イルカ(歌手)の現在!夫の介護や病気の噂は?本名や年齢・息子なども!

「なごり雪」などのヒット曲で有名な歌手のイルカさんですが、現在はどうされているのでしょうか?夫の介護をしているという噂や病気の噂も気になるところです。歌手のイルカさんの本名や年齢、さらには息子のことについても調べました。歌手のイルカさんについて紹介します。

イルカ(歌手)の現在!夫の介護や病気の噂は?本名や年齢・息子なども!のイメージ

目次

  1. 1イルカさんのプロフィール
  2. 2イルカさんの現在
  3. 3イルカさんの夫の介護や病気の噂の真相
  4. 4イルカさんの本名や年齢・息子について
  5. 5歌手・イルカとしてのヒット曲一覧
  6. 6イルカさんは夫の介護を終え現在も歌手活動を続ける

イルカさんのプロフィール

年齢や現在の活動も気になる歌手のイルカさんですが、どのような人なのでしょうか?歌手のイルカさんはこれまでどのような活動をしてきたのでしょう?歌手のイルカさんのプロフィールについて詳しく見ていきましょう。

イルカさんの経歴

・愛称:イルカ
・本名:神部としえ
・生年月日:1950年12月3日
・現在年齢:68歳
・出身地:東京都中野区
・血液型:???
・身長:???
・体重:???
・活動内容:フォーク歌手、絵本作家
・所属グループ:元シュリークス
・事務所:イルカオフィス
・家族構成:夫(神部和夫)、息子(神部冬馬)、父(保坂俊雄)

歌手のイルカさんはサックス奏者として有名な保坂俊雄さんを父に持つフォークシンガーです。幼い頃から母に連れられ、父のライブを観に行くなど、音楽に触れあう機会も多かったようです。

実は父の保坂俊雄さんは美空ひばりさんの専属バンドの指揮をしていたということもあり、イルカさんと美空ひばりさんにも交流がありました。美空ひばりさんの書いた歌詞にイルカさんが曲を付けて発売されたのが「夢ひとり」という曲です。

イルカさんはヒット曲を飛ばすフォークシンガー

イルカさんはフォークソングを歌う歌手として、これまで数多くのヒット曲を飛ばしてきました。その歌手としての活動は現在もコンスタントに続けており、毎年夏に山梨県で行われる「イルカ with Friends 」は恒例になっています。

この「イルカ with Friends 」にはさだまさしさんや南こうせつさん、小林幸子さんなど、毎年豪華なゲストが参加することでも知られています。

イルカさんの現在

長年にわたり歌手活動を行っていたイルカさんですが、現在はどうされているのでしょうか?現在もその活動内容は変わらないのでしょうか?歌手のイルカさんの現在の活動についても調べてみました。

日本自然保護協会の参与に就任

イルカさんは歌手としての活動だけではなく、2004年には国際自然保護連合(IUCN)の親善大使に任命されました。この国際自然保護連合(IUCN)は1948年に創設され、国際的な自然保護団体として知られています。

イルカさんはこの国際自然保護連合(IUCN)にテーマソングを提供したり、その活動を幅広く知ってもらうために、毎年「イルカ with Friends」を開催しています。

2016年に歌手デビュー45周年を迎え注目

イルカさんは2016年に歌手デビューから45周年という節目を迎えました。この節目に際して、イルカさんのこれまでのヒット曲などが改めて注目を集めたようです。

この歌手デビュー45周年を記念して、さまざまなイベントも行われたようです。イルカさんが歌手としてデビューしたのは大学在学中の1971年のことで、当時は「シュリークス」というバンドに参加していました。

2017年7月にアルバム「惑星日誌~今伝えたいこと~」発売

2017年には歌手デビュー45周年記念の一環として、オリジナルフルアルバム「惑星日誌~今伝えたいこと~」も発売されました。

このアルバムの中にはイルカさんのオリジナル曲やヒット曲、メッセージがたっぷりと詰まっていると往年のファン達にも大好評だったようです。熊本の復興を願って書き下ろされた「光るグリーンシティ」もこのアルバムで再録されています。

イルカさんの夫の介護や病気の噂の真相

イルカさんが長年夫を介護していたというのは有名な話ですが、夫はどのような病気だったのでしょうか?また、イルカさんの介護生活はどのようなものだったのでしょう?イルカさん自身の病気の噂と共に紹介します。

イルカさんの夫は神戸和夫さん

歌手のイルカさんの夫は、神部和夫さんといいます。神部和夫さんは大学生時代にはすでに歌手としてデビューしていて、「シュリークス」というバンドのメンバーでもありました。

イルカさんと結婚してからは「シュリークス」の活動をやめ、音楽ピロデューサーとして妻の歌手活動を支え続けました。神部和夫さんはマネージャーの役割もしていましたので、ファンクラブの運営など多岐にわたって妻を支え続けたと言われています。

