岩下志麻の若い頃の経歴や人気は?デビュー当時のイジメ?若い頃まとめ

日本が誇る大女優・岩下志麻さんの若い頃の経歴や人気を見てみましょう。岩下志麻さんがデビュー当時にイジメ被害に遭っていたという噂の真相について調査した結果もご紹介します。岩下志麻さんの若い頃の美しい姿の画像と共にご覧下さい。

岩下志麻の若い頃の経歴や人気は?デビュー当時のイジメ?若い頃まとめのイメージ

目次

  1. 1岩下志麻のプロフィール
  2. 2岩下志麻の若い頃の経歴
  3. 3岩下志麻の若い頃の人気を調査
  4. 4岩下志麻の若い頃のデビュー当時のイジメとは
  5. 5岩下志麻以外の若い頃が美しい女優
  6. 6岩下志麻は若い頃から注目の美人女優

岩下志麻のプロフィール

・愛称:駆けずのお志麻(若い頃の愛称)
・本名:篠田志麻(旧姓:岩下)
・生年月日:
・年齢:歳(2021年4月現在)
・出身地:東京都中央区
・血液型:A型
・身長:165cm
・体重:48kg
・活動内容:女優
・所属グループ:なし
・事務所:グランパパプロダクション
・家族構成:夫(篠田正浩)、長女

岩下志麻の経歴

岩下志麻さんは1941年1月3日に東京都中央区銀座で野々村潔さんと山岸美代子さんの長女として生まれました。17歳の時、精神科医の道へ進む事を希望していましたが体調のために諦め、気分転換でドラマに出演した事から女優生活をスタートさせています。若い頃の経歴は後の章でご覧下さい。

40代以降には映画『極道の妻たち』シリーズが話題を集めました。女優として活動するだけではなくCMにも多く出演し、日本メナード化粧品のCMには40年の長きにわたって専属契約しています。2004年に紫綬褒章を、2012年に旭日小綬章を受章しました。私生活では1966年3月3日に篠田正浩さんと結婚式を挙げ、1973年に長女を授かっています。

若い頃から変わらず現在も美しい岩下志麻

若い頃から変わらず現在も美しい岩下志麻さんですが、若さを保つために若い頃から日課を定めて行なっている事を明かしました。岩下志麻さんが若い頃から続けているのは、「朝起きてからの屈伸運動」「入浴前のストレッチ体操と竹踏み」だそうです。10年前からはそのメニューに太極拳が加わり、岩下志麻さんの美しさと若さに貢献しています。

女優の中には年齢を重ねたり妊娠・出産をしたりした後にスタイルが変わってしまう人が少なくないのですが、岩下志麻さんのスタイルは若い頃から変わっていません。その秘密はこれらの日課にあったのです。

若さの秘訣は「若い気持ち」と「食生活」

岩下志麻さんの若さの秘訣は前の項でご紹介した運動だけではありません。「若い気持ち」を維持する事と「食生活」も重要なポイントだったのです。岩下志麻さんは不惑を超えてからは「常に挑戦する気持ちを忘れない」という事をモットーにしています。

アンテナを高く保ち、朝刊を読んだ時には書籍の新刊広告を必ずチェックし、興味を惹かれた本があれば買いに行くと語りました。食生活では、肉は少なめにして、豆腐ともずくを毎日食べているそうです。

岩下志麻の若い頃が美人と話題に

岩下志麻さんの若い頃が美人と話題になっています。岩下志麻さんの現在の美しさに感嘆した人が岩下志麻さんの若い頃をネットなどで調べ、岩下志麻さんの若い頃の美人ぶりに更に感動するという流れのようです。

「若い頃は歳を重ねる前より綺麗で当然」という声も勿論あるのですが、現在も美貌で名高い岩下志麻さんの若い頃の美しさは、多くの人の想像を超えるスケールがあります。そんな岩下志麻さんの常人を超越した美しい姿を振り返っていきましょう。

岩下志麻の若い頃の経歴

岩下志麻さんの若い頃の経歴を振り返ってみましょう。岩下志麻さんが女優人生を歩み始めるきっかけとなったデビュー作品から若い頃に出演した代表的映画までをご紹介します。

若い頃の経歴:ドラマ『バス通り裏』に出演

若い頃の経歴:ドラマ『バス通り裏』に出演した頃を見てみましょう。精神科医になる事を諦めた岩下志麻さんが気分転換に出演したのがこのドラマでした。1958年4月から1963年3月までNHKで放映された帯ドラマで、岩下志麻さんは十朱幸代さんの友人役で出演しています。

美容院と高校教師の家族を題材にしたホームドラマで、岩下志麻さん・十朱幸代さん以外には田中邦衛さんや常田富士男さんといったその後活躍した俳優が多数出演しており、日本の帯ドラマの基礎を固めたドラマとも言われています。

