井岡一翔と井上尚弥はどっちが強い?階級や成績などまとめ!本人たちのエピソードも

現役復帰を果たした井岡一翔と海外での評価が高い井上尚弥はどちらが強いのでしょうか?2人はかつて同じ階級に所属していましたが対戦するとどちらが強いのかと話題になっています。井岡一翔と井上尚弥の階級や成績などをまとめどちらが強いのかにスポットを当てていきましょう。

井岡一翔と井上尚弥はどっちが強い?階級や成績などまとめ!本人たちのエピソードものイメージ

目次

  1. 1井岡一翔のプロフィール
  2. 2井岡一翔と井上尚弥はどっちが強い?
  3. 3井岡一翔と井上尚弥の階級や成績
  4. 4井岡一翔と井上尚弥のボクシングエピソード
  5. 5井岡一翔と井上尚弥の共通点とは
  6. 6井岡一翔と井上尚弥の強さは計り知れない

井岡一翔のプロフィール

・愛称:不明
・本名:井岡一翔(イオカ カズト)
・生年月日:1989年3月24日
・年齢:31歳(2020年5月現在)
・出身地:大阪府堺市
・血液型:B型
・身長:165.5cm
・体重:52.0㎏
・活動内容:プロボクサー
・所属グループ:なし
・事務所:井岡ジム
・家族構成:両親、弟二人

井岡一翔の経歴

井岡一翔は中学1年生の時に叔父の井岡弘樹が所属していたグリーンツダジムでボクシングを始めました。中学3年生の時に井岡弘樹が設立した井岡ジムに移籍し、高校生になるとボクシング部に所属し全国六冠を果たします。

東京農業大学に進学しましたが中退し、2009年4月に井岡ジムからプロデビューしました。2011年2月にはWBC世界ライトフライ級で世界王座、2012年6月にはWBA世界ミニマム級王座、2012年12月にはWBA世界ライトフライ級王座を獲得し、2015年4月にはWBA世界フライ級王座奪取で3階級制覇を果たしています。

2017年5月には歌手である谷村奈南と結婚しましたが2018年11月に離婚しました。2017年12月には引退発表がありましたが、2018年9月には米国で再起し世界ランカーに反対勝ちしています。その後2018年大晦日に行われたWBO世界スーパーフライ級決定戦に出場しましたが結果は判定負けとなりました。

2019年3月には一般女性との再婚も発表されています。井岡一翔はミニマム級、ライトフライ級、フライ級、スーパーフライ級の4つを獲得し4階級制覇を達成しています。

Thumb井岡一翔と谷村奈南の結婚エピソード!反対されていたことなどまとめ
井岡一翔さんと谷村奈南さんは結婚されていましたが、すでに離婚をされています。2人の結婚は周囲...

井岡一翔と井上尚弥はどっちが強い?

井岡一翔は4階級制覇で話題になっていますが、話題性では井上尚弥も負けていません。井岡一翔と井上尚弥はかつて同じ階級に所属していたこともありますが、井岡一翔と井上尚弥は対戦するとどっちが強いのかが話題になっています。

井岡一翔と井上尚弥がもちも対戦するとどっちが強いのでしょうか?井岡一翔は現役復帰を果たし、井上尚弥は既に海外での評価も高いのでこの2人がもしも対戦したらどっちが強いのかと議論されています。井岡一翔と井上尚弥についてご紹介しましょう。

井上尚弥とは

井上尚弥は神奈川県座間市出身のプロボクサーで、大橋ボクシングジムに所属しています。井上尚弥の父は井上真吾で父がトレーナーでした。弟は同じくプロボクサーである井上拓真、従兄弟にはプロボクサーの井上浩樹がいます。

井上尚弥は第36代日本ライトフライ級王者、第33代OPBF東洋太平洋ライトフライ級王者、元WBC世界ライトフライ級王者、元WBO世界スーパーフライ級王者、現WBAスーパー・IBF世界バンタム級王者、世界3階級制覇王者として活躍しています。

