市村正親の嫁遍歴!元嫁との結婚と離婚から篠原涼子との結婚まで!

市村正親さんは離婚と再婚を経験していることで知られています。市村正親さんの元嫁との結婚の馴れ初めや離婚理由、さらには現在の嫁の篠原涼子さんとの結婚の馴れ初めや結婚生活まで詳しく調査しました。市村正親さんの嫁遍歴について紹介します。

市村正親の嫁遍歴!元嫁との結婚と離婚から篠原涼子との結婚まで!のイメージ

目次

  1. 1市村正親のプロフィール
  2. 2市村正親の嫁遍歴を大調査
  3. 3市村正親の元嫁との結婚と離婚
  4. 4市村正親の現在の嫁(篠原涼子)との結婚
  5. 5市村正親と嫁(篠原涼子)の夫婦エピソード
  6. 6市村正親の嫁遍歴は2人で篠原涼子との今後にも注目

市村正親のプロフィール

・愛称:???
・本名:市村正親(いちむらまさちか)
・生年月日:1949年1月28日
・年齢:71歳(2021年1月現在)
・出身地:埼玉県川越市
・血液型:A型
・身長:170cm
・体重:???
・活動内容:俳優、声優
・所属グループ:元劇団四季
・事務所:ホリプロ
・家族構成:妻(篠原涼子)、長男、次男

市村正親の経歴

市村正親さんの嫁遍歴について紹介する前に、まずはこれまでの経歴を見ていきましょう。市村正親さんは高校卒業後、舞台芸術学院に進学。この舞台芸術学院時代に俳優の西村晃さんが講師に来られたことが縁で、校長が市村正親さんを西村晃さんの付き人に推薦してくれたのだそうです。

市村正親さんは西村晃さんの付き人を3年間つとめました。その経験の中で、常に自分より誰かを第一に考えるということを学び、後の俳優人生に生かすことができたのだそうです。3年間の付き人生活を経て、市村正親さんは劇団四季のオーディションに応募。見事に合格し、劇団四季の俳優としてスタートを切りました。

市村正親さんの舞台俳優としてのデビュー作は、劇団四季のミュージカル「ジーザス・クライスト=スーパースター」です。市村正親さんはこの作品で、ユダヤ王と称されるヘロデを演じています。本来は端役での出演予定だったそうですが、市村正親さんはさらなるオーディションを経てヘロデ役に抜擢されたそうです。

劇団四季入団後の市村正親さんは、「エクウス」や「オペラ座の怪人」など、数多くの作品に出演。市村正親さんは劇団四季の看板俳優となりました。ただ、「オペラ座の怪人」の主役がいつの間にか他の人に抜擢されるなど、「いつ肩たたきにあうか」という不安などの理由もあり、市村正親さんは1990年に劇団四季を退団します。

劇団四季を退団後の市村正親さんは、「ミス・サイゴン」、「ハムレット」、「屋根の上のヴァイオリン弾き」、「モーツァルト!」など、数多くのミュージカルに出演。ミュージカルだけではなく、ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」や「べっぴんさん」、「ドクターX〜外科医・大門未知子〜 」などにも出演しています。

また、映画「ステキな金縛り」や「テルマエ・ロマエ」、「のぼうの城」などにも出演。俳優として幅広い活動をしています。2021年に公開予定の映画「燃えよ剣」では、近藤勇や土方歳三との関わりも深い本田覚庵役として出演するそうです。

Thumb篠原涼子の旦那は市村正親!結婚の馴れ初めや子供は?
女優の篠原涼子さんには24歳年上の旦那がいますが、結婚当初はその年齢差が大きく話題となりまし...

市村正親の嫁遍歴を大調査

市村正親さんの嫁遍歴について詳しく見ていきましょう。市村正親さんはこれまでに何度の結婚歴があるのでしょうか?また、嫁はどのような人だったのでしょう?市村正親さんの嫁遍歴について調べてみました。

市村正親の結婚歴は2回

まずは市村正親さんの結婚歴について見ていきましょう。市村正親さんはこれまでに2度、結婚されてるようです。つまり、嫁は元嫁と現在の嫁の2人ということになります。市村正親さんの嫁についてさらに詳しく見ていきましょう。

1人目の嫁:八重沢真美

市村正親さんの1人目の嫁は、女優の八重沢真美さんです。八重沢真美さんは劇団四季の女優だったとのことで、市村正親さんが劇団四季在籍時代に結婚されているとのこと。八重沢真美さんは1度劇団四季を退団されていますが、現在は再入団されていそうです。

八重沢真美とは

市村正親さんの元嫁である八重沢真美さんのプロフィールについてもう少し詳しく見ていきましょう。八重沢真美さんは1962年1月26日生まれで現在の年齢は58歳、東京都の出身です。市村正親さんとは13歳の年齢差があり、結婚当時はこの年齢差も話題になったとのこと。

