陽月華は元宝塚!退団理由は?当時の経歴やその後なども調査

元宝塚歌劇団宙組トップ娘役・陽月華の宝塚退団理由やその後について調査してみました。元宝塚トップスターとして活躍した陽月華の宝塚退団理由に多くの注目が集まっているようなので、今一度宝塚時代の経歴や退団の真相・宝塚退団のその後について詳しく確認していきましょう。

陽月華は元宝塚!退団理由は?当時の経歴やその後なども調査のイメージ

目次

  1. 1陽月華のプロフィール
  2. 2陽月華は元宝塚!
  3. 3陽月華の宝塚歌劇団退団理由は?
  4. 4陽月華の宝塚時代の経歴やその後について
  5. 5陽月華と同期の元宝塚スターも調査
  6. 6陽月華は元宝塚トップスター女優

陽月華のプロフィール

・愛称:うめちゃん・よーこ
・本名:梅津洋子(うめづ ようこ)
・生年月日:1980年9月2日
・年齢:41歳(2022年4月時点)
・出身地:東京都足立区
・血液型:O型
・身長:164cm
・体重:不明
・活動内容:女優
・所属グループ:なし
・事務所:コイン
・家族構成:不明

陽月華の経歴

陽月華(ひづき はな)は1998年に宝塚音楽学校に入学し、2000年に宝塚歌劇団に86期生として入団しました。同年に花組公演「源氏物語 あさきゆめみし」で初舞台を飾った陽月華は、後に星組に配属されています。

2003年の「雨に唄えば」で初ヒロインを飾った陽月華は、「王家に捧ぐ歌」で新人公演初ヒロインを飾り、その後も5度に渡って新人公演ヒロインを務めました。2006年には「フェット・アンペリアル」で宝塚バウホール公演初ヒロインも飾っています。

2007年に「Hallelujah GO!GO!」で2度目の宝塚バウホール公演ヒロインを飾った陽月華は、同年2月13日付で宙組トップ娘役に就任し、大和悠河の相手役として「バレンシアの熱い花/宙 FANTASISTA!」でトップコンビ大劇場お披露目を飾りました。

2008年に稽古中の怪我により全日程を休演した陽月華は、2009年7月5日に「薔薇に降る雨/Amour それは・・・」東京公演千秋楽をもって宝塚歌劇団を退団し、その後は女優として幅広い場所での活動を開始しています。

陽月華の実家や生い立ちについて

陽月華は会社勤めの父親・専業主婦の母親・2歳年上の兄の4人家族で育ちました。陽月華は幼少期の頃、母親の手作りワンピースや帽子を身に着けていたようで、「今見てもお洒落」と当時を語っています。

詳しい生い立ちや実家情報は公表されていないようですが、高校生時代は宝塚に入ることに反対していた父親とよく喧嘩をしていたようです。そんな陽月華は現在、父親が住む実家がある都内の下町で暮らしていることを公表していました。

陽月華は元宝塚!

陽月華は元宝塚女優です。宝塚退団後は数多くのドラマや映画などに出演している陽月華に対し、多くの視聴者が「この美人な女優誰?」「めっちゃ美人!」との声を挙げています。陽月華の美しさにやられてしまった人も多いでしょう。

そんな中陽月華が宝塚出身だと知らなかった人も多いようで、宝塚時代の姿や人気にも沢山の注目が集まっているようです。そこで気になる陽月華の宝塚時代の人気や姿などを今一度詳しく確認していきましょう。

陽月華は元宝塚女優

現在女優として活躍している陽月華は元宝塚女優として知られています。宝塚歌劇団・86期生として入団し、2007年には宙組トップ娘役に就任した陽月華は「ダンスがかっこいい娘役」として多くのファンを集めていました。

「歌はちょっと・・・」などと言われている宝塚時代の陽月華ですが、2022年現在は美しもありカッコよくもある女優として幅広い場所で活躍しています。そんな陽月華の宝塚時代について引き続き詳しく確認していきましょう。

陽月華の宝塚時代の人気は?

