星野みなみはセンターになれない?理由は?星野みなみの選抜回数とセンターに関するまとめ

乃木坂46に所属する星野みなみがセンターになれない理由について調査しました。星野みなみは乃木坂461期生としてフロントポジションに選ばれることは多いものの、現在までセンター経験がないのです。星野みなみがセンターになれない理由を確認しましょう。

星野みなみはセンターになれない?理由は?星野みなみの選抜回数とセンターに関するまとめのイメージ

目次

  1. 1星野みなみ(乃木坂46)のプロフィール
  2. 2星野みなみはセンターになれない?
  3. 3星野みなみがセンターになれない理由とは
  4. 4星野みなみの選抜回数を調査
  5. 5星野みなみがバースデーライブでセンター?
  6. 6星野みなみの今後のセンター抜擢に期待

星野みなみ(乃木坂46)のプロフィール

・愛称:みなみ
・本名:星野みなみ(ほしのみなみ)
・生年月日:19982月6日
・年齢:22歳(2020年8月現在)
・出身地:千葉県
・血液型:B型
・身長:155cm
・体重:???
・活動内容:アイドル
・所属グループ:乃木坂46
・事務所:乃木坂46合同会社
・家族構成:父、母、妹

星野みなみの乃木坂46などの経歴

星野みなみは千葉県出身でアイドルグループ乃木坂46に所属するアイドルです。2011年に行われた乃木坂46のオーディションに合格し、一期生として活動を開始しました。実はその直前にAKB48の12期生オーディションも受けていたとのことです。

星野みなみは乃木坂46の初期の楽曲ではフロントポジションに抜擢されることが多く、中心メンバーの一人でした。また、乃木坂46のメンバーの中で初めてソロCMに出演したのも星野みなみだったのです。その他にもシングルヒット祈願の常連メンバーであり、全メンバーの中で最多という経歴の持ち主となっています。

Thumb星野みなみ(乃木坂46)卒業説は裏垢の流出から?彼氏は?
乃木坂46のメンバーで「可愛いの天才」と呼ばれている星野みなみさんに、乃木坂46を卒業説が出...

星野みなみはセンターになれない?

乃木坂46の1期生である星野みなみ。メンバーの中でも人気があり、必要不可欠な存在としてファンから支持されています。しかし、星野みなみは今までセンターを経験したことがないのだとか。星野みなみのセンターに関する情報を解説します。

星野みなみはセンターになれない説の真相

星野みなみは現在までほぼ全てのシングルで選抜メンバーに選ばれており、決して評価されていない人物というわけではありません。乃木坂46の中では妹キャラ的立ち位置としてスタートしてましたが、現在は後輩の面倒見が良い先輩に成長しています。

センターの経験がない星野みなみですが、フロントポジションの回数は多いです。そのため、ミュージックビデオでも星野みなみの姿は確認しやすいと言えるでしょう。

星野みなみがセンターになれない理由としては、乃木坂46の人気メンバーの存在が関係しているようです。乃木坂46はかつて在籍したエースの生駒里奈や西野七瀬、そして現在も活動している白石麻衣などからセンターを奪い取ることが出来なかったと考えられています。

乃木坂46の顔として生駒里奈が有名になり、2トップの西野七瀬と白石麻衣を押しのけることが星野みなみには難しかったのかもしれません。同時に年月が経ち、世代交代が進む中で新しい人気メンバーが出てきたことも関係があるのでしょう。

カップリング曲ではセンター経験あり

シングル表題曲ではセンターになれていない星野みなみですが、カップリング曲では経験があります。星野みなみがセンターになったことがある、カップリング曲を紹介します。

カップリング曲「初恋の人を今でも」でセンター担当

星野みなみがセンターになったのは2013年11月27日にリリースされた、乃木坂46の7thシングル「バレッタ」のカップリング曲「初恋の人を今でも」でした。ちなみに、バレッタのセンターは堀未央奈が務めています。

星野みなみがセンターを務めたカップリング曲はミュージックビデオも製作されています。ミュージックビデオは星野みなみが初恋の人の幻影を追いかける、というコンセプトとのこと。また、撮影は栃木県那須郡那須町にある「那須ステンドグラス美術館 セント・ラファエル礼拝堂」と「おだぎりガーデン」がロケ現場となっています。

星野みなみのセンターに関するファンの意見

ファンは星野みなみがシングル表題曲でセンターに選ばれたことがないことをどう考えているのでしょうか?先ほどのミュージックビデオでは星野みなみがシングル表題曲でセンターに慣れていないことを疑問に思う声が多く確認できるのです。

「いつかみなみちゃんがセンターになるのを見たい」という声もあり、「初恋の人を今でも」をA面に望む声もありました。このようにファンの多くは1度でいいから星野みなみをセンターにして欲しい、という思いがあるのです。

Thumb星野みなみ(乃木坂46)が可愛い!顔だけでなく声も!エピソードも!
乃木坂46の星野みなみさんは、かわいいルックスだけでなく声や性格までかわいいと人気です。乃木...

