ジョゼフ・マゼロの現在!彼女や結婚は?出演映画などの経歴も!

これまで数々のヒット映画に出演している俳優のジョゼフ・マゼロは現在どうしているのでしょうか?俳優として素晴らしい経歴を持つ一方プライベートでは結婚しているのでしょうか?ハリウッド俳優ジョゼフ・マゼロの経歴そして現在についてご紹介します。

ジョゼフ・マゼロの現在!彼女や結婚は?出演映画などの経歴も!のイメージ

目次

  1. 1ジョゼフ・マゼロのプロフィール
  2. 2ジョゼフ・マゼロの現在
  3. 3ジョゼフ・マゼロの彼女や結婚は?
  4. 4ジョゼフ・マゼロの映画出演経歴
  5. 5ジョゼフ・マゼロのドラマ出演経歴
  6. 6ジョゼフ・マゼロは現在も人気映画出演で彼女との結婚にも期待

ジョゼフ・マゼロのプロフィール

・愛称:なし
・本名:Joseph Mazzello III
・生年月日:1983年9月21日
・年齢:35歳(2019年8月現在)
・出身地:アメリカ合衆国ニューヨーク州ラインベック
・血液型:非公表
・身長:175センチ
・体重:非公表
・活動内容:俳優
・所属グループ:なし
・事務所:不明
・家族構成:弟ジョン・マゼロ(俳優)

ジョゼフ・マゼロの経歴

ジョゼフ・マゼロは1983年アメリカ生まれのハリウッド俳優です。子ども時代から役者として活躍しています。デビューは1990年に放送されたテレビ映画「Unspeakable Acts」、その翌年にはわずか8歳にして映画「推定無罪」で主演を務めました。

ジョゼフ・マゼロはその後「ジュラシックパーク」などのヒット作にも出演し、世間での知名度を一気に上げるとともに子役スターとしての地位も確立しました。

その後数年間のブランクがあったものの、俳優業に復帰後は再び映画やドラマなどに出演しており、子役から俳優として現在でも着実にキャリアを積んでいます。

ジョゼフ・マゼロの現在

俳優としてこれまでにさまざまな話題作に出演経歴のあるジョゼフ・マゼロですが、現在ではどのような作品に出演しているのでしょうか?また俳優業の傍ら、ジョゼフ・マゼロがYouTuberデビューをしたという噂もありますが果たして本当でしょうか?

人気子役として一躍スターとなったジョゼフ・マゼロの現在についてまとめてご紹介します。

2019年の誕生日で年齢36歳のジョゼフ・マゼロ

ジョゼフ・マゼロは2019年の誕生日で36歳となります。俳優としては1990年にデビューをしているため、7歳から活動をしており、そのキャリアは今年で29年となります。

子役時代にはどちらかといえば可愛らしいイメージが強かったジョゼフ・マゼロですが、30歳を超える現在ではすっかりと大人になり、ハンサムという言葉が似合うようになりました。話題作に出ているとあって国内外問わず人気があります。

映画「ボヘミアン・ラプソディ」ジョン・ディーコン役が現在話題に

現在ジョゼフ・マゼロは再び注目を浴びつつあります。その理由は大ヒット映画「ボヘミアン・ラプソディ」へ出演していたからです。

ボヘミアン・ラプソディはイギリス生まれの大人気バンドQueen(クイーン)の軌跡を描いた映画です。全世界での興行収入は900億円を超えており、空前の大ヒットとなりました。ジョゼフ・マゼロはこの映画の中でベーシストのジョン・ディーコンを演じています。

主人公のフレディ・マーキュリーではないものの、同じくQueenのメンバーのうちの1人という大切な役どころを務めたジョゼフ・マゼロは演じたジョン・ディーコンにそっくりであると映画公開からすぐに話題となりました。

ジョゼフ・マゼロはユダヤとイギリスというハーフであり、元々ヨーロッパ系の顔立ちをしています。

ジョゼフ・マゼロが演じたジョン・ディーコンもイギリス、ロンドン出身であったため、元々似通った顔立ちであったということも考えられますが、かなり一生懸命に役作りに励んだようです。その甲斐あってかそっくりだと話題となりました。

共演者にジェラシーの噂も

映画ボヘミアン・ラプソディでも素晴らしい演技を見せたジョゼフ・マゼロですが、実は共演者にジェラシーを感じていたと映画公開前にニューヨークで行われてたイベントで暴露しています。どうして共演者に嫉妬を感じていたのでしょうか?