若い頃の経歴:映画『乾いた湖』で本格デビュー

若い頃の経歴:映画『乾いた湖』で本格デビューした頃を見てみましょう。岩下志麻さんの本格的なデビュー作は木下恵介監督に見い出されて配役された『笛吹川』の予定だったのですが、撮影が長期化したため、先に公開された『乾いた湖』がデビュー作品になりました。

『乾いた湖』は60年安保闘争時代の最中に制作され、題材も安保闘争に傾倒する大学生達です。岩下志麻さんはその大学生達の中の1人である桂葉子役でデビューを飾ったのでした。その時の監督は後年岩下志麻さんの夫となった篠田正浩さんです。

若い頃の経歴:映画『秋刀魚の味』ヒロイン役に抜擢

若い頃の経歴:映画『秋刀魚の味』ヒロイン役に抜擢された頃を見てみましょう。デビューした年に5本、翌年に9本の映画に出演して実績を重ねた岩下志麻さんは、1962年に上映された映画『秋刀魚の味』のヒロイン役に抜擢されました。監督は小津正次郎さんです。

小津正次郎さんは翌年に逝去したため、この映画は小津正次郎さんの遺作としても知られています。そのため、岩下志麻さんは海外に行った時には小津正次郎さんとの関わりをよく尋ねられると語っていました。

若い頃の経歴:映画『秋日和』に出演

若い頃の経歴:映画『秋日和』に出演した頃を見てみましょう。再びデビューした年に出演した映画に戻ります。岩下志麻さんはデビューした年に5本の映画に出演しましたが、その中の1本がこの『秋日和』でした。監督は小津正次郎さんです。

父と娘を題材にした作品を好んだ小津正次郎さんが珍しく母と娘を題材にした事でも話題になった作品で、岩下志麻さんが演じたのは端役でしたが、この映画での岩下志麻さんに目を留めた小津正次郎さんは、2年後の『秋刀魚の味』のヒロインに岩下志麻さんを選んだのでした。

岩下志麻の若い頃の人気を調査

岩下志麻さんの若い頃の人気を調査した結果をご紹介します。岩下志麻さんといえば『極道の妻たち』シリーズのイメージが強い人も多いようですが、若い頃の岩下志麻さんはどんなイメージで活動していたのかを見てみましょう。

若い頃の人気①清純派女優

若い頃の人気・その1の清純派女優として売り出した頃を見てみましょう。17歳で女優デビューし、19歳でスクリーンデビューをした岩下志麻さんは、その美しさと清らかな雰囲気が注目を集め、瞬く間に人気女優となりました。

小津正次郎さんは『秋刀魚の味』で岩下志麻さんをヒロインに起用した後、次回作の『大根と人参』も岩下志麻さんをヒロインに据えて制作するつもりで構想を練っていたそうです。当時の日本を代表する名監督に見込まれていたのでした。

若い頃の人気②清純派から脱皮の演技力

若い頃の人気・その2の清純派から脱皮の演技力を発揮した頃を見てみましょう。デビュー時から清純派女優として人気を博していた岩下志麻さんは、1963年に上映された映画『古都』でも従来のイメージ通りに美しいヒロインを演じきって更に人気を高めています。

しかし、岩下志麻さんの女優としての器はそこには収まらず、1964年に上映された映画『五瓣の椿』では清純派のイメージを覆す悪女を演じて観客を驚かせました。そのイメージチェンジはマイナスイメージには繋がらず、岩下志麻さんの人気を更に高める結果をもたらしています。

若い頃の人気③CM

若い頃の人気・その3の多くのCMに出演した頃を見てみましょう。若い頃の岩下志麻さんは、日産自動車や藤沢薬品工業や日清食品などのCMに出演するようになりました。特に人気が高かったのは、1972年から出演した日本メナード化粧品のCMです。

日本メナード化粧品には岩下志麻さんのイメージで固定され、日本メナード化粧品の顔とも呼ばれるようになりました。その結果、岩下志麻さんは何と40年もの間日本メナード化粧品のCMに出演し続けたのです。

番外編:若い頃は野際陽子似?

番外編では、若い頃は野際陽子さんに似ていたという説について見てみましょう。岩下志麻さんの若い頃は野際陽子さんに似ていたという意見を散見します。

岩下志麻さんと野際陽子さんはどちらも気品があり知性の高さを感じさせる美貌の持ち主なので、若い頃の岩下志麻さんと野際陽子さんを比べてみると確かに似ていました。「若い頃の2人をしょっちゅう見間違える」という声もあります。

野際陽子とは

野際陽子さんの経歴をご紹介します。1936年1月24日に石川県河北郡で生まれた野際陽子さんは、立教大学を卒業した1958年にNHKにアナウンサーとして入局し、1962年に退職した後に女優活動を開始しました。

1968年から出演したドラマ『キイハンター』の大ヒットによってブレイクした野際陽子さんは、1992年のドラマ『ずっとあなたが好きだった』の姑役で再ブレイクし、女優としての名声を高め続けていましたが、2017年6月13日に肺腺癌で逝去しています。

岩下志麻の若い頃のデビュー当時のイジメとは

岩下志麻さんの若い頃はイジメを受けていた事があるという噂があります。デビュー当時の岩下志麻さんはイジメの被害に遭っていたというのは事実なのでしょうか?岩下志麻さんの若い頃のイジメの真相に迫ります。

デビュー当時のイジメの真相

岩下志麻さんがデビュー当時にイジメを受けていたという噂の真相を見てみましょう。デビュー当時の岩下志麻さんは松竹に在籍していました。

スクリーンデビューも主役級の役を与えられた岩下志麻さんは、女優として華やかな道を歩いていたと想像されるのですが、実はその裏側でイジメを受けていた事を明かしています。イジメの詳しい内容は公表されていません。

イジメられていた理由は?

