石田彰が演じたアニメキャラ一覧!人気キャラは?渚カヲルや我愛羅など!

人気のイケボ声優・石田彰さんが演じたアニメキャラを一覧にまとめました。石田彰さんはどのようなキャラを演じているのでしょうか?石田彰さんが演じたキャラの人気キャランキングや渚カヲル、我愛羅などについても併せて紹介。石田彰さんの演じたキャラについてお届けします。

石田彰が演じたアニメキャラ一覧!人気キャラは?渚カヲルや我愛羅など!のイメージ

目次

  1. 1石田彰のプロフィール
  2. 2石田彰が演じたアニメキャラ一覧【Part1】
  3. 3石田彰が演じたアニメキャラ一覧【Part2】
  4. 4石田彰が演じた人気キャラTOP3
  5. 5石田彰のその他人気キャラ【渚カヲルや我愛羅など】
  6. 6【番外編】石田彰が演じたゲームキャラ一覧
  7. 7石田彰が演じたキャラは人気アニメやゲームの役が盛り沢山

石田彰のプロフィール

・愛称:あーさん、あー様
・本名:石田彰
・生年月日:1967年11月2日
・年齢:52歳(2020年1月現在)
・出身地:愛知県日進市
・血液型:O型
・身長:163cm
・体重:???
・活動内容:声優、俳優
・所属グループ:なし
・事務所:ピアレスガーベラ
・家族構成:不明

石田彰の経歴

石田彰さんは子供の頃に声優の仕事に憧れ、中学時代には演劇部に入部。その後、日本大学藝術学部演劇学科に進学し、大学在学中にマウスプロモーション付属俳優養成所に入所しました。石田彰さんは養成所時代から声優としての仕事をしていたのだそうです。

1991年にマウスプロモーションに正式に所属した石田彰さんは、2009年まで同事務所に所属しました。その後、フリーランスの期間を経て、現在の事務所・ピアレスガーベラに所属します。ピアレスガーベラには小岩井ことりさんや竹内絢子さん、中川里江さんなどの声優も所属しているようです。

石田彰が演じたアニメキャラ一覧【Part1】

石田彰さんが演じたアニメキャラについて詳しく見てきましょう。石田彰さんはどのようなアニメキャラを演じてきたのでしょうか?石田彰さんが演じたアニメキャラ一覧【Part1】を紹介します。

アニメキャラ一覧①有楽亭八雲『昭和元禄落語心中』

2016年から2017年にかけて放送された「昭和元禄落語心中」で、石田彰さんは菊比古こと有楽亭八雲役を演じていました。この作品は雲田はるこさんによる漫画が原作となっていて、原作の漫画は第17回2013年度文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞や、講談社漫画賞一般部門を受賞しています。

石田彰さんが演じた菊比古こと有楽亭八雲は、「昭和最後の大名人」とも言われる人気落語家という設定のキャラです。繊細で神経質、礼儀には人一倍厳しいという気むずかしいキャラを、石田彰さんは巧みに演じていました。

アニメキャラ一覧②O型くん『血液型くん!』

石田彰さんが演じたアニメキャラには「血液型くん!」のO型くんというものもあります。「血液型くん!」は2013年から2016年まで放送されたアニメで、原作は韓国の4コマ漫画です。この作品は短編テレビアニメとして放送されました。

「血液型くん!」は血液型による性格分類をもとに物語が展開されており、石田彰さんが演じたO型くんは努力家でロマンチストという設定ですが、短所として怒りっぽいというところもあるようです。この作品には福山潤さんや中村悠一さんなど、他にもイケボ声優が参加していました。

アニメキャラ一覧③縢秀星『PSYCHO-PASSサイコパス』

石田彰さんは人気アニメ「PSYCHO-PASSサイコパス」の1期と2期にも縢秀星役として出演していました。縢秀星は冗談や軽口も多い公安局刑事課一係・執行官の青年という設定のキャラです。縢秀星は5歳の時にサイコパス判定され、世間から隔離されて育ちます。

この物語の主人公の朱に対しては当初は反発していましたが、後に彼女を理解し、味方となっていきました。ただ、縢秀星はシビュラシステムの正体を目撃してしまったという理由で殺害されてしまいます。縢秀星は表面上は明るいキャラですが、内に秘めた闇を石田彰さんは上手く演じていました。

