石川さゆりの年齢や本名は?出身や生い立ちなどプロフィールまとめ

演歌歌手の石川さゆりさんの年齢が気になっている人が多いようです。また、石川さゆりさんの本名についても話題になっているとのこと。石川さゆりさんの出身や生い立ち、経歴などについても調査しました。石川さゆりさんの年齢や本名、出身や生い立ち、経歴について紹介します。

石川さゆりの年齢や本名は?出身や生い立ちなどプロフィールまとめのイメージ

目次

  1. 1石川さゆりのプロフィール
  2. 2石川さゆりの年齢や本名は?
  3. 3石川さゆりの出身や生い立ちについて
  4. 4石川さゆりのこれまでの歌手経歴や受賞歴
  5. 5石川さゆりのアイドル歌手時代
  6. 6石川さゆりは2021年で年齢63歳の本名も美しい歌姫

石川さゆりのプロフィール

・愛称:???
・本名:後述します
・生年月日:後述します
・年齢:後述します
・出身地:熊本県飽託郡飽田村
・血液型:A型
・身長:155cm
・体重:???
・活動内容:アイドル、演歌歌手、女優
・所属グループ:なし
・事務所:さゆり音楽舎
・家族構成:元旦那(馬場憲治)、長女

石川さゆりの経歴

石川さゆりさんは子供の頃から歌のレッスンを受け、中学生時代にホリプロにスカウトされたのだそうです。デビュー当初はアイドル歌手として活動していた石川さゆりさんですが、途中で演歌歌手に転向。1977年に「津軽海峡・冬景色」で大ブレイクしました。

その後も「波止場しぐれ」や「天城越え」などがヒットし、石川さゆりさんは日本を代表する演歌歌手の1人になります。また、石川さゆりさんは女優としても活躍。2020年に放送された大河ドラマ「麒麟がくる」では、主人公の明智光秀の母・牧を演じていました。

石川さゆりと言えば「天城越え」

石川さゆりさんといえば、代表曲の1つである「天城越え」を思い出す人も多いでしょう。「天城越え」は1986年にリリースされた曲で、2008年にはイチローさんが大リーグでの打席曲に使用したことでも話題になりました。石川さゆりさんはその後、イチローさんからマリナーズの試合に招待されています。

「天城越え」誕生のエピソードに注目が

石川さゆりさんのヒット曲「天城越え」は、その誕生エピソードも話題になったようです。「天城越え」は、「石川さゆりにしか歌えない難易度の高い曲」として作られたのだとか。作詞・作曲・編曲を担当した吉岡治さんと弦哲也さん、桜庭伸幸さんの3人が伊豆の温泉旅館・白壁荘に宿泊し、制作したものだそうです。

石川さゆりの年齢や本名は?

石川さゆりさんの年齢や本名についても見ていきましょう。石川さゆりさんの年齢や本名は公表されているのでしょうか?石川さゆりさんの年齢や本名について調べてみました。

2021年の誕生日で年齢63歳の石川さゆり

まずは石川さゆりさんの年齢を見ていきましょう。石川さゆりさんの生年月日は1958年1月30日と公表されています。ですので、2021年の誕生日で年齢は63歳となるようです。石川さゆりさんの誕生日は1月30日でしたので、2021年5月現在、年齢は63歳となられています。

石川さゆりは実年齢より若く見える?

石川さゆりさんは実際の年齢である63歳よりも若く見えると言われているようです。石川さゆりさんは63歳とは思えないほどに肌が綺麗で、そのために実際の年齢よりもかなり若く見られているとのこと。還暦を超えた現在も、若い頃と変わらない美貌を保っているようです。

石川さゆりと同じ年齢(1958年生まれ)の芸能人

石川さゆりさんと同じ年齢の芸能人についても見ていきましょう。石川さゆりさんと同じ1958年生まれの芸能人にはどのような人がいるのでしょうか?石川さゆりさんと同じ年齢の芸能人について調べてみました。

同じ年齢(1958年生まれ)の芸能人①岩崎宏美

石川さゆりさんと同じ年齢の芸能人としては、歌手の岩崎宏美さんもいるようです。岩崎宏美さんは1958年11月12日が誕生日とのこと。1975年に「二重唱 (デュエット)」でデビューした岩崎宏美さんは、石川さゆりさんと同じように歌唱力の優れた歌手として知られています。

同じ年齢(1958年生まれ)の芸能人②森昌子

石川さゆりさんと同じ年齢の芸能人としては、歌手の森昌子さんもあげられるでしょう。森昌子さんの生年月日は1958年10月13日とのこと。森昌子さんは石川さゆりさんと同じホリプロから1971年にデビューしました。年齢は同じですが、芸歴としては森昌子さんのほうが石川さゆりさんよりも2年先輩ということになるようです。

同じ年齢(1958年生まれ)の芸能人③樋口可南子

石川さゆりさんと同じ年齢の芸能人には、女優の樋口可南子さんもいます。樋口可南子さんの生年月日は1958年12月13日とのこと。樋口可南子さんはテレビドラマ「こおろぎ橋」で主演デビューして以来、数々の作品で女優として活躍してきました。樋口可南子さんの旦那はコピーライターの糸井重里さんです。

石川さゆりの本名は?

