井上大仁(マラソン)の出身や彼女は?着用シューズや成績も調査!

ジャカルタアジア競技大会で、日本人として32年ぶりの優勝を果たした井上大仁選手。Twitterでも話題を呼び、今やマラソン界のホープとなった井上大仁選手のこれまでの成績、出身地や彼女、さらには愛用のシューズまで徹底的に調べました。井上大仁選手の素顔に迫ります!

井上大仁(マラソン)の出身や彼女は?着用シューズや成績も調査!のイメージ

目次

  1. 1井上大仁のプロフィール
  2. 2井上大仁の出身は?
  3. 3井上大仁の彼女や家族について
  4. 4井上大仁の着用シューズ
  5. 5井上大仁のマラソン成績も調査!
  6. 6井上大仁は今後期待のマラソン選手

井上大仁のプロフィール

・愛称:雨男

・本名:井上大仁(いのうえひろと)
・生年月日:1993年1月6日

・年齢:26歳

・出身地:長崎県諫早市

・血液型:O型

・身長:165cm

・体重:52㎏

・活動内容:マラソン選手

・所属グループ:???
・事務所:MHPS(三菱日立パワーシステムズ株式会社)

・家族構成:父、母、姉、弟(井上仁史)

井上大仁の経歴

長崎県諫早市で生まれた井上大仁選手は、諫早市立飯盛西小学校、飯盛中学校を経て鎮西学院高校に入学します。この頃は目立った成績はないものの、駅伝大会などで活躍していました。

その後、山梨学院大学に進学し、箱根駅伝では1年生の時から出場。4年連続で箱根路を走り、区間賞などの目立った成績は取れなかったものの、箱根駅伝ファンに痛烈な印象を焼き付けます。

大学卒業後は、MHPS(三菱日立パワーシステムズ株式会社)に入社します。この頃から本格的にマラソンへ転向し、タイムをどんどんと縮め頭角を現していきます。

国内の主要なマラソン大会で好成績を収めたことが評価され、世界陸上やアジア大会などの代表にも選ばれるようになり、しっかりと実績を残してきました。

今ではマラソンファンのみならず、マラソンをあまり知らない人でも井上大仁選手の名前は知っているのではないでしょうか?どうしても日本記録保持者の大迫傑選手に注目が集まってしまいますが、井上大仁選手の安定した成績も注目すべきところです。

現在、井上大仁選手は東京オリンピックに向けて、MGC(マラソングランドチャンピオンシップ)での優勝を狙っています。

Twitterで所属先「MHPS」が話題に

マラソンファンであれば、実業団チームと聞いて日清食品グループや旭化成、カネボウなどの強豪チームを思い出されるのではないでしょうか?そんな中、2017年の東京マラソンで「MHPS」という会社がTwitter上で一躍脚光を浴びることになります。

当時、Twitterで「MHPS」という会社名がトレンド入りしました。それほど、MHPSという会社名に世間の人がなじみがなかったということです。そもそも、MHPSとは三菱日立パワーシステムズの頭文字をとったもので、2014年にできたマラソン部を持つ会社です。

そこに所属する、井上大仁選手が2017年の東京マラソンでサブテン(2時間10分を切ること)を成し遂げたばかりか、2時間8分台で8位に入ったことで、井上大仁選手の所属するMHPSがTwitter上で話題になったのです。

趣味は散歩と折り紙?