陽月華の宝塚時代の人気は「可もなく不可もなく」などと言われているようです。宝塚と言えば厳しい世界ですが、陽月華はトップ娘役を務めた期間も短期間だったこともあり、敵を作ることなく普通レベルの人気だったと噂されています。

当時人気を集めていた宝塚トップスターは、月組の瀬奈じゅん・星組の安蘭けいだったようで、陽月華は2人に隠れていたとも言われているようです。陽月華は宝塚時代も現在も程よく人気な元宝塚女優と言えるかもしれません。

陽月華の宝塚時代と現在の姿を比較

陽月華の宝塚時代と現在の姿を比較していきます。上記画像は少し昔の2017年4月のもので、眼鏡をかけているのが陽月華です。陽月華は女優の吉田羊に似ていると話題を集めており、「歳を取らない美人」とも注目を集めています。

そんな陽月華は宝塚時代のメイクと現在のメイクが違いすぎて「別人に見える」などと言われているようですが、宝塚時代からのファンは「昔も今も美しい」との声を挙げていました。気になる陽月華の宝塚時代と現在の姿を確認していきましょう。

陽月華の宝塚時代の姿

陽月華の宝塚時代の姿を紹介します。上記画像全てが陽月華の宝塚時代(宙組トップ娘役)で、メイクありきと言えど顔が整い過ぎているでしょう。可愛らしくもあり美人でもある元宙組トップ娘役です。

陽月華の現在の姿

陽月華の現在の姿を紹介します。上記画像は2019年頃のもので、真ん中に写るのが陽月華です。現在から数年前の陽月華ですが、宝塚時代と比較してみると童顔で可愛らしく、「正に元トップ娘役」と言えるでしょう。

陽月華の宝塚歌劇団退団理由は?

陽月華の宝塚歌劇団退団理由について調査してみました。陽月華は2000年に宝塚歌劇団に86期生として入団し、入団4年目の「雨に唄えば」で初ヒロイン、2006年には「フェット・アンペリアル」で宝塚バウホール公演初ヒロインも飾っています。

2007年には宙組トップ娘役に就任し多くの注目を集めた陽月華でしたが、2009年に宝塚歌劇団を退団しました。退団理由は「足の怪我」だと噂されている陽月華ですが、本当の宝塚歌劇団退団理由は何なのか、今一度確認していきましょう。

2009年に宝塚歌劇団を退団した陽月華

陽月華は2009年7月5日に「薔薇に降る雨/Amour それは・・・」東京公演千秋楽をもって宝塚歌劇団を退団しています。陽月華は2008年の「黎明の風/Passion 愛の旅」稽古中の足の怪我により、同公演と続く「雨に唄えば」を全日程休演しました。

同年9月の「Paradise Prince/ダンシング・フォー・ユー」で復帰を果たした陽月華でしたが、ファンの間では「怪我のせいで退団」と囁かれていたようです。そこで気になる陽月華の宝塚歌劇団退団理由を引き続き確認していきましょう。

陽月華の宝塚歌劇団退団理由とは

陽月華の宝塚歌劇団退団理由について調査してみました。先ほど紹介した通り陽月華は2009年7月5日に宝塚歌劇団を退団しており、ファンからは「足の怪我が治らなくて退団した」との噂が多々浮上しています。

キレのあるダンスで多くの人気を集めていた陽月華でしたが、退団前の公演では「ダンスにキレがない」などと言われていたようです。退団理由は足の怪我だと噂されている陽月華の本当の宝塚歌劇団退団理由を引き続き確認していきましょう。

陽月華が公表した宝塚歌劇団退団理由は?

髪が綺麗な人

陽月華は宝塚歌劇団退団理由を「何かが降りてきたから」としか公表していません。謎が残る宝塚歌劇団退団理由ですが、退団前から陽月華の心の中に良くも悪くも何かしらの感情が芽生えたのでしょう。

陽月華の宝塚歌劇団退団退団と左足首の怪我の関係性は?

