遥くららの現在!旦那と結婚と子供は?これまでの経歴などまとめ

元宝塚のトップ娘役として活躍していた遥くららは現在どうしているのかが気になります。遥くららは現在何をしているのかを調査してみました。遥くららは結婚していて、結婚後芸能界を引退しているようですが、旦那と子供についてもご紹介しましょう。

遥くららの現在!旦那と結婚と子供は?これまでの経歴などまとめのイメージ

目次

  1. 1遥くららのプロフィール
  2. 2遥くららの現在
  3. 3遥くららの旦那と結婚と子供は?
  4. 4遥くららのこれまでの宝塚時代や女優経歴
  5. 5遥くらら以外の元宝塚女優の現在も調査
  6. 6遥くららは芸能界引退後も宝塚オーラを放つ

遥くららのプロフィール

・愛称:モック
・本名:山崎 久美子(やまさき くみこ)
・生年月日:1955年11月9日
・年齢:65歳(2022年6月現在)
・出身地:神奈川県横浜市
・血液型:不明
・身長:166㎝
・体重:不明
・活動内容:元宝塚歌劇団星組・雪組トップ娘役、元女優
・所属グループ:なし
・事務所:なし
・家族構成:夫

遥くららの経歴

遥くららは1955年11月9日に神奈川県横浜市で生まれた元宝塚歌劇団星組・雪組トップ娘役で元女優です。1972年に宝塚音楽学校に入学し、1974年に第60期生として宝塚歌劇団に入団し、星組・花組合同公演『虞美人』で初舞台を踏んでいます。

1975年に星組に配属され、入団当初は男役でした。1975年にポーラテレビ小説『加奈子』の主役に抜擢されています。その後、『おゆき』や『美しき殺意』、『1年B組新八先生』など数多くのドラマに出演しています。

1977年5月に『風と共に去りぬ』でスカーレット・オハラ役を務め、それ以後、正式に娘役に転向しています。『テームズの霧に別れを/セ・マニフィーク』で星組トップ娘役に就任しました。

1980年に雪組に組替えし、相手役の麻実れいとゴールデンコンビと呼ばれ人気を博しています。1984年7月30日に『風と共に去りぬ』の東京公演を最後に宝塚歌劇団を退団しました。宝塚を退団後、東宝芸能に所属し女優として活動しています。

『櫻の園』や『細雪』で数多くの賞を受賞しました。1985年にはNHK新大型時代劇『真田太平記』のヒロイン・お江役を務め数多くのテレビドラマに出演しています。1990年代前半に一般男性と結婚し芸能界を引退しました。

2014年には宝塚歌劇団100周年を祝う祭典『時を奏でるスミレの花たち』に参加しています。2016年1月8日にNHKのあさイチ「プレミアムトーク 草刈正雄」にVTRで出演し注目されました。

遥くららの「マルアイ」CMって?

遥くららは昭和58年に「マルアイ」のCMに出演していました。遥くららは花かつおの「マルアイ」CMに出演し、美しい着物姿を披露しています。「マルアイ」は食品メーカーで、水産加工品の製造や販売を手掛けていました。2017年にはごろもフーズに合併されています。

遥くららの現在

宝塚歌劇団で活躍していた遥くららは宝塚を引退後、女優として活動していましたが、結婚して芸能界を引退しています。遥くららは現在どうしているのでしょうか?遥くららは現在何をしているのかを調査してみました。

遥くららの現在の年齢は?

遥くららは1955年11月9日生まれなので、2022年6月現在、年齢は65歳です。遥くららは現在芸能界を引退していますが、2016年にテレビ出演し、65歳とは思えない若々しい姿を披露しました。

遥くららの現在のSNSやブログはある?

遥くららは現在、SNSやブログなどはあるのでしょうか?遥くららのTwitterやインスタグラム、ブログなどのアカウントがあるのかを調査してみましたが、残念ながら確認できませんでした。

遥くららの現在の顔も調査

遥くららの現在の顔も調査してみました。遥くららは2016年1月にNHK「あさイチ」に出演しました。番組内のブレミアムトークのゲストとしてVTRで出演し、相変わらずの美貌が話題になっています。

遥くららに似てると言われる芸能人

遥くららはネット上である芸能人と似てると話題になっています。遥くららと似ていると言われている芸能人にはどのような人がいるのでしょうか?遥くららとどのようなところが似てるのかも調査してみました。

似てると言われる芸能人①檀れい

檀れいと遥くららは似てると言われています。遥くららと檀れいは同じ宝塚歌劇団に所属していて、トップ娘役として活躍していました。2人ともトップ娘役だったので、どことなく似てるようです。

檀れいは1971年8月4日に兵庫県で生まれ、元宝塚歌劇団月組・星組のトップ娘役です。2005年に宝塚歌劇団を退団し、その後は女優として活躍しています。2011年に俳優の及川光博と結婚しましたが、2018年に離婚しました。

似てると言われる芸能人②映美くらら

映美くららと遥くららが似てるとブログで紹介され話題になりました。確かに映美くららと遥くららの顔は見る角度によって似ているように見えます。

映美くららは1979年6月15日生まれで、遥くららと同じ元宝塚歌劇団月組のトップ娘役として活躍していました。2015年5月に結婚し、2016年9月に第1子、2017年3月に第2子が誕生しています。

遥くららの旦那と結婚と子供は?

