伊藤みどりの現在!現役時代の伝説や成績は?マツコも伊藤みどり好き?

女子フィギュアスケート界に革命を起こしたとされる天才・伊藤みどりさんは現在どうされているのでしょうか?マツコ・デラックスさんも好きと公言する伊藤みどりさんの数々の伝説について調査しました。また、伊藤みどりさんの結婚についても併せて紹介します。

伊藤みどりの現在!現役時代の伝説や成績は?マツコも伊藤みどり好き?のイメージ

目次

  1. 1伊藤みどりさんのプロフィール
  2. 2伊藤みどりさんの現在について
  3. 3伊藤みどりさんの伝説とは
  4. 4伊藤みどりさんが残した成績
  5. 5マツコさんも伊藤みどりさんのファン?
  6. 6伝説の伊藤みどりさんは現在もスケートに携わっている

伊藤みどりさんのプロフィール

・愛称:???
・本名:伊藤みどり
・生年月日:1969年8月13日
・年齢:49歳(2019年4月現在)
・出身地:愛知県名古屋市
・血液型:???
・身長:145cm
・体重:???
・活動内容:元フィギュアスケート選手
・所属グループ:なし
・事務所:???
・家族構成:夫、元夫(八巻大)

伊藤みどりさんの経歴

伊藤みどりさんがスケートを始めたのは3歳の頃だったそうです。5歳の時にはその天性の才能を見ぬかれ、山田真知子コーチに師事するようになります。山田真知子コーチは、伊藤みどりさんのジャンプの才能がずば抜けていたと語っておられるようです。

伊藤みどりさんは幼稚園の頃から小学生のスケート教室に年齢をごまかして参加するなど、幼少期からその天才ぶりを発揮していたそうです。

伊藤みどりさんは中学生にして全日本選手権で優勝を飾るなどし、「天才スケーター現る」と報じられました。13歳の時にはサラエボオリンピックを目指しますが、年齢制限のために出場が危ぶまれていました。

ところが、特例で「オリンピック開催年に世界ジュニア選手権で3位以内に入る」ことが条件にされ、伊藤みどりさんは見事にこれを達成します。しかし、その後の不調などが響いて、伊藤みどりさんのサラエボオリンピック出場は見送られました。

その後、伊藤みどりさんはアルベールビルオリンピックでは銀メダルを獲得するなど、数々の伝説を残し、1992年4月25日に現役からの引退を発表します。

現役引退後の伊藤みどりさんはプロスケーターに転向し、国内のアイスショーで活躍します。1998年2月7日に行われた長野オリンピック開会式では、雅な衣装を身に纏い、聖火をともす役をつとめたことも話題になりました。

500回以上の治療を受けている

天才スケーターと呼ばれ、トリプルアクセルも含む3回転ジャンプを習得するなど、数々の伝説を残してきた伊藤みどりさんでしたが、その現役生活はまさに怪我との戦いだったようです。医療機関で治療を受けた回数は500回を超えているのだとか。

伊藤みどりさんといえば、ジャンプが代名詞でもありますが、その中でもトリプルアクセルは着氷時、右足に200kgもの負荷がかかってしまうのだそうです。

伊藤みどりさんは現役時代、2度の骨折やアキレス腱の炎症、さらには打ち身や腰痛など、さまざまな症状に悩まされ、そのたびに治療を受けていました。

主治医は名古屋にいたそうですが、診察回数は500回を超えていたのだとか。伊藤みどりさんに憧れてトリプルアクセルが代名詞となった浅田真央さんも、現役時代は常に怪我に悩まされてきたことでも知られています。

伊藤みどりさんの現在について

伝説のフィギュアスケーターとしてその名を馳せた伊藤みどりさんですが、現在はどうされているのでしょうか?伊藤みどりさんは現在、結婚をされているのでしょうか?伊藤みどりさんの現在について調べてみました。

伊藤みどりさんの現在の姿

伊藤みどりさんの現在の画像を探してみました。こちらが伊藤みどりさんの現在の画像になります。天才少女と言われた時代から比べると、とても綺麗になったという印象があるようです。

現在の年齢は49歳ということですが、その見た目は実際の年齢よりもかなり若く見えるようです。現役時代は少しふっくらとしていたのが特徴でしたが、現在はスリムになられたような印象も受けます。

伊藤みどりさんはフィギュアスケートの解説をしておられないということもあり、その姿を見ることができるのは、アイスショーかテレビ番組に出演されたときだけになります。

伊藤みどりさんがフィギュアスケートの解説をしないのは、「しないのではなくできないから」とある番組で語っておられました。フィギュアスケートでは数多くの伝説を残し、天才とも言われた伊藤みどりさんですが、解説は苦手としているようです。