20年ほどパーキンソン病を患う夫の介護

夫の神部和夫さんは、1986年頃から原因不明の体調不良に悩まされます。病院に行ってもその病名は分からず、病気はどんどん進行していきました。そして、10ほど病院を巡ったところで、ようやく病名が難病のパーキンソン病であることが判明します。

パーキンソン病は進行性の病気ですので、神部和夫さんは介護が必要な身体となってしまいます。そんな夫を献身的に介護し続けたのが妻のイルカさんでした。その介護期間は20年にも及んだのだそうです。

歌手を辞めて介護に専念を願うも夫が許さず

イルカさんは歌手をやめて介護に専念したいと夫の神部和夫さんに訴えますが、夫はその訴えを認めませんでした。歌手として活動を続けて欲しいと訴える夫の言葉をイルカさんは受け入れ、現在までコンスタントに歌手活動を続けています。

神部和夫さんは病気との闘病から13年経った頃に、パーキンソン病のリハビリなどを行う旭川の病院に巡り会い入院します。イルカさんも病院の傍に部屋を借り、歌手活動を続けながら夫をサポートし続けました。

2007年3月21日に夫が急性腎不全のため他界

現在も決定的な治療方法がないとされるパーキンソン病ですが、2007年に神部和夫さんは治療のかいなく急性腎不全のために他界しました。

イルカさんはこの3ヶ月ほど前の自身の誕生日に、夫から最後のプレゼントをもらったそうです。それは赤いバラだったのだとか。イルカさんは現在もこの赤いバラをドライフラワーにして大切にしているそうです。

イルカさんに病気説が浮上

夫が急性腎不全で亡くなってしまった歌手のイルカさんですが、実はご自身にも病気の噂があるのだそうです。イルカさんはどのような病気を患っているのでしょうか?

ステージに立たない理由は花粉症が原因?

イルカさんが患っているとされる病気のひとつが、歌手にとっては致命的ともいえる「花粉症」なのだそうです。

この花粉症があまりにもひどすぎるということもあり、現在では春には歌手活動をしていないということを「サワコの朝」で語っていたそうです。「鼻声で歌うのは申し訳ない」というのが、春には歌手活動を自粛している理由だそうです。

声帯寿命にも関係との噂も

歌手のイルカさんが春には歌手活動をしないのは、声帯寿命を意識しているということもあるそうです。声帯は使えば使うほどに消耗していくことでも知られていますので、花粉症の症状もある春には声帯を休ませるようにしているようです。

この時期には京都で着物や帯のデザインをされたり、地染めにチャレンジするなど、歌手活動以外の活動をして鋭気を養っているそうです。

イルカさんが頸椎を痛め手の痺れも発症

ベジタリアンであったり、声帯寿命に気を遣うなど、健康には気を遣っている歌手のイルカさんですが、実は頸椎を痛めてしまったことがあるのだとか。そのために手のしびれも発症してしまったようです。

最近ではトレードマークのギターを弾かずに置いたまま歌うということもあるようで、ファンたちが心配しているという話もあるようです。

イルカさんの本名や年齢・息子について

イルカと言う名前は当然のことながら本名ではありません。その芸名の由来や本名は判明しているのでしょうか?また、イルカさんの年齢や息子についても気になるところです。歌手のイルカさんの本名や年齢、息子について紹介します。

イルカさんの本名と出生名について

まず、イルカさんの本名ですが、神部としえというそうです。この「としえ」という名前は芸名に関わりはなさそうですが、芸名の由来については次に詳しく紹介します。

そして、イルカさんの出生名ですが、保坂としえというそうです。この出生名からも芸名を連想することはできません。イルカという芸名は、いったいどのような由来でつけられたものだったのでしょうか?

イルカさんの名前の由来

イルカさんの歌手としての芸名の由来ですが、大学時代に所属していた同好会の先輩達が、ぞろぞろとギターを持って帰る姿を見たのだそうです。その時に「イルカの群れみたい」という表現をしたことが、芸名の由来になったのだとか。

よほどその表現が印象的だったようで、翌日からは同好会のメンバー達から「イルカ」と呼ばれるようになったのだそうです。

2018年12月3日で年齢68歳に

そして、歌手のイルカさんの年齢ですが、2018年12月3日で満68歳になったそうです。ただ、今も見た目はとても若々しく、とてもその年齢には見えないという評判もあります。

イルカさんは肉をまったく食べないベジタリアンとしても有名ですが、日頃から食生活に気を遣っているということも、年齢を重ねてもまったく老けない理由なのかもしれません。

現在もデビュー当時と変わらない姿という声も

歌手のイルカさんは、年齢を重ねた現在も、デビュー当時からその見た目がほぼ変わらないという意見も多いようです。現在の年齢が68歳だということを考えると、その見た目の若々しさは驚異的だともいえるかもしれません。