2017年の東京マラソンで、一躍脚光を浴びTwitter上でも時の人となった井上大仁選手。趣味は散歩と折り紙だそうです。おそらくは、毎日がマラソンの練習漬けという毎日を送っていることを考えると、散歩をすることで気分転換を図っているのかもしれません。

折り紙についても普通の人が考えているような、ツルやフネなどではなく、とてもクオリティの高い本格的な折り紙を折ります。Twitterにもその作品が載っているので、井上大仁選手の折り紙の実力を一度見てみるといいでしょう。
 

そんな井上大仁選手と折り紙の出会いは、小学生の時に叔母さんから誕生日プレゼントにもらった折り紙の本にあるそうです。近所に折り紙おじさんと呼ばれる人がいて、干支の動物を折ってもらったりしていたそうです。

折ってもらった折り紙を見て、自分の方が上手にできると頑張って折り紙を続けた結果、とてつもないクオリティの高い折り紙が折れるようになったということらしいです。

性格は負けず嫌い

テレビ画面などを通してインタビューなどを受ける井上大仁選手を見ていると、とても穏やかで負けず嫌いな一面は全く見えません。実際に井上大仁選手のご両親も、息子が負けず嫌いだとは思っていなかったそうです。

しかし、井上大仁選手はとても負けず嫌いで、山梨学院大学に在籍していた時の箱根駅伝でのエピソードがそれを物語っています。当時、駅伝メンバーの一人がレース中に負傷してしまい、井上大仁選手はオープン参加という扱いになってしまいました。

それでもしっかりと走り抜き、8位という成績を収めるのですが、ゴール後に悔し涙を流していたそうです。井上大仁選手の負けず嫌いの性格が、翌年の3位という好成績を収めさせたのかもしれません。

他には、子供の時にブランコから落ちて内臓破裂の可能性があるにもかかわらず、決して泣かずに帰って来たというエピソードもあります。表には見せない内なる闘志を秘めているのだと思わせてくれます。

井上大仁の出身は?

Twitterなどでも話題になり、今やマラソン界の次世代を担うホープとして活躍を続けている井上大仁選手。その強靭な体躯と負けず嫌いな性格は、いったいどこでどんな風に培われたのでしょうか?

もしかすると、とんでもないハードな環境で育ってきたのかもしれません。そんな井上大仁選手の出身地や出身校についてみていきましょう。

長崎県諫早市出身のマラソン選手

井上大仁選手は、長崎県のほぼ中央部に位置する諫早市飯盛町の出身です。飯盛町は飯盛山などの山々に囲まれ、橘湾に面した風光明媚なところです。

井上大仁選手の走力の素地はここにあるようです。きっと小さい頃から、自然溢れる地元を走り回っていたことで、基礎の脚力が身についたと考えるのが自然ではないでしょうか。

 

実は、諫早市出身のマラソン選手には藤原新選手もいます。言わずと知れたロンドンオリンピック、2009年世界陸上ベルリン大会の日本代表に選ばれた選手です。2時間07分48秒という日本歴代12位に入る記録を持っています。

井上大仁選手や藤原新選手という日本を代表する選手を2人も輩出している長崎県諫早市は、マラソンや駅伝などに力を入れているのだということがわかります。

出身中学は諫早市立飯盛中学校

今や世界の人たちが注目している井上大仁選手の中学時代はどうだったのでしょうか?実は元々陸上をやりたかったわけではないそうです。井上大仁選手は陸上よりサッカーの方に興味がありました。そんなサッカーを志す井上大仁選手に転機が訪れます。

それほどサッカーの才能に恵まれていなかった井上大仁選手は、母親から陸上を勧められました。母親としては、サッカーよりも手のかからない陸上にして欲しくて、「陸上選手の方がテレビに長く映れる」と言ったらしいのです。

その言葉を信じた井上大仁選手は、陸上部に入部し着々と陸上選手としての基礎を身に着けていくことになります。

出身高校は鎮西学院高等学校

中学を卒業した井上大仁選手は、諫早市にある陸上の名門校である諫早高校ではなく、あえて鎮西学院高校に入学します。陸上の楽しさを覚え、メキメキと実力をつけてはいたのですが、名門諫早高校の厚い壁を打ち破ることはできずに、全国大会出場は叶いませんでした。

しかし、高校3年の駅伝では諫早高校のエースでもあった的野遼大選手を破り、後に大活躍する井上大仁選手の実力の片鱗を見せてくれます。

実は井上大仁選手は、中学、高校とお父さんの新聞配達を手伝っていたというエピソードがあります。お父さんとしては井上大仁選手の練習のためにと始めたものです。

最初は息を切らしながら、かなりの時間を要していたのが、最終的には130軒分の新聞を僅か45分ほどで配り終えるようになっていたそうです。その練習の成果が高校3年生の時の駅伝大会に現れたのではないでしょうか?