下を向いている人

陽月華の宝塚歌劇団退団理由ですが、「左足首の怪我」も大きく関係していると噂されています。宝塚は良きライバルとしてトップ争いなどがあると言われており、当時トップ娘役だった陽月華は自身の足の怪我に何かしら思ったことでしょう。

ファンの間でも囁かれていた「足の怪我によって退団」との噂ですが、陽月華は宝塚歌劇団でトップを務めるにあたって自身の足の怪我のことを考え自分の中で退団を選んだのかもしれません。

大和悠河と共に宝塚歌劇団退団の真相

2009年7月5日に宝塚歌劇団を退団した陽月華ですが、相手役の大和悠河と添い遂げ退団(トップコンビの同時退団)をしています。足の怪我が退団理由だと噂されている陽月華でしたが、退団理由には大和悠河が関係しているとも噂されていました。

宝塚ではトップ男役とトップ娘役が同時に退団することが多いようで、陽月華は2007年からコンビを組んでいた大和悠河と共に退団することを選んだのかもしれません。退団理由が何であれ、現在の陽月華が後悔していないのであれば幸いでしょう。

大和悠河とは

大和悠河(やまと ゆうが)は「GOOGA」所属の女優です。1995年3月に宝塚歌劇団に81期生として入団し、宙組トップスターとして陽月華と活躍しました。2010年に元宝塚女優としての活動を開始し、現在も舞台などで活動しています。

陽月華の宝塚時代の経歴やその後について

陽月華の宝塚時代の経歴やその後について調査してみました。2009年7月5日に大和悠河と添い遂げ退団し、その後は女優としての活動を開始した陽月華は、2019年1月に公開された映画「かぞくわり」でも主演を飾るほどの実力の持ち主です。

2022年現在女優として幅広い場所での活動を開始している陽月華ですが、宝塚時代の詳しい経歴に注目している新規ファンも多く確認できました。そこで気になる陽月華の宝塚時代の経歴やその後について改めて確認していきましょう。

陽月華の宝塚時代の経歴をおさらい

陽月華の宝塚時代の経歴をおさらいしていきます。「宝塚歌劇団年度賞」平成16年度新人賞・平成18年度努力賞を受賞している陽月華の、宝塚時代の詳しい経歴を改めて確認していきましょう。

宝塚時代の経歴:宝塚音楽学校に入学

綺麗な学校の外観

宝塚時代の経歴1つ目は「宝塚音楽学校に入学」です。叔母さんの影響で宝塚にハマったという陽月華は後にバレエを習い始め、宝塚の本を読み漁る日々を続けていました。

そんな陽月華は毎日受験会場に入るところから合格発表までの道のりを想像しながら寝ていたようで、1998年に無事に宝塚音楽学校に入学しています。

宝塚時代の経歴:86期生

宝塚時代の経歴2つ目は「86期生」です。2000年に宝塚歌劇団に86期生(入団時の成績は9番)として入団した陽月華は、同年の花組公演「源氏物語 あさきゆめみし」で初舞台を飾り、後に星組に配属されています。

宝塚時代の経歴:池田銀行イメージガール

宝塚時代の経歴3つ目は「池田銀行イメージガール」です。陽月華は2001年に「阪急阪神」の初詣ポスターモデルに起用され、2002年には「池田銀行」のイメージガールに就任したと同時にCMデビューも果たしています。

宝塚時代の経歴:宙組トップ娘役での活躍

宝塚時代の経歴4つ目は「宙組トップ娘役での活躍」です。2007年1月に宙組へ組替えとなった陽月華は、2月に宙組トップ娘役に就任し、大和悠河の相手役として「バレンシアの熱い花/宙 FANTASISTA!」でトップコンビ大劇場お披露目を果たしています。

その後も「Paradaise Prince/ダンシング・フォー・ユー」「外伝 ベルサイユのばら-アンドレ編-」などで活躍した陽月華でしたが、2009年7月5日に「薔薇に降る雨/Amour それは・・・」をもって大和悠河と添い遂げ退団をしています。

陽月華の宝塚退団のその後の事務所関係

陽月華の宝塚退団のその後の事務所関係についても調査してみました。陽月華は宝塚退団のその後、「芸能事務所の所属・退社が激しい」などと噂されているので、真相はどうなのか詳しく確認していきましょう。