アニメキャラ一覧④サブロー『ケロロ軍曹』

テレビ東京系列で放送されていたアニメ「ケロロ軍曹」で、石田彰さんは北城睦実ことサブローを演じています。サブローは「四方の風」のうちの1人で、日向家を囲む四方の風の北という役割を担っているようです。

サブローは原作の漫画では渋谷第三高等学校3年生という設定になっていますが、アニメ版では吉祥学園の3年生で苗字は不明となっています。ケロロ軍曹は2004年にシーズン1が放送され、2010年にはシーズン2が放送されました。さらにフラッシュアニメも制作されており、石田彰さんはすべての作品に出演しています。

アニメキャラ一覧⑤結城理『PERSONA3 THE MOVIE』

石田彰さんは2013年から4作にわけて公開された劇場アニメ「PERSONA3 THE MOVIE」で主人公の結城理を演じています。この作品はゲームが原作となっており、ゲーム版での主人公のボイスも石田彰さんがつとめました。ただ、ゲーム版はプレイヤーが任意で名前をつけることができるため、デフォルト名なしだったようです。

劇場アニメ「PERSONA3 THE MOVIE」の主人公・結城理は、月光館学園に転入してきた高校2年生の少年という設定の役です。両親を事故で亡くしているということもあり、性格はそれほど活発ではありません。結城理は他のキャラたちとは異なり「ワイルド」という、複数のペルソナを使いこなせる能力を持っています。

アニメキャラ一覧⑥ゼロス『スレイヤーズ』シリーズ

石田彰さんは1999年から2006年まで放送されていた「スレイヤーズ」シリーズのゼロス役も演じていました。「スレイヤーズ」シリーズはライトノベルが原作となっており、テレビアニメだけではなく、OVAや劇場アニメにも展開されています。

石田彰さんが演じたキャラ・ゼロスは、この作品のメインキャラの1人です。原作では残虐性のあるキャラとして描かれていますが、アニメ版では、「敵でありながらも憎めないキャラ」として描かれていました。

アニメキャラ一覧⑦会長『男子高校生の日常』

2012年に放送されたアニメ「男子高校生の日常」で、石田彰さんは会長役を演じていました。この作品は「ガンガンONLINE」で連載されていたギャグ漫画が原作となっていて、「○×県立真田北高校」という男子校が物語の舞台となっています。

石田彰さんが演じた会長というキャラは、真田北高校の生徒会長という設定のキャラです。会長はノリと勢いだけで突っ走っているというキャラで、生徒会長でありながらあまり仕事をしている様子がないといところもあります。

アニメキャラ一覧⑧稲荷/明恵上人『京騒戯画』

2013年に放送されたテレビアニメ「京騒戯画」で石田彰さんは稲荷役を演じています。この作品は京都が舞台となっていますが、京都は京都でも「時間が止まった京都」という設定のファンタジー作品です。

石田彰さんが演じた稲荷は、表向きは明恵上人という京都の高雄山に隠棲する僧侶ですが、実は神社直轄部隊の一人という設定もあります。性格は穏やかで飄々としていて、石田彰さんの声がぴったりだと言われているようです。

アニメキャラ一覧⑨フィッシュ・アイ『美少女戦士セーラームーンSuperS』

石田彰さんが演じたキャラのうちでも特に話題となったのが「美少女戦士セーラームーンSuperS」のフィッシュ・アイ役でした。「美少女戦士セーラームーンSuperS」は1995年に放送されたアニメで、美少女戦士セーラームーンシリーズの3作目の作品です。

石田彰さんが演じたフィッシュ・アイというキャラは、少女のような声を出すという設定がありました。石田彰さんはこのフィッシュ・アイを見事に演じきり、その声質の広さや演技力が話題となったようです。

アニメキャラ一覧⑩観月はじめ『テニスの王子様』

石田彰さんは人気シリーズ「テニスの王子様」で観月はじめ役を演じています。このシリーズはテレビアニメを始め、劇場アニメやOVA、ゲームなどにも幅広くメディア展開されており、石田彰さんはそのすべてで観月はじめ役を演じました。

石田彰さんが演じた観月はじめというキャラは、東京都私立聖ルドルフ学院中学校テニス部に所属する生徒という役柄です。選手兼マネージャーということで、どちらかというと選手よりは監督に近い役割を担っています。

石田彰が演じたアニメキャラ一覧【Part2】

石田彰さんが演じたアニメキャラ一覧【Part1】を紹介してきましたが、まだまだ終わりではありません。続いて石田彰さんが演じたキャラ一覧【Part2】を紹介します。

