生田絵梨花(乃木坂46)の姉が東大?父や母や弟は?お嬢様の実態を調査!

乃木坂46の人気メンバーである生田絵梨花さんの家族が凄いと話題になっています。そこで、この記事では東大出身と話題のお姉さんやお父様、お母様、弟さんなど生田絵梨花さんのご家族やお姉さんの画像、実家などについて調べてみました。この機会にぜひご覧ください。

生田絵梨花(乃木坂46)の姉が東大?父や母や弟は?お嬢様の実態を調査!のイメージ

目次

  1. 1生田絵梨花さんのプロフィール
  2. 2生田絵梨花さんの姉の大学は東大?
  3. 3生田絵梨花さんの実家はどこ
  4. 4生田絵梨花さんの家族も凄かった
  5. 5生田絵梨花さんの大学はどこ
  6. 6生田絵梨花さんは才色兼備なお嬢様
  7. 7乃木坂46・生田絵梨花さんの姉は東大出身!

生田絵梨花さんのプロフィール

乃木坂46の”いくちゃん”こと生田絵梨花さん。抜群の歌唱力と高いバラエティ能力、さらに近年ではミュージカル女優としても活躍しており、多くのファンを獲得しています。

そんな生田絵梨花さんの、東大出身と噂のお姉さんやお父様、お母様、弟さんなどご家族についてやご実家、お姉さんの画像などについてご紹介する前に、まずは生田絵梨花さんのプロフィールと経歴をご紹介します。

・愛称:いくちゃん、いくたどん、えりか
・本名:生田絵梨花(いくた・えりか)
・生年月日:1997年1月22日
・年齢:22歳
・出身地:東京都
・血液型:A型
・身長:160cm
・体重:不明
・活動内容:アイドル、ミュージカル女優
・所属グループ:乃木坂46
・事務所:乃木坂46合同会社
・家族構成:父・母・姉
・出演作品
 ドラマ「ビブリア古書堂の事件手帖」「海の上の診療所」「残念な夫」「初森ベマーズ」
 映画「超能力研究部の3人」「あさひなぐ」
 ミュージカル「虹のプレリュード」「リボンの騎士」「ロミオ&ジュリエット」「レ・ミゼラブル」「モーツァルト」「ナターシャ・ピエール・アンド・ザ・グレート・コミット・オブ・1812」

生田絵梨花さんの経歴

生田絵梨花さんは中学3年生だった2011年に乃木坂46のオーディションに合格し、芸能界にデビューしました。しかし、生田絵梨花さんは元々アイドルを目指していた訳ではなかったそうです。

実はGLAYなどの音楽プロデュースを手掛けた佐久間正英氏がお父様の従兄弟と言う間柄にあったことから、幼い頃から将来は音楽の道に進みたいと考えていたのです。

小学生の頃にミュージカル『アニー』を観劇し、歌って踊れるミュージカル女優になる事を夢見ていた生田絵梨花さん。インターネットで乃木坂46のオーディションを知った際、「こんなチャンスは2度とない」と思ったそう。

一見するとアイドルとミュージカル女優は別物のように感じられますが、生田絵梨花さんはこの両者の間に”ステージに立つ”と言う共通点を見出していたのです。

乃木坂46のメンバー中随一の歌唱力を誇る生田絵梨花さんは、デビューシングル『ぐるぐるカーテン』以来、学業のために休業した1枚を除いてすべてのシングルで選抜入りを果たしています。

乃木坂46の10枚目シングル『何度目の青空か?』では、生駒里奈さん、白石麻衣さん、堀未央奈さん、西野七瀬さんに続く5人目のセンターに抜擢されました。

音楽の才能に恵まれた生田絵梨花さんは、様々なジャンルの歌唱にも挑戦しています。上記の動画ではフィンランド大使館協力の下、フィンランド民謡を披露しています。

この「イエヴァン・ポルッカ」と言う民謡は誰かに習ったわけではなく、耳コピで習得したものです。フィンランド民謡を選ぶセンスや歌唱力の高さ、耳に残るメロディーが話題となりました。

