石田ゆり子の若い頃!がっしりしてる?見た目年齢が変わらない?当時の経歴などまとめ

女優の石田ゆり子さんは、実年齢より若く見えて可愛いと評判です。本記事では、そんな石田ゆり子さんの若い頃の画像や経歴、若い頃はがっしり体型だったという噂の真相、若さを保ち続けている理由をまとめました。石田ゆり子さんの若い頃と現在の姿を堪能しましょう。

石田ゆり子の若い頃!がっしりしてる?見た目年齢が変わらない?当時の経歴などまとめのイメージ

目次

  1. 1石田ゆり子のプロフィール
  2. 2石田ゆり子の若い頃
  3. 3石田ゆり子の若い頃はがっしりしてる?
  4. 4石田ゆり子の見た目年齢が変わらない真相
  5. 5石田ゆり子の若い頃の経歴
  6. 6石田ゆり子の若い頃は水泳でがっしり体型

石田ゆり子のプロフィール

・愛称:りり・ゆりちゃん・ゆり・ゆりっぺ
・本名:石田百合子
・生年月日:1969年10月3日
・年齢:50歳(2020年3月現在)
・出身地:東京都
・血液型:A型
・身長:164cm
・体重:不明
・活動内容:女優・エッセイスト・ナレーター・タレント
・所属グループ:無し
・事務所:風鈴舎
・家族構成:父・母・兄・妹(女優の石田ひかり)

石田ゆり子の経歴

石田ゆり子さんが若い頃と見た目の年齢が変わらない理由や、若い頃のがっしり体型について見ていく前に、まずは石田ゆり子さんの経歴をご紹介します。東京都出身の石田ゆり子さんですが、父親の仕事の関係で中学生の頃は3年間、台湾の台北市に家族で住んでいたそうです。

その後帰国し、東京都立桜町高等学校に入学した石田ゆり子さんは、高校1年生の時に芸能界デビューを果たします。初めはモデルとして活動を始めた石田ゆり子さんでしたが、1988年11月に放送されたドラマ『海の群星』に出演し、女優デビュー。

その後は主に女優業をメインに活動を続け、2005年に公開された映画『北の零年』では第29回日本アカデミー賞の優秀助演女優賞を受賞しています。2018年1月にはフォト&エッセイ集『Lily ―日々のカケラ―』を発売し、若い頃と同様、もしくはそれを上回る美貌の持ち主として話題に。

女性だけでなく男性からも高い支持を得ている石田ゆり子さんですが、これまでに結婚歴はなく現在も独身です。そんな現在の石田ゆり子さんは1匹の犬と複数の猫と暮らしており、自身のInstagramに可愛い画像をたくさんアップしています。

石田ゆり子の若い頃

高校1年生の時にデビューした石田ゆり子さんは、実に30年以上も芸能界で活躍されています。一般的に、年を重ねると肌にシワが出来たり体型に変化があったりと、どんな綺麗な芸能人でも”若い頃の方が可愛かった”などと言われてしまうものです。

しかし、石田ゆり子さんの場合は年を重ねた現在の方が美しいと評判です。石田ゆり子さんが実年齢より若く見える理由に迫る前に、まずは若い頃の石田ゆり子さんの姿からチェックしていきましょう。

石田ゆり子の若い頃が話題に

現在はボブヘアが定番化している石田ゆり子さんですが、若い頃はロングヘアがトレードマークでした。そのため、石田ゆり子さんの若い頃を知らないファン層の中では、”石田ゆり子さんの若い頃が今と雰囲気が違う”と話題になることも。

若い頃から美しい石田ゆり子

こちらは、当時20歳の石田ゆり子さんのテニスウエア姿です。これは石田ゆり子さんのInstagramで公開されたもので、コメント欄には”若い頃から可愛すぎる”や、”今と雰囲気が違うけどどっちも可愛い”など、賞賛のコメントが殺到しました。

石田ゆり子の若い頃に対するファンの反応

若い頃の石田ゆり子さんに対する評判を調査すると、”透明感が凄い”や”ナチュラルな美しさ”などといった高評価が目立ちます。若い頃は髪の毛を染めたりメイクを濃くしたりすることもありますが、石田ゆり子さんの場合は若い頃も黒髪で清楚な印象です。

現在の姿を可愛いと感じた方が若い頃の石田ゆり子さんの姿を見ると、一貫してナチュラルさを保っている姿勢に感動することもある模様です。若い頃の石田ゆり子さんの画像は現在でも高い人気を誇っていて、ネット上にはたくさんの画像が出回っています。

ファンの声は若い頃と現在の好き派が分かれる?