アニメキャラ一覧⑪島田秀雄『寄生獣セイの格率』

人気漫画のアニメ化で話題となった「寄生獣セイの格率」で、石田彰さんは島田秀雄役を演じています。この作品は、2014年に全24話で放送されました。原作の漫画が大人気だっただけに、アニメは放送前から話題となっていたようです。

石田彰さんが「寄生獣セイの格率」で演じた島田秀雄役は、アニメの8話から10話にかけて登場しました。役柄としては、主人公の通う学校に送り込まれたパラサイトというものだったようです。

アニメキャラ一覧⑫申公豹『仙界伝 封神演義』

1999年に放送されたアニメ「仙界伝 封神演義」で、石田彰さんは申公豹というキャラを演じています。この作品は藤崎竜さんの漫画「封神演義」が原作となっていますが、オリジナル展開も数多く取り入れられています。

石田彰さんが演じた申公豹は、この作品の狂言回しとして登場しました。宝貝「雷公鞭」は殷全土に雷を発生させることができるほどの強力なもので、申公豹は最強の道士とも言われています。

アニメキャラ一覧⑬ウィザーモン『デジモンアドベンチャー』

1999年には「デジモンアドベンチャー」も放送されていましたが、この作品にも石田彰さんはウィザーモン役で出演していました。この作品は、デジタルワールドという架空の世界と現実世界がリンクし、子供たちがデジモンと関わりながら成長していくという物語になっています。石田彰さんが演じたウィザーモンも、デジモンとして登場します。

アニメキャラ一覧⑭麒麟のユダ『セイント・ビースト〜聖獣降臨編〜』

石田彰さんが演じたアニメキャラをさらに見ていきましょう。2003年には「セイント・ビースト〜聖獣降臨編〜」で麒麟のユダ役を演じています。この作品は「セイント・ビースト」シリーズの1つで、「おとぎストーリー 天使のしっぽ」という作品のスピンオフ作品でもあります。

石田彰さんが演じた麒麟のユダは、六聖獣で属性は光、時空間を操るという能力を持っているキャラです。ルックスはクールですが、内面には情熱的なところもあるという設定もあります。

アニメキャラ一覧⑮ミカゲ『神様はじめました』

2012年から2015年に放送されたアニメ「神様はじめました」で、石田彰さんはミカゲ役を演じています。この作品は、父も母も住まいも失った少女が、土地神から神社を住まいとして与えられる代わりに、土地神としての役割も譲り受けるという物語です。

石田彰さんが演じたミカゲはこの土地神で、土地神でありながら大の犬嫌いという設定があります。ミカゲの見た目は頼りがいのない優男で、その雰囲気を石田彰さんは巧みに声で表現していたようです。

アニメキャラ一覧⑯綾部喜八郎『忍たま乱太郎』

2013年からNHKで放送されている「忍たま乱太郎」に石田彰さんは綾部喜八郎役として出演しています。原作は「落第忍者乱太郎」というタイトルでしたが、「落第」というワードが放送コードに触れるため、アニメ化されるにあたり「忍者のたまご」の「忍たま」という言葉が用いられるようになったそうです。

石田彰さんが演じる綾部喜八郎は四年い組の忍たまで、かなりマイペースで飄々とした性格をしています。アニメオリジナル版にはエキセントリックな性格も追加され、原作通りの回とは雰囲気の異なる演じ方もしているようです。

アニメキャラ一覧⑰星月琥太郎『Starry・Sky』

2010年に配信されたWEBアニメ「Webアニメ」にも石田彰さんは出演しており、星月琥太郎役を演じていました。このアニメは女性向けメディアミックス作品のシリーズで、「星月学園」を舞台にヒロインとイケメンたちの物語が繰り広げられます。

石田彰さんが演じた星月琥太郎役は、学園の保険医で理事長の弟という設定のキャラです。星月琥太郎は自由奔放であまり仕事熱心ではなく、ヒロインが定期的に保健室の掃除などを行うなどしています。

石田彰が演じた人気キャラTOP3

石田彰さんは先ほど一覧でも紹介したように、数多くのキャラを演じてきました。そんな石田彰さんの演じたキャラをランキングで見ていきましょう。石田彰さんの演じたキャラの人気ランキングTOP3を紹介します。