2回の結婚と1回の離婚を経験

伊藤みどりさんの結婚についても調べてみました。伊藤みどりさんはこれまでに2度の結婚と1度の離婚を経験されているようです。1度目の結婚相手は、元劇団四季の俳優・八巻大さんで、2004年に結婚しますが、2006年に離婚されたようです。

2度目の結婚は2009年のことで、この時の結婚相手は一般男性でした。現在も離婚はされず、この男性と夫婦であることが判明しています。

現在は北九州でスケート教室を営む

そして、現在の伊藤みどりさんですが、北九州市でスケートの指導をしているという情報があるようです。北九州市を拠点としているのは、おそらく結婚した現在の旦那の都合もあるのだろうと考えられます。

伊藤みどりさんがスケート教室を開いているのは、北九州アイススケートセンターだそうです。伊藤みどりさんのスケート教室は、子供が月7000円~、大人が月8000円~とかなり良心的な値段で受講できるようです。

現在の結婚生活で子供は居る?

2度の結婚経験がある伊藤みどりさんですが、子供はいるのでしょうか?調べてみたところ、伊藤みどりさんは初婚の旦那との間にも、そして現在の旦那との間にも子供はいないということが判明しました。

ただ、伊藤みどりさんは現在、北九州市で多くの子供たちにスケートを教える仕事をしているので、生徒たちが子供だともいえるのかもしれません。

伊藤みどりさんの伝説とは

伊藤みどりさんにはさまざまな伝説があると言われています。天才スケーターとして名を馳せた伊藤みどりさんは、どのような伝説を残したのでしょうか?伊藤みどりさんの伝説について調べてみました。

5歳でジャンプの才能を見出される

伊藤みどりさんは5歳の時に近所のスケートリンクで山田真知子コーチにそのジャンプの才能を見いだされたそうです。当時、山田真知子コーチは多くの教え子たちを抱えていましたが、その教え子たちよりも5歳の伊藤みどりさんは上手かったといいます。

伊藤みどりさんは山田真知子コーチの家に下宿し、その天性の才能をさらに開花させるために、日々練習に励んだのだそうです。

「天才少女スケーター」と呼ばれるように

小学生の時には伊藤みどりさんは国内のジュニアの大会などで圧倒的な強さを見せつけ、天才少女の名を欲しいままにしました。

テレビで伊藤みどりさんの出場したフィギュアスケートの大会が放送されると、たちまち天才少女の名は全国へと広がっていきました。小学校5年生の時には、全日本選手権で3位に入賞するという伝説的な結果を残しています。

世界初の3回転アクセル成功

伊藤みどりさんはその演技の芸術性よりも、ジャンプが注目された選手でもありました。特に中学生で5種類の三回転ジャンプを習得したことは、驚くべき偉業だったようです。当時は女子が5種類の3回転ジャンプを飛ぶことは、体力的にも難しいとされていました。

そして、伊藤みどりさんはさらなる伝説を作ります。愛知県フリー選手権で3回転アクセルのジャンプに挑戦し、女子では世界で初めて競技会での成功を収めたのです。

実はこの3回転アクセルのジャンプを成功させるまでには、かなりの苦労があったそうです。伊藤みどりさんが初めて3回転アクセルを跳ぼうと考えたのは、中学1年生の時のことだったそうです。

練習では中学3年生の時に着氷に成功していたそうですが、競技会ではなかなか成功しませんでした。そのうえに3回転アクセルで着氷する右足を骨折してしまったこともあり、一時は3回転アクセルを諦めかけたこともあったそうです。

しかし、男子選手が3回転アクセルを跳ぶのを見て伊藤みどりさんは再び奮起します。そして、見事に競技会での3回転アクセルを成功させました。

伊藤みどりさんの3回転アクセルはかなり高いジャンプが特徴で、余裕を持って飛んでいるのが分かります。今では伊藤みどりさんに憧れてフィギュアスケートを始めた浅田真央さんや紀平梨花さんなどが、競技会で3回転アクセルを成功させるまでになりました。

伊藤みどりさんが残した成績

天才と呼ばれた伊藤みどりさんがフィギュアスケート選手として残した成績についても見ていきましょう。得意の3回転アクセルのジャンプを武器に、伊藤みどりさんはどのような成績を残されたのでしょうか?