上記の動画では、冠番組内の企画で、T.M.Revolutionの『WHITE BREATH』を披露しています。何かが憑依したのかと思うほどの歌唱に圧倒されます。乃木坂46随一のお嬢様とも言われる生田絵梨花さんには乃木坂46随一のコメディエンヌと言う顔もあるのです。

ミュージカル女優としても活躍する生田絵梨花さんは、『ロミオ&ジュリエット』や『レ・ミゼラブル』などの名作に出演し、その演技力や歌唱力が高く評価されてきました。

2017年には第8回岩谷時子賞奨励賞を受賞。FNS歌謡祭など音楽番組において度々、ミュージカルの名曲を披露するなど、ミュージカル界の未来を担う若手女優としての期待も集めています。

乃木坂46と言えば、発売する写真集が軒並み歴史的大ヒットをしている事でも話題となっていますが、生田絵梨花さんも2冊のソロ写真集を発売しています。

2016年に発売した『転調』は2016年上半期のオリコンランキング写真集部門で1位に輝き、2019年に発売した『インターミッション』は講談社の創業以来最多となる初版22万部で発売開始、翌日にはさらに5万部の増刷が決まるなどまさに破竹の勢いです。

中学3年生で乃木坂46に加入した生田絵梨花さんはグループの中でも年少組で、白石麻衣さんなどの年長組のお姉さんに比べるとやはり幼いと言う印象が強くありました。

しかし、『インターミッション』では水着姿やランジェリー姿を披露するなど、今ではすっかり綺麗なお姉さんへと成長と遂げています。その様子に、古くからの乃木坂46ファンは時の流れを思うのです。

ThumbAKB48と乃木坂46や欅坂46の違いは?人気の逆転はいつから?
秋元康氏がプロデュースし大人気となった国民的アイドルグループAKB48と、ライバルとして誕生...

生田絵梨花さんの姉の大学は東大?

乃木坂46の人気メンバーである生田絵梨花さん。そのお姉さんが東大出身なのではないかと話題になっています。そこで、お姉さんが東大出身であると言う噂について検証してみました。

姉は東大の理科一類

生田絵梨花さんのお姉さんについては桜蔭高校を卒業し、東京大学の理科一類に進学したのではないかと言う噂があります。

桜蔭高校は東京都文京区にある1924年設立の名門私立女子高で、高校からの入学を募集していない完全中高一貫校です。中学入試では女子学院中学校、雙葉中学校とともに”女子御三家”と呼ばれています。

桜蔭高校からは毎年何人もの東大生を輩出している事から、生田絵梨花さんのお姉さんが卒業生であると言う噂が出たようです。

一般人であるお姉さんの出身校については公表されていませんので確かなことはわかりませんが、幼い頃から英才教育を受け、相当優秀な姉妹であったことが窺えます。生田絵梨花さんにとって自慢のお姉さんだったのではないでしょうか。

姉の通う東大理科一類の偏差値が凄い

生田絵梨花さんのお姉さんが卒業したと噂される東大の理科一類は、菊川怜さんが卒業されたことでも有名ですが、日本最高学府に相応しく、偏差値は実に77~80と凄い高さです。

理科一類は数学、物理学、化学を中心にして自然の基本法則に関する探究心を養うことを目的とする学部との事で、生田絵梨花さんのお姉さんが東大でどのような研究をされていたのかも気になります。

生田絵梨花さんのお姉さんが東大を卒業し、現在は何をされているのかは不明です。東大と言えば、日本の最高学府として、卒業生の多くは政治・経済・学問・官僚などそれぞれ日本を支える要職に就いています。

生田絵梨花さんのお姉さんも、もしかしたら中央官庁や名だたる企業に就職しているのかもしれません。

生田絵梨花さんの姉の画像はあるのか

お姉さんの姿が気になる処ですが生田絵梨花さんのお姉さんの画像は、お姉さんが一般人であることもあり、出回っていません。

上記の画像は幼い頃の画像で、左が生田絵梨花さん、右がお姉さんです。この画像からは現在の姿は少し想像しづらいかもしれませんが、お姉さんもまた生田絵梨花さんに似た美人になられているのではないでしょうか。