『日本ボクシング史上最強にして最高傑作』と呼ばれていて、井上尚弥の完璧なボクシングスタイルが絶賛されています。

井上尚弥はアマチュア時代には高校生にして7つのタイトルを獲得するなど日本ボクシング史上初めての功績を残し、プロに転向後も8戦目2階級制覇は国内での最速記録となっています。既婚者で二児の父親である井上尚弥に目が離せません。

井岡一翔と井上尚弥はどっちが強いのか

井岡一翔と井上尚弥はどっちが強いのかが話題になっています。井岡一翔と井上尚弥を比較するとディフェンスや距離感、スピードやパンチの当て方は同じくらいのレベルのようですが、パワー感が違います。もしも井岡一翔と井上尚弥が対戦した場合にはどっちが強いのでしょうか?

どっちかと言うと井上尚弥のほうが強い?

井岡一翔と井上尚弥がどっちが強いかを考えた時に、パワー感の違いが挙げられます。パワー感に関しては断然井上尚弥の方が上です。さらに井上尚弥は察知能力が鋭く1ラウンドするだけで相手の攻撃を見切ることができます。

井上尚弥は距離間隔に対しても独自の世界観があり、自分のジャブが届くぎりぎりの距離で戦うようにしているのでハイレベルなリングパフォーマンスができると絶賛されています。多くのボクシングファンは井上尚弥の才能を認めていて井岡一翔と井上尚弥がどっちが強いかと聞かれると井上尚弥と答える人が多いでしょう。

井岡一翔と井上尚弥は対戦したことはありませんが、データだけを比較すると井上尚弥の方が有利です。井上尚弥はKO率も高く、敗けがありません。アマチュア時代の成績を比べてみても井上尚弥の方が強いと言えます。

井岡一翔は井上尚弥を避けている?

井岡一翔は井上尚弥から逃げている?とも噂されていますが本当のところはどうなのでしょうか?井岡一翔は井上尚弥は体格が違うので対戦できないのは当然なのですが才能の違いも噂されています。才能が違えば対戦を避けることも考えられるので井岡一翔は井上尚弥から逃げているのではと言われています。

また、このように噂されたのは井岡一翔が井上尚弥を避けた訳ではなく、ニカラグアのローマン・ゴンザレスを避けたのでこのような噂が出たようです。井岡一翔は本当ならばローマン・ゴンザレスと試合をしないといけなかったのですが、延期に延期を重ね対戦していません。このように井岡一翔は強い相手から逃げているとネット上で噂されています。

井岡一翔と井上尚弥の階級や成績

井岡一翔と井上尚弥の階級や成績をご紹介しましょう。井岡一翔と井上尚弥はこれまでに素晴らしい成績を残していますがこれまでの2人の階級や成績を比較してみました。

井岡一翔の階級

井岡一翔の階級についてご紹介しましょう。井岡一翔は4階級を制覇し前人未到の記録を打ち出しました。井岡一翔と井上尚弥はかつて同じ階級にいましたがこれまでに対戦をしたことはありませんでした。

井岡一翔はミニマム級、ライトフライ級、フライ級、スーパーフライ級の4つを獲得し4階級制覇を達成していますので井上尚弥と対戦するのなら今が一番いい時期だと言われています。

井岡一翔の成績

井岡一翔のアマチュア時代の成績は6冠を達成しています。井岡一翔はインターハイに2度の優勝、国体でも2度優勝、選抜大会でも2度優勝するという好成績を納めています。

井岡一翔はWBO世界スーパーフライ級王座決定戦でアストン・パリクテを10回TKOで沈め、日本人で初めて4階級制覇を達成しました。

井上尚弥の階級

井上尚弥はライトフライ、スーパーフライ、バンダムの3階級制覇王者です。井岡一翔と井上尚弥はかつて同じ階級に所属していましたが、現在はフィジカルに差がついてきています。井上尚弥はバンダムかそれ以上が適正階級と言われています。