八重沢真美さんは母親がバレエダンサーだったということもあり、3歳からバレエを始め、高校卒業後には東京シティバレエ団に入団。その後、1982年に劇団四季に入団しました。劇団四季では「アンデルセン物語」や「キャッツ」、「ウェストサイド物語」、「マンマ・ミーア!」などの作品に出演しています。

2人目の嫁:篠原涼子

市村正親さんの2人目の嫁は、現在の嫁でもある篠原涼子さんです。市村正親さんと篠原涼子さんは24歳の年齢差があり、結婚当時は二回りも違う年齢差も話題になりました。市村正親さんは前の嫁とも13歳の年齢差があったため、「年下好き」という噂も流れていたようです。

篠原涼子とは

市村正親さんの2人目の嫁の篠原涼子さんのプロフィールを紹介しましょう。篠原涼子さんは1973年8月13日生まれで現在の年齢は47歳、群馬県桐生市の出身です。篠原涼子さんは1990年にアイドルグループ・東京パフォーマンスドールのメンバーとして芸能界デビュー。その後、小室哲哉さんのプロデュースでソロ歌手としても活動します。

篠原涼子さんといえば「「恋しさと せつなさと 心強さと」の大ヒットが有名ですが、近年は女優としても活躍。2006年にフジテレビ系列で放送されたドラマ「アンフェア」の雪平夏見役は当たり役となりました。

市村正親の元嫁との結婚と離婚

市村正親さんと元嫁・八重沢真美さんの結婚と離婚について見ていきましょう。2人の結婚の馴れ初めはどのようなものだったのでしょう?また、離婚理由は何だったのでしょうか?市村正親さんと元嫁の結婚の馴れ初めや離婚理由などについて紹介します。

1984年に元嫁(八重沢真美)と結婚

市村正親さんが元嫁の八重沢真美さんと結婚したのは1984年のことだったそうです。1984年といえば、市村正親さんは「人間になりたがった猫」のライオネル役や「日曜はダメよ!」のホーマー役などを演じています。

当時の市村正親さんは、劇団四季の看板俳優として活躍していました。そのため、1つの舞台が終われば次の舞台の稽古が始まるというような生活を送っていたそうです。

元嫁(八重沢真美)との結婚の馴れ初めは舞台『アンデルセン物語』共演

市村正親さんと元嫁・八重沢真美さんの馴れ初めについて調べてみました。2人の馴れ初めは、八重沢真美さんにとって劇団四季での初舞台となった「アンデルセン物語」だったようです。市村正親さんはこの舞台でハンス役を演じ、八重沢真美さんはマダム・ドーロ役を演じました。

馴れ初めとなった「アンデルセン物語」は1983年に上演されたものですので、その翌年に2人は結婚したことになります。当時の市村正親さんは34歳、嫁となった八重沢真美さんは21歳でした。

2003年5月に元嫁(八重沢真美)と離婚

市村正親さんの元嫁・八重沢真美さんは、結婚後は献身的に夫を支え続けたと言われています。市村正親さんが劇団四季を退団した1990年から3年後には八重沢真美さんも劇団四季を退団し、夫のサポートに専念していました。ただ、2人は結婚19年目の2003年に離婚しています。

元嫁(八重沢真美)との離婚理由は不倫?

市村正親さんと元嫁・八重沢真美さんの離婚理由には、不倫が関係していると言われているようです。本当に2人の離婚理由には不倫が関係しているのでしょうか?調べてみたところ、市村正親さんはかねてより女性関係が派手だったと言われており、離婚時にはすでに結婚生活が破綻していたとも言われています。

また、次に紹介する現在の嫁である篠原涼子さんとも離婚前から関係があったという噂もあるとのこと。そのため、市村正親さんと元嫁の離婚理由は不倫が関係している可能性が高いと言われているようです。

市村正親の現在の嫁(篠原涼子)との結婚

市村正親さんの現在の嫁・篠原涼子さんとの結婚についても見ていきましょう。市村正親さんと現在の嫁である篠原涼子さんはどのような馴れ初めで結婚したのでしょうか?市村正親さんと篠原涼子さんの結婚について調べてみました。

2005年12月に現在の嫁(篠原涼子)と結婚

市村正親さんと篠原涼子さんが結婚したのは2005年のことだったようです。市村正親さんと元嫁が離婚したのは2003年のことですので、その2年後には結婚したということになります。そのため、市村正親さんの元嫁との離婚理由が不倫ではないかという噂が流れました。

嫁(篠原涼子)とは略奪婚?

市村正親さんと篠原涼子さんの結婚は略奪婚だったのでしょうか?市村正親さんと元嫁の離婚が2003年でその2年後の再婚ですので、略奪婚かどうかは微妙なところかもしれません。ただ、市村正親さんと篠原涼子さんの馴れ初めは、市村正親さんが元嫁と婚姻関係にあった時期でした。

そのため、市村正親さんと篠原涼子さんの結婚は略奪婚と言われ、元嫁との離婚理由が不倫だと言われてしまったようです。元嫁との婚姻期間中には、市村正親さんと篠原涼子さんの関係はスクープされていなかったとのこと。そのため、市村正親さんと篠原涼子さんが不倫をしていたのかどうか正確なところは分かっていません。

嫁(篠原涼子)との結婚までの馴れ初めは?

