【BLEACH】市丸ギンの強さや能力は?復讐の真相も!

漫画『BLEACH』に登場する市丸ギンは、目が細くほとんど開眼していないキャラです。そんな市丸ギンは藍染惣右介に復讐するも叶わず死亡するという壮絶な最期を迎えます。市丸ギンの13㎞伸びる能力を持つ斬魄刀の概要や、卍解、松本乱菊との関係についてご紹介します。

【BLEACH】市丸ギンの強さや能力は?復讐の真相も!のイメージ

目次

  1. 1【BLEACH】市丸ギンとは
  2. 2市丸ギンはどんなBLEACHキャラ?
  3. 3市丸ギンの強さや能力について
  4. 4市丸ギンの復讐の真相や最期
  5. 5市丸ギンの名言集
  6. 6市丸ギンは13km伸びる能力あるも復讐の最期に死亡の三番隊隊長BLEACHキャラ

【BLEACH】市丸ギンとは

漫画『BLEACH』に登場する市丸ギンは元護廷十三隊の三番隊隊長であり、いつも薄笑いを浮かべた表情をしている独特なキャラです。そんな市丸ギンは目が細く、漫画『BLEACH』の中では真剣な表情の時しか開眼しないキャラとして描かれています。

そして市丸ギンは物語の後半で復讐を試みるも、叶わずに死亡するという悲しい最期を遂げたことで大きく話題を呼びました。今回は市丸ギンの13㎞伸びる斬魄刀の能力や、松本乱菊との関係、市丸ギンの壮絶な最期について記事の中でご紹介します。

漫画「BLEACH」の概要

市丸ギンについてご紹介する前に、漫画『BLEACH』の概要についてご説明します。漫画『BLEACH』は久保帯人が作者で、『週刊少年ジャンプ』に2001年から2016年までという長きに渡って連載されてきた超人気漫画です。

漫画『BLEACH』は悪霊である「虚(ホロウ)」から家族を守るために、死神の少女朽木ルキアから力を与えられた黒崎一護が主人公で、その仲間たちと繰り広げる奮闘が描かれています。漫画『BLEACH』は詳細なキャラ設定が特徴で、徐々にハマる人が続出しました。

漫画『BLEACH』は瞬く間に人気を博し、2004年にはテレビアニメ化されました。そして漫画『BLEACH』は過去に「小学館漫画賞」を受賞し、漫画の累計発行部数が1億部を超えるなど、世界的にも絶大な支持を集めています。

さらに2018年には漫画『BLEACH』が実写映画化され、主演の福士蒼汰を始めとする豪華キャストたちが迫真の演技を披露したことで大きく話題を呼びました。漫画の連載が終了した現在も『BLEACH』の人気は衰えず、未だに根強い人気を誇っています。

Thumb【BLEACH】始解と卍解まとめ!各斬魄刀の解号や野力なども紹介!
漫画、アニメともに大人気のBLEACHでは斬魄刀という武器が登場します。武器を進化させる卍解...

市丸ギンはどんなBLEACHキャラ?

漫画『BLEACH』に登場する市丸ギンは、目が細くほとんど開眼していないキャラとして描かれています。市丸ギンのプロフィールや特徴的な目、開眼状態の様子、性格や松本乱菊との関係について詳しく調べてみました。

市丸ギンのプロフィール

漫画『BLEACH』に登場する市丸ギンは、身長が185㎝、体重が69㎏という小柄な体格をしています。市丸ギンの誕生日は9月10日です。そんな市丸ギンは一人称が「ボク」で、京都弁で話すという独特なキャラ設定をされています。

市丸ギンは若干人を小馬鹿にしたような発言をすることがあるものの、護廷十三隊の元三番隊隊長を務めていた経歴を持ち、その実力は折り紙つきです。ちなみに市丸ギンは斬魄刀を卍解しない状態でも戦える優れた能力を持っています。

ちなみに市丸ギンは死神の学校である「真央霊術院」を普通では6年かかるところを、わずか1年程度で卒業して護廷十三隊の五番隊に加入してすぐに席官に抜擢された実力者であり、早くから次期隊長として将来を期待されていた存在でした。

市丸ギンの特徴は細い目

市丸ギンの特徴は何といっても「目」であり、漫画『BLEACH』の中ではほとんど開眼していない状態で描かれています。市丸ギンの特徴的な目の色や、開眼状態になるタイミングについて詳しく見ていきましょう。