井上尚弥の成績

井上尚弥のアマチュア時代の成績は7冠でインターハイに2度、国体では2度、選抜、全日本アマ選手権で2度制覇していて好成績を納めています。高校時代に全日本アマ選手権2度制覇というのは驚くべき功績です。

井上尚弥は7冠を達成していますが、その中に全日本アマチュアボクシング選手権大会2度制覇が含まれているので井岡一翔と比較すると井上尚弥の方が上と言えます。その後、井上尚弥は世界ベルト5本を獲得し話題になっています。WBA、IBF、WBC、WBOの主要4団体と米専門誌の「ザ・リング」認定ベルトを披露しています。

井岡一翔と井上尚弥のボクシングエピソード

井岡一翔と井上尚弥には様々なエピソードがあります。井岡一翔と井上尚弥にはどのようなエピソードがあるのでしょうか?井岡一翔と井上尚弥のボクシングエピソードをご紹介しましょう。

井岡一翔のボクシングエピソード

WBO世界タイトルマッチにて日本人の男子で初めて世界4階級制覇を達成した井岡一翔のボクシングエピソードをご紹介しましょう。井岡一翔は2019年6月に開催されたWBO世界スーパーフライ級王座決定戦で30歳にして再び世界のトップに君臨し話題になりました。

アストン・パリクテに10回TKO勝ちし、日本人男子で初めての世界4階級制覇を達成し賞賛を浴びました。世界戦通算15勝であの有名な具志堅用高を超える日本人単独最多記録を更新したのです。井岡一翔は20人目の4階級制覇達成者ですがアジアでは4人目となっていてその難しさが分かります。

WBO世界スーパーフライ級王座決定戦では井岡一翔よりも1つ上の階級だったパリクテと下から階級を上げた井岡一翔の体格の差は明らかでしたが、井岡一翔は階級の壁を乗り越えました。2017年に井岡一翔はいったん引退を発表しましたが2018年には現役復帰を表明し、大晦日に行われたWBO世界スーパーフライ級王座決定戦では惜しくも敗れました。

2019年に再度WBO世界スーパーフライ級王座決定戦にチャレンジし、4本目の世界王者ベルトを手にしました。一度引退を表明したにも関わらず諦めずにチャレンジした井岡一翔のエピソードは語り継がれています。

井上尚弥のボクシングエピソード

井上尚弥にも様々なボクシングエピソードがあります。井上尚弥のボクシングエピソードはどのようなエピソードなのでしょうか?井上尚弥は2018年には2試合で約3分しかリングに立っていません。井上尚弥は150年に1人の天才と呼ばれていてその強さには秘密があります。

井上尚弥は「心」が強く、その活かし方を知っているので本物の強さを手に入れました。心が強くないと本来の強さは発揮できず、技術や体が優れていても大成することはありません。井上尚弥は努力家で謙虚さも兼ね備えています。

井上尚弥は子供の頃から遊び心がある練習を重ね、トレーニングしてきました。ボクシングは楽しいものだと根付くことができたので、弱音は一切吐きません。井上尚弥は常に自信に満ち溢れ試合の前も自然体でいれるのことが強みです。

2012年のプレデビュー戦のときでも普段通り会話をしてリングに向かう時には「登場曲のサビのところで行きたい」という余裕さえありました。世界タイトル戦でも同じように、いつも通りの素晴らしい結果を残しました。井上尚弥は37歳まで現役を目標にしているので謙虚にふるまい努力をし楽しんでボクシングを続けているのでしょう。

サプライズ発言エピソードにも注目が

WBO会長が3つのサプライズ発言をしたエピソードが注目されています。2019年にWBO総会が日本で初めて開催され、フランシスコ・バルカルセル会長は日本人対決の3つのサプライズ発言を行いました。

まずは「井上尚弥vsカシメロ」の対決です。WBA世界バンタム級スーパー、IBF世界同級王者である井上尚弥とWBO世界バンタム級王座を統一した経歴を持つジョンリエル・カシメロの3団体統一戦を実現させるという発言です。井上尚弥は来年カシメロとの統一戦を視野に入れているのでそれが実現できるように動きたいと語っています。