遥くららは結婚して芸能界を引退しました。遥くららが結婚した旦那はどんな人なのでしょうか?遥くららの旦那には様々な説が飛び交っているようなので、旦那や子供について調査してみました。

遥くららが結婚した旦那の噂の真相①草刈正雄

遥くららが結婚した旦那には様々な説が飛び交っているようです。その1つが草刈正雄説で、「遥くららの旦那は草刈正雄ではないか?」という噂が浮上しています。なぜ遥くららの旦那は草刈正雄だと言われているのでしょうか?

草刈正雄とは

草刈正雄は1952年9月5日に福岡県小倉市で生まれました。アメリカ軍の兵士と日本人の母親との間に生まれたハーフです。1970年に資生堂専属モデルになり、2年間モデルとして活動し、その後俳優に転向しました。

1974年に東宝の専属となり『卑弥呼』で映画デビューしました。その後は数多くのドラマや映画に出演し活躍しています。2016年にはNHK大河ドラマ『真田丸』で真田昌幸を演じ注目されました。2019年にNHKの朝ドラ『なつぞら』にも出演しています。

結婚した旦那が草刈正雄と言われる理由

遥くららの旦那は草刈正雄という噂が浮上しています。遥くららは1990年代前半に結婚し、その旦那が草刈正雄だと噂されています。遥くららの旦那はなぜ草刈正雄だと言われているのか、その理由について調査してみました。

「遥くらら」とネットで検索すると、「草刈正雄」というワードが出てくるため、「2人は結婚しているのでは?」と噂されているようです。

草刈正雄との関係は?

遥くららと草刈正雄との関係について調査してみました。遥くららと草刈正雄は1985年に「真田太平記」で共演しています。遥くららは2016年1月にNHK「あさイチ」に出演し、ゲストの草刈正雄にメッセージを送りました。

「真田太平記」で遥くららはヒロインのお江役を務めています。草刈正雄のために番組に出演したことから結婚していると噂になったようです。しかし、遥くららは一般男性と結婚したので、草刈正雄ではありません。

遥くららが結婚した旦那の噂の真相②島田文六の息子説

遥くららが結婚した旦那は島田文六の息子だという説も浮上しています。遥くららの旦那は島田文六の息子で、日本の大富豪という噂です。島田文六とはどのような人物で、遥くららの旦那は本当に島田文六の息子なのかを調査してみました。

島田文六とは

島田文六は神戸で有名な大富豪で、鉄スクラップ業のシマブンコーポレーション株式会社の前取締役社長です。島田文六はパナマ文書にも掲載されているほどの大富豪です。バージン諸島に小型機のチャーター会社も設立しています。

島田文六の息子が旦那の可能性は?

島田文六の息子が遥くららの旦那である可能性は高そうです。遥くららの旦那はフランスに20億円もする古城を持っていることで話題になっています。旦那は一般人ということですが、義父は島田文六である可能性が考えられます。

遥くららと旦那の子供は何人?

遥くららは一般男性と結婚し、芸能界を引退しました。遥くららと旦那との間に子供はいるのでしょうか?子供がいる場合、何人いて性別はどちらなのかなどについても調査してみました。

遥くららの子供の有無や現在について

遥くららには子供がいるのか、子供の有無や現在どうしているのかについてご紹介しましょう。遥くららは一般男性と結婚しましたが、子供がいるかについては公表しておりません。子供がいるのかもしれませんがはっきりとした情報はありませんでした。

遥くららのこれまでの宝塚時代や女優経歴

遥くららは宝塚歌劇団に所属し、トップ娘役として活躍していました。宝塚歌劇団を退団後、女優として活動しています。これまでの宝塚時代の活動経歴や女優経歴についてご紹介しましょう。

遥くららの宝塚時代の活動経歴

遥くららの宝塚時代の活動経歴についてご紹介しましょう。遥くららは1974年に第60期生として宝塚歌劇団に入団しました。宝塚歌劇団での出演経歴などについて調査してみました。

遥くららは宝塚歌劇団トップ娘役

遥くららは宝塚歌劇団に入団当初は男役でしたが、1977年に「風邪と共に去りぬ」でスカーレット・オハラ役を務め、そこから娘役に転向しています。鳳蘭の相手役として星組のトップ娘役として活躍していました。

遥くららの宝塚時代の出演経歴と人気を振り返り

遥くららは1977年に『風邪と共に去りぬ』に出演し、『テームズの霧に別れを/セ・マニフィーク』で鳳蘭の相手役を務めました。その後、『誰がために鐘は鳴る』のマリア役を務め、『白夜わが愛』では染乃役を務めています。『ジャワの踊り子』、『うたかたの恋』など名作を残しています。

今は亡き北原遥子との交流関係は?

