生田絵梨花(乃木坂46)の大学は?ぼっちで中退の噂も!高校など学歴まとめ

この記事では乃木坂46の人気メンバー・生田絵梨花がどこの大学に通っているのか調査しました。生田絵梨花の大学は東京音楽大学の噂もありますが本当なのでしょうか?さらに大学に加えて生田絵梨花の出身高校・中学、さらには偏差値までまとめていきましょう。

生田絵梨花(乃木坂46)の大学は?ぼっちで中退の噂も!高校など学歴まとめのイメージ

目次

  1. 1生田絵梨花のプロフィール
  2. 2乃木坂46生田絵梨花の出身大学
  3. 3生田絵梨花はぼっちで中退した?
  4. 4生田絵梨花の出身高校はどこ
  5. 5生田絵梨花の出身中学はどこ
  6. 6生田絵梨花の出身大学は音大だった

生田絵梨花のプロフィール

愛称:いくちゃん、いくたどん、えりか
本名:生田絵梨花
生年月日:1997年1月22日
現在年齢:22歳
出身地:東京都
血液型:A型
身長:160cm
体重:???
活動内容:アイドル
所属:乃木坂46
事務所:乃木坂46合同会社
家族構成:父親、母親、姉

生田絵梨花の経歴

乃木坂46のメンバーとして活躍している生田絵梨花はドイツのデュッセルドルフで産まれており、5歳の時に東京にくるまでドイツで生活していました。小学生の時に「アニー」のミュージカルを鑑賞した事から影響をうけて女優を目指す事になりました。

2007年には舞台「ココ・スマイル5~明日へのロックンロール~」に出演して初舞台を踏んでおり、この時から芸能活動は始めていました。

中学3年生の時に乃木坂46の1期生オーディションの存在を知り、女優のアイドルも舞台に立つのは同じという共通点からオーディションに応募し、見事合格しています。生田絵梨花は暫定的な選抜メンバーにも選ばれており、結成当初から注目されていました。

2014年10月にリリースされている乃木坂46の10thシングル「何度目かの青空か?」では初めてシングル代表曲のセンターに抜擢されています。

 

今では念願だったミュージカル女優としても生田絵梨花は活躍しており2015年に上演されていたミュージカル「リボンの騎士」では主人公・サファイア役を生田絵梨花が演じており、さらに2017年には舞台「ロミオ&ジュリエット」でジュリエット役を演じています。

2019年1月22日には最新写真集「インターミッション」が発売されており、累計発行部数は22万部で発売開始された事で、芸能史に残る売上が記録される事が期待されています。

 

乃木坂46生田絵梨花の出身大学

顔面偏差値は現在のアイドルグループでも郡を抜いていると評価されている乃木坂46ですが、その中でも生田絵梨花は際立った存在として1期生の頃から活躍してきました。生田絵梨花は可愛いだけでなく気品がある美しさだと言われています。

お嬢様だと噂されている生田絵梨花ですが、生田絵梨花はピアノの腕前はプロ並みだと絶賛されています。大学でもピアノの腕を磨いていました。

乃木坂46のメンバーの中では珍しく生田絵梨花は大学に進学した事で知られています。生田絵梨花の大学はどこにあるのでしょうか?生田絵梨花の大学は東京音楽大学との噂がありますが、本当なのでしょうか?生田絵梨花の大学がどこなのか徹底調査しました。

出身大学は東京音楽大学の模様

生田絵梨花は乃木坂46のメンバーとして忙しい生活を送っていましたが、そこに加えて大学にも進学しています。生田絵梨花は大学に進学する為の準備期間ととして2014年のある時期には乃木坂46の活動を休止していた事がありました。

その後2015年3月に高校を卒業し、同年には大学に進学した事が分かっています。生田絵梨花はどこの大学に進学していたのでしょうか?

生田絵梨花はどこに大学に進学したのか自ら明かしており、生田絵梨花は東京音楽大学に進学した事が分かっています。東京音楽大学は非常に歴史の長い大学として知られており東京音楽大学は100年以上の歴史があります。

東京音楽大学は音楽系の私立大学では最も古い大学で、音楽の世界で成功を目指している若者が東京音楽大学に入学しています。

歴史が古い事で知られており東京音楽大学ですが、東京音楽大学は学費もかなりお高い事で有名で、初年度納入金は230万円を超えると言われています。私立大学の平均初年度納入金が約130万円なので、約100万円も東京音楽大学は高い事になります。

生田絵梨花は東京音楽大学の音楽学部ピアノ学科に通っている事が分かっていますが、東京音楽大学の偏差値はどれほどあるのでしょうか?

東京音楽大学の偏差値はいくつ?

