井浦新の若い頃がイケメン!モデル出身?当時の経歴やエピソードなども

イケメン俳優として活躍を続けている井浦新ですが、若い頃はさらにイケメンだと話題を集めているようです。井浦新は現在もイケメンと称されていますが、若い頃はどれほどイケメンだったのでしょうか?井浦新のイケメン具合について、経歴なども含めて見て行きましょう。

井浦新の若い頃がイケメン!モデル出身?当時の経歴やエピソードなどものイメージ

目次

  1. 1井浦新のプロフィール
  2. 2井浦新の若い頃がイケメンでモデル出身?
  3. 3井浦新の若い頃の経歴やエピソード
  4. 4井浦新と同年代の芸能人の若い頃も調査
  5. 5井浦新の若い頃はモデルでイケメン街道真っ盛り

井浦新のプロフィール

・愛称:???
・本名:井浦新
・生年月日:1974年9月15日
・年齢:47歳(2022年1月現在)
・出身地:東京都日野市
・血液型:A型
・身長:183㎝
・体重:???
・活動内容:俳優、ファッションモデル・デザイナー
・所属グループ:なし
・事務所:テンカラット
・家族構成:妻、子供2人

井浦新の経歴

まずは井浦新の簡単な経歴から見て行きましょう。井浦新は一浪の末に東京経済大学に入学。その後インディーズブランドのコレクションに参加した事をきっかけにジャングルからスカウトを受け芸能界入りを果たしています。大学を中退した井浦新は芸能活動を本格化させるだけでなく、ファッションデザイナーとしても活躍を開始する事となります。

井浦新はブランド「REVOLVER」を1998年にオープンすると、2007年には独立して「ELNEST CREATIVE ACTIVITY」を展開。以降ファッションデザイナーとして精力的に活躍を続けています。

また、俳優業では1999年に公開された映画「ワンダフルライフ」で主演を務めた事で世間的に認知される事に。そして2002年に公開された映画「ピンポン」でさらに注目を集めた井浦新はメガネ男子として多くの女性から支持されるようになっていきます。

そんな井浦新は2010年に放送されたドラマ「チェイス〜国税査察官〜」に出演した事でその演技力が高く評価され「第65回ザテレビジョンドラマアカデミー賞助演男優賞」を受賞。これをきっかけに井浦新は「アンナチュラル」「にじいろカルテ」などの人気作に出演するようになり人気を高め続けています。

井浦新と稲垣吾郎が似てると話題に

井浦新は、近年元SMAPのメンバーで俳優の稲垣吾郎に似てると話題を集めています。井浦新と稲垣吾郎は具体的にどのように似ているのでしょうか?

稲垣吾郎とは

ここで稲垣吾郎について簡単にご紹介しておきましょう。稲垣吾郎は元SMAPのメンバーで、現在は株式会社CULENに所属し俳優や歌手、タレントなどとして活動を行っている人物です。吾郎ちゃんの愛称でファンから親しまれており、近年はバーやカフェをオープンさせるなど幅広い分野で活躍を見せています。

稲垣吾郎に似てるか顔のパーツや表情などで比較

井浦新が本当に稲垣吾郎に似ているのか、顔のパーツや表情などで比較してみました。井浦新と稲垣吾郎は顔のパーツほぼ全て見ていますが、若干目は稲垣吾郎の方が丸く大きいようです。しかしメガネをかけた姿は、双子と言われても違和感がない程似ていました。

井浦新の趣味は土偶集め?

イケメンと話題を集めている井浦新ですが、その趣味は少し変わっているのだそうです。実は井浦新は土偶や民芸品、スパイスなどの収集が趣味なのだそうで、小さい頃はハニワや土偶をおもちゃにして遊んでいた意外な過去があるとの事。これは教師をしていた父親の影響なのだそうです。

井浦新の若い頃がイケメンでモデル出身?

