早田ひなの現在の身長や体重は?成長過程を追ってみた!

日本のトップ選手として活躍中の早田ひなさんは、手足が長くスタイル抜群なことで知られています。本記事は、早田ひなさんの身長や体重のほか、成長過程の記録や家族についてまとめました。また、高身長が関係しているという彼女の強さもご紹介します。

早田ひなの現在の身長や体重は?成長過程を追ってみた!のイメージ

目次

  1. 1早田ひな(卓球選手)のプロフィール
  2. 2早田ひなの現在の身長や体重を徹底調査
  3. 3早田ひなの卓球を通した成長過程に迫る
  4. 4早田ひなと他の卓球選手の身長を比較
  5. 5早田ひなは高身長で可愛い卓球選手
  6. 6早田ひなの母や姉も高身長?
  7. 7早田ひなの現在の身長は166.6cmで成長している可能性も!

早田ひな(卓球選手)のプロフィール

・愛称:ひな
・本名:早田ひな
・生年月日:2000年7月7日
・年齢:20歳(2020年11月現在)
・出身地:福岡県北九州市
・血液型:A型
・身長:後述します
・体重:後述します
・活動内容:卓球選手
・所属グループ:なし
・事務所:日本生命
・家族構成:後述します

早田ひなの経歴

早田ひなさんの身長や体重といったスタイルや成長過程、家族に関する情報の前に、まずは彼女の経歴を簡単にご紹介します。幼い頃に卓球を始めた早田ひなさんは、小学2年生の時に「全日本卓球バンビの部」で全国大会に初出場しています。

この時の早田ひなさんは予選リーグは突破していますが、残念ながら決勝トーナメントの1回戦で敗北。しかし、その後も諦めることなく卓球を続けました。中学生になった早田ひなさんは数々の大会で優勝し、頭角を現すように。

「黄金世代」と呼ばれる早田ひなさん・伊藤美誠さん・平野美宇さんらは、中学生の時に女子団体戦でともに戦っています。高校に進学した早田ひなさんは卓球部に所属し、練習の日々を過ごしました。

卓球界で活躍を続けた早田ひなさんは、2014年~2016年はジュニア日本代表に、2017年~2019年は日本代表に選出されています。彼女の卓球における成長過程は、この後詳しくご紹介します。

早田ひなの現在の身長や体重を徹底調査

伊藤美誠(いとう みま)さんとコンビを組み、「みまひなコンビ」という愛称で多くのファンから愛されている早田ひなさん。童顔で可愛い雰囲気の伊藤美誠さんと比較すると、落ち着いたお姉さんといった印象を受ける人も多いでしょう。

そんな早田ひなさんは、卓球界の女性の中でも特にスタイルが良いと評判です。ネット上には、「早田ひなさんの身長や体重が気になる」といった声も溢れています。そこで、早田ひなさんの現在の身長や体重を徹底調査してみました。

早田ひなの現在の公表身長は166.6cm?

早田ひなさんのプロフィールは、彼女の後援会のHPで公表されていて、そこには「身長166cm」と記載されています。しかし、さらに調査してみると「現在の早田ひなさんの身長は166.6cm」という説がありました。

深掘りしてみると、もともと早田ひなさんの身長は165.6cmだったようで、それを四捨五入した数値が後援会のHPに記載されたようです。

しかし、早田ひなさんが18歳だった2018年に「成長して身長が伸びているのでは?」という疑惑が浮上。そこで試しに改めて身長を測ってみたところ、「166.6cm」と表示されたのだとか。早田ひなさん自身は身長が伸びている実感はなかったようですが、この結果を受け入れざるを得なかったようです。

また、当時は卓球のプレイ中に小指がシューズに当たって痛みを感じていたこともインタビュー内で告白しています。それと同時に、「身長がまだ伸びているのかも」というコメントも残しています。2018年の時点で166.6cmだったようなので、現在はもう少し成長して身長が伸びている可能性もあるでしょう。