市村正親さんと現在の嫁である篠原涼子さんは、どのような馴れ初めで交際をスタートさせたのでしょうか?2人は年齢差もありますので、馴れ初めが気になっている人も多いようです。市村正親さんと篠原涼子さんの馴れ初めについて調べてみました。

馴れ初め①舞台『ハムレット』で共演

市村正親さんと篠原涼子さんの馴れ初めは、2001年に上演された舞台「ハムレット」だったと言われています。この「ハムレット」で、市村正親さんは主人公のハムレットを演じ、篠原涼子さんはハムレットと恋に落ちるオフィーリア役を演じていました。篠原涼子さんにとって「ハムレット」は初めての舞台出演だったそうです。

初めての舞台ということで不安も大きかった篠原涼子さんを、舞台経験豊富な市村正親さんが力強くサポートしていたという情報もありました。舞台で恋人同士という役柄を演じたことは、市村正親さんと篠原涼子さんの関係が一気に深まる理由となった可能性があるでしょう。

馴れ初め②禁断の恋の始まり?

熱愛スクープこそなかった市村正親さんと篠原涼子さんですが、舞台「ハムレット」の共演後に2人は交際していたという噂があるようです。「ハムレット」の上演は2001年のことで、その翌年の2002年には、市村正親さんと元嫁の別居報道がありました。

市村正親さんと元嫁の別居理由については、市村正親さんの度重なる女遊びが原因だと報じられていたようです。ただ、タイミングを考えると、篠原涼子さんとの交際が原因だった可能性も否定はできないでしょう。

結婚後もベタ惚れ&ベタ褒めの様子

市村正親さんは結婚後も篠原涼子さんにべた惚れだと言われています。また、記者会見など公の場でも、妻である篠原涼子さんについてべた褒めすることが多く、結婚から15年を経過した現在も夫婦関係は円満だと言われているようです。

2014年には市村正親さんは胃ガンを患い、手術も受けました。この時にも、「妻が命をプレゼントしてくれた」と篠原涼子さんのおかげでガンが発見されたことを告白しています。また、療養中には篠原涼子さんが療養食を手作りしてくれたというエピソードも披露していました。

市村正親と嫁(篠原涼子)の夫婦エピソード

市村正親さんと現在の嫁・篠原涼子さんの夫婦エピソードについても見ていきましょう。市村正親さんと篠原涼子さんの夫婦エピソードにはどのようなものがあるのでしょうか?市村正親さんと篠原涼子さんの夫婦エピソードについて調べてみました。

嫁(篠原涼子)に頭上がらない結婚生活

市村正親さんは結婚以来、嫁である篠原涼子さんに頭が上がらないと言われています。実は結婚時には篠原涼子さんの父親に大反対され、「娘(篠原涼子)と一生添い遂げる」などの条件を出されています。こうしたことも、市村正親さんが篠原涼子さんに頭が上がらない理由だと言われているとのこと。

市村正親さんはテレビ番組に出演した際、絶対に揉めたくない相手として「嫁」と答えています。市村正親さんは篠原涼子さんに怒られても、絶対に言い返さないのだそうです。

年の差結婚のメリットも告白

市村正親さんはたびたび夫婦円満の秘訣について語ることがあり、年の差婚のメリットについて「年齢が離れていると喧嘩しない」ということをあげていました。市村正親さんは若い夫婦に対して「男が我慢する。我慢したって何も減らない」とアドバイスしているそうです。

篠原涼子との離婚危機説の理由も調査

円満夫婦と思われていた市村正親さんと篠原涼子さんですが、実は2018年に離婚危機説が流れたこともあったようです。離婚危機説が流れたのは、篠原涼子さんが飲み会に参加していることがスクープされたことが原因だったようです。

ただ、週刊誌などの取材に対して、市村正親さんも篠原涼子さんも笑って離婚を否定しており、離婚危機説はデマだった可能性が高いと言われています。2人の離婚に危機説についての続報もないことから、現在は円満な関係である可能性が高いでしょう。

市村正親の嫁遍歴は2人で篠原涼子との今後にも注目

市村正親さんの嫁遍歴について紹介してきました。市村正親さんの最初の嫁は女優の八重沢真美さんで、劇団四季時代の共演が馴れ初めで結婚したとのこと。その後、離婚を経て市村正親さんは現在の嫁・篠原涼子さんと再婚。

結婚から15年が経過した現在は2人の息子も誕生し、おしどり夫婦と言われています。市村正親さんと篠原涼子さんの夫婦関係に今後も注目していきましょう!

関連するまとめ

関連するキーワード

Missing
この記事のライター
春日つぼね

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