逸見政孝の死因はガン!死亡の原因は前田外科のせい?妻や息子は?

日本を代表する名司会者逸見政孝さん。惜しくも1993年に死去されましたが、逸見政孝さんの死因や死去に至るまでの経緯を追ってみました。生前逸見政孝さんと親交のあったたけしさんやダウンタウン、安藤優子さんについてもまとめてみました。

逸見政孝の死因はガン!死亡の原因は前田外科のせい?妻や息子は?	のイメージ

目次

  1. 1逸見政孝のプロフィール
  2. 2逸見政孝のがんは前田外科の誤診?
  3. 3逸見政孝の妻や息子の現在!豪邸は?
  4. 4安藤優子が逸見政孝への想いを語った
  5. 5逸見政孝とたけしやダウンタウンの関係
  6. 6逸見政孝はみんなに愛されていた!

逸見政孝のプロフィール

・愛称:いっつみい
・本名:逸見政孝(いつみまさたか)
・生年月日:1945年2月16日
・年齢:1993年12月25日(48歳没)
・血液型:B型
・出身地:大阪府大阪市
・身長:176cm
・体重:不明
・活動内容:フリーアナウンサー、タレント、司会者
・所属グループ:なし
・事務所:オフィスいっつみい
・家族構成:妻(逸見晴恵) 息子(逸見太郎) 娘(逸見愛)

逸見政孝の経歴

逸見政孝さんは1945年2月16日に大阪府大阪市で生まれました。小中高を地元大阪で過ごしたのち上京し早稲田大学第一文学部演劇学科に入学します。この大学ではアナウンス研究会に所属。逸見政孝さんは大阪出身だったため日常的に関西弁を話していましたが、このアナウンス研究会で標準語を徹底的に覚えたそうです。

逸見政孝さんは徹底して日常的にも標準語を話すようにしていたそうで、逸見政孝さんは当時からアナウンサーになりたいという夢があり、早稲田大学への進学もその夢を叶えるための一歩だったのです。そしてその夢を叶えるべくフジテレビのアナウンサー試験を受けました。

そして見事フジテレビのアナウンサー試験に合格し逸見政孝さんは1968年にフジテレビに入社することとなったのです。フジテレビ入社後には毎年新入社員の研修会が行われていましたが、そこで大阪出身の逸見政孝さんが完璧に標準語をマスターした事を評して「当社にはアクセント辞典を食べた特異体質の男がいる」と語られるようになります。

若手時代の逸見政孝さんには、”暗い””つまらない””売れないだろう”などのネガティブな意見が多くあったようです。しかしその後ボクシングやバレーボールなどのスポーツ実況を担当することになり、あまりの臨場感溢れる実況に注目が集まり、スポーツアナウンサーとして頭角を現します。

逸見政孝さんはその後報道キャスターに転身。先輩からのアドバイス「できるだけ現場に行くように」との教えを守り逸見政孝さんは数々の現場に取材のため足を運ぶようになるのです。

その後逸見政孝さんは夕方5時から生放送の「夕やけニャンニャン」のコーナーにレギュラー出演し、片岡鶴太郎さんやとんねるずとのウィットに富んだやり取りが話題になり注目を集めます。

逸見政孝さんの外見からは予測できないギャグセンスの高さとユーモラスな発言とのギャップが、若者たちからの支持も得ることになりこの番組が逸見政孝さんの転機になったと言えるでしょう。これまでニュースキャスターに在った真面目で堅物なイメージを覆したのが逸見政孝さんだったのです。

逸見政孝さんの人気が高まり、アナウンサーとしては例外のプロマイドや著書、レコードまで制作することになりました。

逸見政孝さんの人気が高まった直後の1985年8月12日、夏休み休暇を取り家族と共に日本航空123便で大阪に帰省予定でしたが、”新幹線の方が安い”という息子からの提案で新幹線に乗り換えました。直前で新幹線に変更した事により、日本航空123便墜落事故を免れたという逸話もあります。