石川さゆりさんの本名についても見ていきましょう。「石川さゆり」というのは本名ではなく芸名なのだそうです。ただ、苗字は本名なのだとか。石川さゆりさんの本名はどのような名前なのでしょうか?

石川さゆりの本名は「石川絹代」

石川さゆりさんの本名について調べてみたところ、「石川絹代(いしかわきぬよ)」であることが分かりました。この本名の「絹代」という名前は、石川さゆりさんの祖父が名付けてくれたものなのだそうです。

本名「絹代」を芸名「さゆり」にした経緯は?

石川さゆりさんが本名の「石川絹代」から芸名に変えた経緯についても調べてみました。実はこの「石川さゆり」という芸名は自分で付けたものではなく、吉永小百合さんの旦那が付けてくれたものなのだとか。吉永小百合さんの旦那は、共同テレビの社長や会長などを歴任した岡田太郎さんです。

石川さゆりの出身や生い立ちについて

石川さゆりさんの出身や生い立ちについても見ていきましょう。石川さゆりさんの出身地はどこなのでしょうか?また、どのような生い立ちを辿ってきたのでしょう?石川さゆりさんの出身や生い立ちについて調べてみました。

石川さゆりの出身地は「熊本県熊本市南区」

まずは石川さゆりさんの出身地について見ていきましょう。石川さゆりさんの出身地は、熊本県熊本市南区と公表されています。熊本県熊本市は熊本県の県庁所在地で、南区は熊本市を構成する行政区の1つとのこと。熊本市南区の観光地としては、新開大神宮や大慈禅寺、塚原古墳群などがあります。

旧「飽託郡飽田村」としても知られる出身地

現在は熊本県熊本市南区となっている地域の中で、石川さゆりさんの出身地は、旧「飽託郡飽田村」として知られています。この地域は何度も合併を繰り返してきた少し複雑な地域で、「飽託郡飽田村」は1955年に5つの村が合併して誕生。その後、1971年に飽田町となり、1991年に熊本市に編入され、飽田町は消滅しました。

石川さゆりの生い立ち

石川さゆりさんの生い立ちについても詳しく見ていきましょう。石川さゆりさんは誕生からこれまで、どのような生い立ちを辿ってきたのでしょうか?石川さゆりさんの生い立ちについて調べてみました。

生い立ち①小学生時代から歌のレッスン

石川さゆりさんの生い立ちとしては、小学生の頃から歌のレッスンを受けていたというものがありました。石川さゆりさんは中学生になると牛乳配達のアルバイトを始め、歌のレッスンの費用を自分で払っていたのだとか。当時の歌のレッスンの月謝は月5000円だったそうです。

生い立ち②島倉千代子への憧れ

石川さゆりさんが歌手をめざそうと考えたのは、小学校1年生の時に島倉千代子さんの歌謡ショーを見て感動したことがきっかけだったそうです。島倉千代子さんは2013年に亡くなられていますが、その際には石川さゆりさんが弔辞を読んでいます。

生い立ち③「ちびっ子歌謡大会」合格し芸能界デビュー

石川さゆりさんが芸能界デビューするきっかけとなったのが、フジテレビ系列で放送されていた「ちびっ子歌謡大会」に出場したことだったそうです。実は石川さゆりさんの友人が出場できなくなったため、急遽代わりに出演したのだとか。そして石川さゆりさんは見事に合格を果たし、ホリプロからスカウトされて芸能界デビューしました。

石川さゆりの学歴

石川さゆりさんの学歴についても見ていきましょう。石川さゆりさんの最終学歴は判明しているのでしょうか?また、出身の学校についても気になるところです。石川さゆりさんの出身校などの学歴について調べてみました。

石川さゆりの最終学歴は高卒

まずは石川さゆりさんの最終学歴について見ていきましょう。石川さゆりさんは中学校を卒業後、高校は卒業しているようです。ただ、高校卒業後、大学には進学していないとのこと。そのため、石川さゆりさんの最終学歴は高校卒業ということになるようです。

学歴:出身高校は「堀越高校」

石川さゆりさんの出身高校についても見ていきましょう。石川さゆりさんの出身高校は芸能人御用達として知られる堀越高校だそうです。石川さゆりさんは高校生時代にはアイドル歌手として活躍していましたので、芸能活動ができる堀越高校を選んだのでしょう。

学歴:出身中学校は「横浜市立城郷中学校」

石川さゆりさんの出身中学校についても見ていきましょう。石川さゆりさんの出身中学校は横浜市立城郷中学校とのこと。横浜市立城郷中学校は横浜市港北区小机町にある公立の中学校です。この中学校は住宅街にある丘の上に校舎があり、正門まで続く坂は「地獄坂」と呼ばれています。

