伊藤裕子は病気?バセドウ病の噂の真相!原因や症状なども調査

モデルで女優の伊藤裕子が「バセドウ病」による病気の噂が出ています。伊藤裕子がなぜバセドウ病と噂されるようになったのか、また現在の見た目の変化について紹介します。バセドウ病の症状を解説するとともに、本当に伊藤裕子が病気なのかをチェックしましょう。

伊藤裕子は病気?バセドウ病の噂の真相!原因や症状なども調査のイメージ

目次

  1. 1伊藤裕子のプロフィール
  2. 2伊藤裕子は病気?
  3. 3伊藤裕子のバセドウ病の噂の真相とは
  4. 4伊藤裕子が病気と言われる原因や症状
  5. 5伊藤裕子の顔の変化は整形が原因?
  6. 6伊藤裕子の病気の噂は謎のまま

伊藤裕子のプロフィール

・愛称:ゆうちゃん
・本名:伊藤裕子(いとうゆうこ)
・生年月日:1974年4月18日
・年齢:46歳(2020年7月現在)
・出身地:東京都世田谷区
・血液型:O型
・身長:165cm
・体重:48kg
・活動内容:ファッションモデル、女優、タレント
・所属グループ:なし
・事務所:ホリ・エージェンシー
・家族構成:夫、長女

伊藤裕子の経歴

伊藤裕子は東京都世田谷区出身のファッションモデル、女優です。学生時代は成城学園高等学校、成城大学法学部を卒業しており、部活はグランドホッケー部でした。伊藤裕子は大学在学中に女性雑誌「JJ」のモデルとなり、ファッションモデルとして活動を開始しています。

ファッションモデルとして活動するだけでなく、1997年にはテレビドラマ「ひとつ屋根の下2」に出演。女優デビュー後は様々なドラマに出演しています。そして、伊藤裕子は2006年に映画「FILM FACTORY」で監督も経験。幅広くマルチな活動を行っています。

私生活では2011年11月15日に入籍済みであることと、妊娠6ヶ月であることを発表しました。伊藤裕子によると夫は年齢が数歳年上の会社員とのこと。2012年3月25日に第1子となる女の子が誕生しました。

Thumb伊藤裕子の現在!劣化がすごい?仕事や活動は?若い頃と現在を比較してみた
伊藤裕子さんの現在の姿に迫ります。伊藤裕子さんの現在の姿について「劣化がすごい」と話題になっ...

伊藤裕子は病気?

伊藤裕子はドラマ「科捜研の女」シリーズの城丸準子役や「ひとつ屋根の下2」の倉橋美保役などで有名です。しかし、現在の伊藤裕子は以前のようにテレビ頻繁に出演しておらず、病気に関する噂が出ていました。伊藤裕子の病気説はどういった理由なのか解説します。

伊藤裕子に病気の噂が浮上

伊藤裕子のSNS関係を調査すると、公式ブログは2018年8月18日で更新がストップ、その前の記事も2017年12月6日とかなり期間が空いています。もともと頻繁に更新していなかったようで、現在はInstagramがメインとなっているようです。

同時に伊藤裕子の仕事に関する情報を調査すると、近年活動が激減していることも確認できました。そういったことが原因で伊藤裕子は「病気になったのでは?」という噂も出ていたのです。そして、そんな噂を裏付けるかのような出来事が起きました。

病気説の発端は久しぶりのテレビ出演

伊藤裕子は2017年6月4日放送のテレビ番組「路線バスで寄り道の旅」にゲスト出演しました。伊藤裕子を久々に見る視聴者も多かった中で、その姿が大きな話題を呼んだのです。その姿はまるで病気を患ったような激変であり、視聴者から心配の声があがりました。

番組は徳光和夫と田中律子、そこに毎回1人のゲストが加わって、路線バスを乗り継いで旅をする、という内容になっています。基本的に関東地方がロケ場所で、時には高速バスを利用することもあるのが特徴です。ゆるい進行が他の旅番組との差別化につながっていて、人気のある番組となっています。

『路線バスで寄り道の旅』に出演で心配の声

こちらの写真が伊藤裕子が路線バスで寄り道の旅に出演したときの姿です。全体的に肌がたるんで一気に老け込んだ風に見えるかもしれません。視聴者も「最初誰だか分からなかった」という声が出ており、病気を心配する声が多くあったとのこと。ドラマによく出ていた頃とはかなり雰囲気が違うと言えそうです。

伊藤裕子の現在の年齢は46歳ですが、もっと老けて見えるかもしれません。伊藤裕子がテレビに出演する回数が減っていた原因は出産や子育てだと考えられています。38歳のときに出産して、しばらくお休みをしていたとはいえ、変貌ぶりに視聴者は驚きを隠せなかったのでしょう。

数年での顔の変化が異常レベル?