日本人女性の平均身長と比較

ここで、早田ひなさんの身長を日本人女性の平均身長と比較してみましょう。平均身長は年齢によって異なりますが、現在の早田ひなさんと同じ20歳の女性の数値は「159.5cm」です。早田ひなさんの身長は「166.6cm」ですので、平均身長より約7cmも高いことが分かります。

「159.5cm」はあくまでも平均身長であり、同じ20歳女性の中には身長が140cm台の人も居ます。そういった人と並ぶと、早田ひなさんの高身長がさらに際立つでしょう。

早田ひなの体重について

早田ひなさんを応援している後援会のHPには身長は記載されていますが、果たして体重も公表されているのでしょうか?続いては、早田ひなさんの体重を調査しました。

早田ひなの体重は非公表?

早田ひなさんのプロフィールが公開されている後援会のHPを確認すると、生年月日・出身地・身長・所属先は記載されているものの、体重の欄は見当たりません。さらに調査してみたところ、早田ひなさん自身の口から体重を明かしたことはない、という事実が判明しました。

卓球はスポーツですので、体重がプレイに影響することはあるかもしれませんが、個人の体重を世間に公表する必要性はないのかもしれません。しかし、「みまひなコンビ」の伊藤美誠さんは体重を明かしています。このことから、早田ひなさん自身が体重を公表したくない、と考えている可能性が浮上します。

早田ひなの推定体重は55kg前後との噂

先述したように、早田ひなさんは自身の正確な体重は明かしていません。しかし19歳だった2019年に受けたインタビューの中で、体重の増減に言及しています。そのインタビュー内容を確認してみると、早田ひなさんは体重が変化しやすい体質で、飛行機を使って海外に行くだけで1~2キロ増加するそうです。

卓球の海外遠征を始めたばかりの頃は、移動で1~2キロ増加する体重を気にして、現地で厳しい食事制限をして減量していたのだとか。しかし食事を制限した結果、体に必要な栄養が不足し、卓球の試合中にパワーが出せずに終わるという失敗を何度も繰り返したそうです。

そんな早田ひなさんを救ったのは、5歳年上の姉でした。卓球の試合で本来の力を出せない妹を心配した姉は、数年かけて栄養士の資格を取得し、早田ひなさんの体をサポートするようになったのです。同じ女性であり、なおかつ身内で体型や体質も似ている姉からのサポートは、早田ひなさんに良い影響を与えました。

早田ひなさんはこういったエピソードを語っていますが、肝心の体重は明かしていません。ネット上では「身長が166.6cmもあるなら、体重は55キロ前後では?」と噂されていますが、真相は不明です。早田ひなさんは見た目はスラっとしていますが、卓球を通して筋肉が付いているはずなので、50キロはあるのかもしれません。

早田ひなの卓球を通した成長過程に迫る

早田ひなさんの身長と推定体重を押さえたところで、続いては卓球を通した成長過程を見ていきましょう。卓球界で活躍する早田ひなさんは、学生時代から目立つ存在だったのでしょうか?彼女の成長過程を中学時代から現在まで順を追ってご紹介します。

成長過程①中学時代

早田ひなさんは、 福岡県中間市にある「中間市立中間東中学校」の卒業生です。同学校に在学中、早田ひなさんは2013年と2014年に「全国中学校卓球大会」で2連覇を達成という偉業を成し遂げています。

また、2014年4月に開催された「ITTFワールドツアーチリオープン」では、平野美宇さんの記録を塗り替えて史上最年少(当時)で決勝へ進出。同年にフィリピンで開催された「フィリピンオープン」では、準々決勝で格上のユ・モンユさんを撃破し、世間を驚かせました。

同年9月にインドで開催された「第20回アジアジュニア卓球選手権大会」に伊藤美誠さん・平野美宇さんとともに女子団体に出場し、卓球大国として知られる中国に勝利して優勝を果たしています。この頃、“女子卓球界の新星”として早田ひなさんが取り上げられたことを覚えている人も多いのではないでしょうか?