逸見政孝さんはフジテレビに入社し勤続21年目を迎えた1988年3月をもって同社を退社しフリーアナウンサーとして活動を行うようになりました。

逸見政孝さんはフリーキャスターとしての仕事も続けながらバラエティー番組やクイズ番組でユーモア溢れる司会をし、現在においても日本を代表する名司会者として名を残しているのです。

1993年逸見政孝さんは受診した病院で胃がんが発見され、闘病生活を送ることとなります。会見も行われ世間にがんであることを告白した逸見政孝さん。

”もう一度いい形で生還しましたと言えればいいなと思っています”という言葉も虚しく会見からわずか3か月半後の1993年12月25日に逸見政孝さんは死去します。日本を代表する名司会者逸見政孝さんの死因や死去に至るまでの経緯をまとめてみました。

逸見政孝のがんは前田外科の誤診?

1993年12月25日クリスマスの日に死去された逸見政孝さん。逸見政孝さんの死因について、最初に逸見政孝さんが受診した前田外科病院で誤診を受け死去に至ったのではないかという話もあります。

前田外科病院で正当な診断をされていたのであれば、逸見政孝さんは死去せずに済んだのでしょうか。逸見政孝さんの本当の死因は何だったのでしょうか。

逸見政孝のがんのステージが誤診だった?

1993年1月18日体調不良を訴え、前田外科病院を受診した逸見政孝さんですがそこで胃がんを告知されます。前田外科病院の医師からは「あくまで初期のがんですから、手術すればすぐに完治しますよ」と告げられていたのです。

逸見政孝さんは1週間後の1月25日前田外科病院の院長執刀により胃がん摘出の手術を受けますが、手術後妻の春恵さんだけに”初期の胃がんではなかった、ギリギリのところで全てのがん細胞を取り除いたのですが5年後の生存率はゼロに近いでしょう”と伝えられました。

逸見政孝は前田外科で2度の手術をした

逸見政孝さんは前田外科病院での1度目の手術を終え1か月後の2月25日に退院。逸見政孝さんは仕事を続けながらも抗がん剤投与や検査のために前田外科病院に通っていました。

しかし手術から3か月が過ぎようとした5月下旬頃、逸見政孝さんの身体に異変が起こります。手術跡の線上がケロイド状に膨れ始めたのです。前田外科病院の担当医からは「通常、術後に起こる症状なので問題ない」と言われますが、次第にその突起物が服を着るのにも邪魔なくらいに膨れ上がってしまうのです。

前田外科病院にて「突起物を除去する」という名目で2度目の手術が行われますが、がんは腹腔全体に広がるまでに進行していて手の施しようがない状態にまでなっていました。しかし、前田外科病院の医師は逸見政孝さんとの信頼関係が壊れるのを恐れがんの再発を一切告知しなかったのです。

妻の春恵さんだけに事実が伝えられ、妻は医師側にがんの再発を逸見政孝さん本人にも告知するように依頼していたにも関わらずそれを前述の理由で拒否されたとか。

逸見政孝さんは妻や周囲からの、再三のセカンドオピニオンの勧めを頑なに拒否するほど前田外科病院に全幅の信頼を置いていました。

しかし院長の、患者の手術よりも自身の夏休みを優先するなどの言動に対して次第に不信感を募らせ、ようやく東京女子医科大学病院でセカンドオピニオンを受けることになります。そこで逸見政孝さんはがんの再発の告知を受けることとなりました。

逸見政孝は東京女子医大病院で3度目の手術

東京女子医科大学病院を訪れた逸見政孝さんは医師から「なぜここまで放っておいたのか」と厳しい現状を突き付けられ3度目の手術を行う決意をします。

逸見政孝のがん告白会見とは?動画あり

東京女子医科大学病院にて、がん再発の告知をされた逸見政孝さんは日本テレビ本社の大型ホールで会見を行い、自身ががんに侵されていることを告白しました。

逸見政孝さんは当初自身の病状について、十二指腸潰瘍と偽って世間に公表していましたが、この会見ではそれが嘘であること、本当の病気は進行性の胃がん「スキルス胃がん」であることを告白したのです。