出身大学は山梨学院大学

高校時代の実績を買われ、青山学院大学などからも誘いがあったそうですが、井上大仁選手は山梨学院大学へ進学します。山梨学院大学も、箱根駅伝の常連校で毎年正月の箱根路を賑わせます。

そんな強豪の山梨学院大学で、井上大仁選手は1年生から箱根駅伝へ出場します。1年生の時は1区で10位、2年生は3区で7位、3年生ではオープン参加ながら8位、4年時には3区で3位と区間賞こそ獲れなかったものの、堅実な走りを見せました。

井上大仁の彼女や家族について

これまでは、井上大仁選手の生まれ育った土地柄、出身校などを見てきましたが、やはり気になるのは井上大仁選手のご家族や彼女のことではないでしょうか?

スポーツ選手の生い立ちで、一家全員がアスリート家族で小さい頃からスポーツを嗜んできたなんて話もよく聞きます。それでは、井上大仁選手の家族や現在の彼女についてみていきましょう。

現在彼女はいないとの噂

世の中の優れた成績を収めているアスリートの人たちに、彼氏や彼女がいるのか気にしたことはありませんか?見ている者は、優れた成績の陰に彼氏や彼女がいるだろうと無粋な憶測をしてしまうものです。

もしかして、井上大仁選手にも可愛い彼女がいるのではないかと思い、TwitterなどのSNSや、インタビュー記事など、あらゆる方面から井上大仁選手の彼女の情報を探ってみました。しかし、井上大仁選手の彼女の情報はどこにも見当たりませんでした。

彼女よりもマラソン中心の生活

あれだけの成績とルックスを持っているのですから、彼女の一人ぐらいいても何ら不思議ではありません。しかし、井上大仁選手の周りに彼女の影を見つけることはできませんでした。井上大仁選手はTwitterもされていないようです。

きっと今は彼女を作ったり、Twitterなどをするよりも、目の前の東京オリンピックに全精力を傾けているのかもしれません。今後、ゆっくりできる時が来たら、可愛い彼女がメディアやTwitterに取り上げられる日も来るのではないでしょうか。

家族は両親と姉と弟がいる

次は、井上大仁選手の家族についてみていきましょう。井上大仁選手はご両親と姉、弟の5人家族です。お姉さんとは、小さい頃から一緒にドッヂボールクラブなどに入って、仲が良かったそうです。

弟さんは仁史(まさし)さんと言って、お兄さんと同じ鎮西学院高校に進学しました。鎮西学院高校ではしっかりと陸上部に所属し、お兄さんと同じ道を歩もうとしていたようです。

弟も陸上選手?

鎮西学院高校で陸上部に所属していた弟の仁史さんは、お兄さんの後を追って山梨学院大学に進学します。お兄さんは1年生の時から箱根路を走っていましたが、仁史さんは1年からというわけにはいかなかったようです。

山梨学院大学では、選手を(強化)、(トライアル)、(育成)に分けるそうなのですが、仁史さんは育成に所属しているそうです。今後の成績次第では、兄弟で同じ大会で上位入賞などもあり得るかもしれません。

井上大仁の着用シューズ

マラソンでの成績ばかりに目が行ってしまいがちですが、好記録を生むために井上大仁選手がどんな武器を使って結果を残しているのかというところにも注目しなければなりません。

とはいっても、マラソン選手の身に着けるものは少なく、シューズが重要なウエイトを占めるといっても過言ではないでしょう。それでは、井上大仁選手が使っているシューズについてみていきましょう。