着実に成長を遂げた早田ひなさんは、中学3年生だった2015年に開催された「全日本卓球選手権大会」のジュニアの部で準優勝という結果を残しています。

成長過程②高校時代

中学時代に数々の好成績を残した早田ひなさんは、福岡県にある「希望が丘高等学校」に進学し、卓球部に所属しました。すると、高校1年生だった2016年に開催された「全国高等学校総合体育大会卓球競技大会」の女子シングルスでみごと優勝。高校1年生の選手が優勝したのは、同校の卒業生である前田美優さん以来4年ぶりの快挙です。

高校生になってからの早田ひなさんの成長は目を見張るものがありました。同年の「ITTFワールドツアークウェートオープン(U-21)」と「ITTFワールドツアーオーストラリアオープン」の両方でツアー初優勝を果たしています。

さらに、同年12月には伊藤美誠さん・平野美宇さん・加藤美優さんらと一緒に、南アフリカ共和国で開催された「世界ジュニア選手権大会」に日本代表として出場し、団体で優勝。

同月にドーハで開催された「ITTFワールドツアーグランドファイナル」では、U-21の部門で優勝した上、ダブルス部門でも浜本由惟さんとのペアで優勝を勝ち取り、みごと2冠を達成しています。U-21部門で日本人女性が優勝したのは、2011年の石川佳純さん以来の快挙です。また、同大会のダブルス部門での優勝は、2014年の「みうみまコンビ」こと伊藤美誠さん・平野美宇さん以来の記録であり、日本人の2冠達成は史上初のことでした。

2017年、高校2年生になった早田ひなさんは、4月に中国で開催された「第23回アジア選手権」の女子団体に出場し、銀メダルを獲得。伊藤美誠さんと「みまひなコンビ」で挑んだ女子ダブルスでは銅メダルを獲得するなど、著しい成長を遂げています。

その後の伊藤美誠さん・早田ひなさんコンビは、ドイツで開催された「世界選手権デュッセルドルフ大会」のダブルスにも出場し、銅メダルを獲得しています。同種目において、16歳ペアの銅メダル獲得は史上最年少記録を塗り替えました。

伊藤美誠さん・早田ひなさんコンビの快進撃は続き、同年11月の「ワールドツアー・スウェーデンオープン」では、卓球の世界ランク1位である朱雨玲さんと、同ランク2位の陳夢さんという中国の最強ペアを撃破し、みごと優勝しています。

高校3年生の年である2018年の「全日本選手権」では、伊藤美誠さんとのダブルスにおいて同大会で初優勝。高校卒業前に行われた2019年の同大会にも伊藤美誠さんとダブルスに出場した早田ひなさんは、2連覇を達成しています。これらの経歴から分かるように、早田ひなさんは中学~高校時代で大きな成長を遂げているのです。

成長過程③現在

数々の好成績を残している早田ひなさんは、2018年に背番号「18」として日本生命レッドエルフに所属しています。2018-19シーズンはシングル戦11試合に出場し、なんと全勝という結果を残しました。

高校を卒業後の早田ひなさんは、2019年4月にハンガリーで行われた「第55回世界卓球選手権個人戦」に伊藤美誠さんとダブルスに出場し、準優勝。シングル戦では、5月の「ITTFチャレンジセルビアオープン」と、9月の「ITTFチャレンジプラスパラグアイオープン」で優勝しています。

そんな早田ひなさんの成長を特に強く感じられるのが、2020年1月に開催された「全日本選手権」です。ダブルスに伊藤美誠さんと出場し、みごと3連覇を達成しました。

さらに、シングルでは3連覇を目指す伊藤美誠さんを準決勝で撃破。そして決勝で先輩の石川佳純さんに勝利したことで、自身初の優勝を果たし、二冠を達成したのです。これほどまでに強い早田ひなさんですが、残念ながら東京オリンピックの代表選手には選出されていません。その理由には卓球の世界ランキングが関係しています。

日本の卓球界で活躍する伊藤美誠さんは2位、石川佳純さんは9位、平野美宇さんは11位という高ランクです。一方の早田ひなさんは29位なので、上位2名が選ばれるシングル代表と、上位3名が選ばれる団体戦代表メンバーに入れませんでした。