かつてラジオで生田絵梨花さんは「お姉ちゃんの背が高くて、服の共有が一切できない」と語っていたことから、お姉さんはかなり高身長のようです。

お母様の身長はわかりませんが、お父様の身長が180㎝以上あるそうですので、或いはお姉さんはお父様に、生田絵梨花さんはお母様に似たのかもしれません。

ネット上には、東京大学構内でお姉さんを見かけたと言う声もいくつか寄せられており、「バレーボール選手のような風格を持つ才女」「いくちゃんとは似てないけど可愛い」「雰囲気はよく似てる」などの声が見受けられます。

どうやら、生田絵梨花さんのお姉さんは高身長で、生田絵梨花さんにはあまり似ていないものの雰囲気が似ていて可愛らしい才女であるようです。

生田絵梨花さんのお姉さんのお名前についても調べてみましたが、現状では公開されていないようです。姉妹ですので、お姉さんも絵梨花さんのような美しいお名前なのではないでしょうか。

芸能界には姉妹で芸能活動をされているケースも数多くあります。姉のアリスさんと妹のすずさんの広瀬姉妹が有名ですが、姉のゆり子さんと妹のひかりさんの石田姉妹、姉の萌音さんと妹の萌歌さんの上白石姉妹、姉の茉優さんと日菜さんの松岡姉妹などが挙げられます。

生田絵梨花さんのお姉さんが、今後もし東大卒タレントとして活動されるならば生田姉妹の共演が実現する可能性もあるかもしれません。

上記の画像は、ネット上で出回っている生田絵梨花さんのお姉さんではないかとされている画像で、根拠となっているのは、生田絵梨花さんのブログです。

この中で、生田絵梨花さんはこの画像をアップし、「ゆみ姉のこと大好きなんだ」と綴っていました。そのために、生田絵梨花さんと一緒に写っている女性が、生田絵梨花さんのお姉さんなのではないかと話題になりました。

しかし、このゆみ姉はお姉さんではなく、元乃木坂46の岩瀬佑美子さんです。乃木坂46がブレイクする前の2012年に卒業されていますのでご存知ない方も多かったのでしょう。

乃木坂46結成当初最年長だった岩瀬佑美子さんはメンバーから”ゆみ姉”と呼ばれ、頼りにされるお姉さん的存在でした。当時中学生だった生田絵梨花さんにとっても、乃木坂46におけるお姉さんとも言うべき方です。卒業した現在はバンド活動をされています。

Thumb乃木坂46の1期生が最強すぎる?メンバーランキングまとめ【卒業生も】
今回は乃木坂最強のメンバーが揃う1期生一覧を人気ランキング形式でご紹介して参ります。1000...

生田絵梨花さんの実家はどこ

乃木坂46随一のお嬢様と言われる生田絵梨花さん。その実家は東京都文京区にあるのではないかと言う噂があります。そこで、生田絵梨花さんの実家が文京区にあると言う噂について検証してみました。

生田絵梨花さんの実家は文京区?

生田絵梨花さんの実家が東京都文京区にあると言う噂の根拠は、生田絵梨花さんが文京区立音羽中学校を卒業している事やお姉さんが中高一貫校である桜蔭高校の出身であるとの噂があるため、実家が通学圏内にあるのではないかと考えられているためです。

下記の画像は、生田絵梨花さんの中学時代の卒アル。生田絵梨花さんは乃木坂46に中3の時に加入していますが、当時から笑顔がとても魅力的な美人です。

生田絵梨花さんの出身小学校については公表されておらず、不明です。文京区では複数校の中から選ぶことのできる「公立学校選択制度」を採用しているため、区内にある約20校のどこからでも音羽中学校に進学することが可能で、絞り込みが難しいと言われています。

ただ、音羽中学校まで徒歩で通っていたとすると「窪町小学校」か「小日向台町小学校」の可能性が高そうです。お姉さんも同じ小学校に通っていたものと推測されています。

生田絵梨花さんが卒業した音羽中学校は旧第五中学校と第七中学校が統合されて、2009年に開校した学校で、生田絵梨花さんはその1期生に当たります。成績優秀だった生田絵梨花さんがお姉さんとは異なる中学校に進学した理由はわかっていません。