人気キャラ3位:アスラン・ザラ『機動戦士ガンダムSEED』

まずは石田彰さんが演じた人気キャラ第3位です。石田彰さんが演じたキャラの人気ランキング第3位は「機動戦士ガンダムSEED」のアスラン・ザラでした。「機動戦士ガンダムSEED」は2002年から2004年にかけて放送されたガンダムシリーズの作品の1つです。

石田彰さんが演じたアスラン・ザラは、この作品の主人公・キラの親友でありながら後には敵対するという役柄でした。石田彰さんはこのアスラン・ザラ役の演技が評価され、第1回声優アワードサブキャラクター賞男優部門受賞を受賞しています。

人気キャラ2位:猪八戒『幻想魔伝 最遊記』

石田彰さんが演じたキャラの人気ランキング第2位は「幻想魔伝 最遊記」の猪八戒です。この作品は中国の「西遊記」をモチーフにした作品ですが、登場人物に美形が多いという特徴があります。

そのため、女性を中心に人気を集め、「ビジュアル系西遊記」とも呼ばれているのだとか。石田彰さんが演じる猪八戒は、他の作品では豚やイノシシをモチーフとしたキャラが描かれますが、この作品では他のキャラと同じように美形キャラとして描かれていました。

人気キャラ1位:桂小太郎『銀魂』

石田彰さんが演じたキャラの人気ランキング第1位は、「銀魂」の桂小太郎です。「銀魂」はご存知のように週刊少年ジャンプで連載されていた人気漫画のアニメ化作品で、アニメのほか実写映画化もされており、さらにはゲームなどにもメディア展開されている人気作品です。

石田彰さんが演じた桂小太郎は、攘夷党の筆頭であり「狂乱の貴公子」などの異名も持つ個性的なキャラとして知られています。桂小太郎は指名手配中となっているため、いつも変装をしているという特徴のあるキャラです。

石田彰のその他人気キャラ【渚カヲルや我愛羅など】

石田彰さんの演じたキャラの人気ランキングを紹介してきましたが、その他の人気キャラについても併せて紹介しましょう。石田彰さんは他にどのような人気キャラのボイスを担当しているのでしょうか?

アニメ『新世紀エヴァンゲリオン』渚カヲル役も人気

石田彰さんといえば、その代名詞的なキャラとも言えるのが「新世紀エヴァンゲリオン」の渚カヲル役です。「新世紀エヴァンゲリオン」は庵野秀明さんが監督・脚本をつとめた作品で、今なお根強い人気を誇るアニメ作品でもあります。

石田彰さんが演じた渚カヲルはこの作品に登場するメインキャラの1人で、ゼーレから派遣された色白の美少年という設定のキャラです。石田彰さんは劇場アニメやゲーム版でも渚カヲル役を演じています。

アニメ『NARUTO-ナルト-』では我愛羅役を担当

石田彰さんは人気の忍者アニメ「NARUTO-ナルト-」でもメインキャラの1人である我愛羅を演じています。「NARUTO-ナルト-」は2002年から2007年まで放送されていたアニメで、2007年から2017年までは「NARUTO -ナルト- 疾風伝」とタイトルを改めて放送されていました。

石田彰さんが演じた我愛羅は砂隠れの里の忍で、生まれた時に最強の忍となるため、一尾・守鶴を憑依させられた人柱力という設定のキャラでもあります。当初は主人公・ナルトの敵対者として登場しますが、徐々に心を開いていく様子がファンの心を掴みました。

アニメ『夏目友人帳』では名取周一役

さまざまな妖怪が登場するアニメ「夏目友人帳」でも石田彰さんは人気キャラ・名取周一を演じています。「夏目友人帳」は2008年から2017年まで放送された人気アニメで、「妖」を見ることのできる主人公・夏目貴志が、猫に変じた妖・ニャンコ先生とともに友人帳に名前を書かれた妖怪に名前を返していく物語です。

石田彰さんが演じる名取周一も、主人公と同じように妖が見えるという特徴があり、怪異現象を祓う「祓い屋」という設定のキャラです。名取周一は主人公の友人としてたびたび登場する重要なキャラでもあります。

アニメ『文豪ストレイドッグス』フョードル・D役も見逃せない

文豪たちをモチーフにしたキャラが数多く登場するアニメ「文豪ストレイドッグス」のフョードル・D役も、石田彰さんが演じるキャラの中では人気があります。「文豪ストレイドッグス」は2016年から2019年までテレビアニメとして放送され、劇場版も制作されました。