しかし、2020年の「全日本選手権」で代表選手を破って優勝しているので、“日本最強”であることに違いはありません。

早田ひなと他の卓球選手の身長を比較

ご紹介してきたように、日本の卓球界には世界で活躍する選手がたくさん存在します。特に有名なのは、早田ひなさんと何度もコンビを組んでいる伊藤美誠さんと、全日本選手権とワールドカップにおいて最年少で優勝した平野美宇さんでしょう。こちらでは、早田ひなさんと他の有名選手の身長を比較します。

平野美宇との身長差

平野美宇さんは2000年4月14日生まれの20歳なので、早田ひなさんと同い年です。最近では、卓球の他に髪色を明るくしたことでも話題になりました。そんな平野美宇さんの身長は「158cm」です。早田ひなさんと比較すると平野美宇さんの方が約6cm低いですが、平均的な身長と言えるでしょう。

伊藤美誠との身長差

早田ひなさんとコンビを組むことが多いほか、シングルでも大活躍中の伊藤美誠さん。彼女も2000年10月21日生まれの20歳で、早田ひなさんと平野美宇さんと同い年です。ネット上では「みまひなコンビが並ぶと伊藤美誠さんが小さく見える」と言われていますが、2人は実際に身長差があります。

「166.6cm」という高身長の早田ひなさんに対し、伊藤美誠さんの身長は「152cm」で、約14cmも差があるのです。この身長差がダブルスで数々の好成績を残している理由の1つなのかもしれません。

福原愛との身長差もついでに調査

現在の卓球界は石川佳純さん・伊藤美誠さん・平野美宇さん・早田ひなさんらが有名ですが、以前は“愛ちゃん”こと福原愛さんが日本を代表する選手でした。2016年9月に台湾の卓球選手である江宏傑さんと結婚し、2017年10月に第1子女児を出産。そして2018年10月に現役を引退しています。

そんな福原愛さんの身長は「155cm」です。女性の平均身長より若干低いものの、いわゆる一般的な身長ではありますが、高身長の早田ひなさんと比較すると実に11cmもの差があります。

早田ひなは高身長で可愛い卓球選手

早田ひなさんの外見的な魅力は高身長なところだけではありません。顔立ちや私服スタイルが可愛いと人気を集めています。そこで続いては、早田ひなさんの身長にスポットを当てつつ、卓球の強さの理由と可愛いと話題の私服スタイルを見ていきましょう。

卓球の強さの理由は高身長も関係?

一部では「現在も身長が伸び続けているのでは?」と囁かれている早田ひなさん。シングルやダブルスで輝かしい結果を残している理由には、166.6cmという高身長が深く関係していると考えられています。

早田ひなさんは身長が高い分、手足も他の選手より長めです。リーチが長いため、卓球台から離れた位置に飛んだボールにも対応できるのです。また、パワーのあるショットを打てるところも強さの理由の1つ。スピードを活かしている伊藤美誠さん・平野美宇さんと違い、早田ひなさんはパワーを強みとしています。

私服スタイルが可愛いと話題に

上の画像では、早田ひなさんの私服スタイルを確認できます。早田ひなさんの私服姿は、彼女のSNSかテレビ番組で見られることもありますが、卓球選手として日夜練習を頑張っているため、披露する機会は少なめです。

早田ひなさんは卓球のユニフォーム姿でも可愛いことで有名ですが、私服の時は髪型もダウンスタイルでいつも以上に可愛いと評判です。顔立ちが整っている上にスタイル抜群で、モデルやアイドルとしても通用しそう、と考えるファンも多く存在します。

身長や体重など体の成長で心境も変化?

