披露。その中で、赤ちゃんの頃にはすでに野球場に連れて行ってもらっていたことを明かしています。

先程、原田葵の好きな野球選手の噂を紹介しましたが、もう1人候補が存在します。それはこのインタビューのときに語った中日ドラゴンズの小笠原慎之介です。

原田葵が欅坂46の3次審査の合格通知をもらったとき、東海大学付属相模高等学校の生徒として甲子園で小笠原慎之介が投げていたのだとか。原田葵いわく「勝手に親近感を感じて応援している」とのことで、現在中日ドラゴンズ所属ということもあり、好きな野球選手の1人だと推測されていました。

中日ドラゴンズエピソード②友達は阪神タイガースファン

2016年2月17日にアップされた原田葵の公式ブログ。そのタイトルは「仲良しな友達は阪神ファンで私は中日ファン。東京にいる限り一緒に見に行くことはなさそうです。」というものでした。

非常に興味深いタイトルと言えますが、ブログの中では父親との野球に関する思い出が綴られていました。2010年に撮られた思い出写真を公開しており、底には幼い原田葵が中日ドラゴンズのタオルをかけて野球観戦している姿が写っていたのです。

ブログの中ではタイトルの友達とのエピソードは書かれておらず、詳しい内容は不明なまま。とはいえ、タイトルから友達が阪神タイガースのファンであることがうかがえます。同時に阪神タイガースは関西の甲子園が本拠地であり、中日ドラゴンズが愛知県の名古屋が本拠地になります。

そのため、基本的に両チームが一緒に関東の球場で試合をすることはありません。野球はどちらかの本拠地で試合を行うのが基本となっています。関東で中日ドラゴンズの試合を見たければ、東京ドームの巨人戦、神宮球場のヤクルト戦、横浜スタジアムの横浜戦になります。

これは同様に阪神タイガースにも言えることになるのです。そのため、お互いの好きなチームの試合を一緒に見ることが出来ないため、さきほどのような「東京にいる限り一緒に見に行くことはなさそうです」となるのでしょう。

中日ドラゴンズエピソード③始球式参加願望を語る

プロ野球ファンなら一度はマウンドに立ってボールを投げてみたい、と思うかもしれません。原田葵もそんな夢を持つ1人。2020年9月現在、原田葵は始球式を経験したことがありません。

先程のプロ野球ガールズに選出された際のブログにおいて「いつか始球式やりたいな」と告白。ファンからも原田葵の始球式を期待する声が挙がっていました。

日本の始球式に選ばれる基準は明確なものは無いと言われています。基本的に球団や球団スポンサーなどがプロモーションとして選出することが多いと噂されているのだとか。ドラマのキャストが選ばれたり、企業の重役が選ばれたりと様々な人物が始球式に登場します。

欅坂46のメンバーの中で始球式を経験した人がいます。今泉佑唯、小林由依、長濱ねるは異例の3人で登場。1人1球ずつ投げて三振を取るという形でした。また、菅井友香、石森虹花、守山茜なども始球式を経験しています。

このように欅坂46メンバーで始球式を行った人がいるだけに、原田葵も十分に可能性はあると言えるでしょう。始球式に選ばれるためにも、欅坂46の中でさらに活躍すると中日ドラゴンズ関係者からオファーがあるかもしれません。

原田葵の中日ファンである事に対する世間の声

すっかりファンにも中日ファンとして知られている原田葵。そんな中日ファンである原田葵に関する世間の声をチェックしてみましょう。原田葵と中日ドラゴンズが繋がるような企画を期待する声が多いようです。

世間の声【イメージガール希望のファン】

先程の週間プレイボーイで企画されたプロ野球ガールズも関係して、原田葵に「中日ドラゴンズのイメージガールになってほしい」という声が出ていました。近年は広島東洋カープを応援する「カープ女子」が増加して話題になりましたが、ファンは「ドラゴンズ女子」が増えるきっかけになって欲しいのかもしれません。

球団によってイメージガール的な存在がいます。たとえば阪神タイガースは当時NMB48に在籍していた山本彩などが関わっていました。現在も山本彩が歌う阪神タイガースの「六甲おろし」の映像が甲子園球場で流れています。

世間の声【ファンも始球式登場を願う】

原田葵は始球式への意欲を見せていますが、ファンからも期待の声が出ていました。自分の応援しているアイドルがマウンドに立つ、というのは喜びもひとしおと言えそうです。

幼少期から大好きだった中日ドラゴンズの試合で始球式が経験できれば、原田葵にとっても貴重な経験になることでしょう。

世間の声【知ってる選手が気になる】

握手会で原田葵と野球話をするファンも多いのだとか。そういったエピソードや噂の中で、原田葵が知っている野球選手が気になるという声もあります。

「中日ドラゴンズに在籍している現役の選手はほとんど知っているかも」という噂も。幼少期から中日ドラゴンズファンだったことを明かしているので、OBもある程度把握していることが想像出来ます。今後も握手会などを通して、原田葵と中日ドラゴンズに関するエピソードがたくさん明かされていきそうです。

原田葵は父親の影響で中日ドラゴンズファン

原田葵と中日ドラゴンズに関する噂やエピソードを紹介しました。原田葵が中日ドラゴンズファンになったのは、父親の影響とのこと。大の中日ドラゴンズファンだった父親の影響を受けて、幼少期から野球観戦もたびたび行っていたそうです。

欅坂46に加入してからも中日ファンであることは変わっておらず、プロ野球ガールズにも選出されていました。今後は中日ドラゴンズからオファーを受けて、始球式のイベントなどに登場することをファンから期待されていました。今後の原田葵の活躍と中日ドラゴンズとの関係に注目していきましょう!

関連するまとめ

関連するキーワード

Original
この記事のライター
浅倉恭介
ギターと野球と料理が好き。犬が飼いたい! もともとは接客業界で働いてました その後は保育業界に。 ロ...

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