開眼状態では淡い水色の目

市丸ギンは目が細く薄笑いを浮かべた表情をしていることが特徴ですが、開眼状態では淡い水色の目の色をしています。こちらのTwitterの画像を見てみると、市丸ギンは開眼状態では目の色が青であることがわかります。

キツネ目も開眼すると破壊力抜群との感想も

市丸ギンはかなり目が細く、漫画『BLEACH』の中では驚いた時や真剣な表情をする時しか開眼しないというキャラです。このため、市丸ギンは「キツネ目」と言われているようです。 

そんな市丸ギンは漫画『BLEACH』の中ではほとんど開眼せず、戦闘中であっても不気味な薄笑いを浮かべた表情をしていますが、ごくまれに開眼状態になって感情を露にする場面も描かれています。

市丸ギンは抜け目のないズル賢い性格

また、市丸ギンは抜け目のないズル賢い性格をしているキャラとして描かれています。こうした市丸ギンの細い目とズル賢い性格をかけて、市丸ギンは主人公である黒崎一護から「キツネ野郎」という愛称で呼ばれているようです。

そして市丸ギンはなぜか京都弁を話す珍しいキャラであり、いつも飄々としていて口数が少なく、何を考えているのかわからない不気味な存在でもあります。さらに市丸ギンは人間観察が趣味という、かなり変わった趣味を持っています。

吉良イヅルから尊敬される存在

市丸ギンは手下である吉良イヅルから、尊敬される存在として描かれています。吉良イヅルとは、護廷十三隊の三番隊副隊長を務めており、市丸ギンの部下として一緒に戦ってきた間柄です。吉良イヅルは市丸ギンに絶対的な信頼を寄せ、彼の命令には素直に従います。

吉良イヅルは金髪で髪が長く、見た目はヤンキーのような印象を受けますが、実際には気弱な性格であり、その性格ゆえに周囲から利用されてしまうこともあります。

朽木ルキアとは嫌悪感を抱く関係

市丸ギンは朽木ルキアとは相性が悪く、嫌悪感を抱かれています。市丸ギンは朽木ルキアが処刑されるシーンでは、死刑執行を前に覚悟を決めた朽木ルキアに対し「助け出してあげようか」と挑発的な発言をしているため、かなり性格が悪いキャラとして知られています。

藍染惣右介とは元上司と部下の関係

市丸ギンと藍染惣右介は元上司と部下の関係でした。市丸ギンは霊術院をわずか1年で卒業した超エリートであり、当初からその能力が注目されていました。このため市丸ギンの優れた能力に目を付けた藍染惣右介は、自分の部隊である五番隊に入隊させています。

後に藍染惣右介が五番隊の隊長に、市丸ギンは副隊長に昇進し、上司と部下の関係となりました。しかし市丸ギンは藍染惣右介に対して強い復讐心を持っており、いつか復讐のタイミングを狙っていたのです。市丸ギンの復讐劇については、後ほど改めてご説明します。

松本乱菊とは幼少期に共に生活時期も

市丸ギンと松本乱菊は幼少期に出会い、一時期一緒に生活をしていた仲です。市丸ギンと松本乱菊の出会いや関係性、深い絆について、詳しく見ていきましょう。

松本乱菊とは

漫画『BLEACH』に登場する松本乱菊は、護廷十三隊に所属する十番隊の副隊長です。松本乱菊はサボりがちな性格として描かれていますが、実は姉御肌で、面倒見の良いキャラでもあります。このため手下たちからは慕われています。

松本乱菊の斬魄刀は「灰猫」です。松本乱菊の卍解は作中では描かれていませんが、実は卍解が存在していることが後に明らかになっています。

松本乱菊との深い絆

市丸ギンと松本乱菊は、深い絆で結ばれています。市丸ギンは幼少期に空腹で倒れている松本乱菊に干し柿を与えて助けた過去があり、その後は一緒に暮らしていました。貧しいながらも幸せな生活を送っていた2人でしたが、松本乱菊が死神から魂を奪われてしまいます。

松本乱菊の仇をとるために自分も死神になることを決意した市丸ギンは、松本乱菊に別れを告げます。市丸ギンの後を追って真央霊術院に入学してきた松本乱菊ですが、市丸ギンは卒業するまでに6年かかるところを1年で卒業してしまい、再び離れ離れになります。

その後また再開を果たした市丸ギンと松本乱菊ですが、実は市丸ギンは松本乱菊の仇をとるために、当時の犯人である藍染惣右介の元で110年という長きに渡り復讐のチャンスをうかがっているのです。

このように、松本乱菊のことを心から大切に思っている市丸ギン。強い絆で結ばれている市丸ギンと松本乱菊の関係性に対し、称賛の声が寄せられています。

Thumb【BLEACH】松本乱菊まとめ!斬魄刀(灰猫)の卍解や能力は?スタイルも調査
大人気漫画「BLEACH」に登場するスタイル抜群キャラの松本乱菊。そんな松本乱菊の能力や卍解...