1980年:全日本ジュニア選手権で優勝

伊藤みどりさんの名前が多くの人に知られるようになったのは、1980年に全日本ジュニア選手権で優勝をしたときかもしれません。この時の伊藤みどりさんは小学校4年生でした。

そして、続く世界ジュニア選手権には史上最年少の日本代表に選出されます。結果はフリーが1位、総合で8位というものでしたが、天才少女の名が世界に広がるきっかけともなった大会になりました。

全日本選手権で8連覇

伊藤みどりさんが初めて全日本選手権に出場したのは、小学校5年生の時のことでした。伊藤みどりさんは大人の選手達に混じって出場したこの全日本選手権で、見事に3位入賞という結果を残します。

伊藤みどりさんは84-85年のシーズンから91-92年のシーズンまで、全日本選手権を8連覇するという偉業も成し遂げています。

NHK杯でも8年連続で好成績

さらに伊藤みどりさんはグランプリシリーズの大会でもあるNHK杯で、83-84年のシーズンは3位、84-85年のシーズンと85-86年のシーズンには連覇するなど、8年連続で上位3位以内という結果を残しています。

NHK杯は外国人選手にも人気の大会ですので、日本が開催地だといっても、簡単に勝てる大会ではありません。8年連続で3位以内というのは、かなり伝説的な成績といっても良いでしょう。

アルベールビル五輪で銀メダル

さらに伊藤みどりさんの伝説のスケーティングとして語り継がれているのが、1992年に銀メダルを獲得したアルベールビルオリンピックでの演技です。

練習の段階では緊張のためにミスが続いていた伊藤みどりさんですが、本番では持ち前の実力を発揮します。ショートでは4位と出遅れましたが、フリーでは前半の3回転アクセルで転倒したものの、残り1分で3回転アクセルを決め、見事に銀メダルに輝きました。

マツコさんも伊藤みどりさんのファン?

実はタレントのマツコ・デラックスさんも伊藤みどりさんのファンであることを公言しています。伊藤みどりさんはこれまでにマツコ・デラックスさんの番組に出演したり、対談をされたこともあったようです。

番組で伊藤みどりさんを絶賛

伊藤みどりさんはマツコさんの「マツコの知らない世界」に出演されたことがありました。これは2014年のことだったようです。この番組出演時にも、マツコさんは伊藤みどりさんのことを絶賛されていたそうです。

キス&クライをイメージしたスタジオセットの中で、伊藤みどりさんは注目する選手や過去最高の演技、フィギュアスケート界の裏事情などについて語られたそうです。

2012年には伊藤みどりさんはマツコさんの番組「アウトデラックス」にも出演されていました。ここでは伊藤みどりさんがフィギュアスケートの解説をしない理由について語られ、解説は「アウト」とご自分で評価されていました。

マツコさんは伊藤みどりさんのことを、これまでの日本や世界も含めた女子フィギュアスケート選手の中でも、伊藤みどりさんを超える選手はまだ出ていないと断言しておられました。

伊藤みどりさんが好きな理由:フィギュアの概念を覆した

マツコさんが伊藤みどりさんを好きな理由は、それまでの女子フィギュアスケートの概念を変えたところなのだそうです。伊藤みどりさんは当時、男子でも飛ぶことが難しいとされていたトリプルアクセルを成功させるなど、それまでの常識を覆す活躍をしました。

マツコさんがいうには、伊藤みどりさんは女子フィギュア選手の中でもトップクラスではあったけれども、当時の男子のトップ選手とも戦えた選手なのだそうです。

マツコさんは「フィギュアスケートが好きというより、伊藤みどりが好き」というほどに、伊藤みどりさんの大ファンであるそうです。

そして、あまりにも伊藤みどりさんが好きすぎて、金メダルが取れたはずなのに銀メダルで終わってしまったアルベールビルオリンピックの映像を未だに見ることができていないとも語っておられます。

好きな伊藤みどりさんの演技:カルガリーオリンピック

マツコさんが伊藤みどりさんの演技で最も好きなのは、1988年に開催されたカルガリーオリンピックでの演技なのだそうです。このカルガリーオリンピックは、伊藤みどりさんが初めて出場したオリンピックでもありました。

マツコさんは今でもこのカルガリーオリンピックの伊藤みどりさんの演技を、多い時には週に3回は見ているといいます。

伊藤みどりさんは女子フィギュアスケート界にさまざまな革命をもたらした人でもありますが、特にこのカルガリーオリンピックでの演技は、それまで芸術性を重んじできた女子フィギュアスケートが、技術にも重点をおく転換点になったとも言われています。

マツコさんがカルガリーオリンピックでの伊藤みどりさんの演技を何度も見ていることについて、「見ないと前に進めないから」とその理由を話されています。

伝説の伊藤みどりさんは現在もスケートに携わっている

伝説のフィギュアスケート選手・伊藤みどりさんについて紹介してきました。伊藤みどりさんは女子フィギュアスケート選手としては世界で初めてトリプルアクセルを成功させるなど、さまざまな功績を残してこられました。

現在は結婚され、北九州市でスケート教室を開き、後進の育成に当たっているそうです。伊藤みどりさんの今後の活躍にも注目していきましょう!

関連するまとめ

Missing
この記事のライター
春日つぼね

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