旧第五中学校の前身である黒田尋常小学校からは日本が世界に誇る映画監督・黒澤明氏を輩出しています。

中学在籍時、学校の定期試験の成績は学年でトップ、学級委員も務め、水彩画を鑑賞したり百人一首を詠む日本文化部に所属して部長を務めていました。

眉目秀麗、成績優秀、立てば芍薬座れば牡丹、そして溢れんばかりの音楽の才能と天は生田絵梨花さんに二物も三物も四物も与えたようです。

中学校を卒業した生田絵梨花さんはお姉さんと同じく桜蔭高校に進学したという噂がありました。しかし、桜蔭高校は中高一貫校で、高校からの入学者を募集していないことや芸能活動を禁止している事から、生田絵梨花さんが桜蔭高校に進学した可能性は低そうです。

その後、2013年11月発売の『実話ナックルズ』で登校している様子が掲載され、その制服から東京音楽大学付属高等学校に通っている事が判明しています。

この東京音楽大学付属高等学校も文京区内にある事から、生田絵梨花さんはお姉さん同様、一貫して文京区内で進学している事がわかります。

実家から通いやすい学校を選んでいる可能性は高く、生田絵梨花さんの実家が文京区内にあるのではないかと言う噂の根拠となっています。

地方から上京してきたメンバーは運営側が一棟借りしたマンションなどを寮として生活をしているそうで、西葛西周辺に住んでいたことなどがわかっています。現在では、特定されないよう定期的に寮を変更していると言う噂もあります。

生田絵梨花さんのように東京やその近郊に実家がある場合には、実家で暮らしている方も多くいます。ただ、実家を出て一人暮らしをしているメンバーもいるようです。

生田絵梨花さんやお姉さんが現在、実家暮らしであるかどうかはわかりませんが、実家を出る上で気になるのは、一見完璧超人に見える生田絵梨花さんの壊滅的だった”料理の腕前”。上記の動画中にはファンの間で語り草となっている”IH事件”も登場しています。

ただ、2017年に放送されたこの料理企画では、手作りの弁当を披露し、MCを務めるバナナマンの二人が「生田が作ったとは思えない」と驚くほどの成長ぶりを見せています。

生田絵梨花さんは生まれはドイツ

実家が文京区にあると噂されている生田絵梨花さんですが、生まれたのは文京区ではなく、日本でさえもなく、なんとドイツのデュッセルドルフです。

デュッセルドルフはドイツ西部ノルトライン=ヴェストファーレン州の州都で、人口は約60万人。経済や芸術の街として名高く、「世界で最も居住に適した都市」ランキングで世界5位になっています。

ドイツにいた理由は父にある?

デュッセルドルフには多くの日本企業が進出しており、約5,000人の日本人が居住しています。生田絵梨花さんもお父様の仕事の関係で、お父様、お母様、お姉さんとともにご家族で5歳までの時をデュッセルドルフで過ごしました。

音楽などの芸術が根付いたこの町で幼少期を過ごした事が、生田絵梨花さんの中に音楽の才能を芽吹かせたのかもしれません。

Thumb白石麻衣(乃木坂46)は群馬の沼田出身?出身高校や中学などまとめ
乃木坂46の白石麻衣は過去にあった出来事が原因で地元から引っ越してた過去があると言われていま...

生田絵梨花さんの家族も凄かった

お姉さんだけでなく、才色兼備な姉妹を育て上げた生田絵梨花さんのお父様、お母様などご家族もすごいと話題になっています。さらに生田絵梨花さんに弟さんがいるとの噂も。そこで、生田絵梨花さんのご家族についてご紹介します。

父はエリート会社員でイケメン?