市丸ギンの強さや能力について

市丸ギンの斬魄刀は、卍解時には13㎞も伸びるという素晴らしい能力を持っています。市丸ギンの斬魄刀や始解、卍解時に13㎞伸びるという驚異的な能力の概要について調べてみました。

斬魄刀は神鎗

市丸ギンの斬魄刀は、「神鎗(しんそう)」です。市丸ギンの持つ斬魄刀の能力の中でも一番強いものが、刀を伸ばすことで、なんと13㎞も刀を伸ばす能力を持っています。市丸ギンの斬魄刀の能力については、後ほど改めてご説明します。

斬魄刀「神鎗」の始解

市丸ギンの斬魄刀「神鎗」の解号は「射殺せ(いころせ)神槍」であり、始解によって斬魄刀を開放すると刀が伸縮自在となる能力を持っています。

卍解は神殺槍で13㎞の能力って?

市丸ギンの斬魄刀の卍解は「神殺鎗」であり、始解よりもさらに斬魄刀の伸縮スピードと長さが大幅にアップします。そして市丸ギンは卍解によって斬魄刀を13㎞も伸ばすことができるようになります。

卍解「神殺槍」は13㎞伸びる能力が特徴

先ほどご紹介した通り、市丸ギンの斬魄刀の能力は13㎞も刀を伸ばすことができることが最大の特徴です。市丸ギンの斬魄刀は普段は脇差レベルの短さですが、卍解によって13㎞も伸び、日本刀100本分の長さであることから「百本差し」とも呼ばれています。

13㎞伸びる以外に真の能力も

市丸ギンの斬魄刀の能力は13㎞も伸びるという能力以外にも、目にも止まらぬ超人的なスピードで刀を動かすことができるという能力も持っています。市丸ギンは卍解によって斬魄刀を時速62万㎞のスピードで動かすことができると言われているようです。

さらに市丸ギンの斬魄刀には、刀の内側に猛毒が含まれていることが後に明らかになっています。市丸ギンの斬魄刀は、伸び縮みする時に一瞬だけ塵になるとのこと。その際に塵に含まれる猛毒を撒き散らすため、戦っている間に相手に致命傷を与えることができます。

市丸ギンの復讐の真相や最期

市丸ギンは漫画『BLEACH』の中で、復讐を企てるも叶わず死亡するという壮絶な最期を遂げています。市丸ギンの復讐の内容や、復讐が叶わず死亡してしまうという無念の最期を迎えた際の様子について調べてみました。

市丸ギンの復讐は藍染惣右介殺害目的が関係

市丸ギンと藍染惣右介は上司と部下の関係でしたが、実は市丸ギンは藍染惣右介のもとでずっと復讐するチャンスをうかがっていたのです。藍染惣右介に忠実に従うことで信頼させて、裏切ることなどはないと思い込ませていたことが後に明らかになっています。

市丸ギンが復讐をした理由はただ1つで、幼い頃に共に過ごした松本乱菊の仇をとるためでした。藍染惣右介から魂の一部を奪われた松本乱菊のためだけに、「裏切者」と呼ばれることを厭わず藍染惣右介へ歯向かう様子は、多くの人の心を動かしました。

復讐するも叶わず死亡

こうして長い間藍染惣右介に復讐するチャンスをうかがっていた市丸ギンは、遂に藍染惣右介に復讐を仕掛けます。市丸ギンは斬魄刀を卍解するによって、猛毒が含まれた刀身を塵へと変化させて藍染惣右介の体内へと取り込ませました。

しかし結局市丸ギンは、藍染惣右介の手で死亡させられてしまうのでした。市丸ギンはこうして復讐が叶わず、志を果たせぬまま死亡するという無念の最後を迎えてしまいました。

最期は強い目になり黒崎一護を見つめ死亡

復讐を果たせず死亡してしまった市丸ギンですが、最期は駆け付けた黒崎一護と松本乱菊に見守られながら息を引き取ります。市丸ギンは黒崎一護に対し「藍染惣右介を倒せるような強い存在になってほしい」と思っていたことが最期に明らかになりました。