実は映画を作るにあたり、生存しているQueenのメンバーも映画製作に接触的に関わっていました。共演者たちは本人たちから直接話を聞き、役作りに役立てていたようです。

しかしジョゼフ・マゼロが演じたジョン・ディーコンは映画製作にかかわらなかったため、ジョゼフ・マゼロは他の共演者と同じく直接話を聞くということができませんでした。このことをかなり羨ましく思っていたようです。

ジョン・ディーコンは元々性格的にも表舞台に出る方ではなく、フレディ・マーキュリーが亡くなった後は特に音楽活動には消極的になっていました。

ジョン・ディーコンは「フレディーの声以外にQueenの音楽を演奏するのは考えられない」とも語っており、フレディ・マーキュリーをかなり尊敬していたようです。

しかしジョゼフ・マゼロは全くアドバイスをもらえなかったというわけではありませんでした。他のQueenのメンバーからジョン・ディーコンに関するエピソードなどを聞き、役作りに取り組んだとジョゼフ・マゼロ本人も語っています。

現在はYouTuberとしても活動

これまでに数十年というキャリアを持つ俳優として、そして現在ではボヘミアン・ラプソディのジョン・ディーコン役として知られているジョゼフ・マゼロですが、俳優業の傍らYouTuberとしても活動をしています。

YouTubeのチャンネルは2019年3月に登録されており、2019年8月現時点でチャンネル登録者数は7万人を超えています。

これまでに投稿した動画は6本と多い方ではありませんが、動画の中ではジョゼフ・マゼロのオフの姿などを楽しむことができます。

ジョゼフ・マゼロのSNSも面白いと話題に

俳優の傍らYouTuberとしても控えめに活動をしているジョゼフ・マゼロは、自身のSNSも持っています。ファンの間ではこのSNSの投稿が面白いと話題です。

ボヘミアン・ラプソディの撮影中と思われる写真を投稿しているのですが、なんと主演の4人が並んで添い寝しているなんとも可愛らしい写真でした。投稿には世界中からいいねが殺到しました。

またある時にはボヘミアン・ラプソディで共演したグウィリム・リーとベン・ハーディがジョゼフ・マゼロに向けて仲良しアピールをした写真を投稿し「嫉妬するだろう?」とコメントを送ったのですが、これに対してジョゼフ・マゼロは「ノー」と素早く反応しました。

それだけではなく、ベン・ハーディの等身大パネルを抱き枕のようにした写真を合わせて投稿し話題となりました。

噂ではありますが、この等身大パネルは来日した際にもらったものではないかと言われています。等身大パネルはその後も何度かジョゼフ・マゼロのSNSに登場しており、かなり活用しているようです。

ジョゼフ・マゼロの彼女や結婚は?

演技力だけでなくSNSの投稿などでも注目を集めているジョゼフ・マゼロですが、プライベートでは彼女は存在しているのでしょうか?または結婚しているのでしょうか?ジョゼフ・マゼロの彼女、さらには結婚の噂に関してもまとめてご紹介します。

結婚前提の彼女は弁護士?

現在ジョゼフ・マゼロにはお付き合いしている彼女が存在します。先程ご紹介したジョゼフ・マゼロのSNSにもその彼女は度々出てきており、とてもオープンな付き合いをしているようです。結婚も前提での付き合いではないかと言われています。

その証拠に現在ニューヨークで同棲しているという情報もあります。結婚前提のお付き合いと言われる彼女はマドレーヌ・エディ・バレンホルツという方で、弁護士であるようです。

歴代熱愛彼女①セクシー女優アリソン

現在では結婚を前提にお付き合いしていると言われているジョゼフ・マゼロですが、現在の彼女以前にも熱愛が報道された彼女が何人か存在しています。

ジョゼフ・マゼロの歴代彼女1人目はアリソンという女性です。彼女はハンガリー出身のセクシー女優と言われています。出会ったきっかけなどは不明です。ジョゼフ・マゼロとの交際期間はあまり長くなかったと言われています。

歴代熱愛彼女②女優アラベラ・アジャー

2016年にジョゼフ・マゼロに新たな恋人ができました。歴代彼女2人目は女優のアラベラ・アジャーです。俳優という同じ職業のため、何かの作品での共演がきっかけかと噂されていますが、アラベラ・アジャーに関する情報がほとんど無く出会いは不明です。

ジョゼフ・マゼロはこうした女性たちとこれまでに噂があったものの結婚までには至りませんでした。今回の彼女と結婚が決まればニュースとして報道されるはずです。

ジョゼフ・マゼロの映画出演経歴

俳優としては子役時代から含め数十年のキャリアを持つジョゼフ・マゼロですが、これまでに一体どのような映画に出演してきたのでしょうか?