石田ゆり子さんの若い頃の画像だけでなく、ファンの声も調査しました。その結果、大半の方が”現在の方が好き”と感じているようです。しかし、中には”現在より若い頃の方が好きだった”という声も。人の感じ方や好みは三者三様ですので、この結果は当然と言えるでしょう。

若い頃の石田ゆり子さんは現在では想像できないような水着姿を披露していますので、その姿を知っている方は”昔の方が好きだった”と感じるのかもしれません。一方、”現在の方が好き”という方の意見を見てみると、やはり見た目の可愛さが一番の理由の模様です。

世間では、石田ゆり子さんは”奇跡のアラフィフ”として有名です。実年齢より若く見えるその姿は、特に女性から高く支持されていて、多くの女性が石田ゆり子さんに憧れを抱いています。その証拠に、数々の動画やメディアにて石田ゆり子さん風メイクが紹介されています。

また、若く見えるルックスだけでなく、ほんわかとした内面が好きという声も。現在の石田ゆり子さんはドラマだけでなくバラエティ番組にも出演し、女優モードの時には見られない一面も披露しています。

2016年からはバラエティ番組『天海祐希・石田ゆり子のスナックあけぼの橋』が不定期で放送されていて、天海祐希さんがママを、石田ゆり子さんがチイママを務め、ゲストと共にトークを繰り広げています。

同番組はチイママの石田ゆり子さんが手料理を振る舞ったり、カラオケを熱唱したりするのが見どころの一つで、”ポンコツ”と称されている石田ゆり子さんのチイママ姿が可愛すぎると話題に。現在の石田ゆり子さんが可愛いと人気を集めているのは、実年齢より若く見える見た目だけでなく、可愛らしいキャラクターも大きく関係しているのです。

石田ゆり子の若い頃はがっしりしてる?

若い頃から可愛いと評判の石田ゆり子さんですが、”若い頃は体型ががっしりしていた”という意見もあるようです。現在の石田ゆり子さんは決してがっしり体型ではありませんが、若い頃は本当にがっしり体型だったのでしょうか?噂の真相を調査しました。

若い頃はがっしりスタイルとの噂

先ほどご紹介したテニスウエアを着用している20歳の頃の石田ゆり子さんは、決してがっしりしていません。調査したところ、がっしりしていると言われているのは、デビュー当時の石田ゆり子さんのことのようです。デビュー当時の石田ゆり子さんの年齢は16歳です。

高校生の頃は女性の体型が変わりやすい時期ですので、デビュー当時の石田ゆり子さんが現在よりがっしりしていても、何ら不思議ではないでしょう。しかし、若い頃の石田ゆり子さんががっしり体型だったのは、もう一つの理由がありました。

若い頃のがっしりスタイルの理由は水泳

若い頃の石田ゆり子さんががっしり体型だったのは、9歳の頃から続けていた水泳が深く関係しているようです。石田ゆり子さんは水泳が大の得意で、小学生の時には平泳ぎでジュニアオリンピックに出場し、第8位を獲得。

家族で台湾の台北市に住んでいた中学生の頃は、妹の石田ひかりさんと共に台湾のナショナルチームに所属していました。日本に帰国後も水泳を続けていた石田ゆり子さんでしたが、芸能界入りを機に水泳から離れたそうです。

水泳は肩に筋肉が付くスポーツで、たくさん泳ぎ続けると肩幅が広くなることで知られています。石田ゆり子さんは9歳から16歳まで水泳を続けていたので、若い頃は特に上半身ががっしりとしていたのです。

若い頃のがっしりスタイルを画像で検証

がっしり体型と言われている石田ゆり子さんの姿を見るのであれば、デビュー当時の画像が一番です。そこで、デビュー当時の石田ゆり子さんの画像をご紹介します。こちらの画像は、デビュー直後の1997年に写真週刊誌『FLASH』に掲載された、初々しい石田ゆり子さんの姿です。

全身の体型を隠すかのようなワンピースを着用されていますので、石田ゆり子さんの体型を確認することは難しいかもしれません。しかし上半身に注目してみると、二の腕あたりががっしりしていることは明らかです。

また、肩の付近にボリュームがある洋服をチョイスしていることから、肩幅の広さを隠したい意図も感じられるのではないでしょうか?現在の石田ゆり子さんは肩にボリュームのある洋服を着用する機会が激減しているので、年を重ねるごとに水泳で培われた筋肉が落ちていったのでしょう。

石田ゆり子の見た目年齢が変わらない真相

石田ゆり子さんの若い頃の画像やがっしり体型だった理由を押さえたところで、続いては石田ゆり子さんが若さを保っている秘訣に迫っていきましょう。”奇跡の50歳”と称されるほど、現在の石田ゆり子さんは実年齢より若く見えると評判です。石田ゆり子さんが若さを保っている理由を大調査しました。

若い頃と現在の見た目年齢が変わらない?