こうして強い目になった黒崎一護を見て、市丸ギンは「今後は任せた」と託し、最期は松本乱菊が涙を流す様子が描かれています。壮絶な最期を迎えて死亡した市丸ギン。市丸ギンが最期を迎えるシーンは、涙なしでは見られないと話題を呼びました。

市丸ギンの名言集

市丸ギンは漫画『BLEACH』の中で、数々の名言を生み出しています。市丸ギンが生み出した数々の名言について、詳しく見ていきましょう。

名言「ボクと会うた日が乱菊の誕生日や」

市丸ギンの名言1つ目は、「ボクト会うた日が乱菊の誕生日や」です。市丸ギンと松本乱菊は孤児として育った辛い生い立ちがありますが、「自分の誕生日がいつなのかわからない」と悲しむ松本乱菊に対して、市丸ギンがかけた優しい言葉です。

そんな松本乱菊に対し、自分と出会った日を誕生日にしようと伝える市丸ギン。市丸ギンの松本乱菊に対する熱い想いが伝わってくる言葉です。

名言「胸に孔があいて死ぬんや本望ですやろ」

市丸ギンの名言2つ目は、「胸に孔があいて死ぬんや本望ですやろ」です。これは市丸ギンが藍染惣右介に復讐を仕掛ける際、斬魄刀「神殺鎗」で胸を貫いて刀の猛毒を体内に残すことで藍染惣右介にダメージを与えた時に生まれた言葉です。

名言「僕は蛇や」

市丸ギンの名言3つ目は、「僕は蛇や」です。市丸ギンはズル賢い蛇のような性格をしており、先ほどご紹介した通り、藍染惣右介の元で密かに復讐のチャンスをうかがいながら、手下たちをうまく誘導していたことが最期には明らかになっています。

名言「もうちょっと捕まっとても良かったのに…さいなら乱菊ご免な」

市丸ギンの名言4つ目は、「もうちょっと捕まっとても良かったのに…さいなら乱菊ご免な」です。藍染惣右介は物語の「黒幕」だったことが後に判明しますが、それを見て戸惑う松本乱菊に対して市丸ギンがかけた言葉です。

名言「あぁ強い目になった よかった」

市丸ギンの名言5つ目は、「あぁ強い目になった よかった」です。市丸ギンは藍染惣右介への復讐を果たせぬまま死亡しましたが、最期に駆け付けた黒崎一護の強い目を見て「今後を安心して任せられる」と悟った際に出た言葉です。

名言「ボク死神になる。死神になって変えたる。乱菊が泣かんですむようにしたる。」

市丸ギンの名言6つ目は、「ボク死神になる。死神になって変えたる。乱菊が泣かんですむようにしたる。」です。やはり市丸ギンを突き動かしていたのは松本乱菊への強い思いであり、その思いが伝わってくる男らしく温かい言葉です。

名言「ああやっぱり謝っといてえかった」

市丸ギンの名言7つ目は、「ああやっぱり謝っといてえかった」です。市丸ギンは松本乱菊の仇をとるために藍染惣右介へ復讐しますが、果たせぬまま死亡します。この名言は、その際に駆けつけた松本乱菊に対してかけた言葉です。

市丸ギンが最期に見たのは松本乱菊の涙であり、薄れていく意識の中で松本乱菊に対して初めて本心を伝えます。この言葉で松本乱菊は、市丸ギンが自分のために藍染惣右介に対して復讐を企てたことを悟るのでした。

市丸ギンは13km伸びる能力あるも復讐の最期に死亡の三番隊隊長BLEACHキャラ

漫画『BLEACH』に登場する人気キャラである市丸ギンは、幼少期に一緒に過ごした松本乱菊の仇をとるために、藍染惣右介の元に弟子入りをして100年以上に渡って復讐のチャンスをうかがっていたという過去がありました。

しかし復讐を果たせぬまま、最期は死亡してしまった市丸ギン。松本乱菊への熱い想いが伝わってくる市丸ギンの最期のシーンに、涙するファンが続出しました。市丸ギンは物語の中では死亡しましたが、ファンの心の中で永遠に生き続けていくことでしょう。

関連するまとめ

Original
この記事のライター
ちひろ
総合病院の元助産師。現在は子育て中のため一旦臨床を離れ、空いた時間にライターの仕事をしています。皆さんに楽しんでい...

新着一覧

最近公開されたまとめ