ここからは井浦新の若い頃のイケメン具合や当時の活動内容について詳しくご紹介していきます。現在もイケメン俳優として活躍をしている井浦新ですが、若い頃はさらにイケメンだったと話題を集めているようです。井浦新の若い頃はどれほどイケメンだったのか、当時の活動内容と併せて詳しく見て行きましょう。

井浦新の若い頃がイケメンと話題に

何度もご紹介しているように、井浦新の若い頃がイケメンと話題を集めているようです。年齢を重ねた現在もイケメンと称されているので、若い頃もイケメンだった事は当然といえば当然なのかも知れません。しかし若い頃の井浦新は、ハーフっぽさを感じるようなかなりレベルの高いイケメンだったとの事。その為世間から話題を集めているようです。

井浦新の若い頃はモデルとして活躍

井浦新の若い頃の経歴を振り返ってみましょう。井浦新はデビュー当初の若い頃、実は俳優としてではなくモデルとしての活動が中心だったようです。というのも、井浦新はスカウトによって芸能界デビューを果たしていますが、このスカウトをした事務所がモデル事務所のジャングルだったのです。

井浦新のモデル経歴は輝かしいもので、「MEN'S NON-NO」や「an・an」など数々の有名ファッション誌の表紙を飾っただけではなく、90年代後半からはパリコレや東京コレクションなどで常にシーズンのトップモデルとして出演していたほどです。高身長でイケメンだからこその活躍といって間違いはないでしょう。

井浦新のモデル時代と現在の姿を比較

井浦新のモデル時代と現在の姿を比較してみました。若い頃の井浦新はスマートなスタイルでハーフのようなイケメン具合で、現在の井浦新は背格好が逞しくなり優し気なイケメンである事が伺えます。年齢によって若干イケメンの種類は変化したものの、若い頃も現在もイケメンという事には違いありません。

井浦新の若い頃の経歴やエピソード

ここからは井浦新の若い頃の経歴やエピソードについて詳しく見て行きましょう。井浦新の若い頃がかなりのイケメンであった事は確認出来ましたが、当時の経歴はどのようになっているのでしょうか?井浦新の若い頃の経歴について、改名や世間から注目を集めるきっかけとなったエピソードも交えて詳しくご紹介していきます。

井浦新の若い頃の経歴

まずは井浦新の若い頃の経歴から見て行きましょう。モデルとしてデビューした井浦新は、一体どのような経歴の持ち主なのでしょうか?モデル、俳優、デザイナーそれぞれとしての活動経歴を見て行きましょう。

若い頃のモデルとしての経歴

まずは井浦新の若い頃のモデル経歴から見てみましょう。井浦新の若い頃のモデル経歴は先述した通り、インディーズブランドのコレクションをきっかけにスカウトされ始まりました。その後は有名ファッション誌の表紙を多数飾り、パリコレや東京コレクションのトップモデルとして活躍をしています。

ちなみに、デビュー当初の井浦新は少しの間現在と同様に本名で活動を行っていましたが、ほどなくして「ARATA」名義に改名し活動を行っていたようです。

若い頃の俳優としての経歴

次に、井浦新の若い頃の俳優としての経歴を見てみましょう。井浦新の俳優デビューは、1999年に公開された映画「ワンダフルライフ」です。井浦新はこの作品で、俳優デビューだけではなく映画初出演にて初主演も飾っていました。ちなみに、この映画の主演はオーディションで勝ち抜いての結果だったのだそうです。

その後も数々の作品で演技力を高めていった井浦新は、2010年に放送されたドラマ「チェイス〜国税査察官〜」で「第65回ザテレビジョンドラマアカデミー賞助演男優賞」を受賞。これをきっかけに、井浦新は様々な話題作に主演を凌ぐほどの演技力で出演し活躍を続けています。

若い頃のデザイナーとしての経歴

井浦新のデザイナーとしての経歴も見てみましょう。井浦新は1998年に自身のブランド「REVOLVER」をオープン。さらに小リリースラインのFARRELLを展開した井浦新は、2007年に「ELNEST CREATIVE ACTIVITY」というブランドをオープンして独立を果たしています。現在はディレクターを務めつつ本格的なデザイナー活動を行っているようです。

井浦新の若い頃のエピソード

井浦新の若い頃のエピソードについても詳しく見て行きましょう。イケメンと話題を集めている井浦新の若い頃には、一体どのようなエピソードがあったのでしょうか?