年を重ねた現在の方が可愛いと評判の石田ゆり子さんですが、その一方で”若い頃と現在の見た目が変わっていない”と話題になることもあります。実際に若い頃と現在の姿を比較してみると、若干の変化はあるものの若い頃の見た目と大きく変わっていないことは一目瞭然です。

石田ゆり子さんが同年代の女性より圧倒的に若く見えるのは、出産を経験していないことも大きいと考えられていますが、食事や運動にもこだわりがあるそうです。そこで、石田ゆり子さんが若さを保っている秘訣をそれぞれご紹介します。

年齢を感じさせない美の秘訣【食事法】

石田ゆり子さんは、ビタミン・ミネラル・食物繊維が豊富に含まれている「玄米」、良質なたんぱく質が接種できる「納豆」、最強のスーパーフードとの呼び声が高い「卵」、カルシウムが牛乳以上に含まれている「小松菜」を毎日必ず食事に取り入れているそうです。

また、成分無調整の豆乳に必須アミノ酸配合の大豆たんぱく質パウダーを入れた「豆乳シェイク」を、朝と夜に必ず飲んでいるのだとか。Instagramに豆乳シェイクの画像をアップした際、石田ゆり子さんは”健康と美のためにたんぱく質は大切”と記しています。

年齢を感じさせない美の秘訣【運動】

若さを保ち続けている石田ゆり子さんは、10年以上「ピラティス」を続けているそうです。ピラティスとは背骨や骨盤の動きに焦点を当て、体幹の筋肉を整えるエクササイズのこと。

Instagramにピラティス中の写真をアップした際、石田ゆり子さんは”年齢や性別にこだわらず、全ての人にピラティスをおすすめします。”といった主旨のコメントをされています。また、楽屋では空き時間を使って逆立ちトレーニングをすることもあるそうです。

Thumb石田ゆり子のメイク方法!愛用コスメはプチプラ?
ドラマ「逃げ恥」での可愛い姿が話題になった石田ゆり子さん。そんな石田ゆり子さんのアイメイクや...

石田ゆり子の若い頃の経歴

石田ゆり子さんは、2016年に放送されたドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』に出演し、未婚のアラフィフ女性を演じたことで再ブレイクを果たしました。そのため、石田ゆり子さんの若い頃の経歴を知らないファンも多い模様です。

高校1年生の時にデビューし芸歴が30年を越える石田ゆり子さんは、どんな経歴の持ち主なのでしょうか?デビュー秘話や下積み時代など、石田ゆり子さんの若い頃の経歴をご紹介します。

若い頃の経歴①高校1年生の時にスカウト

台湾から帰国後、東京都の高校に進学した石田ゆり子さんは、自由が丘にある亀屋万年堂という和菓子屋の前でスカウトを受け、ボックスコーポレーションという芸能事務所に所属しました。その約1か月後には、妹の石田ひかりさんも自由が丘で同じ人物から偶然スカウトを受け、芸能界入りを決めています。

若い頃の経歴②下積み時代

スカウト後、姉の石田ゆり子さんはモデルとして、妹の石田ひかりさんは女優としてデビューしています。しかし、デビュー後の数年間はモデルとして活躍していた石田ゆり子さんですが、決して売れっ子モデルというわけではなく、少し苦労をしていたようです。

その後、先述したように1988年のドラマ『海の群星』で女優デビューを果たした石田ゆり子さんは、年に数本ように1988年のドラマ『海の群星』で女優デビューを果たした石田ゆり子さんは、年に数本のドラマに出演し下積み時代を送りました。

全日空の沖縄キャンペーンガールとしての活動

高校1年生だった1985年にモデルデビューを果たした石田ゆり子さんは、1987年に全日空の沖縄キャンペーンガールに選出されています。「全日空スカイホリデー SPORTS RESORT 沖縄」をはじめとしたテレビCMに出演したほか、ポスターのモデルも務め、若さ溢れる水着姿を披露しました。

若い頃の経歴③ドラマ『彼女の嫌いな彼女』初主演

女優デビュー後、下積み時代を送っていた石田ゆり子さんは、1993年4月から6月にかけて放送されたドラマ『彼女の嫌いな彼女』で初主演を務め、知名度を上昇させました。本作品には、石田ゆり子さんのほかに原田美枝子さんや原田龍二さん、布施博さんらが出演しています。

その後はドラマや映画に引っ張りだこの女優に

ドラマ『彼女の嫌いな彼女』で主演を務めるまでは端役が多かった石田ゆり子さんですが、それ以降は1994年から1996年にかけてはドラマ『美味しんぼシリーズ』でヒロイン役を演じるなど、数々のドラマや映画に引っ張りだこの女優に成りました。

Thumb石田ゆり子出演ドラマ一覧!衣装や役などもおさらい
石田ゆり子さんはこれまでに数々のドラマに出演しています。そんな石田ゆり子さんのドラマを一覧で...

石田ゆり子の若い頃は水泳でがっしり体型

今回は”奇跡のアラフィフ”と称されている石田ゆり子さんにスポットを当て、若い頃の画像や経歴、がっしり体型の理由などをご紹介しました。幼い頃から続けていた水泳が理由で、若い頃はがっしり体型だった石田ゆり子さんですが、現在は食事や運動で若さを保ち続けています。年を重ねるごとに美しさが増していく石田ゆり子さんから目が離せません。

関連するまとめ

Missing
この記事のライター

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