こちらの画像は、生田絵梨花さんのお父様である生田大朗さんの画像です。現在はシスコシステムズ合同会社マーケティング本部マネージャーを務めておられますが、このお父様の経歴が凄いと話題になっています。

一橋大学卒業後KDD(現在のKDDI)に入社し、1995からKDDドイツ現地法人の新規事業立ち上げを実施。渡航前後にお姉さんが、1997年に生田絵梨花さんが生まれています。

2001年に日本に帰国し、2006年からはボーダフォン、ソフトバンクモバイル社でMVNO事業立ち上げに従事した後2007年にシスコに入社しています。

上記の画像は生田絵梨花さんがお父様と韓国旅行をした際、ブログに掲載した画像です。写真では顔は加工されているものの、その佇まいの若々しさが伝わってきます。身長180㎝以上、高学歴、高収入と言う女性にとって理想とされる「三高」そのものです。

お父様のお父様、つまり生田絵梨花さんのお爺様はかつてビクターの洋楽部門に勤めていました。また従兄弟は有名音楽プロデューサーの佐久間正英氏。まさにエリートです。

お父様の従兄弟が佐久間正英氏であると言う縁もあり、生田絵梨花さんは共演を果たし、佐久間正英氏の遺作となった『Last Days』にもピアノとコーラスで参加しています。音楽に携わるご家族のDNAは確かに生田絵梨花さんに受け継がれているのです。

母は一般の方で天然な性格の模様

生田絵梨花さんのお母様については完全に一般人である事から画像はおろかお名前なども公にはされていませんが、天然な性格をしているとも言われています。生田絵梨花さんがドイツ生まれであることからお母様はドイツ人であると言う噂もありましたが、純日本人です。

これだけ高スペックな旦那様と結婚し、二人の美人姉妹を生み育てた事からかなりの美人なのではないかと言われています。

お母様は専業主婦とのことですが、お父様についてドイツに渡る前後にお姉さんを、2年後には生田絵梨花さんを出産されています。慣れない異国の地で幼子を抱え、家族を守る上ではかなりのご苦労もされたことと存じます。

おそらくお母様は、しっかりと姉妹を育てつつ、お父様もしっかりと支える家族になくてはならぬ良妻賢母だったのではないでしょうか。

生田絵梨花さんが音楽の道を志すきっかけになったミュージカル『アニー』の観劇もお母様に連れて行ってもらったものだそうです。デュッセルドルフで暮らしていたこともあり、お母様もやはり音楽や芸術を愛されている方なのではないでしょうか。

今、大活躍している生田絵梨花さんはこのお父様・お母様の下に生まれ、お姉さんも含めたこのご家族の中で成長されていなければ存在していなかったことは間違いありません。

生田絵梨花さんには弟もいるとの噂も

生田絵梨花さんにはお姉さんの他に、弟さんがいると言う噂もあります。この噂の出所は不明ですが、実際にはお姉さんとの2人姉妹で、弟さんはいらっしゃいません。

乃木坂46のメンバーは末っ子である率が高いとも言われ、下記にまとめている通り、弟さんや妹さんがいらっしゃるのは3期生までの在籍メンバー36人の内、14人だけです。

1期生:白石麻衣(姉)、松村沙友理(姉、弟)、衛藤美彩(兄、弟)、斉藤優里(弟)、秋元真夏(弟)、高山一実(弟【死別】)、井上小百合(兄3人、妹)、生田絵梨花(姉)、樋口日奈(姉2人)、星野みなみ(妹)、和田まあや(兄)、齋藤飛鳥(兄2人)

1期生は兄弟姉妹のいないメンバー2名も含めた在籍14名の内、長女が4名、上も下もいるのが3名、末っ子が5名います。

2期生:伊藤かりん(姉)、北野日奈子(兄、妹)、堀未央奈(姉)、寺田蘭世(妹、弟)、佐々木琴子(兄2人)、伊藤純奈(姉、兄)、鈴木絢音(兄)、渡辺みり愛(兄、姉)

2期生は兄弟姉妹のいないメンバー2名を含めた在籍10名の内、長女が1名、上も下もいるのが1名、末っ子が6名います。

3期生:吉田綾乃クリスティー(弟)、梅澤美波(姉、弟)、向井葉月(姉、兄)、大園桃子(弟)、与田祐希(弟)、久保史緒里(姉)、中村麗乃(弟)、阪口珠美(兄)、岩本蓮加(姉2人)