逸見政孝はがん告白から3ヶ月で他界

逸見政孝さんはこのがん告白会見の翌日から全ての仕事を休止し、闘病生活へと入りました。東京女子医科大学病院に入院し13時間にも及ぶ大手術を受けます。

術後はリハビリを行うなど順調に回復しているように見えましたが、大手術から1か月が経過したころ、容体が急変し腸閉塞を起こしてしまうのです。その状態の中、抗がん剤による治療が始まり副作用による身体の衰弱が著しく、会見のわずか3か月半後に逸見政孝さんは死去となりました。

逸見政孝の弟もがんで早逝していた

1993年12月25日に惜しくも死去された逸見政孝さんですが、実は逸見政孝さんが死去する13年前の1980年3月22日には2歳年下の実弟が亡くなっています。死因は逸見政孝さんと同じスキルス胃がん。

31歳という若さで病に倒れた弟の死因を考慮し、逸見政孝さん自身もがんには人一倍気を付けていたようですが、奇しくも弟と同じ死因で亡くなってしまうのです。

逸見政孝の妻や息子の現在!豪邸は?

逸見政孝さんは生前妻春恵さんとの間に息子、娘を儲けています。家族のために世田谷区奥沢に131坪の大豪邸を建てたという話もありますが、現在その豪邸はどうなっているのでしょうか。そして、妻春恵さんや息子の太郎さん、娘の愛さんについても調べてみました。

逸見政孝の妻の逸見晴恵の死因は?

逸見政孝さんの妻春恵さんは逸見政孝さんの死去から7年後の2010年10月21日、61歳の時に亡くなっています。死因は何だったのでしょうか。

妻春恵さんは、逸見政孝さん死去の半年後に受けた人間ドックで初期の子宮がんが見つかります。ステージ0だったため完治となりましたが、その後血液細胞のがんの一種骨髄異形性症候群を発症。10年に渡る闘病の末肺胞蛋白症が死因で死去されました。

逸見政孝の息子の逸見太郎は活躍中

逸見政孝さんの息子逸見太郎さんは現在どうしているのでしょうか。実は息子太郎さんは、俳優業や司会者として活動しています。息子太郎さんは、父逸見政孝さんの親友である北野たけし監督『HANA‐BI』で映画デビューをしました。

息子太郎さんはデビュー後あまり仕事のない状態が続きますが、2009年1月からTOKYO MX「5時に夢中!」の司会に抜擢されます。2017年より福島放送の帯番組「福島まるごとライブ ヨジデス」の司会を担当し現在も活躍中です。亡き逸見政孝さんも息子太郎さんの活躍を見守っているのではないでしょうか。

逸見政孝の娘の愛は現在活動してない

逸見政孝さんと妻春恵さんの長女愛さんは、1990年にイギリスに留学しダンスや英語、音楽を学んでいました。帰国後は女優としてドラマや舞台の経験を積み、不定期でしたが日本テレビのニュース番組にも出演しています。しかし現在は芸能活動はしていないようです。

逸見政孝の豪邸がすごい!現在は?