見た目から大分賢いイメージがある生田絵梨花ですが、東京音楽大学の偏差値はどうなっているのでしょうか?東京音楽大学の偏差値は特別高いということはなく47~50の偏差値となっていました。平均くらいの偏差値である事が分かります。

それでも生田絵梨花は東京音楽大学を偏差値で選んだのではなくて、ピアノのスキルをアップさせる為に選択しています。

大学での専攻学科はピアノ

生田絵梨花は東京音楽大学で音楽学部のピアノ学科を専攻しています。生田絵梨花はピアノは大学からではなくて3歳の頃から習っていました。最初に生田絵梨花の姉がピアノを習っており、その影響で生田絵梨花はピアノを始めていました。

乃木坂46に加入してからもピアノの腕は役立っており、コンサートでも生田絵梨花がピアノ伴奏をし、他のメンバーが歌唱する事もあります。

中学3年生の頃には父親から生田絵梨花はグランド・ピアノを買ってもらっていましたが、グランド・ピアノはかなり高額です。こうしたエピソードからも生田絵梨花はお嬢様である事が噂される様になっています。

生田絵梨花のピアノの腕前はかなりのもので、音楽プロデューサーの小室哲哉も生田絵梨花のピアノ演奏を絶賛していた事があります。

生田絵梨花はぼっちで中退した?

生田絵梨花の大学がどこなのかは明らかになっており東京音楽大学となっていました。偏差値もそれほど高くなく勉強に関してはそこまで苦戦する事もないかもしれません。生田絵梨花は現在22歳で順当に行けば大学を卒業する年齢となっています。

しかし生田絵梨花は大学を中退した噂がある事が分かりました。本当だとしたら生田絵梨花は何故大学を中退してしまったのでしょうか?中退の真相に迫ります。

大学ではぼっちで孤立していたとの噂

2015年4月から東京音楽大学に通っている生田絵梨花ですが、乃木坂46と大学生の両立はかなり大変で、大学に通い始めた当初は生田絵梨花は仕事をして約1時間ほど仮眠して、それから大学に行くといったかなり激しい生活をしていた事が分かっています。

そこまで頑張って通っていた大学だったにも関わらず生田絵梨花は本当に中退してしまったのでしょうか?中退の理由は大学内での孤立だったとされています。

大学を中退している噂がネット上では出ている生田絵梨花ですが、中退していた理由は生田絵梨花は大学内では「ぼっち」だった事が関係しているそうです。生田絵梨花がぼっちだったという情報があり、その寂しさから生田絵梨花は中退したと噂されています。

ぼっちでいる事は確かにかなり寂しい事ですが、本当に生田絵梨花は大学でぼっちだったから中退してしまったのでしょうか?

ぼっちの噂の可能性は低い

中退の真相の前にぼっちの噂がある生田絵梨花ですが、実際には生田絵梨花が大学で孤独を感じる程にぼっちだった可能性は低いと思われます。乃木坂46の生田絵梨花ですから、大学でも自然と人は寄ってきますし、生田絵梨花は親しみやすい人柄でも知られています。

それでも生田絵梨花は群がるのが苦手な事も明らかにしているので、時には大学でぼっちにならないまでも人と距離を置いた事はあったかもしれません。

さらに生田絵梨花は一般入試しての大学進学ではなく、内部進学となっているので、高校からの友人が大学に沢山いた筈です。ですから生田絵梨花が大学でぼっちだった可能性は極めて低いと結論する事ができます。では中退に関してはどうなのでしょうか?

噂の原因はやはり芸能人だから?

ぼっちだった事で大学から中退している噂がある生田絵梨花ですが、中退に関しては真実ではない可能性が非常に高いと言えます。少なくとも2018年の春の時点では生田絵梨花は大学に在学中である事が明らかになっているそうです。

生田絵梨花は乃木坂46の活動はかなり多忙なので、大学に定期的に行くことはできていない事もあるかもしれませんが、中退しているとは考えられません。

具体的な証拠もなく大学を中退している噂が出ていた生田絵梨花ですが、大学進学した芸能人に大学を中退した噂がでるのは珍しい事ではありません。特に売れっ子は多忙故に大学中退のイメージを持たれてしまうそうです。

生田絵梨花の出身高校はどこ

生田絵梨花が通っている大学がどこにあるのか、偏差値、さらには大学中退の噂をまとめてきましたが、ここからは生田絵梨花の出身高校についても調査していきましょう。生田絵梨花の出身高校はどこなのか?さらに高校時代のエピソードもまとめます。

出身高校は東京音楽大学付属高校

大学は内部進学である事が明らかになっている生田絵梨花なので、出身高校は自ずと東京音楽大学付属高校という事になります。この高校の偏差値は52となっているので、高校も大学同様に特別に高い偏差値ではありません。