また、「井岡一翔vs田中恒成」の対決を来年実現させることも発言しました。WBO世界スーパーフライ級王者の井岡一翔と同フライ級王者の田中恒成が条件付きで来年に対決することを実現すると発言し話題になったようです。

さらに、「村田諒太vsアンドラーデ」の統一戦を呼びかけました。WBA世界ミドル級王者の村田諒太とWBO世界同級王者のデメトリアス・アンドラーデの統一戦も呼びかけ、3つのビッグカードとメディアでも注目されたようです。

井岡一翔と井上尚弥の共通点とは

井岡一翔と井上尚弥には共通点はあるのでしょうか?井岡一翔と井上尚弥は人気のボクサーで連日メディアでも話題になっています。井岡一翔と井上尚弥はかつては同じ階級に所属していましたが、現在はフィジカルに差がついています。日本を代表する井岡一翔と井上尚弥の共通点をご案内しましょう。

井岡一翔と井上尚弥の発言

井岡一翔と井上尚弥はそれぞれに発言をしていますのでその発言についてご紹介しましょう。井岡一翔は井上尚弥に対して「何も感じなければ嘘になりますが、彼を評価することは失礼なことだと思う」とコメントしています。しっかりと井上尚弥をリスペクトする気持ちを表しながら言葉を選んで発言しています。

井上尚弥は井岡一翔に対して「井岡一翔に限らず階級が近いので意識しないことはありません。刺激になる」とコメントしています。井岡一翔を特別に意識しているわけではなく、影響を受ける選手の1人として意識しているようです。

2人の発言から共通点が判明?

井岡一翔と井上尚弥の発言から共通点が判明しました。2人とも、マイナスになる余計なコメントは一切しないで手短に話している点が共通しています。世界で君臨するスーパースターとしての人間性を兼ね備えていて、お互いに相手のことを尊重しています。

知名度がなければ相手の名前を利用して自分の名前を売るかもしれませんが、井岡一翔と井上尚弥はそのような挑発行為や自分のマイナスになるようなコメントはしません。井岡一翔と井上尚弥は世界で戦う人なので人格や人間性が問われますのでお互いに公の場では大人の対応をしているのが共通点と言えます。

井岡一翔と井上尚弥は対戦不要?

井岡一翔と井上尚弥は対戦不要と言われていますがそれはなぜなのでしょうか?井岡一翔と井上尚弥はコンセプトも違い、階級も違います。ボクシングファンとしては井岡一翔と井上尚弥が対戦して欲しいところですが、井岡一翔と井上尚弥がどっちが強いかや井岡一翔と井上尚弥を比較することはナンセンスです。

井岡一翔と井上尚弥はお互い特に対戦したいわけではないようですが、井岡一翔と井上尚弥を対戦させたら本当はどっちが強いのだろうと比較するのも楽しみの1つです。しかし、井岡一翔と井上尚弥の方向性やコメントなどを聞くと比較対象にはなりません。

井岡一翔と井上尚弥はデビュー時期も近く、階級も同じ頃もあり、組もうと思えば組めたのかもしれませんが、大橋会長は井岡一翔と井上尚弥をできるだけ対戦させたくなかったようです。それはどちらが勝つか分からなくて未来がある2人に潰し合いをわざわざさせたくなかったのでしょう。

井岡一翔と井上尚弥にはそれぞれの魅力があり、世界で活躍してくれる2人なので井岡一翔と井上尚弥は比較対象にはならないというわけです。

井岡一翔と井上尚弥の強さは計り知れない

いかがでしたでしょうか?井岡一翔と井上尚弥はどっちが強いかを比較してみました。井岡一翔と井上尚弥はプロデビューから王座を奪還したのも早く、よく似たボクシングロードを歩んできました。井岡一翔と井上尚弥は比較するのも難しく、井岡一翔と井上尚弥は計り知れない強さがあります。

関連するまとめ

関連するキーワード

Missing
この記事のライター
maki

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