井上和香が病気で入院?理由は?病名や症状とその後についても調査

井上和香が病気で入院した理由について紹介します。井上和香がどういった病気で入院したのか調査し、井上和香の病名や入院の経緯についてまとめています。また、井上和香が病気になった理由や手術後の経過も解説しているので、その真相をチェックしてください。

井上和香が病気で入院?理由は?病名や症状とその後についても調査のイメージ

目次

  1. 1井上和香のプロフィール
  2. 2井上和香が病気で入院?理由は?
  3. 3井上和香の病名や症状について
  4. 4井上和香のその後も調査
  5. 5井上和香の病気を支えた家族について
  6. 6井上和香の入院は病気「胆石」の胆のう摘出手術が理由だった

井上和香のプロフィール

・愛称:ワカパイ、和香ちゃん
・本名:新村直子(しんむらなおこ)
・生年月日:1980年5月13日
・年齢:40歳(2021年1月現在)
・出身地:東京都渋谷区
・血液型:O型
・身長:166cm
・体重:???
・活動内容:女優、タレント、元グラビアアイドル
・所属グループ:なし
・事務所:インセント
・家族構成:夫(飯塚健)、娘

井上和香の経歴

井上和香は東京都渋谷区出身の女優、タレントです。父親は料亭の板前、母親は元女優の嵯峨京子で、姉が一人います。実家は割烹料理屋で、井上和香は幼少期から嫌というほどトロを食べていたそうで、本人は「正直食べ飽きた」と語るほどでした。

2001年頃に芸能事務所「イノセント」に履歴書を送り、合格。事務所に提出する専用のものが見つからなかったため、アルバイト用のもので応募しています。その際、写真の枠が小さいと感じた井上和香は、30枚近い写真を入れて、封筒で応募したことが事務所の人の目に止まった、というエピソードを明かしていました。

井上和香は2002年10月に初ビアされた、月刊誌「BOMB」でグラビアアイドルとしてデビュー。Fカップのバストから「ワカパイ」と呼ばれるようになり、アメリカの人気女優だったマリリン・モンローとスリーサイズが同じこともあり、「和製モンロー」と呼ばれることもあったのです。

グラビアアイドルとして活動すると同時に、2004年に舞台「SAY YOU KIDS〜20th Century BOX〜」で女優デビュー、以降はドラマにも多く出演するようになりました。

特に、2006年にヒロインを演じた、テレビ朝日のドラマ「黒い太陽」の演技は評価が高いです。そして、プライベートでは、2012年5月13日に映画監督の飯塚健と結婚。同年7月18日に第一子となる女の子が誕生しました。

井上和香が病気で入院?理由は?

グラビアアイドルとして、ドラマやバラエティ番組で活躍している井上和香。そんな井上和香は、突然、病気を理由に入院を発表しました。あまりにも突然のことでファンも同様があったそうですが、井上和香の病気はどういったものだったのか調査しました。

2017年に病気で入院を告白

井上和香が入院を発表したのは、2017年9月のことでした。仕事も順調にこなしており、子育てに忙しい中での発表だったことが想像できます。病気で入院する、という発表のため、命に関わるようなものだと心配するファンが多かったそうです。

公表当時はブログでは病気を明かさず

井上和香はブログにおいて、自身の入院を発表したものの、その詳細については詳しく明かしていませんでした。病名が明かされないままの入院に、がんなどの病気を想像するファンもいました。

ブログで入院告白当時のファンの反応

ファンは連日、井上和香のブログに心配の声を寄せていました。病名が分からないこともあり、勝手な憶測はできないものの、井上和香の病気は大病だと考えてしまう人が多かったのでしょう。

入院理由は胆のう摘出手術と公表

井上和香は入院から約1週間経ったタイミングでブログを更新。その中で、井上和香は自身の退院と病気の具合や病名について明かしています。

入院した理由である病名は、胆のう摘出手術だったと告白。ブログを更新したタイミングで、病気の治療は完了。すでに退院しており、井上和香は日常生活に少しずつ戻れていることも明かされました。井上和香の病名や入院理由が明らかになったことで、ファンも一安心となったのです。

ちなみに、井上和香が病気の内容や病院名を告白しなかった理由は、「隠してるつもりはなく、特に何も考えていなかった」でした。自分が入院後にたくさんのコメントがあったことから、病名を公表することを決たそうです。井上和香とすれば、他人の病名がそれほど気になるのか、と驚いたかもしれません。

井上和香の病名や症状について

改めて、井上和香の病名や症状について調査しました。ブログで入院を報告し、様々な憶測をよんでいましたが、結果的に胆のう摘出手術であることが本人から明かされました。その病気や経緯について、詳細をまとめたので紹介します。

井上和香が患った病気の病名は胆石?