幼い子どもであったジョゼフ・マゼロが一躍脚光を浴びた映画から、難しい役どころを演じたものまでまとめてご紹介します。

映画出演経歴①「ジュラシック・パーク」

ジョゼフ・マゼロの出演作品1つ目はジュラシックパークです。こちらはジョゼフ・マゼロを語る上では欠かすことができない作品です。1993年に公開された映画ですが、大ヒットしたということもありこの作品をきっかけにジョゼフ・マゼロは知名度を上げました。

ちなみにジョゼフ・マゼロを出演させるために、監督のスティーブン・スピルバーグが原作と少しキャスティングを変えたという裏話もあります。

映画後も2人の関係は途切れることなく、ジョゼフ・マゼロが有名な俳優の専門学校に入学する際もスティーブン・スピルバーグが推薦状を書いたと言われています。

ちなみに映画でジョゼフ・マゼロは重要なキーマンとなる少女レックスの弟であるティムという男の子の役を演じています。

映画出演経歴②「マイフレンド・フォーエバー」

ジョゼフ・マゼロの出演作品2つ目はマイフレンド・フォーエバーです。1995年に公開されたこの作品でジョゼフ・マゼロはHIVに感染した少年デクスターという役を演じています。

映画ではデクスターとは反対に体はいたって健康でありながらも母親からの愛情を十分に受けることができない少年エリックとの友情が描かれています。

映画出演経歴③「ザ・パシフィック」

ジョゼフ・マゼロの出演作品3つ目はザ・パシフィックです。子役スターとして一躍人気者となったジョゼフ・マゼロでしたが、1998年当時15歳になった時点で一度俳優としての活動を休止しています。詳しい理由は明らかになっていません。

ザ・パシフィックが公開されたのはそれから4年経過した2002年のことでした。つまりこの作品がジョゼフ・マゼロの一時活動休止からの復帰作となっています。

映画出演経歴④「ソーシャル・ネットワーク」

ジョゼフ・マゼロの出演作品4つ目はソーシャル・ネットワークです。現在では世界中にユーザーが存在するSNSサービス「Facebook」を立ち上げたマーク・ザッカーバーグを描いた作品です。

この作品でジョゼフ・マゼロは主人公マーク・ザッカーバーグと一緒になってFacebookを立ち上げる友人の1人ダスティンモスコビッツを演じています。

映画出演経歴⑤「G.I.ジョーバック2リベンジ」

ジョゼフ・マゼロの出演作品5つ目はG.I.ジョーバック2リベンジです。2013年に公開された映画で2009年に公開された「G.I.ジョー」の続編となっています。

この映画でジョゼフ・マゼロは主人公デュークが率いるチームの一員であるマウスという役を演じています。

ジョゼフ・マゼロのドラマ出演経歴

ジョゼフ・マゼロの主な出演映画経歴を見てきましたが、ジョゼフ・マゼロは映画以外にテレビドラマにもこれまで多く出演しています。

映画では子役時代にヒューマンものを多く演じ、大人になってからはSFなど様々なジャンルの役どころを演じているジョゼフ・マゼロですが、テレビドラマではどのような作品にこれまで出演しているのでしょうか?

ドラマ出演経歴①「CSI:科学捜査班」

ジョゼフ・マゼロの出演ドラマ1つ目はCSI:科学捜査班です。CSI:科学捜査班は2000年から2015年までアメリカで放送されていた日本で言うところの海外ドラマシリーズです。

ジョゼフ・マゼロは2003年に放送されたシーズン3の第14話「狙われた部屋」という回でジャスティン・ラモンドというホテルマンの役で登場しています。この物語の中では重要な役割を演じています。

ドラマ出演経歴②「FBI失踪者を追え!」

ジョゼフ・マゼロの出演ドラマ2つ目はFBI失踪者を追え!です。こちらも2002年から2009年までアメリカで放送されていたテレビドラマです。ジョゼフ・マゼロは2004年に放送されたシリーズ2の第18話「父と母と子」というエピソードに登場します。

スタンリー家という家族にスポットが当たるエピソードですが、その一家の1人であるショーン・スタンリーという役を演じています。

ドラマ出演経歴③「エレメンタリーホームズ&ワトソンin NY」

ジョゼフ・マゼロの出演ドラマ3つ目はエレメンタリーホームズ&ワトソンin NYです。こちらは2016年に2012年放送開始から現在でも続く人気テレビドラマシリーズです。

ジョゼフ・マゼロはシーズン4の第13話「死の幻覚キノコ」というエピソードでグリフィンという役で登場しています。事件で亡くなった女性シャルロットの新恋人というキーパーソンを演じています。

ジョゼフ・マゼロは現在も人気映画出演で彼女との結婚にも期待

大ヒット映画ボヘミアン・ラプソディにも出演し、現在ではますます知名度を上げているジョゼフ・マゼロについてご紹介しました。プライベートでは結婚を前提にお付き合いしている彼女も存在しており、公私ともに順調と言えます。

少し前までは子役のイメージが強かったジョゼフ・マゼロですが、着実に俳優としてキャリアを積んでおり、今後の活躍にも期待がかかります。

関連するまとめ

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