橋爪功まとめ!若い頃から妻や子供など!不適切発言って?息子は橋爪遼!

若い頃に演劇集団「円」を設立した俳優の橋爪功さん。そして、息子は、俳優の橋爪遼さん。そんな、橋爪功さんの若い頃から現在や、不適切発言事件について、日大アメフト部の新監督の噂妻や息子・娘といった家族に至るまで、橋爪功さんについてまとめました。

橋爪功まとめ!若い頃から妻や子供など!不適切発言って?息子は橋爪遼!のイメージ

目次

  1. 1橋爪功のプロフィール
  2. 2橋爪功の若い頃の俳優業
  3. 3橋爪功の妻や子供について
  4. 4橋爪功の不適切発言とは
  5. 5橋爪功の息子は橋爪遼が逮捕で活動自粛
  6. 6橋爪功は筋金入りの演技派俳優

橋爪功のプロフィール

・愛称:???
・本名:橋爪功
・生年月日:1941年9月17日
・年齢:80歳(2022年9月現在)
・出身地:大阪府大阪市
・血液型:O型
・身長:168cm
・体重:63kg
・活動内容:俳優
・所属劇団:演劇集団 円
・事務所:円企画
・家族構成:後述します

橋爪功の経歴

橋爪功(はしづめいさお)さんは大阪府大阪市出身で、1941年9月17日生まれの現在80歳です。橋爪功さんは、大阪市の路地奥の借家で育ちました。父と本妻の息子ではなく、母は父の愛人でした。橋爪功さんには11歳年上の兄と姉がいて、全員が父と本妻ではなく、愛人の子と複雑な家庭でした。

橋爪功さんは若い頃に両親を(母は実の母ではないですが)失っています。中学2年生の頃に父が亡くなられ、その後すぐに父の本妻も亡くなっています。 大阪府立天王寺高等学校に入学したのですが、1年の2学期に東京に転居して、東京都立青山高等学校に転校しました。

1961年に文学座附属演劇研究所の1期生に応募した橋爪功さんは、見事合格しました。同期には岸田森さん、草野大悟さん、寺田農さん、樹木希林さん、小川眞由美さん、北村総一朗さんがいました。1963年には文学座を離れて、劇団雲に参加します。

1974年に橋爪功さんが尊敬する芥川比呂志さん演出の舞台「スカパンの悪だくみ」で大阪弁でスカパンを演じました。この舞台での仕事が転機となり、橋爪功さんは一躍演劇界のスターとなります。

1975年に芥川比呂志さん、仲谷昇さん、岸田今日子さん、有川博さん達と共に演劇集団「円」の創設に参加しました。橋爪功さんは若い頃だけではなく、現在でも円を中心に舞台活動を続けています。2006年には前代表の仲谷昇さんが亡くなられて、円の代表となりました。

2010年には、ラジオドラマ「かわり目〜父と娘の15年〜」で放送文化基金賞演技賞受賞、2011年には、第46回紀伊國屋演劇賞個人賞を受賞と他にも多くの賞を受賞されています。橋爪功さんは、舞台だけではなくテレビドラマ、映画などにも数多く出演される実力派俳優となりました。

橋爪功が日大アメフト部の新監督?

橋爪功さんは俳優のはずなのですが、「橋爪功」と検索する際に「橋爪功・アメフト」や「橋爪功・監督」という検索キーワードが出てきます。なぜ、俳優である橋爪功さんとアメフトが関係あるのか疑問に思った方は多いのではないでしょうか。

なぜ「橋爪功・アメフト」と検索キーワードが出てくるのかといいますと、日大アメフト部の新監督のお名前が「橋詰功」だからです。なので、漢字違いというだけであって、決して橋爪功さんがアメフトと関係がある訳ではなく、ましてやアメフト部の監督となった訳ではございません。

ちなみに、橋詰功さんは画像の左の方で、現在54歳だそうです。橋詰功さんは立命館大学アメフト部のOBで、1994年には大学コーチに就任しています。その後にアメフトの本場アメリカにコーチ留学を経て日本へ帰国後は、ショットガンと呼ばれる隊形からのランを軸にした攻撃を導入し、2003年、2004年と立命館大学を2連覇に導いています。