星野みなみがセンターになれない理由とは

改めて星野みなみがセンターになれない理由を調査しましょう。選抜メンバーとしてシングル表題曲には選ばれていたものの、センターは現在まで経験することが出来ませんでした。星野みなみがセンターになれない理由をチェックしましょう。

センターになれない理由①生駒里奈の固定体制

乃木坂46が結成された当初からセンターを務め続けたのは、エースの生駒里奈でした。1stシングルの「ぐるぐるカーテン」から5連続センターを務めています。結果的に生駒里奈は、卒業まで6回センターを務めているため、ほぼ固定に近かったと言えるかもしれません。

乃木坂46のことを詳しく知らなくても、生駒里奈の顔は見たことがある、という人も多かったでしょう。それだけ、初期の乃木坂46において生駒里奈はセンターを連続で担当していたのです。

生駒里奈は2018年5月6日に乃木坂46を卒業しているため、今後はセンターの記録が更新される可能性はありませんが、初期は固定体制に近かったと言えるでしょう。

センターになれない理由②白石麻衣と西野七瀬

その生駒里奈よりもセンター回数が多いのが西野七瀬です。西野七瀬も2019年2月24日に乃木坂46を卒業しています。それまでの期間、8th、9th、を中心に全7回のセンターを記録しており、2020年7月まででトップとなっています。

西野七瀬と並んで2トップと言われた白石麻衣はセンター回数5回で第3位。このように生駒里奈を除いても、白石麻衣と西野七瀬の2トップがセンターを何度も務めており、なかなか他のメンバーがセンターを奪取することが出来なかったのです。

生駒里奈の小動物的で応援したくなるアイドルさ、白石麻衣と西野七瀬の大人っぽく可憐さのある雰囲気。星野みなみはこの3人を勝る魅力をアピールしきれなかったのかもしれません。

センターになれない理由③1期生から世代交代

生駒里奈や西野七瀬が卒業していく中で星野みなみに順番が回ってくる可能性もあったでしょう。しかし、乃木坂46は新しい世代を求めてオーディションが繰り返されており、星野みなみは「ベテラン」と呼ばれる存在になっていきました。

白石麻衣や齋藤飛鳥などの初期メンバーだけでなく、新しい世代のメンバーがセンターに抜擢されることが増えており、世代交代の雰囲気が強くなっているのです。そういったことも星野みなみがセンターに抜擢されない理由なのかもしれません。

センターになれない理由④年齢逆サバ読み説

ユニークな説として、星野みなみが年齢を「逆サバ読みしている」という噂がありました。星野みなみは見た目よりも若く見られることがあり、後輩たちと並んでも違和感がないのだとか。星野みなみの童顔や妹キャラもセンターに抜擢しにくい理由なのでしょうか?

星野みなみの選抜回数を調査

星野みなみはセンターにはなれていませんが、現在まで選抜回数は多いメンバーです。そんな星野みなみの選抜回数や最新シングルにまつわるエピソードを紹介します。

星野みなみのこれまでの選抜回数は?

2020年7月までの間に乃木坂46は25枚のシングルをリリースしています。歴代で最も選抜回数が多いのは白石麻衣、高山一実、松村沙友理の3名です。白石麻衣は25thシングルで卒業してしまうので、高山一実と松村沙友理が記録を更新していく可能性が高いでしょう。

24回のメンバーは桜井玲香、生田絵梨花となっています。桜井玲香は24thシングルで卒業、生田絵梨花は9thに休業のため、全選抜とはなりませんでした。そして、23回選抜経験があるのが星野みなみなのです。

つまり、星野みなみは選抜経験が3位となっており、ファンから「センターを1度経験させてあげてほしい」という声が出ていました。

福神入りの回数も調査

乃木坂46には選抜メンバーの中でも特に人気のある人を「七福神」と呼んでいます。ファンの中では「真の選抜メンバー」という表現をすることもあり、AKB48における「神7」に近い存在です。

2017年3月発売の17thシングルから、人数が増えたこともあり「十二福神」という言い方に変更されており、メンバーも増加しています。七福神時代の基本メンバーは生駒里奈、生田絵梨花、白石麻衣、高山一実、橋本奈々未、松村沙友理、星野みなみでした。