逸見政孝さんは生前家族のために12億円とも言われる豪邸を建てました。しかし48歳という若さで死去してしまったので残された家族は膨大な借金を負うことになるのです。逸見政孝さんの死去から半年後には妻春恵さんもがんに侵されてしまいますが、闘病しながら借金を返すためにエッセイや公演を続けました。

夫逸見政孝さんとの思いでの詰まった家だったので売るという選択肢は無かったとか。春恵さんが死去した2010年には借金はほぼ完済したそうです。

現在この豪邸は息子の太郎さん夫婦と娘の愛さんが住んでいるようです。父逸見政孝さんが建て、妻の春恵さんが守ったこの豪邸を今は2人の子供たちが守っているのでしょう。

安藤優子が逸見政孝への想いを語った

アナウンサー安藤優子さんは、学生時代渋谷でエレベーターガールのアルバイトをしていた時にテレビ朝日のプロデューサーの目に留まり、報道の仕事をするようになったそうです。安藤優子さんはフジテレビのアナウンサーのイメージがありましたが、違ったのですね。

その後フジテレビの「FNNスーパータイム」で逸見政孝さんと共演することになりました。逸見政孝さんとコンビを組み、誰よりも近くで見てきた安藤優子さんが語る逸見政孝さんとはどんな人物だったのでしょうか。

逸見政孝は安藤優子の「育ての親」

「FNNスーパータイム」で共演していた逸見政孝さんと安藤優子さん。安藤優子さんは逸見政孝さんの事を育ての親と呼んでいるようです。安藤優子さんはアナウンサーとして多くのことを学んだようですね。

逸見政孝の訃報を伝えた安藤優子

安藤優子さんはキャスターとして恩師である逸見政孝さんの訃報を伝えましたが、こらえきれずに大号泣しました。育ての親とも呼ぶ逸見政孝さんの死去は安藤優子さんにとっても耐え難いものだったのでしょう。

安藤優子が語った逸見政孝への想い

逸見政孝さんは後輩の安藤裕子さんに対し「スタジオはお任せください僕に。あなたは好きなように、どこへでも行って何でもいいのでおやり下さい」と言ったとか。

安藤優子さんは”後輩のわたしを立てて下さってそんな方初めて見ました”と逸見政孝さんの人柄が伺えるエピソードを語っています。25年経った今でも逸見政孝さんを失った悲しみは消えないようですね。

逸見政孝とたけしやダウンタウンの関係

逸見政孝さんと生前親交の深かったビートたけしさんやダウンタウンとの関係についてもまとめてみました。

逸見政孝の回復を願ったたけしの行動

ビートたけしさんと逸見政孝さんは「たけし・逸見の平成教育委員会」で共演していましたが、共演者という枠を超えて親友の仲だったようです。たけしさんは逸見政孝さんのがんを知らされたその日から告別式の日までお酒を断つという願掛けをし、逸見政孝さんの回復を願いました。

逸見政孝の親友たけしが語ったこと

たけしさんは「いい人ばかりが先に死んじゃうんだ、俺がもっと悪いことを教えてあげればよかった」と涙ながらに語りました。たけしさんは逸見政孝さんの告別式で子供のように泣きじゃくりたけしさんが読むはずだった弔辞が読めなかったという話もあります。

逸見政孝とダウンタウンは同郷

逸見政孝さんとダウンタウンは同じ大阪出身という事もあり、東京ではまだ名が知られていなかったダウンタウンをとても可愛がっていたそうです。ダウンタウンとはテレビで何度も共演していて仲のいい様子が伺えます。動画は逸見政孝さんがダウンタウンと「夜も一生けんめい。」で共演した時の模様。

逸見政孝とダウンタウンの絡みが面白い

こちらの動画はダウンタウンが逸見政孝さん司会のクイズ番組に出演した時の様子。ダウンタウンと逸見政孝さんはバラエティー番組やクイズ番組で何度も共演し、ダウンタウンと逸見政孝さんの絡みが面白いと話題になりました。

逸見政孝はみんなに愛されていた!

多くの人に愛されながら48歳という若さでこの世を去った逸見政孝さん。今回はそんな逸見政孝さんの死因や死去の経緯をまとめてみました。時は過ぎても逸見さんは今後も多くの人々の心の中で生き続けて行くことでしょう。

関連するまとめ

Missing
この記事のライター
vivichan0430

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