石田彰さんが演じたフョードル・Dは虚弱体質という設定はあるものの、超人的な頭脳の持ち主でもあります。少し妖しげなキャラの雰囲気が、石田彰さんのボイスとぴったり合っていると評判で、作品に登場するキャラの中でも人気が高いキャラです。

【番外編】石田彰が演じたゲームキャラ一覧

石田彰さんはアニメのキャラだけではなく、ゲームキャラも多数担当しています。石田彰さんが担当したゲームキャラにはどのようなキャラがあるのでしょうか?石田彰さんがボイスを担当したゲームキャラについて紹介します。

ゲームキャラ一覧①守村桜弥『ときめきメモリアルGirl's Side』

石田彰さんが担当したゲームキャラとしては「ときめきメモリアルGirl's Side」の守村桜弥も有名です。「ときめきメモリアルGirl's Side」は2002年に発売された女性向けの恋愛シュミレーションゲームです。

石田彰さんが演じた守村桜弥は開業医の息子ですが、自身は人間の医者ではなく植物医になりたいと考えているキャラでもあります。無口でマイペース、どこでも眠ってしまうという設定があるようです。

ゲームキャラ一覧②室井楓『5人の恋プリンス』

石田彰さんは2015年に発売された乙女ゲーム「5人の恋プリンス〜ヒミツの契約結婚〜」でもキャラボイスを担当しており、室井楓役を演じています。このゲームはもともとはアプリゲームだったようで、石田彰さんはアプリゲームでも同じキャラを担当しているようです。

石田彰さんが演じた室井楓は、「プリンス・ファイブ」と呼ばれる5人のプリンスの1人で、このゲームのキャラたちの中でも特に人気の高いキャラでした。この作品はドラマCDにも展開されており、石田彰さんはドラマCDでも同じキャラを演じています。

ゲームキャラ一覧③ケント『AMNESIA World』

2014年に発売された乙女ゲーム「AMNESIA World」にも石田彰さんはケント役として出演しています。「AMNESIA World」はパラレルワールドがテーマになっており、プレイヤーがさまざまな世界設定を選ぶことができるゲームです。石田彰さんが演じたケントはメインの攻略キャラの1人でした。

ゲームキャラ一覧④時田楓『乙女的恋革命・ラブレボ!!』

2006年に発売された「乙女的恋革命・ラブレボ!!」で石田彰さんは時田楓役を演じていました。この「乙女的恋革命・ラブレボ!!」は女性向けの恋愛シュミレーションゲームで、ゲーム開始当初・ヒロインが体重100kgの肥満体だという設定が話題となったようです。

石田彰さんが演じる時田楓は、ヒロインの通う学校に転校してくる生徒という設定で、日頃は天然な一面もありますが、実は冷徹な部分もあるという乙女心をくすぐるキャラでもありました。

ゲームキャラ一覧⑤安倍泰明『遙かなる時空の中で』

人気の乙女ゲーム「遙かなる時空の中で」でも、石田彰さんはボイスを担当しています。石田彰さんが担当したキャラは地の玄武・安倍泰明です。安倍晴明の弟子の陰陽師だという安倍泰明は普段は冷静なキャラですが、好奇心旺盛な子供っぽい一面もあるキャラです。

実は安倍泰明は人ではなく、安倍晴明が陰陽術を用いて作った人造人間という設定があり、身体が不安定という特徴もあります。この作品はテレビアニメ化もされていますが、そちらでも石田彰さんは安倍泰明を演じていました。

ゲームキャラ一覧⑥十神白夜『ダンカンロンパ』

「ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生 The Animation」などのダンガンロンパシリーズのゲーム作品にも石田彰さんは出演しています。石田彰さんがこのシリーズで演じているのは十神白夜役です。

十神白夜は超高校級の「御曹司」という設定のキャラで、幼少期から帝王学を学んだエリートという設定もあります。十神白夜はかなり偏った選民志向もあり、他人の感情を軽視するという一面もありますが、ゲームが進むにつれ、その性格にも少しずつ変化が見られるようになるようです。

石田彰が演じたキャラは人気アニメやゲームの役が盛り沢山

石田彰さんがテレビアニメなどで演じたキャラを一覧でご紹介してきました。石田彰さんは独特の「石田ボイス」を活かし、さまざまなキャラを演じています。また、アニメだけではなく、ドラマCDやゲームでも石田彰さんは多数の人気キャラのボイスを担当していました。今後の石田彰さんの参加作品にも注目していきましょう!

関連するまとめ

関連するキーワード

Missing
この記事のライター
春日つぼね

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