テレビ出演を休んでいたのはわずか数年。その数年の間にしては伊藤裕子は「変わりすぎ」という声が多いようです。画像に写っている徳光和夫と田中律子のほうが年上なのに、伊藤裕子のほうが年長者に感じてしまうかもしれません。

田中律子のほうが年上であり、昔と変わらないハツラツとした雰囲気を見せています。田中律子は定期的にテレビに出演しているので、伊藤裕子とは状況的には大きく異なるかもしれません。それでも、伊藤裕子の変化ぶりは多くの視聴者に衝撃を与えたと言えるでしょう。

伊藤裕子のバセドウ病の噂の真相とは

伊藤裕子の見た目の変化に対して、ネットなどでは「バセドウ病なのでは?」という噂が出ていました。病気は人間の見た目を大きく変化させることもありますが、伊藤裕子のバセドウ病説はどういったものなのでしょうか?

伊藤裕子の病気はバセドウ病との噂も浮上

たとえば、ガンが原因で見た目が大きく変化することがあります。食欲や筋肉量の低下などで一気にやつれたようになる場合です。このように病気は人間に見た目に大きな影響を与えますが、伊藤裕子の場合はバセドウ病が原因だと噂がありました。

バセドウ病の疑いがある芸能人は、絢香や夏目雅子、増田恵子に岩崎宏美などが挙げられます。また、男性でもYOSHIKIや田中角栄、立川志らくなどもバセドウ病を患ったと推測されているのです

バセドウ病とはどんな病気?

バセドウ病というのは甲状腺が関係する病気です。甲状腺の表面には甲状腺刺激ホルモンの受容体が存在します。バセドウ病はこの受容体に対する自己抗体が生じて、過剰に刺激してしまうことで甲状腺刺激ホルモンが異常分泌される病気なのです。

甲状腺刺激ホルモンは人間の新陳代謝を高めるものですが、代謝が必要以上に活発になってしまうと心身に様々な影響を及ぼします。バセドウ病が引き起こされてしまう根本的な原因はハッキリとしておらず、ストレスや過労などが可能性としてあるとのことでした。

バセドウ病の発症年齢は20代から30代、そして比較的女性に起きやすいとのこと。伊藤裕子がバセドウ病であるとは決まっていませんが、妊娠や出産などが原因でそういった病気を抱えた可能性もあるでしょう。

バセドウ病の症状について

バセドウ病の症状として代表的なのは3つあります。「甲状腺の腫大」、「頻脈」、「眼球突出」です。バセドウ病を聞いたことがある人にとって、眼球突出というのが代表的な症状のイメージがあるかもしれません。

目をひん剥いたように眼球が飛び出してしまう状態になり、外から見ていてもハッキリと分かるほどの症状と言えるでしょう。もちろん、バセドウ病になっても眼球突出が必ず起きるとは限らないのです。

甲状腺の腫大は喉元が腫れたような状態になり、頻脈は脈の速度が上がることが増えます。その他にも動機や不整脈、息切れに多汗、体重減少などもバセドウ病の症状と考えられているのです。そのため、「体力が最近落ちた」と勘違いしてしまうこともあり、バセドウ病の発見が遅れてしまう可能性もあります。

バセドウ病の治療には甲状腺ホルモンの産生を抑える「抗甲状腺薬」を服用するのが一般的なのだとか。服用から2週間ほどで改善が見られることも多く、2ヶ月ほどするとさらに改善が見られるそうです。

伊藤裕子が病気と言われる原因や症状

改めて伊藤裕子が病気と言われる原因や症状について注目しましょう。一時期、様々なドラマに出演していた頃と比較して、伊藤裕子はどのような点が違うと感じられているのでしょうか?

病気と言われる原因は顔の変化

伊藤裕子がバセドウ病と言われている一番の理由は「顔の変化」のようです。バセドウ病の症状のところでも解説しましたが、甲状腺ホルモンの過剰分泌により、顔や体型に大きな変化が起きやすいと考えられています。

その点を踏まえると、伊藤裕子は出産する前と比較して、顔のたるみや二重顎、シワなどが非常に目立つと言えるかもしれません。以前の写真や動画と比較しても、年齢よりもかなり老けて見えると感じる人もいるでしょう。

別人と言われるほどの顔の変化は病気の症状?

伊藤裕子の久しぶりのテレビ出演を見た人は、別人と感じてしまうほどの変化を感じたようです。しかし、この顔の変化がバセドウ病などの病気によるものなのかはハッキリとしていません。

テレビ番組以外に伊藤裕子が出演している、ラジオの収録のときの写真も確認しましょう。やはり顔つきが変化したと感じる人も多いようで、顔が腫れぼったく肌質も全然違うと考えている人が多いのだとか。バセドウ病による病気かは不明ですが、何らかの体質的な変化が考えられるかもしれません。

産後の甲状腺機能異常症の症状も関係?