学歴:出身幼稚園や小学校も調査

石川さゆりさんの出身幼稚園や小学校についても見ていきましょう。石川さゆりさんは年齢が10歳の時までは熊本県熊本市南区に住んでいたそうです。そのため、出身幼稚園は熊本市内の可能性が高いでしょう。出身小学校については、神奈川県横浜市内の公立の小学校を卒業していると見られています。

石川さゆりのこれまでの歌手経歴や受賞歴

石川さゆりさんのこれまでの歌手経歴や受賞歴についても見ていきましょう。石川さゆりさんの歌手経歴はどのようなものなのでしょうか?また、受賞歴はどのようになっているのでしょう?石川さゆりさんの歌手経歴や受賞歴について調べてみました。

歌手経歴:「かくれんぼ」で歌手デビュー

中学3年生の時にホリプロにスカウトされた石川さゆりさんは、1973年に「かくれんぼ」で歌手としてデビューしました。当時は演歌歌手ではなく、アイドル歌手としてのデビューだったとのこと。石川さゆりさんは「コロムビア・プリンセス」のキャッチフレーズで、ホリプロの期待の星として大々的に売り出されていたようです。

歌手経歴:「津軽海峡・冬景色」が大ヒット

アイドル歌手としてデビューした石川さゆりさんですが、人気が今1つだったということもあり、高校3年生の時に演歌歌手に転向します。そして、1976年にリリースされたアルバム「365日恋もよう」からシングルカットされた「津軽海峡・冬景色」が大ヒットし、石川さゆりさんは演歌歌手としてブレイクを果たしました。

歌手経歴:第28回NHK紅白歌合戦に初出場

現在の石川さゆりさんはNHKの紅白歌合戦の常連歌手ですが、初出場したのは1977年の「第28回NHK紅白歌合戦」でした。石川さゆりさんは「津軽海峡・冬景色」の大ヒットがきっかけとなり、念願の紅白歌合戦初出場を果たします。当時の演歌歌手にとって、紅白歌合戦への出場は悲願だったと言われています。

石川さゆりの歌手としての受賞歴

石川さゆりさんの歌手としての受賞経歴についても見ていきましょう。石川さゆりさんはこれまでに数多くの賞を受賞してきた経歴があるようです。石川さゆりさんが初めて受賞した賞は「第19回日本レコード大賞」歌唱賞でした。他にも、「FNS歌謡祭」グランプリなど数々の賞を受賞。

1985年と1989年に、石川さゆりさんは日本レコード大賞の最優秀歌唱賞を受賞しています。また、1986年には日本レコード大賞の金賞も受賞しました。さらに、2018年には芸術選奨文部科学大臣賞を受賞、2019年には紫綬褒章を受章しています。

石川さゆりのアイドル歌手時代

石川さゆりさんのアイドル歌手時代についても見ていきましょう。アイドル歌手時代の石川さゆりさんにはどのようなエピソードがあるのでしょうか?石川さゆりさんのアイドル歌手時代について調べてみました。

アイドル時代はほくろがあった?

アイドル歌手時代の石川さゆりさんについて調べてみると、アイドル歌手時代にはほくろがあったことが分かりました。石川さゆりさんは左の顎の下の部分に少し大きなほくろがあり、それがトレードマークとなっていたようです。石川さゆりさんのほくろは、「色っぽさが際立つ」と男性ファンたちに好評でした。

現在はほくろ除去で更に若返り?

現在の石川さゆりさんには、ほくろを除去したのではないかという噂もあるようです。また、「ほくろを除去して若返った」という声もネット上にはありました。ただ、調べてみたところ、石川さゆりさんはほくろを除去していないようです。メイクで塗りつぶして見えなくなっていただけで、現在もほくろはあるようでした。

ホリプロ3人娘としても注目が

石川さゆりさんはアイドル歌手としてデビューした当初、「ホリプロ3人娘」として売り出されていたようです。「ホリプロ3人娘」は石川さゆりさんの他、山口百恵さん、森昌子さんとのこと。ただ、「ホリプロ3人娘」の中で、石川さゆりさんだけが売れなかったのだそうです。

「花の中三トリオ」ブレイクで石川さゆりは影で苦労?

「ホリプロ3人娘」の中で石川さゆりさんだけが売れなかった理由としては、「花の中三トリオ」に注目が集まってしまったということもあったようです。

「花の中三トリオ」は、当時中学3年生だった山口百恵さん、森昌子さん、桜田淳子さんの呼称ですが、学年が上がっていくにつれ、「花の高一トリオ」、「花の高二トリオ」「花の高三トリオ」と呼称を変えていったことも話題となりました。桜田淳子さんは所属事務所が異なっており、事務所の枠を超えたトリオだったようです。

石川さゆりは2021年で年齢63歳の本名も美しい歌姫

石川さゆりさんの年齢や出身、生い立ちなどについて紹介してきました。石川さゆりさんの年齢は2021年5月現在63歳とのこと。本名は「石川絹代」だったことも判明しました。石川さゆりさんは年齢が63歳となられた現在も若々しく歌唱力も健在で、歌姫として活躍中です。今後の石川さゆりさんの活動にも注目していきましょう!

関連するまとめ

Missing
この記事のライター
春日つぼね

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