その後の事務所:スペースクラフト所属から退社

花を持っている人

その後の事務所1つ目を紹介します。陽月華は宝塚退団のその後、「スペースクラフト」に所属し女優として幅広い場所での活動を開始しましたが、2020年10月に契約満了につき同事務所を退社したようです。

その後の事務所:株式会社コインに所属発表

その後の事務所2つ目を紹介します。2020年10月に「スペースクラフト」を退社した陽月華は、2021年9月から「株式会社コイン」所属になったことを発表し、その後も女優として変わりのない活躍を披露しているようです。

陽月華のその後のエピソード

陽月華のその後のエピソードも紹介していきます。宝塚時代の経歴・退団のその後の事務所関係について紹介しましたが、引き続き他のエピソードも詳しく確認していきましょう。

その後のエピソード【年齢との闘い】

その後のエピソード1つ目を紹介します。陽月華は宝塚退団後について「年齢的にあの役が出来なくなる」といった年齢への焦りを語っていたようです。しかし2019年頃には「歳を重ねることが楽しい」との想いを語っていました。

その後のエピソード【家族との関係】

その後のエピソード2つ目を紹介します。上記の方で紹介した通り陽月華は宝塚に入ることを父親から反対されており、「お前なんて出ていけ」と言われたようですが、後に父親は宝塚ファンになっていたようです。

それらのことから父親と仲良くなったという陽月華は、退団後亡くなった母親・70歳になった父親について「1度実家に帰った時、手を繋いでおいて良かった。だから父親とも別れる時必ず握手しています」と家族との関係を語っていました。

陽月華のその後は整形説も浮上?

口元を隠している人

陽月華のその後は鼻の整形説も浮上しています。宝塚時代の濃いメイク姿と現在の姿が違うことから整形疑惑が浮上したようですが、陽月華は元から顔・鼻筋が整っているので、メイクによって顔が違って見えるだけでしょう。

陽月華のその後の結婚や恋愛は?

陽月華のその後の結婚や恋愛についても調査してみました。調査してみたところ陽月華には熱愛の噂が1つもなく、2022年4月現在も結婚していないようです。今は仕事量を増やしているようなので、女優業に夢中なのかもしれません。

Thumb陽月華は結婚している?捜査一課長などの出演ドラマやCMも!水着画像は?
元宝塚でその美貌を活かして活躍している女優、陽月華。誰もが羨んでしまうほどの美貌の持ち主です...

陽月華と同期の元宝塚スターも調査

陽月華と同期の元宝塚スターも調査してみました。宝塚には陽月華以外にも数多くのトップスターが誕生しているので、今一度同期の元宝塚スターを詳しく確認していきましょう。

同期の元宝塚スター【望月理世】

同期の元宝塚スター1人目は「望月理世(もちづき りせ)」です。望月理世は元宝塚歌劇団花組男役として活躍し、2009年3月に退団しました。退団後は女優として主に舞台で活躍しています。

同期の元宝塚スター【城咲あい】

同期の元宝塚スター2人目は「城咲あい」です。城咲あいは元宝塚歌劇団月組・娘スターとして活躍し、数多くの舞台でヒロインを飾っています。2009年12月に退団し、2015年にはバレエダンサーの伊坂文月と結婚したことを発表しました。

同期の元宝塚スター【凰稀かなめ】

同期の元宝塚スター3人目は「凰稀かなめ(おうき)」です。凰稀かなめは元宝塚歌劇団宙組6代目トップスターとして活躍し、数多くの名作で主演を務めましたが、2015年2月に退団しました。現在は女優としての活動を開始しています。

陽月華は元宝塚トップスター女優

陽月華の宝塚時代の情報や宝塚退団理由・宝塚時代の経歴やその後について紹介しました。陽月華は元宝塚トップ娘役を務めたベテラン女優だったようです。最近ドラマに出演する機会が増えている陽月華の、今後の活躍・最新情報からも目を離すことができません。

関連するまとめ

Original
この記事のライター
佐々木
閲覧して下さって有難う御座います。猫と料理と音楽、映画からゲームまで色んなものが好きな佐々木です。皆様を楽しませる...

新着一覧

最近公開されたまとめ