往年のファンからしてみると、デビュー当時から変わらないというのは、嬉しいことでもあるかもしれません。

息子・神戸冬馬さんもシンガーソングライター

実は歌手のイルカさんの息子である神部冬馬さんも、シンガーソングライターとして活躍されていることで有名です。息子の神部冬馬さんについて紹介します。

神部冬馬さんは歌手の母親とサックス奏者の祖父を持つ音楽一家に生まれ、幼い頃から音楽に親しんできました。自分も歌手を目指そうと考えたのは、20歳頃のことだったそうで、この頃から作詞作曲を始めたのだそうです。

息子・神戸冬馬さんのプロフィール

息子の神部冬馬さんは現在、シンガーソングライター、ラジオパーソナリティ、タレントとしてマルチに活躍されています。特に山梨県との縁が深く、Jリーグ ヴァンフォーレ甲府のサポーターだったことをきっかけに、公式シンガーとしても活躍しています。

他にも2010年には山梨県公認のPR大使であるやまなし大使に任命されたり、山梨放送の情報番組「ててて!TV」にレギュラー出演するなどしており、生まれも育ちも東京出身とは思えないほどに、山梨県で幅広い活躍をしているようです。

「有吉反省会」出演でイルカさん離れ出来ないと告白

息子の神部冬馬さんですが、近年ではバラエティ番組への出演も増えてきており、ダウンダウンDXや有吉反省会などにも出演されていました。この有吉反省会では、未だに母親であり歌手でもあるイルカさん離れできていないことを指摘されてしまったのだとか。

そのみそぎのため、しばらくの間神部冬馬さんは芸名を「クジラ」に変え、Twitterなどでもクジラ(神部冬馬)という名前で活動していたようです。

Thumb神部冬馬まとめ!離婚や結婚・子供は?イルカの息子の経歴!
イルカさんの息子として知られる神部冬馬さんですが、結婚も離婚もしているという噂があります。そ...

歌手・イルカとしてのヒット曲一覧

イルカさんには歌手として数多くのヒット曲があります。歌手としてのイルカさんのヒット曲にはどのようなものがあるのでしょうか?これまでの歌手としてのヒット曲について紹介します。

歌手としてのヒット曲①「なごり雪」

歌手としてのイルカさんを語る上で欠かせないのが、大ヒット曲「なごり雪」でしょう。この「なごり雪」はかぐや姫のメンバーだった伊勢正三さんの作詞・作曲によるもので、カバーソングになります。

イルカさんの歌手としての耳障りの良い声質や歌唱力、表現力がもっとも感じられる曲だとも言われています。この「なごり雪」は55万枚近いセールスを記録したそうです。

歌手としてのヒット曲②「雨の物語」

イルカさんの歌手としてのヒット曲には、「雨の物語」もあります。この「雨の物語」は1977年3月25日に発売され、30万枚を売り上げたヒット曲でもあります。

イルカさんのソロ歌手としては6枚目のシングルとなり、TBSの番組「ロマンを旅する」のテーマソングにもなりました。この楽曲は、歌手の中森明菜さんや研ナオコさんらもカバーされている名曲です。

歌手としてのヒット曲③「いつか冷たい雨が」

この動画の「いつか冷たい雨が」はイルカさんのヒット曲の中でもオリコンチャート1位を記録した曲になります。

1979年9月20日にリリースされたこの曲は、アルバムの表題曲でもありました。このアルバムには息子の神部冬馬さんに向けた楽曲「冬の馬」も収録されており、息子に力強く生きるようにとのメッセージをこめた歌として人気があります。

歌手としてのヒット曲④「海岸通」

この動画で歌唱している「海岸通」も、歌手としてのイルカさんのヒット曲のひとつです。この「海岸通」は元かぐや姫の伊勢正三さんが作詞作曲をされた曲のカバー・シングルでもあります。

1975年6月5日に伊勢正三さんが所属する「風」のアルバム曲としてリリースされたこの曲を、1979年4月25日にイルカさんがカバーしてリリースし、ヒットさせました。

歌手としてのヒット曲⑤「Follow Me」

イルカさんの歌手としてのヒット曲には「Follow Me」もあります。この「Follow Me」は1981年5月25日に発売された16枚目のシングルで、フジテレビ系で放送されていたドラマ「平岩弓枝シリーズ “女の座”」の主題歌としても採用されました。

イルカさんは夫の介護を終え現在も歌手活動を続ける

歌手のイルカさんについて紹介してきました。イルカさんは夫である神部和夫さんがパーキンソン病という難病にかかったこともあり、20年にも及ぶ献身的な介護をされていたそうです。

その夫の神部和夫さんの言葉に後押しされ、歌手を辞めずにここまで来たというイルカさんですが、年齢も68歳を超え、ますます多方面で活躍されています。今後のイルカさんの歌手としての活動にも注目していきましょう!

関連するまとめ

Missing
この記事のライター
春日つぼね

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