そして、悪質タックル問題を起こした日大アメフト部の立て直し役として、2018年7月に日大アメフト部の新監督に就任しました。

橋爪功の若い頃の俳優業

アメフトの新監督ではなく、今現在では実力派俳優として有名な橋爪功さんの若い頃の俳優としてのご活躍や裏方としての活躍についてまとめていきます。

若い頃に演劇集団「円」を設立

橋爪功さんは若い頃(1975年)に、俳優・女優である芥川比呂志さん、仲谷昇さん、岸田今日子さん、有川博さん達と共に演劇集団「円」を設立しました。

今現在ではテレビドラマに多く出演されていますが、ドラマに多く出演されるようになったのは50歳を超えてからだそうです。若い頃は円の舞台を中心に活躍されていました。また、今現在でも舞台は続けておられます。

現在は「円」の代表を務める

2006年に演劇集団「円」を共に創設し、代表を務めていた仲谷昇さんが亡くなられた後、橋爪功さんは演劇集団「円」の代表を務めています。代表になったからと言って自ら舞台に立たなくなるわけではなく、上記画像からもわかる通り、現在でも舞台で活躍されています。

橋爪功さんが元気なうちは舞台から降りることは無いと思われます。また、そのように舞台関係やファンの方たちも願っていることだと思います。

若い頃の出演ドラマでは脇役や悪役専門

現在では、多くの作品で主役を務めている橋爪功さんですが、若い頃は脇役や悪役として活躍されていました。さらに詳しく言いますと、若い頃は脇役、1970年~1980年代は悪役として活躍されていました。50歳になってからは主役として多く出演されています。

お調子者の役や真面目なシリアスな役、脇役から悪役、そして主役と幅広い役をこなしている橋爪功さんですが、役の幅とは正反対と思われる個性も残している素晴らしい俳優です。

橋爪功の妻や子供について

個性は実力派俳優の橋爪功さんの父は愛人を作り、その愛人の子として生まれました。やはり、その血を受け継いでいるのか、橋爪功さん自身も恋多き人生を歩んでいます。

元妻や現在の妻、そして息子・娘といった橋爪功さんの家族についてご紹介していきたいと思います。

初婚時の妻は元宝塚の高岡奈千子

橋爪功さんの初婚時の妻は、元高塚の高岡奈千子さん(芸名)という方でした。この方は1958年に宝塚を退団しており、その後は通信会社を経営しているとのことです。

橋爪功さんとどの様にして出会い結婚に至ったのか、そしてなぜ離婚したのかといった情報はありませんでした。お二人の間には息子が1人おります。その息子については後述します。

離婚後に女優・小川眞由美と婚約するも破局

高岡奈千子さんとの離婚後、女優の小川眞由美さんと婚約しました。橋爪功さんと小川眞由美さんは文学座の同期でした。橋爪功さんは1963年に文学座を去っていますが、その後の1981年に舞台「ドリスとジョージ」での共演をきっかけに意気投合し、同年9月に婚約発表をしました。

しかし、結婚には至ることは無く、1985年に橋爪功さんと小川眞由美さんは婚約解消となりました。また、小川眞由美さんも元々バツイチで、1児の母でした。そして、多くの男性との噂があり、「魔性の女」と呼ばれていたとのことです。

婚約解消後に20歳年下の一般女性と再婚

婚約解消後に、20歳年下の一般女性と橋爪功さん自身2度目の結婚をされました。この方が現在の橋爪功さんの妻になります。一般の方ですので、画像などといった情報はありませんが、沖縄出身の方で結婚当時、大学生だったと言われています。

現在でも妻とは仲が良いようで、映画「家族はつらいよ2」のイベントでその話もされていました。「出かける前にハグとかしますよ。でも臭いといわれる」と照れながらお話しされていたようです。お二人の間には息子と娘がいます。