若い頃のエピソード①映画『ピンポン』でのメガネ革命

井浦新というとメガネ姿を思い浮かべる人も多いようですが、実はこれは映画「ピンポン」が影響をしているようです。井浦新はこの映画でメガネ男子の月本誠を演じており、多くの女性ファンを急増させています。そのメガネ姿があまりにもイケメン過ぎるという事から、2005年に発売された「メガネ男子」にて好きなメガネ男子1位を獲得しています。

若い頃のエピソード②プロレス好き

井浦新はかねてよりプロレス好きのプロレス男子だったようです。また、井浦新はプロレスラーの小橋建太のコスチュームデザインも担当していたようで、小橋建太が引退後に設立した会社のロゴまでも井浦新がデザインしていたのだそうです。公私ともにプロレスに携わるほどプロレスが好きなのでしょう。

若い頃のエピソード③改名への思い

井浦新は若い頃から芸名を「ARATA」名義で活動を行っていましたが、2012年に現在使用している本名の井浦新名義に改名しています。なぜ改名したのかというと、映画「11・25自決の日 三島由紀夫と若者たち」で演じた三島役について「エンドロールで演じた役者の名前がアルファベットで表示されるのはおかしい」と感じたからなんだとか。

たった1度出演した作品の役の為だけに改名をした事について、世間からは「役者魂が凄い」などと多くの称賛する声が寄せられています。

若い頃から幅広い役柄を熟す演技力にも注目が

井浦新は若い頃からその演技力に定評がありました。シリアスなキャラからコメディ色溢れるキャラなど様々なキャラを演じてしまう井浦新の演技力は、若い頃から培われたものなのでしょう。ちなみに、記録的にヒットした映画「蛇にピアス」で、顔に複数のピアスをつけ全身刺青だらけのシバを演じたのが井浦新だったという事に驚くファンも多いようです。

Thumb【蛇にピアス】井浦新はシバ役でかっこいい!あらすじなども調査
映画「蛇にピアス」にシバ役で出演した時の井浦新さんがかっこいいと大好評です。「蛇にピアス」で...

井浦新と同年代の芸能人の若い頃も調査

最後に、井浦新と同年代の芸能人の若い頃について見てみましょう。井浦新と同年代の芸能人にはどのような人物がいて、どのような経歴だったのでしょうか?井浦新と同年代の芸能人の若い頃についてご紹介していきます。

国分太一(TOKIO)の若い頃

まずは国分太一の若い頃から見てみましょう。国分太一の若い頃はジャニーズ事務所に所属しており、アイドルとして活躍をしていました。その可愛らしい見た目から女性ファンも多く、国民的アイドルグループであったTOKIOとしての活動だけではなくソロとしてもタレントや俳優として多忙だったようです。

加瀬亮の若い頃

実力派俳優の加瀬亮の若い頃を見てみましょう。加瀬亮は役者を志して大学を中退し、浅野忠信の付き人をしながら撮影スタッフとして参加するなどして若い頃を過ごしていたようです。しかしその演技力は若い頃から知る人には知られており、CNNの「まだ世界的に名前は売れていないが、演技力のある日本の俳優7人」の一人にも選ばれていました。

鈴木浩介の若い頃

メガネがトレードマークの俳優、鈴木浩介の若い頃についても見てみましょう。鈴木浩介の若い頃は舞台での活躍が多く、劇団青年座の若手として活躍する日々を送っていたようです。現在のようにドラマなどのメディアに姿を見せるようになったのは、劇団を退団後の2004年以降との事です。

井浦新の若い頃はモデルでイケメン街道真っ盛り

井浦新の若い頃について詳しく見てきました。井浦新の若い頃は、ハーフのような好青年でかなりのイケメン具合だったようです。現在も年齢を重ねているもののそのイケメン具合は変わっておらず、イケメン俳優として活躍を続けています。そんな井浦新の今後の活躍からも目が離せません。

関連するまとめ

関連するキーワード

Original
この記事のライター
yu yamashiro
現在第2子妊娠中のマタママです。エンタメ系の記事を書いていますが、エンタメには全く興味がありませんww

新着一覧

最近公開されたまとめ