星野みなみの七福神と十二福神を合わせると10回の福神入りを経験しています。最新の25thシングルでも十二福神(正確には十一福神)入りしており、変わらない人気を感じさせるでしょう。

25thシングル「しあわせの保護色」でのエピソード

最新シングルの「しあわせの保護色」は白石麻衣の卒業シングルとなりました。センターを白石麻衣が務め、乃木坂461期生全員が選抜入りとなっています。

このとき星野みなみは誕生日が近かったということもあって、白石麻衣からケーキをプレゼントされています。星野みなみによれば、寂しさと嬉しさの両方の気持ちが沸き上がったのだとか。彼女のことを笑って送り出してあげたいという気持ちもあったそうです。

世代交代が進んでいる乃木坂46ですが、星野みなみのように初期から現在までチームを支えてくれた存在は非常に重要と言えるでしょう。そういった存在がいるからこそ、白石麻衣も安心して乃木坂46を卒業できるのかもしれません。

星野みなみがバースデーライブでセンター?

乃木坂46はグループが始動した時期に合わせてバースデーライブが行われています。2020年に行われたバースデーライブの際、星野みなみがセンターを経験したというエピソードをチェックしましょう。

バースデーライブでファン待望のセンター披露

2020年のバースデーライブでは星野みなみがファン待望のセンターを披露しました。シングル表題曲でセンターを経験出来ていない星野みなみですが、バースデーライブでは複数の曲でそのポジションを担当したのだとか。星野みなみがセンターを担当したのはどの楽曲だったのでしょうか?

生駒里奈センター曲「Against」をバトンタッチ?

2018年4月25日にリリースされた乃木坂46の20thシングル「シンクロニシティ」は、白石麻衣がセンターを務めました。そして、B面として収録されていた「Against」は卒業を控えていた生駒里奈が最後のセンターを務めた楽曲なのです。

生駒里奈は「1期生の新しい一面が見せられるミュージックビデオにしたい」という意向のもと、映像が収録されました。1期生メンバー全員による収録は「シャキイズム」以来の5年ぶりだったのです。そういった思い出がある楽曲で星野みなみはセンターを担当しています。

生駒里奈のマネをするのではなく、今の1期生らしさを大切にしながら踊ったAgainstはファンからとても評価が高かったとのこと。メンバーと一緒に何度も練習し、バースデーライブで披露。センターが星野みなみだと分かった瞬間に、ファンが歓声をあげているのも注目と言えるでしょう。

デビューシングル「ぐるぐるカーテン」でもセンター?

バースデーライブではAgainstだけでなく、乃木坂46のデビューシングル「ぐるぐるカーテン」もセンターを務めました。実は2019年に行われたバースデーライブも星野みなみはセンターを務めていたのです。

コンサートのオープニングでは1期生オーディションの合格発表を再現するような演出となっており、それぞれのメンバーの名前が呼ばれて、センターに星野みなみが立っていたのです。生駒里奈卒業後ということもあり、1期生の星野みなみがその場所に立っていることは、ファンにとっても胸が熱くなる展開でした。

そのため、星野みなみによると今回のバースデーライブよりも前年のほうが緊張が強かったのだとか。また、バースデーライブでは1番大きな声を出せた自信もあったことも明かしています。1期生が少しずつ卒業している中で、星野みなみはこれからも乃木坂46を引っ張っていくという強い気持ちのあらわれだったのかもしれません。

このようにライブにおいて、星野みなみがセンターを務める場面が増えてくる可能性があります。初期メンバーが卒業していく中で、フロントポジションの経験が多い星野みなみは頼れる存在と言えるでしょう。ファンも星野みなみならセンターを任せても安心と思える存在のようです。

星野みなみの今後のセンター抜擢に期待

星野みなみのセンターに関する情報を紹介しました。星野みなみは1期生として乃木坂46に参加し、23回の選抜入りを果たしていました。しかし、生駒里奈や白石麻衣、西野七瀬などの超人気メンバーを追い越すことが出来なかったためか、現在までセンターに抜擢されていません。

シングル表題曲ではセンター経験はありませんが、カップリング曲では抜擢されたことがあり、バースデーライブでもセンターに立ったことがあることも分かりました。世代交代が噂される乃木坂46ですが、1期生の星野みなみの努力や頑張りが評価されて、センターに抜擢されることを期待しましょう!

関連するまとめ

Original
この記事のライター
浅倉恭介
ギターと野球と料理が好き。犬が飼いたい! もともとは接客業界で働いてました その後は保育業界に。 ロ...

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