バセドウ病が甲状腺に関係する病気であることを紹介しましたが、実は産後に甲状腺機能異常症が発生することがあるとのこと。伊藤裕子は2012年3月25日に第1子を出産しており、そのことが現在の見た目の変化に関係していると推測している人もいました。

インスタの顔とテレビ出演時の顔が違うとの声も

現在の伊藤裕子はSNSの中でInstagramを更新しています。Instagramでは現在の伊藤裕子の姿を様々確認することが出来ます。顔のがアップになっているものも多く、以前と変わらない顔に見えるものから、劣化を感じさせるものなど色々確認できるのです。

Instagramの画像から分かることは、テレビ出演のときに騒がれたほど、極端に変化してはないことが分かります。20代や30代のときと比較すれば変化は感じるものの、テレビ出演のときのように目が飛び出ているように見えたり、顔がたるんでいたりということはあまりないようです。

伊藤裕子の顔の変化は整形が原因?

伊藤裕子の変化に関して病気ではなく、「整形が原因なのでは?」という噂もありました。バセドウ病などの病気が原因ではなく、整形や日々のケアが変化の原因だと推測している人たちも多いのだとか。伊藤裕子の顔の変化が整形が原因説を解説します。

顔の変化は病気ではなく整形との声も

芸能界では整形をカミングアウトする人もいて、程度は違えど多くの人が顔のメンテナンスを行っている、という噂があります。芸能人では西川史子や水沢アリー、森下悠里、小森純、青田典子などが整形をカミングアウトしました。

整形自体は個人の自由ですが、芸能人として常にテレビなどで顔を晒す人たちはメンテナンスが大変なのだとか。シワを隠すために行われるヒアルロン酸注射という方法がありますが、半年ほどの頻度で効果が失われるそうです。

整形は必ずしも成功するわけではなく、失敗やイメージ通りにならないことも多く、リスクが高いと考える人も多いとのこと。お隣の韓国ではプチ整形が当たり前になっているそうですが、生まれてきた子供と両親の顔が全く違うという笑えない事態も発生しており、問題は様々なようです。

伊藤裕子も病気が原因ではない場合、整形が関係して顔に変化が起きたと推測する意見も多くあります。また、整形はしたけどあまりメンテナンスはしておらず、次第に顔が維持できなくなった、という推測もありました。

鼻の変形は整形失敗?

整形と言っても顔全体に行う場合もあれば、パーツだけを手術する場合もあります。伊藤裕子の場合は顔の変化として、特に鼻に違和感を感じる人が多いのだとか。鼻は手術から時間が経過すると変化が起きやすいそうで、形が崩れてくることもあるそうです。

伊藤裕子の写真を色々と確認すると、そういった疑問を持つ人もいるかもしれません。また、整形をした人の中に1つをいじると、他の部分も触りたくなる人も多いとのこと。鼻を触れば目を、目の次は口を、というふうに整形を繰り返して顔面崩壊になることもあると言われています。

伊藤裕子の劣化はスキンケア不足?

伊藤裕子の劣化の原因に病気や整形ではなく、「スキンケア不足」説もありました。年齢の変化に合わせてしっかりとスキンケアを行わないと、顔が急激に劣化することもあるのだとか。特に芸能人のように不規則な生活になりがちな人はスキンケアが重要と考えられています。

伊藤裕子は出産を理由に芸能活動を休んでいた時期があります。その期間の間にスキンケア不足や産後による体質変化が起きた可能性もあるでしょう。

育児によるストレスや時間の無さなども関係して、一気に見た目の変化に出てしまったのかもしれません。また、伊藤裕子自身が見た目を取り繕うよりも、ありのままの自分で出演したい、という気持ちもあったかもしれません。

若い頃からファッションモデルとして活動してきた中で、自分の見た目を維持するのは非常に大変だったことが推測できます。現在はドラマや映画からの仕事からは離れており、出産後も出演していたラジオも卒業していました。今後は芸能活動よりも子育てメインにシフトする可能性も高いのでしょう。

伊藤裕子の病気の噂は謎のまま

伊藤裕子の病気の噂について調査しました。出産前と芸能活動を休んでから復帰後とでは、大きな変化を感じる人も多かったようです。その変化や劣化に関しては、伊藤裕子が病気という噂もあります。しかし、実際にバセドウ病などを患ったのかは不明でした。

病気だけでなく、整形失敗説やスキンケア不足説などいくつかの噂が存在します。久しぶりのテレビ出演というのも視聴者に与えた衝撃が大きかった原因となったようです。女優として多くの作品に出演していただけに、伊藤裕子が再び活躍するのを期待しましょう。

関連するまとめ

関連するキーワード

Original
この記事のライター
浅倉恭介
ギターと野球と料理が好き。犬が飼いたい! もともとは接客業界で働いてました その後は保育業界に。 ロ...

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