井上和香が患った病気の病名は、胆石だと考えられています。井上和香によれば、もともと胆石が出来やすい体質だったそうです。

一時期は病名が乳癌との噂も浮上

当初、井上和香から病気の詳細が明かされてなかったこともあり、ファンからは乳癌を心配する声が出ていました。井上和香は2015年に出産を経験しており、そういった中でホルモンバランスなどが変化し、大きな病気に繋がったと推測されてしまったようです。

乳癌は、女性がかかるがんの中で割合がトップになります。現在は14人に1人が乳癌にかかると言われており、年間で6万人以上が乳癌と診断されているのです。年間で約1万3,000人が乳癌が原因で亡くなっており、30代後半から罹患率が上昇します。

こういった乳癌の情報から、井上和香も同病にかかっていると心配されてしまったのでしょう。病名を最初に公表しなかったことで、憶測が広がってしまったことが考えられます。

井上和香の胆のう摘出手術の経緯とは

先程紹介したように、井上和香はもともと胆石が出来やすい体質でした。そういったこともあり、定期的に検診を受けていたと考えられます。病院の先生と相談した上で、胆のう摘出手術を決断。入院期間は約1週間で腹腔鏡手術による手術だったことを告白しています。

井上和香の病気「胆石」の症状は胃痛?

胆石は胆汁内に溶けている、コレステロールやビリルビンなどが、胆汁内に溶けきれずに結晶になることで引き起こされます。胆石自体はそれほど問題ではありませんが、それが胆管内に詰まることで、細菌感染を起こして、胆管炎などになることがあるのです。

様々な原因が考えられており、体質的に起きやすい人もいれば、高カロリーな食事が原因になることもあります。また、過剰なダイエットや不規則な食生活も、胆石の原因になると考えられています。

井上和香は体質的に胆石が出来やすいことを明かしているので、以前から何度も先生と相談していたことが推測できます。また、以前から胃痛に悩まされていたそうで、最初は胃にトラブルがあると感じていたのだとか。そこから、胃ではなく、胆のうが問題だと発覚したそうです。

胃カメラなどでも原因が分からず、胆のうを調査したところ、胆石の圧迫で他の場所が痛む「放散痛」が発生して、胃が痛んでいたことが発覚。病院のエコー検査で胆石が発見されており、今までの胃痛がこれが原因だったと解明されていました。

井上和香のその後も調査

胆石が原因で、胆のう摘出手術を受けていた井上和香。井上和香の術後の様子はどうだったのでしょうか?井上和香の術後の様子や手術を受けた病院について、調査しました。

その後の手術後の傷跡について

井上和香は胆のう摘出手術を受ける際、腹腔鏡手術を選んでいます。井上和香は当初、いままで手術経験が無く、医者に手術を断ったのだとか。身体にメスを入れるのは誰しも抵抗感があるだけに、なかなか決断できなかったことが想像できます。

しかし、手術を先延ばしにしていたものの、次第に仕事中も痛みが強くなり、迷惑をかけたくないと考えるようになったとのこと。また、これ以上症状が悪化することを避けるために手術を決断し、入院したそうです。

手術は腹腔鏡手術で行われたこともあり、術後の傷跡は非常に小さなものでした。胆のう摘出手術を行う際、おへそ近くに穴を開けて行うタイプが多いです。胆のう摘出手術ということもあり、もう少し大掛かりなものだったのかもしれませんが、術後1週間で退院出来るほど、治りは早かったのです。

その後も胆石の病気は完治せず?

井上和香は病名を告白後、自身のブログに多くの経験者からの書き込みがあり、驚いたことを明かしています。自分と同じように胆のう摘出手術をした人がたくさんいたことで、親近感が湧いたのだとか。幼い娘と離れて入院する不安もあったそうで、みんなのコメントにとても励まされていました。

術後も病気が完治するまで少し時間はかかるようで、ブログでもまだ痛みがあると綴っていました。これは井上和香だけでなく、多くの胆のう摘出手術をした人が経験することなのだとか。病気の術後も経過観察を行っており、井上和香はしっかりと体調を整えながら生活しています。

井上和香が手術を受けた病院にも注目が

井上和香が胆のう摘出手術を受けた病院に注目が集まっていました。同じ病気で悩む人からすれば、安心できる病院を探したい、という思いがあるのかもしれません。

詳しい病院名などは明かされておらず、その後も情報は明らかになっていません。井上和香は芸能人なので、そういったプライバシーに配慮してくれる場所を選んだ可能性が高そうです。入院中は、先生や看護師さんはとても優しかったそうで、初めて手術を受ける井上和香も安心出来たと話していました。

井上和香の病気を支えた家族について

手術する上で最も辛かったのは、娘と離れることだった井上和香。そんな井上和香は病気を治す間、家族が支えてくれたそうです。そんな井上和香と病気を支えた家族について紹介します。

井上和香の結婚相手は飯塚健

井上和香が結婚したのは、2012年5月13日で、お相手は映画監督の飯塚健です。時々、家族写真をSNSにアップするなど、非常に夫婦仲は良いようです。そんな井上和香の旦那である飯塚健のプロフィールや、馴れ初めについても解説していきます。