3期生は兄弟姉妹のいないメンバー3名を含めた在籍12名の内、長女が4名、上も下もいるのが1名、末っ子が4名います。

アイドルの兄弟と言うのもなかなかに辛いものがあるようです。上記のTwitterはNGT48の小熊倫実さんが投稿したもの。

乃木坂46の公式ライバルであるAKB48系グループの一員である妹を持つ身としては気まずい所ですが、お兄さんも年頃の男性ですので、仕方ないかもしれません。アイドルの兄弟と言う立場の方からするとかなり共感を集めるエピソードではないでしょうか。

また兄弟の存在が思わぬ波紋を呼ぶこともあります。上記の画像では乃木坂46随一の”綺麗なお姉さん”・衛藤美彩さんが男性に寄り添っています。加工されていますが、見える部分からでも十分にイケメンである事がわかり、熱愛発覚かと話題になりました。

実は、衛藤美彩さんと一緒に写ってる男性は、弟さんです。仲のいい姉弟の写真でも誤解されると大変な騒ぎになってしまう、アイドルとは本当に大変なお仕事です。

中には、兄弟姉妹も芸能界で活動をされていると言う場合もあります。上記の画像は、メタルダンスユニット・BABYMETALのボーカルを務めている中元すず香さん。お姉さんは”ひめたん”と言う愛称でファンから愛された元乃木坂46のメンバー・中元日芽香さんです。

こちらは女優の樋口柚子さん。”ひなちま”の愛称で愛されている乃木坂46の樋口日奈さんのお姉さんです。実は、西野七瀬さん主演の映画『あさひなぐ』において、生田絵梨花さんが演じた一堂寧々の先輩・寒河江純役で出演しています。

共演したメンバー曰く、お姉さんは顔も話し方も妹さんにそっくりだったそうです。卒業した西野七瀬さんのお兄さんである西野太盛さんもモデルや舞台俳優として活動しています。

Thumb白石麻衣(乃木坂46)の姉が可愛い?名前や顔・職業は?【画像あり】
乃木坂46で大人気の白石麻衣さんに、可愛い姉がいると噂されています。白石さんのお姉さんという...

生田絵梨花さんの大学はどこ

お父様が一橋大出身で、お姉さんが東大出身だと噂されている生田絵梨花さん。生田絵梨花さんは2014年に学業に専念するために一時休業し、2015年に大学に入学しています。そこで、生田絵梨花さんが通っている大学について調べてみました。

大学は東京音楽大学に進学

生田絵梨花さんにはお姉さんと同じく東大に進学したのではないかとの噂がありましたが、付属高校から東京音楽大学音楽学部ピアノ科に進学したと言われています。

乃木坂46としての活動やミュージカル女優としての活動によって多忙を極め、毎日仕事が終わってから1時間ほどの仮眠を取り、栄養ドリンクを飲んで登校し、授業が終わったらそのまま仕事に行くと言う日々を送っています。

あまりに多忙であるため、MVの撮影現場から学校に行くためにヘリコプターで帰ったと言う俄かには信じがたいエピソードもあります。

ピンク・レディーや西城秀樹さんなど昭和のトップアイドルも睡眠時間が2~3時間と短かったことで知られていますが、トップアイドルの過酷さは昭和も平成も変わりないようです。

東京音楽大学の偏差値は?

生田絵梨花さんが通う東京音楽大学は鈴木米次郎氏によって1907年に創立された学校で、偏差値は50程度ですが国内の私立音楽大学でもっとも古く、唯一100年以上の歴史を刻んだ名門大学です。

前身の東洋音楽学校以来の伝統で、西洋音楽だけでなく東洋音楽にも力を入れ、邦楽研究室や民族音楽研究所など西洋音楽のみに偏る事のない研究体制を持っている事が特徴です。

大学ではぼっちで中退との噂?