元々生田絵梨花の高校は桜蔭高校ではないかと言われていましたが高校時代に生田絵梨花の制服姿が「実話ナックルズ」に掲載された事で、高校がどこなのか明らかになりました。

高校時代は仕事と学業を両立

高校時代には既に乃木坂46に入っていたので、生田絵梨花はかなり忙しい高校生活を送っていた事が分かっています。特に高校は大学よりも自由がきかないので、生田絵梨花は漫画の様に食パンを食べながら登校する日もあったそうです。

高校時代から生田絵梨花は学業と仕事を両立しており、乃木坂46のメンバーとして活動しながらピアノコンクールやチャリティコンサートにも出演していました。

高校時代から歌は大好きだった模様

ピアノの腕前はプロ級だと評価されている生田絵梨花ですが、生田絵梨花は歌も上手く乃木坂46の中でも歌唱力が高い事で知られています。生田絵梨花の通っていた高校では副科で声楽を習う事が必須だったそうです。

その為生田絵梨花はピアノだけでなく、歌も高校で勉強していました。今では見事な弾き語りも披露する事があります。

さらに生田絵梨花は習っていただけでなくシンプルに歌う事が大好きで、色々嫌な出来事があっても歌っている時だけは嫌な事を忘れる事ができたと語っています。
 

生田絵梨花の出身中学はどこ

生田絵梨花の大学や出身高校、さらには偏差値まで調べてきましたが、生田絵梨花は学生生活の中でひたすら音楽を勉強してきた様子が分かりました。ここからは生田絵梨花の出身中学がどこなのかもまとめていきましょう。

生田絵梨花は乃木坂46にまだ加入していない中学時代からかなり多忙な生活をしてきた事が分かっています。どんな中学生活を送っていたのか紹介します。

出身中学校は文京区立音羽中学校

大学や高校がどこなのか明らかになっている生田絵梨花ですが、出身中学がどこにあるのかも分かっています。高校からは私立に通っていた生田絵梨花でしたが、中学時代はまだ公立の学校に通っていました。生田絵梨花は「音羽中学校」を卒業しています。

音羽中学校は生田絵梨花の地元の文京区にある中学校となっています。生田絵梨花は中学3年生の時に乃木坂46のオーディションに合格しています。

中学時代は多くの習いごとをしていた

中学時代もかなり多忙な生活をしていた事で知られている生田絵梨花ですが、生田絵梨花は驚く程多くの習い事をしており、月曜日は数学、火曜日はクラッシクバレエ、水曜日は習字、木曜日は英語、土曜日はピアノ、日曜日はクラシックバレエと習っていました。

殆ど休みがないと思える程に生田絵梨花は習い事を頑張っていた事が分かりますが、その結果英検2級、漢字検定準2級、書道準7段等を取得しています。

多くの習い事をして多忙だった生田絵梨花ですが、この時には既に芸能活動をしており、当時は太田プロに所属して「池上花衣(イケガミ カイ)」という芸名を使用していました。この時には目立ってはいませんが舞台に出演もしています。

まだこの時にはアイドルではなく音楽の道を進もうと思っていましたが、乃木坂46のオーディションの存在を知った事で生田絵梨花の人生は一変しました。

中学校時代は模範的な優等生だった

かなり多忙な生活を既に中学時代から送っていた生田絵梨花ですが、中学時代の生田絵梨花はかなり優等生である事でも知られていました。学校では生田絵梨花は学級委員長を務めており、さらには日本文化部の部長も務めていました。

加えて頭もかなり良く、試験では学年1位を獲得する程の実力だったそうです。生田絵梨花は正に才色兼備のお手本の様な中学生活を送っていました。
 

中学3年生の時に生田絵梨花は乃木坂46のオーディションに合格していますが、それでも学業は一生懸命に手を抜かず行っており、同じ年には日本クラシック音楽コンクールのピアノ部門で入選する実績を生田絵梨花は残しています。

さらに中学3年生の時に行われた校内合唱コンクールでは優勝する為に、クラスをまとめ尽力した事も語っていました。

生田絵梨花の出身大学は音大だった

乃木坂46の生田絵梨花は東京音楽大学に通っている事が分かっています。中退している噂もありましたが、それは恐らくガセネタであると言えるでしょう。現在でも生田絵梨花のピアノの腕前は既にプロ級であると評価されています。

とっても多彩な生田絵梨花ですが、今後のどの道を進んでいくのか、生田絵梨花の有望な将来に注目していきましょう。

関連するまとめ

Missing
この記事のライター
かかし
誰もが気になるエンタメ情報を分かりやすく、幅広くまとめています。時間が空いた時に是非読んでみてください。

新着一覧

最近公開されたまとめ