現在の早田ひなさんは166.6cmという高身長ですが、中学1年生の頃までは小柄だったそうです。本人いわく、海外で行われる試合に参加するようになった中学2年生の頃に、急激に身長が伸び始めたのだとか。突然の体型の変化に対応できず、当時の早田ひなさんは正面に飛んでくるボールを上手く打ち返せなくなってしまったそうです。

それに悩んだ早田ひなさんはコーチに相談。「中国の丁寧選手のプレーを真似しよう」といったアドバイスを受けたそうです。丁寧選手のプレー映像を何度も見返しながら練習を続ける一方で、早田ひなさんの身長は伸び続けました。

筋トレをしても身長が伸びていることが影響してか、筋肉が思うように付かなかったという早田ひなさんは、筋トレから「疲れにくい身体づくり」にシフト。それと同時に、食事に気を遣うようになったそうです。

その後は先述したように体重の増減に悩まされ、一時期は栄養不足で本来の実力を発揮できない時期もありました。しかし、姉などのサポートを受けみごとに復調。中学生の途中で身長が急激に伸び始め、数々の困難を乗り越えたからこそ、現在の早田ひなさんがあるのでしょう。

早田ひなの母や姉も高身長?

人間の体型が決まる要素の1つに、親からの遺伝があります。では、早田ひなさんの家族も高身長なのでしょうか?最後に、早田ひなさんの家族についてご紹介します。

早田ひなの家族構成

早田ひなさんの家族について詳しく見ていく前に、まずは家族構成からチェックしておきましょう。早田ひなさんは「父・母・姉・早田ひなさん」の4人家族です。早田ひなさんの両親は一般人ですので、詳細なプロフィールは明らかになっていませんが、母親の名前が「康恵(やすえ)」、姉の名前が「すみれ」であることは判明しています。

父親の名前は不明ですが、ネット上では「大気社という企業に勤めているのでは?」と噂されています。大気社は、設備や衛生関係を手がけている東証一部に上場している大企業です。

真相は不明ですが、大気社の平均年収は800万円以上とされているので、本当に早田ひなさんの父親が勤めているのであれば、母親は専業主婦かもしれません。ちなみに、早田ひなさんの母親はFacebookを利用していて、2012年に家族4人で大阪のユニバーサル・スタジオ・ジャパンに行った時の写真をアップしています。

残念ながらその写真はご紹介できませんが、父親は早田ひなさんよりも遥かに身長が高いことが分かります。そのため、早田ひなさんの高身長は父親からの遺伝という可能性があるかもしれません

早田ひなの母や姉が可愛いと話題に

母親の顔はFacebookでも確認できますが、上の画像左上では祖母・母・早田ひなさんと並んだ姿を見られます。ネット上で「早田ひなさんの顔立ちは母親譲りかも」と言われるなど、母親は美人と評判です。

姉・すみれさんの顔写真は、早田ひなさんが過去にアップしたInstagramの画像で確認できます。顔立ちは早田ひなさんとそっくりでとても美人な上、身長も姉妹でほぼ同じようです。

早田ひなの卓球のきっかけは姉

早田ひなさんの両親は卓球選手ではありません。では、なぜ早田ひなさんが卓球を始めたのか、そこには姉が深く関係しています。姉は、早田ひなさんが生まれる前から地元の卓球クラブで卓球の練習をしていたそうです。そんな姉の姿を見ていた早田ひなさんは、4歳の時に同じ卓球クラブに入りました。

もともとは右利きでしたが、卓球クラブに入ってから左手でラケットを握るようになり、現在も左利きとしてプレーしています。栄養士の資格を取得し、早田ひなさんを支えた姉・すみれさんは、すでに結婚されているそうです。

Thumb早田ひな棄権理由は腰痛?その後の進捗は?
「女子卓球黄金世代」の1人である早田ひなが、過去の大会で棄権した理由について調査しました。幼...

早田ひなの現在の身長は166.6cmで成長している可能性も!

今回は、卓球界で活躍中の早田ひなさんにスポットを当て、彼女の身長や体重といったスタイル、成長過程や家族についてご紹介しました。

早田ひなさんの身長は166.6cmと言われていますが、現在はさらに伸びている可能性もあります。東京オリンピックの代表選手には選ばれなかったものの、国内のトップ選手として大活躍中の早田ひなさんに、今後も注目です。

関連するまとめ

Missing
この記事のライター

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