遥くららは今は亡き北原遥子と交流がありました。北原遥子は1985年8月12日の日航機墜落事故により24歳という若さで他界しています。遥くららと北原遥子は亡くなる前まで交流があり、遥くららから紹介されて声楽のレッスンに通ったり日舞の稽古に通っていたようです。

遥くららの宝塚時代のエピソード【麻実れい編】

遥くららと麻実れいは当時ゴールデンコンビと言われていました。麻実れいは遥くららが引退した時、後任のトップ娘役を特定しなかったそうです。それほど遥くららの存在を大切にしていて、麻実れいは遥くららの引退から翌年退団しました。

遥くららの宝塚時代のエピソード【入団当初の歌唱力】

遥くららは入団当初、成績が40人中37位でした。遥くららは演技が上手かったのですが、歌が下手だったために成績がいいとは言えなかったようです。

遥くららの宝塚退団後の女優活動経歴

遥くららは宝塚歌劇団を退団後、女優として活動しています。女優としてどのような作品に出演したのか、宝塚退団後の女優活動経歴についてご紹介しましょう。

宝塚退団後は「東宝芸能」所属で女優に

遥くららは宝塚歌劇団を退団後、「東宝芸能」に所属し女優として活動を始めました。遥くららはテレビドラマに出演するなど女優として活躍しています。

遥くららの宝塚退団後の出演経歴

遥くららの宝塚退団後の出演経歴についてご紹介しましょう。1985年にNHK新大型時代劇の『真田太平記』でヒロインのお江役を務めました。1985年から1990年まで舞台「細雪」で雪子役を演じています。

遥くららの女優としての受賞歴も調査

遥くららは女優として数多くの賞を受賞しています。『櫻の園』でワーニャ役を務め、第10回菊田一夫演劇賞を受賞しました。1990年には『細雪』で雪子役を務め第45回文化庁芸術祭賞を受賞しています。

遥くららの芸能界引退後の活動経歴

遥くららは1990年代前半に一般男性と結婚し芸能界を引退しています。遥くららは芸能界引退後にどんな活動をしてきたのか、活動経歴について調査してみました。

90年代に芸能界引退も一部で活動?

遥くららは1990年代に芸能界を引退しましたが、一部で活動をしていたという噂が聞かれます。引退後も宝塚歌劇団の出版物や取材などに応じ、一部活動をしていました。

『あさイチ』出演でのトークも話題に

遥くららはは2016年1月にNHK『あさイチ』に出演しました。プレミアムトークゲストで草刈正雄が出演した際に、VTRに出演し話題になっています。芸能界を引退しているのにテレビ出演するという異例のことに注目が集まりました。

遥くらら以外の元宝塚女優の現在も調査

遥くらら以外の元宝塚女優の現在も調査してみました。元宝塚歌劇団で活躍していた人たちは現在どうしているのかが気になります。現在も芸能界で活躍している方もいるようなのでご紹介しましょう。

元宝塚女優の現在【紫吹淳編】

紫吹淳は宝塚歌劇団を退団後、女優として活躍しています。宝塚歌劇団では男役を務め、引退後は女優として活動中です。男役と女役の期間がトントンになり、紫吹淳は「人間としての魅力を上げていきたい」と語っています。

元宝塚女優の現在【遼河はるひ編】

遼河はるひは宝塚歌劇団を退団後、女優やタレントとして活動しています。2019年8月7日に元サッカー選手の鈴木彩貴と結婚し、交際約1年というスピード婚だったのでデキ婚と噂になりましたが、子供はいないようです。遼河はるひは11歳年下の鈴木彩貴と結婚し、幸せに暮らしています。

元宝塚女優の現在【森ほさち編】

元宝塚歌劇団花組トップ娘役として活躍していた森ほさちは女優として活動していました。2015年3月31日付で女優業を引退し、所属事務所も退社しています。宝塚歌劇団に所属していた頃は「千ほさち」という芸名で活躍していましたが、退団後は「森ほさち」に改名し女優として活動していました。

「はぐれ刑事純情派」などに出演するなど活躍していましたが、自身のブログで女優業を引退したことを報告しています。

遥くららは芸能界引退後も宝塚オーラを放つ

遥くららの現在についてご紹介しました。遥くららは宝塚歌劇団でトップ娘役として活躍していましたが、宝塚歌劇団を退団後、女優として活動していました。結婚後、芸能界を引退しましたが、テレビ番組に出演したり宝塚歌劇団の出版物、取材などには応じています。遥くららは芸能界を引退後も宝塚オーラを放っていました。

関連するまとめ

Missing
この記事のライター
maki

新着一覧

最近公開されたまとめ