一色龍次郎(劇団四季)の現在の容体は?死亡説も!経緯や経歴は?

劇団四季のメンバーとして長年活躍してきた一色龍次郎。実は2018年に劇団内のパワハラが原因で自殺未遂を図ったと週刊誌によって報じられています。一色龍次郎の現在の容体はどうなのでしょうか?浮上している噂と共に現在について詳しく見て行きましょう。

一色龍次郎(劇団四季)の現在の容体は?死亡説も!経緯や経歴は?のイメージ

目次

  1. 1一色龍次郎(劇団四季)のプロフィール
  2. 2一色龍次郎の現在の容体は?
  3. 3一色龍次郎の自殺未遂までの経緯
  4. 4一色龍次郎の詳しい経歴
  5. 5一色龍次郎の容体は深刻で俳優再起は難しい状態

一色龍次郎(劇団四季)のプロフィール

・愛称:???
・本名:一色元朝
・生年月日:1990年9月20日
・年齢:28歳(2019年4月現在)
・出身地:愛媛県東予市
・血液型:A型
・身長:???
・体重:???
・活動内容:ミュージカル俳優
・所属グループ:劇団四季
・事務所:劇団四季
・家族構成:???
・代表作品:「キャッツ」

一色龍次郎の経歴

まずは一色龍次郎の簡単な経歴から見て行きましょう。一色龍次郎はミュージカル俳優なので劇場によく行くという人でなければあまり知られていないようですが、劇団四季のメンバーとして長年活躍してきたミュージカル俳優の1人です。

一色龍次郎がミュージカル俳優を志すきっかけとなったのは、中学生時代から始めたバレエとされています。バレエを習っている際に表現力が身につき、その後ミュージカル俳優を志すようになり2010年に研究生として劇団四季に入団し2011年に正式に入所が決定しています。

一色龍次郎の家族や結婚について

一色龍次郎の2019年現在の年齢は28歳ですが、結婚しているのでしょうか?一色龍次郎の家族や結婚について調べてみましたが、残念ながら有力な情報は見つける事が出来ませんでした。いくら俳優とは言え、舞台で活躍しているミュージカル俳優なので他の芸能人のように詳しい情報は出回っていないようです。

一色龍次郎の身長は?

プロフィールには一色龍次郎の身長を記載していませんが、一色龍次郎の身長はどれくらいあるのでしょうか?調べてみると、一色龍次郎の正確な身長については分かっていないものの他のキャストと身長を比べた際にあまり身長が高くない事が知られているようで身長は165㎝位と推測されているようです。

一色龍次郎の現在の容体は?

経歴を見てきた所で、ここからは一色龍次郎の現在の容体について詳しく見て行きましょう。一色龍次郎は2018年に飛び降り自殺を図ったと週刊誌によって報じられていますが、その後回復はしているのでしょうか?自殺の原因について見ていく前に、まずは現在の一色龍次郎の容体から見て行きましょう。

一色龍次郎が飛び降り事故

一色龍次郎は208年7月15日の未明に飛び降り自殺を図ったと週刊誌によって報じられています。当日一色龍次郎は劇団四季が公演しているミュージカル「キャッツ」のキャストと飲んでいたそうですが、飲み会終了後にマンションの5階から身を投げてしまっていたようです。

ミュージカル「キャッツ」は劇団四季が公演している人気ミュージカルで、一色龍次郎は2016年1月に北海道四季劇場で上映されたこのミュージカルでミストフェリーズ役でデビューを果たしキャッツ大阪公演では開幕キャストとして抜擢されて同役を長年演じています。

飛び降り事故から脳挫傷に

飛び降り自殺を図った一色龍次郎はその後どうなってしまったのでしょうか?一色龍次郎の飛び降り自殺を報じた週刊誌によると、その後病院に搬送された一色龍次郎は一命をとりとめたものの脳挫傷と言う重傷を負ってしまったと報じられています。

脳挫傷で容体は深刻との声も

一色龍次郎が脳挫傷になってしまった事は分かりましたが、容体はどうなのでしょうか?脳挫傷とは頭部に強い衝撃を受けた事で脳が器質的な損傷を受けた状態を表します。受けた衝撃がどの部分までに到達しているかによって症状などにも違いがあるようですが、一色龍次郎の容体はかなり深刻な状態のようです。

関係者によると、現在の一色龍次郎は目は開くものの俳優としての復帰は極めて難しいとされているそうです。詳しくは語られていないようですが、脳挫傷の代表的な症状からもしかしたら運動麻痺や失語症などの後遺症が現れてしまっているのかも知れません。これは極めて深刻な容体である事は間違いありません。

現在死亡説も浮上

実は現在の一色龍次郎について調べていると死亡説も浮上している事が分かりました。これは脳挫傷によって脳内血腫の合併を含む昏睡状態の重症脳挫傷では致命率が44%しかないとされているからのようです。加えて報道後に一色龍次郎に関してのニュースがあまり出ていない事から死亡説が浮上したのでしょう。

死亡説についての真相はその後の一色龍次郎の報道やニュースがない事から明言は出来ませんが、関係者が容体を明かしている所を見ると噂でしかないように感じます。しかし、俳優としての復帰が難しいとなると今後は退団となってしまう可能性が高いと推測されますが退団の発表はされないように思えます。

一色龍次郎の自殺未遂までの経緯

ここからは一色龍次郎の自殺未遂までの経緯について詳しく見て行きましょう。「キャッツ」のメンバーに抜擢されるなど劇団内でも注目を集めていた一色龍次郎は、一体なぜ自殺未遂を図ってしまったのでしょうか?調べてみると、一色龍次郎の自殺未遂を報じた週刊誌によってパワハラが原因と明かされていました。