橋爪功の子供①長男・橋爪貴明

長男である橋爪貴明さんは、橋爪功さんと1人目の妻である高岡奈千子さんとの間の息子になります。橋爪貴明さんは、舞台演出家やボイストレーナーとして活動しているようで、ボイストレーニング教室なども開催しているようです。

橋爪功の子供②次男・橋爪遼

次男である橋爪遼さんは、橋爪功さんと2人目の妻との間の息子になります。橋爪遼さんは1986年11月21日生まれで現在35歳、身長168㎝の俳優です。2004年頃から映画やドラマに出演しています。橋爪遼さんは、父の橋爪功さんについて「雲の上の存在」とインタビューで話しており、2016年にはドラマ「模倣犯」で共演したこともあります。

しかし、とある事件を起こしてしまい現在は俳優として活動していませんが、そのことについては後述します。

橋爪功の子供③長女・橋爪渓

長女である橋爪渓さんも橋爪功さんと2人目の妻との間の娘になります。橋爪渓さんは、舞台を中心に女優や歌手として活動しております。父の橋爪功さんとは旅行番組などで何度か共演したことがあるとのことです。

橋爪功の不適切発言とは

俳優として数々の作品に出演され、多くの賞も受賞している俳優の橋爪功さんですが、NHKの番組にて不適切な発言をしてしまったことがあります。

その不適切発言とはどのようなものであったのか、詳しくご紹介していきたいと思います。

橋爪功がNHK番組で不適切発言

2017年の12月20日にNHKの昼番組「ごごナマ」にて、橋爪功さんが発言した内容が「不適切な発言」として、放送中にアナウンサーの方が謝罪するということがありました。

この件については、スポーツ報知や日刊スポーツなどのスポーツ紙が報じたのですが、肝心の橋爪功さんの発言内容については、濁されていました。なぜ濁されたのかというと、マスコミのタブーに触れる表現を使用したからだそうです。

不適切発言は若手俳優へのコメント?

NHKの昼番組「ごごナマ」のその日のテーマは「演技派俳優の本音に迫る」というもので、司会の船越英一郎さんらがベテラン俳優である橋爪功さんに、芸能生活の裏話を尋ねるといったものでした。その番組の「船越のクエスチョン5」という質問コーナーで本件の問題発言が出ました。

「若手俳優に言いたいことはあるか」といった質問に対し、「NO」と即答した橋爪功さんが「言ってもしょうがねぇしな。ってすごく否定的だね。(愛は)ない。『馬鹿だ』『チョンだ』『死ね』『ひでえ』とかそういうことは言います。理屈立ててというか、丁寧になんかは言いません」と発言しました。

この発言を聞いた現場は完全に凍り付き、隣で話を聞いていた阿部渉アナは、やや強ばった表情を見せていました。そして、コーナー終了後にアナウンサーの方が「先ほどは不適切な発言がございました。大変失礼いたしました」と謝罪することとなります。

アナウンサーの謝罪を聞いた橋爪功さんは、「こういうことがあるんですよ」とつぶやきました。それは、別の質問で生放送が苦手な理由として「失言が多いく、生放送では取り返しがつかないから」と話していたばかりだったからです。

橋爪功が発した「馬鹿」と「チョン」とは

橋爪功さんの不適切な発言というのが「馬鹿だ、チョンだ」という箇所になります。「馬鹿」という言葉は説明しなくても分かると思うのですが、「チョン」という言葉ってどういう意味?と思う方が多いと思います。「チョン」という言葉は、江戸時代から使用されており「一人前ではない」という意味で使用されていたようです。

現在「チョン」という言葉の多くは、朝鮮人を指す蔑称として使用されており、民族差別として捉えられ抗議を受けることが増えてきたため、多くのメディアが使用を自粛しているようです。

橋爪功の息子は橋爪遼が逮捕で活動自粛

橋爪功さんの息子で映画やドラマで活躍されていた俳優の橋爪遼さんですが、2017年に犯罪を犯し逮捕されいます。なぜ逮捕されたのか、橋爪遼さんの現在についてや父の橋爪功さんの活動にどのような影響を与えたのかをまとめていきたいと思います。