着用シューズはアシックス

マラソン選手は、それぞれが自分に合ったシューズを履いて大会に挑むものです。井上大仁選手が使っているシューズはアシックスです。

中学の部活の顧問に勧められて、アシックスのシューズを履いてみたところ、自分の足にピッタリときて、それ以来ずっとアシックスのシューズを愛用しているようです。

アシックス「ソーティマジックSS」とは

シューズと言っても様々で、現在は厚底ソールのシューズが大勢を占めています。厚底ソールにすることで、地面からの衝撃を少なくするそうです。

しかし、アシックスの「ソーティマジックSS」というシューズは、厚底ではなくソールが薄くなっています。しかもソールが3分割になっていて、それぞれが違った役割を果たすことによって高い反発力を生み出し、高速走法を実現しているらしいです。

ランニングシューズ「SORTIE MAGIC」も着用との噂

そんなソーティマジックを井上大仁選手は愛用しています。井上大仁選手の履いているシューズはカスタマイズされているそうで、市販では手に入れることはできないシューズになっています。

今後、さらにアシックスのソーティマジックが改良されて、井上大仁選手の実力が存分に発揮されれば、東京オリンピックでの好成績も期待できるかもしれません。

井上大仁のマラソン成績も調査!

2016年の初マラソン以来、好成績を残し続けている井上大仁選手。初めてのマラソンから現在の輝かしい成績までどのような変遷があったのでしょうか?これまでの脅威の成績に注目してみていきましょう。

第45回全日本大学駅伝で区間賞獲得

現在はマラソンで大活躍されている井上大仁選手は、大学時代に全国大学駅伝でも見事な成績を残しています。大学の駅伝は、おなじみの箱根駅伝、出雲駅伝、そして全日本大学駅伝の3つの大会が目玉です。

3年生の時の全日本大学駅伝では2区を任されました。その時の2区には実力者の早大の大迫傑選手、日体大の山中秀仁選手が走っていたのですが、井上大仁選手はその2人と分け合う形で区間賞を獲得しました。

世界ハーフマラソン選手権で日本代表出場

山梨学院大学に在学中の2014年には、デンマークのコペンハーゲンで行われた世界ハーフマラソンの日本代表に選出されます。駒澤大学の村山謙太選手や中村匠吾選手も代表に名を連ねていました。

初めての選出にもかかわらず、堂々の1時間2分25秒でのゴールでした。海外の強豪選手がひしめく中での36位という結果に、おそらくは負けず嫌いの一面がのぞいたであろうことは想像に難くありません。

2016年ニューイヤー駅伝で区間3位

箱根駅伝と世界ハーフマラソンの実績を引っ提げて入社したのがMHPSです。そこでも、早々に実力の片鱗を見せつけます。ルーキーイヤーとなった2016年のニューイヤー駅伝です。

ニューイヤー駅伝は、毎年元日に行われる実業団対抗の駅伝大会です。井上大仁選手はルーキーにもかかわらず、エース区間である3区を任されます。そこでも持ち前の力強い走りでルーキーにして区間3位の好成績を収めました。

第71回びわ湖毎日マラソンで総合9位

ニューイヤー駅伝で好成績を上げたのを皮切りに、毎年3月に行われる「びわ湖毎日マラソン」にも出場します。井上大仁選手にとってこれが初めてのマラソン挑戦になりました。

この大会はリオデジャネイロオリンピックの選考会も兼ねている大会で、強豪も多い中、初マラソンにもかかわらず、2時間12分56秒で9位、日本人では7位という成績を収めました。

2016年九州実業団対抗毎日駅伝大会で区間賞とチーム優勝に貢献

さらに、入社2年目となる2016年の九州実業団対抗毎日駅伝大会では、1年目の活躍を超える素晴らしい成績を収めます。出場チームは、旭化成やトヨタ自動車九州、九電工や安川電機などの強豪チームがひしめいていて、出場者もそうそうたるメンバーです。