飯塚健とは

飯塚健は1979年1月10日生まれの42歳。群馬県渋川市出身で、映画監督や脚本家、また小説家や舞台演出家として活動しています。

彼の映画デビュー作は、2003年の映画「Summer Nude」でした。撮影当時は22歳で、20名を超える登場人物による群像劇、という難しい作品だったのです。

映画に出演していたのは、野波麻帆、古屋暢一、きたろう、香坂みゆき、今井雅之など個性的な面々でした。このとき出演していたきたろうの目に止まった飯塚健は、彼から演劇作品に携わるようにアドバイスされ、そちらの仕事も経験しています。

飯塚健の結婚の馴れ初めは映画『荒川アンダー ザ ブリッジ』

飯塚健が携わった作品の中で代表作と言えるのが、ドラマ「荒川アンダーザブリッジ」です。本作では、監督、脚本、編集に携わっており、ヒット作になりました。

本作は中村光による漫画が原作で、実写化作品として制作されました。脚本を考える段階で、すでにシスター役に城田優、マリア役に片瀬那奈の起用を決め、制作が進んでいったとのこと。原作者も含めてその他のキャスティングも行われていき、井上和香はリクの第2秘書の島崎に抜擢されています。

井上和香と飯塚健の結婚の馴れ初めは、本作で知り合ったことだと言われています。美人秘書を演じた井上和香ですが、このとき監督の飯塚健とあまり言葉は交わさなかったとのこと。それでも、後に飯塚健から映画を一緒に見に行こうと誘われたそうです。

たまたま、予定が空いていたこともあり、井上和香はその誘いを承諾。一緒に見た映画は井上真央と永作博美が主演を演じた映画「八日目の蝉」でした。初デートの映画がラブロマンスではなくサスペンス映画というのも、飯塚健らしいと言えるかもしれません。

映画鑑賞後に、お酒を飲みにいった二人。その場で飯塚健から「僕のこと嫌いですか」と唐突に聞かれたのだとか。井上和香は「嫌いじゃないです。好きです」と、あくまで人として好きですと答えたところ、飯塚健から交際を申し込まれたことを明かしています。

あまりにも直球な告白に、井上和香は面白いと思ってOKの返事をし、交際が始まりました。ところが、飯塚健から「井上さんってさして可愛くない」と言われるなど、かなり変わった人物だったようですが、そういったところも含めて、不思議な魅力に惹かれていったことも明かしていました。

旦那(飯塚健)との間に子供は何人?

2011年に映画で知り合った二人は、2012年に結婚と出産を経験しています。結婚式は明治神宮で和装で行われており、井上和香の白無垢姿が話題になりました。出産後は子育てに専念するため、芸能活動を一時休止しています。

2015年7月に第一子女児が誕生

井上和香は2015年7月18日に第一子となる女の子を出産しています。旦那も子育てに協力し、忙しい撮影の合間をぬって、家族三人で協力したエピソードも告白。健康的な生活を意識するようになり、食事もヘルシーなメニューを出すようにするなど、新しい生活を送っています。

子育てに励んでいる井上和香ですが、なぜか子どもは父親のほうに懐いているそうで、「お母さんより、パパがいい」と言われてしまったそうです。お母さんのほうが子どもを叱る場面が多いのか、お父さんのほうが優しいと思われてしまっている可能性もあるでしょう。

結婚生活が井上和香の心の支え?

井上和香にとって結婚生活は心の支えのようです。病気のときも井上和香を支えてくれたのは、家族でした。また、病気で入院する際、井上和香は子供と離れるのが寂しくて仕方がなかったのだとか。病気の問題も家族がいたから、向き合うことが出来たのかもしれません。

また、井上和香は病気で入院したことがきっかけで、当時2歳だった娘の断乳を行ったことも明かしています。井上和香は退院後に娘がうまく断乳出来ているか不安だったそうですが、親と娘で一緒に成長していこうと考えたそうです。

病気が理由で悩むことも多かったでしょうが、井上和香にとって家族が力強い味方になってくれたわけです。現在はグラビアの仕事は減っているものの、いつでも依頼があればチャレンジしたいそうです。井上和香のセクシーなグラビアは、今後も楽しめる可能性があるといえるでしょう。

井上和香の入院は病気「胆石」の胆のう摘出手術が理由だった

井上和香が病気で入院していた件について紹介しました。井上和香の病気は「胆石」で、胆のう摘出手術を行っていたのです。井上和香の病気は手術を経て落ち着いており、現在は日常生活で支障が出ないほどに回復しています。

旦那や娘の存在もあり、井上和香は病気と戦うことが出来たのでしょう。以前から病気を理由に悩んでいた井上和香も、手術に踏み切って問題を乗り越えています。胆石の病気を乗り越えた井上和香の、これからの活躍に注目しましょう!

関連するまとめ

Original
この記事のライター
浅倉恭介
ギターと野球と料理が好き。犬が飼いたい! もともとは接客業界で働いてました その後は保育業界に。 ロ...

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