息子・橋爪遼が覚せい剤取締法違反で逮捕

2017年6月2日に覚せい剤取締法違反(所持)の現行犯で、橋爪遼さんは逮捕されました。この事件に伴い、橋爪遼さんの所属事務所は彼を翌日付で解雇処分としています。

橋爪遼さんはテレビ朝日系のドラマ「やすらぎの郷」や2017年5月20日に公開された映画「たたら侍」にも出演されていました。上映中であった「たたら侍」は6月9日に上映終了となり、その後橋爪遼さんの登場シーンをカットして6月17日に再上映されました。しかし、上映館数は281から24館へと激減しています。

また、映画だけではなく、出演ドラマの「やすらぎの郷」でも出演シーンはカットされています。そして、画像にもあるのですが、6月6日に放送された「踊る!さんま御殿!!」では顔にモザイクがかけられるといった処置がなされました。

父親の橋爪功はショックで言葉見つからず

息子の橋爪遼さんの逮捕を受け、父の橋爪功さんが謝罪のコメントを発表しました。コメントには迷惑をかけてしまったことへの謝罪と、橋爪功さん自身の思いが書いてありました。その内容には「正直、話すべき言葉が見つかりません」ということと、「本人も大人ですので自らの責任で正しく対処してほしい」ということが書かれていました。

また、芸能界からもコメントが相次ぎ、ビートたけしさんも「もう30歳なんだからさあ。大人なんだから。親父に責任ないよ」とコメントしています。

息子・橋爪遼の逮捕後は橋爪功も活動自粛

橋爪遼さんの逮捕を受け、父の橋爪功さんの仕事にも影響が出てしまいました。6月4日には、橋爪功さんは10日頃まで仕事を自粛し、事実関係が判明次第、記者会見を開くことを検討していると事務所関係者が明かしました。

また、決まっていた仕事も「仕事相手に迷惑をかけるかもしれないから」という橋爪功さんの意向でキャンセルしたとのことです。

息子・橋爪遼は現在執行猶予期間が終了

覚せい剤取締法違反で現行犯逮捕された橋爪遼さんは2017年11月13日に東京地裁で懲役1年6カ月・執行猶予3年の判決が下されました。なので、橋爪遼さんは現在執行猶予期間が何も問題を起こしていなければ明けているということになります。

また、2017年4月にクランクアップした映画「漫画誕生」にも橋爪遼さんは主演していました。そのため、この映画は元々公開予定が2018年夏であったものを2019年公開予定に変更されています。しかし、製作委員会が橋爪遼さんの更生を願い、出演シーンはカットされていないとのことです。

Thumb橋爪遼(橋爪功の息子)はゲイ?結婚や逮捕なども!現在は?橋爪遼まとめ
個性派俳優として活躍を見せていた橋爪遼。2017年に逮捕されてしまいましたが、現在はどうして...

橋爪功は筋金入りの演技派俳優

橋爪功さんの俳優としての活躍や不適切発言、そして家族についてまとめてご紹介してきましたがいかがでしょうか?橋爪功さんは、幼少期は複雑な家庭で育ち、若い頃から舞台俳優として活動してきました。

俳優としてだけではなく、演劇集団「円」の創設やその代表と裏方としての活躍もされている方です。そして、1度の婚約解消と2度の結婚を経て、現在の20歳年下の一般女性を妻に持ち、仲の良い夫婦とのことです。

若い頃は脇役や悪役を専門に活躍されていたとのことですが、50歳を超えてからはドラマで主役を多く演じるようになり、幅広い演技力と個性を兼ね備えた、実力派俳優です。

息子の橋爪遼さんの事件やそれに伴う仕事の自粛ということもありましたが、実力派俳優として数々の作品に出演し、多くの賞も受賞している橋爪功さんの今後のご活躍を期待しています。

関連するまとめ

Missing
この記事のライター
hahanha

新着一覧

最近公開されたまとめ