劇団四季の加藤敬二のパワハラ

一色龍次郎の自殺未遂を報じた週刊誌によると、一色龍次郎は同じく劇団四季に所属していた加藤敬二のパワハラが原因で自殺未遂を図ったと報じています。2018年5月に行われた「キャッツ」の大阪公演にも一色龍次郎は出演していましたが、最終日の一色龍次郎の演技を加藤敬二が酷評していたようです。

加藤敬二は構成や演出、振付などを担当しているだけに、加藤敬二に演技を酷評されてしまうとその後の活動にも影響が出てしまうようです。大阪公演最終日以降、加藤敬二は一色龍次郎に対して無視をしたり大勢の前で罵倒するなどパワハラを繰り返していたようです。

加藤敬二のパワハラに対しての反応は?

加藤敬二のパワハラに対して、一色龍次郎はどのような反応をしていたのでしょうか?加藤敬二のパワハラに耐えかねた一色龍次郎は、その後劇団四季の女性職員に加藤敬二のパワハラについて相談していたようです。しかし状況は何も変わらず、ついに7月15日に自殺未遂へと至ってしまったようです。

「キャッツ」出演者たちと飲み会

ここからは一色龍次郎の自殺未遂を図った当日について詳しく見て行きましょう。2018年7月15日、一色龍次郎は「キャッツ」の共演者たちと飲み会を行っていたようです。飲み会での一色龍次郎は普段通りだったようで、楽しく飲んだ後に解散しています。

飲み会終了後に突然マンション5階から飛び降りる

飲み会が終了して共演者と解散した一色龍次郎は、その後突然マンションの5階から柵を乗り越えて飛び降りてしまいます。そしてその後脳挫傷である事が明かされ、現在は死亡説まで浮上してしまう事態となっています。

劇団四季創設メンバーの浅利慶太死亡との関係性とは

2018年7月15日に自殺未遂を図った一色龍次郎ですが、実はこの2日前には劇団四季の創設メンバーっである浅利慶太の訃報が世間に報じられていました。浅利慶太の死亡と一色龍次郎の自殺未遂には何か関係があるのでしょうか?これについては因果関係はないものと見られているようです。

劇団四季のコメントは?

一色龍次郎がパワハラを受けて自殺未遂を図った事が分かりましたが、劇団四季からはコメントを出しているのでしょうか?劇団四季はその後「不適切な指導があった」とパワハラを認めていますが、プライバシーに関する内容もあるのであまり詳しくは答えていないようです。

また、加藤敬二についてはパワハラ問題を受けて劇団四季を退団しているようです。これまで構成や演出などを手掛けていましたが、それらの役職についても退団の際に全て辞任しているようです。加藤敬二も退団しているとなると、今後一色龍次郎が復帰しない限り詳しくは明かされないように思えます。

一色龍次郎の詳しい経歴

一色龍次郎は加藤敬二のパワハラによって自殺未遂を図り、加藤敬二はパワハラ問題の発覚で既に劇団四季を退団している事が分かりました。ここからは一色龍次郎の詳しい経歴を見て行きましょう。冒頭の経歴ではご紹介していませんが、一色龍次郎はこれまでにかなり劇団四季に貢献してきた俳優のようです。

中学時代からクラシックバレエを習う

まずは一色龍次郎の中学生時代から振り返ってみましょう。最初にご紹介した経歴でも触れていますが、一色龍次郎は中学生時代からクラシックバレエを習っていた事が報告されています。どうやらクラシックバレエを習った事で表現する事に魅力を覚え、その後劇団四季を志す事になっていたようです。

ダンスオブハーツを経て2011年に劇団四季入所

一色龍次郎はダンスオブハーツを経て2010年に劇団四季の研究生となり、2011年に正式に劇団四季に入所が決定しています。

初舞台は2011年5月

劇団四季に入所した一色龍次郎は、2011年5月に初舞台を踏んでいます。初舞台は自由劇場で上演されたジーザス・クライスト・スーパースターの大八車・人力車役だったそうです。

その後は舞台「アンデルセン」に出演

初舞台後には、「アンデルセン」のアンサンブル1枠で一色龍次郎は出演を重ねていたようです。

2011年と2012年に舞台「夢から醒めた夢」出演

2011年には「夢から醒めた夢」のアンサンブル4枠、2012年には同ミュージカルアンサンブル2枠に一色龍次郎が出演していた記録が残っています。

2014年と2015年に舞台「美女と野獣」出演

2014年には「美女と野獣」のアンサンブル10枠、2015年には同ミュージカルのアンサンブル5枠に一色龍次郎が出演しています。

2016年1月に「キャッツ」ミストフェリーズ役に抜擢

そして一色龍次郎の代表作品である「キャッツ」について見て行きましょう。このミュージカルには2012年からはカーバケッティ役で出演しており、2013年からはコリコパット役として出演、そして2016年1月からはミストフェリーズ役に抜擢されて出演し一色龍次郎は注目を集めていました。

一色龍次郎の容体は深刻で俳優再起は難しい状態

劇団四季の一色龍次郎について詳しく見て来ましたが、現在の容体は深刻でこのまま退団となってしまう可能性が高いように思えます。パワハラが原因で自殺未遂を図ってしまったようですが、加藤敬二も退団してしまっているのでこの問題はこれ以降報じられない事でしょう。一色龍次郎の回復を祈るばかりです。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