生田絵梨花さんは乃木坂46の人気メンバーとして過密スケジュールを送っている事で知られていますが、2017年からは本格的にミュージカル女優としても活動を開始しているため、なかなか大学に通えていないのではないかと噂されています。

その噂がいつの間にやら尾ひれがついて大学に友人がおらず、「ぼっち」であるために「休学」もしくは「中退」していると言う噂に発展していますが、実際のところは不明です。

東京音楽大学は付属高校からの内部進学者が多いことで知られており、生田絵梨花さん自身も付属高校から内部進学しています。専攻も高校・大学ともにピアノ科であると言われており、むしろ友人は多くいるのではないかとも言われています。

いずれにせよ、生田絵梨花さんが順調に進級しているのであれば2019年3月に卒業する予定ですので、その頃に何らかの発表があるのではないかと期待されています。

Thumb西野七瀬(乃木坂46)の出身高校はどこ?出身中学など学歴まとめ【卒アル】
乃木坂46の西野七瀬は高校時代はギャルだったと噂されています。ギャル時代の貴重なプリクラ画像...

生田絵梨花さんは才色兼備なお嬢様

裕福で有能なご家族の中で成長し、まさに才色兼備のお嬢様と言える生田絵梨花さん。その歌唱力の高さもさることながら、プロも顔負けと言われるピアノの腕前は圧巻です。ピアノをはじめ、生田絵梨花さんがこれまでに習ってきた習い事の数々についてご紹介します。

姉の影響で幼少期からピアノを習う

生田絵梨花さんがピアノを始めたのはご家族がまだデュッセルドルフに住んでいた3歳の頃で、先にピアノを習い始めていたお姉さんの影響でした。中学3年生の時には、お父様にグランドピアノを買ってもらい、時には1日10時間以上練習に打ち込むこともあったそう。

その甲斐あって、乃木坂46のオーディションに合格した2011年、日本クラシック音楽コンクールのピアノ部門で入選を果たしています。

ピアノの実力は相当なもの

そんな生田絵梨花さんの幼少期からのエピソードを詰め込んだかのような名曲が生田絵梨花さんのソロ曲『あなたのために弾きたい』です。ライブなどでも生田絵梨花さんが弾き語りを披露するこの曲。美しいピアノの旋律と生田絵梨花さんの美声に、惹き込まれます。

実力は相当なもので、音楽の専門家からも高く評価され、小室哲哉氏も絶賛しています。2015年のドラマ『残念な夫』ではピアニスト志望の女子高生を演じ、評判になりました。

乃木坂46の数ある名曲の中でも”神曲”と言われ、乃木坂46が紅白歌合戦に初出場を果たした際に歌唱されたことでも知られる『君の名は希望』。この楽曲の伴奏も生田絵梨花さんが務めています。

生田絵梨花さんの奏でるピアノの音色は現在、東京メトロ千代田線・乃木坂駅の発車ベルにも用いられていますので、耳にしたことのある方も多いのではないでしょうか。

ピアノ以外にも様々な習い事を経験

生田絵梨花さんは中学生の頃、学級委員や部活の部長も務めながら、様々な習い事も経験していました。月曜日は数学、火曜日はクラシックバレエ、水曜日は習字、木曜日は英語、土曜日はピアノ、日曜日にはクラシックバレエと毎日多忙な日々を送っていたのです。

それぞれで成果を出している生田絵梨花さんが凄いのはもちろんの事、これだけの習い事ともなれば月謝も相当したはずで、これを支払えるご家族も凄いと言わざるを得ません。

乃木坂46・生田絵梨花さんの姉は東大出身!

生田絵梨花さんのご家族は、一橋大学卒業のお父様、東大卒のお姉さんを持ち、自身は東京音楽大学在籍と言う、凄すぎると話題になるのも納得の華麗なるご家族でした。

乃木坂46に欠かせない”天才”とも”変人”とも言われる生田絵梨花さん。アイドルとしてもミュージカル女優としても、今後さらなる坂道を登っていくのではないでしょうか。これからの活躍からますます目が離せません。

関連するまとめ

Original
この記事のライター
majisaru
乃木坂46・欅坂46・日向坂46・AKB48・SKE48・NMB48・HKT48・NGT48・STU48・ラストア...

新着一覧

最近公開されたまとめ