その中で、3区を任されるのですが、旭化成の村山謙太選手、トヨタ自動車九州の今井正人選手などを抑えて、見事37分04秒で区間賞を獲得します。井上大仁選手の活躍もあり、MHPSはこの年、初優勝を飾ります。

東京マラソン2017で総合8位

2016年は井上大仁選手にとって飛躍の年になったのではないでしょうか?駅伝での輝かしい実績に加え、初マラソンでの好タイムと申し分ない実績をあげました。

続く2017年には東京マラソンに挑戦します。この大会は世界陸上ロンドン大会の選考レースでもあり、井上大仁選手にとって重要な位置づけの大会であったことでしょう。

ここでは、前年のびわ湖毎日マラソンの記録を大幅に上回る2時間08分22秒。全体8位ではあったものの、日本人1位という成績を残しました。その結果、見事に世界陸上の日本代表に選ばれ、Twitterでも大きな反響を呼ぶことになります。

東京マラソン2018では総合5位

世界陸上の日本代表に選ばれた井上大仁選手の快進撃は止まりません。世界陸上こそ26位と世界の強豪に阻まれた結果になってしまいましたが、翌年の東京マラソンでまたもその存在感を示します。

日本記録を叩き出した大迫傑選手には及ばなかったものの、2時間06分54秒で5位(日本人2位)に入ります。この記録は日本歴代5位の記録であり、今後の井上大仁選手の活躍に期待の持てる結果でした。

世界陸上ロンドン大会男子マラソン日本代表に選ばれる

2017年の東京マラソンで自身初のサブテンとなる2時間08分台を出し、優勝したウィルソン・キプサンゲ選手の2時間03分台には及ばないもの、日本人トップの成績で世界陸上ロンドン大会の日本代表に選ばれました。

川内優輝選手、中本健太郎選手とともに出場した世界選手権では、序盤先頭集団に食らいついていくものの、世界の強豪選手のペースの変化についていけず、26位という結果に終わってしまいました。

2018年ジャカルタアジア競技大会で金メダル獲得

2017年に急成長を遂げた井上大仁選手は、2018年もさらなる成長を見せてくれました。ジャカルタアジア競技大会の男子マラソンの日本代表に選出されます。

気温28℃、湿度88%というマラソンにとって悪条件の中、バーレーンのエルハサン・エラバッシ選手とのデッドヒートを制し、2時間18分22秒で見事優勝を果たします。アジア大会での優勝は、32年前の中山竹通選手以来という快挙を成し遂げました。

賞金も凄い?

これだけの大活躍を見せている井上大仁選手の獲得賞金について気になる人も多いのではないでしょうか?設楽佑太選手が日本記録を出して1億円を獲得しているので、井上大仁選手も同じくらい稼いでいると思ってしまうでしょう。

しかし、ジャカルタアジア競技大会での金メダル獲得で100万円、2018年の東京マラソンでは奨励賞を受賞し1000万円と思ったより少ない印象を受けます。今後、井上大仁選手が日本記録を出すようなことがあれば、1億円獲得ということもあるかもしれません。

井上大仁は今後期待のマラソン選手

長らく低迷してきた男子マラソン界において、彗星のごとく現れた井上大仁選手。東京マラソンでの輝かしい記録や、ジャカルタアジア大会での金メダルなど素晴らしい実績を残しています。

今後、MGCを勝ち抜けば東京オリンピックが待っています。これだけの勝負強い走りができれば、1992年バルセロナの森下広一さん以来、更には円谷幸吉さんと同じ東京オリンピックでのメダルも見えてくるのではないでしょうか?今後の井上大仁選手に注目です。
                      

関連するまとめ

Original
この記事のライター
大橋類太郎
北海道の田舎に住んでいる大橋類太郎です。 ドライブが好きで暇さえあれば広い北海道を走り回っています。 コツ...

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