デビュー当時の岩下志麻さんがイジメられていた理由を見てみましょう。デビュー当初の岩下志麻さんはスター女優の階段を順調に昇っていたのですが、当時の岩下志麻さんはおっとりとした性格で「駆けずのお志麻」というあだ名で呼ばれていました。

しかし、小津正次郎監督には「10年に1度の逸材」と目をかけられ、次々と大作に出演したために先輩女優達の嫉妬を受けるようになり、それがイジメに繋がってしまったようです。

岩下志麻をイジメていた女優は誰?

デビュー当時の岩下志麻さんをイジメていた女優が誰だったのかについても調査しましたが、松竹時代の先輩女優がイジメをしていたという情報以外は公表されていません。イジメの首謀者である先輩女優達が現在も女優業をしているのかも不明です。岩下志麻さんはイジメられた事を根に持たず、さらりと水に流して忘れてしまったのかも知れません。

岩下志麻以外の若い頃が美しい女優

若い頃が美しかったと大評判の女優は岩下志麻さんだけではありません。この章では、若い頃が美しいと言われていて、岩下志麻さんと同様に現在も美しいと称賛されている3人の女優をご覧下さい。

若い頃が美しい女優【加賀まりこ】

若い頃が美しい女優【加賀まりこさん】の経歴をご紹介します。1943年12月11日に東京都千代田区で生まれた加賀まりこさんは、父親が映画会社大映のプロデューサーという芸能一家で育ちました。

デビューしたきっかけは、明星学園高校に通っていた姿が篠田正浩さんと寺山修司さんの目に止まった事です。1960年にドラマ『東京タワーは知っている』でデビューした加賀まりこさんは、その美貌と奔放な言動から「和製ブリジット・バルドー」「小悪魔」といった愛称で呼ばれていました。

若い頃が美しい女優【吉永小百合】

若い頃が美しい女優【吉永小百合さん】の経歴をご紹介します。1945年3月13日に生まれた吉永小百合さんは、1957年にラジオドラマ『赤胴鈴之助』でデビューし、同年10月に放映されたドラマ『赤胴鈴之助』でテレビデビューしました。

1959年に映画『朝を呼ぶ口笛』でスクリーンデビューしています。1962年に映画『キューポラのある街』でヒロイン役を演じて以来、その人気はとどまるところを知らない勢いで上昇していきました。吉永小百合さんのファンは現在でも「サユリスト」と呼ばれています。

若い頃が美しい女優【由美かおる】

若い頃が美しい女優【由美かおるさん】の経歴をご紹介します。1950年11月12日に京都府京都市で生まれた由美かおるさんは、1962年に西野バレエ団に入団し、『サンデー志ん朝』や『11PM』に出演して大人気を獲得しました。

女優デビューした後は大胆な役柄にも挑戦し、1986年から放映された『水戸黄門』での入浴シーンもドラマ名物になっています。その見事なプロポーションは15歳でデビューしてから現在までほとんど変わっていない事を明かして世間を驚かせました。

Thumb岩下志麻の年齢は?若い頃から現在までを比較!美容や健康の秘訣は?
女優として美しく輝き続けている岩下志麻さん。年齢はいくつなのでしょうか?岩下志麻さんの若い頃...

岩下志麻は若い頃から注目の美人女優

岩下志麻さんは若い頃から注目の美人女優でした。岩下志麻さんと言えば美貌と共に美しい黒髪を思い浮かべる人も多いのですが、2019年に「毎日もずくを食べているせいか、まだ白髪染めを使っていない」と語り、更に「体重は20年来変わっていない」とも語っていました。

2019年に『徹子の部屋』に出演した時、若い頃から衰えを知らない美貌で視聴者を驚嘆させた岩下志麻さんは、一時休止していた女優活動を再開してファンを大いに喜ばせました。そんな岩下志麻さんの美しさが色褪せる事はないのではないでしょうか?

Thumb岩下志麻の現在は病気?ガン?旦那や子供は?岩下志麻まとめ
大女優岩下志麻さんの現在についてまとめました。岩下志麻さんは現在病気で病名はがんだと言う噂が...

関連するまとめ

Original
この記事のライター
fuyuhome
漫画とゲームが好きです。 最近は古いドラマを発掘して観るのにはまっています。 昔の俳優、今の俳優、どちらも違う...

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